JSP_Blog

JSPから発信するビジネスブログ

うまく仕事をやろうとするな

2016-04-06 11:47:55 | 日記
2016年度が始まった。思えば年度末から息つく暇もなく4月になってしまった感じだ。毎年の事とはいえ、稼働が上がりっぱなしのこの時期は花見にでも行って気晴らしをするに限る。

この流れで花見や桜の事でも書こうと思ったが、過去のログを漁ってみると、4月は新入社員も入社してくる時期でもあり、いつも以上に説教くさい記事になっているようだ。うん、今年もそれで行こう。伝統にしがみつくのはよくない事だが、伝統を理解し、良いものは大事にすることはいいことだ。いいことだよ、うん。


さて、当日になって当番に気づき、困っている空気満点で字数を稼いだところで、本題の「うまく仕事をやろうとするな」である。新入社員や、新しい仕事、役職についた人に向けて今回は書こう。

この時期は新しいことを始める時期であり、不安や失敗も多いと思うが、それは仕方のない事である。何かをやろうとすれば常に失敗のリスクは伴う。新しいことであればそれは尚更であることを理解して認識しておかねばならない。「何も失敗したくない」のであれば「何もやらない」しか方法はない。

まあ好んで失敗をしたいと思う人間もいないだろうが、ここで注意して欲しいのは、「失敗」そのものではなく、「失敗した事により、他者からの評価が低くなる」事を恐れてたり、気にしてはいけないという点だ。
人の意思は組んでも、顔色を窺って仕事をしてはいけない、とは随分前に記事にした記憶があるが、再度このタイミングでも言っておきたい。

皆によく思われたい、評価されたいというのは人間である以上、誰でも持っている欲求なので、仕方ない部分もある。「怒られたくないなー」とか「笑われたくないなー」という思いがムクムクと湧いてきてしまうのは誰にでもあるのだろう。

ただ、上記考えを優先して動いてしまうと、途端にモジモジしだして仕事が遅くなる。
「今話しかけてもいいのだろうか」
「こんなメール送って大丈夫だろうか」
「今電話しても嫌がられないだろうか」
相手(では本来無いのだが)に悪い印象を与えまい、自分の評価を落とすまいとして悩む時間が多くなる。

しかも、目的と目標を完全に取り違えているため、成果が的外れなものになり、結果としてあらゆる行動の品質が落ちていく。

その仕事の本当の目的を見失わなければ、上記は全くの無駄な思考と行動だ。8時間悩んで結局ダメなものを仕上げるなら、1、2時間で1回成果を出し、指摘をもらってプラス1、2時間で直せば半分以下の時間で成果をあげられる。

しかも指摘事項や失敗から学ぶ事は自分で思っている以上に多くの事を身につけさせてくれる。ただし冷静に反省し、理解と納得をすれば、の条件付きだが。

なので、失敗を恐れず、「私はうまく仕事をしたい」ではなく「これは某のためにする仕事なんだ」と思って新たな事に取り組んでほしい。凹む回数も頻度も減っていくはずだ。頑張ってほしい。


というわけでこの記事も失敗を恐れず、見直さずに速攻でアップだ。
いや、大概後で読み直して後悔するわけだが、記事を途切れさせない事が目的と考えれば些細な問題だ。



(過去記事を見る)
・・・いや、やっぱ見直しも必要だな。


それではこれにて。


(刑事長)


monipet
  動物病院の犬猫の見守りをサポート
  病院を離れる夜間でも安心

ASSE/CORPA
  センサー、IoT、ビッグデータを活用して新たな価値を創造
  「できたらいいな」を「できる」に

OSGi対応 ECHONET Lite ミドルウェア
  短納期HEMS開発をサポート!

GuruPlug
  カードサイズ スマートサーバ

株式会社ジェイエスピー
  横浜に拠点を置くソフトウェア開発・システム開発・
  製品開発(monipet)、それに農業も手がけるIT企業
コメント