JSP_Blog

JSPから発信するビジネスブログ

思い出ダイバー 六

2012-05-28 09:15:28 | 日記
これまでの人生で「続けてきたもの」は、
 ・水泳(幼稚園年長~小学4年生)
 ・小学生(1年~6年)
 ・ピアノ(小学3年生~高校1年春)
 ・大学生(1年~5年)
と、ピアノ、小学生の順となっている。

ここに、
 ・ジェイエスピー社員(2002年~)
が加わってきた。しかもキャリア・ハイの長続きである。

閑話休題。
過去に時計の針を戻してみる。

新人だった頃、特に入社したばっかりの今のような時期は、現在のわが社の新入社員と違い、ホントに「学生がスーツ着て何かやってる」という状態だったと思う。そのため、上司には「お前らうるさいんだよ」と怒られることもあった。
その年の6月の下旬から一人、また一人とお客様先へ入場する同期が決まっていき、随分終わりのほうになってから私も決まったことをおぼえている。
結局2002年度は、3つのお客様先で仕事をさせていただくことができた。

仕事以外でも、プライベートでは結婚もした。
 ・夫婦(2002年~)

婚姻届を嫁と二人で夜中の区役所へ届けに行ったが、かなりの深夜な時間だったにもかかわらず、既に2~3組の夫婦が生まれた後だった。

2009年には娘が誕生した。
 ・父親(2009年~)

人の親になることって、大変なことだと気づくのに大した時間はかからなかった。今までの私と嫁の好きなときに寝て、起きて、ご飯食べて、出かけて、、、ということが全くできない。当たり前といえば当たり前だが、子供が中心の生活になると、今まで過ごしてきた当たり前の生活が急に「ダメ生活」となる。これから嫁と子供を生活させていかなくては、との気負いからか、気持ちばかりが先行して空回りすることも多かった。

娘と一緒にテレビを見ることがあるが、今までとはガラリと変わったチャンネル選択となった。ほぼ民放は見ることがなくなり、国営放送ばかりが映っていることが多くなった。
子供が生まれると、「おかあさんといっしょ」を見る機会が生まれると思うが、私もその一人だ。その番組の歌を子供が歌いながら踊っていると、「パパも」と誘ってきてくれるのだ。一緒にやるのも楽しい。

そんな「おかあさんといっしょ」の中で
 ぼよよん行進曲
という歌がある。
作詞・作曲が中西圭三のこの曲は、番組中でも絶大な人気を誇る歌なのだが、本当に名曲だと思う。ぜひともググってもらい、聴いていただきたい。この歌の歌詞は人を元気にするパワーがある。

これを聴いて、この先の10年も頑張れたらいいと思う。

(照)

monipet
  動物病院の犬猫の見守りをサポート
  病院を離れる夜間でも安心

ASSE/CORPA
  センサー、IoT、ビッグデータを活用して新たな価値を創造
  「できたらいいな」を「できる」に

OSGi対応 ECHONET Lite ミドルウェア
  短納期HEMS開発をサポート!

GuruPlug
  カードサイズ スマートサーバ

株式会社ジェイエスピー
  横浜に拠点を置くソフトウェア開発・システム開発・
  製品開発(monipet)、それに農業も手がけるIT企業
コメント