はんどろやノート

ラクガキでもしますか。

終盤探検隊 part113′ ≪亜空間最終戦争一番勝負≫ 第12譜

2018年04月04日 | しょうぎ






 


 鏡を通りぬけて『鏡の国』に入った時、アリスはテーブルの上の本を手にとり、パラパラと本のページ
をめくってみたが、さっぱり読めない。
 だが、アリスはこれは『鏡の国』だからだと気づき、<鏡>にその本のページを映してみて、それで文
字はわかるようになった。
 ところが、それでも、意味不明な文章で、何のことやらわからない。
 そのときにアリスが読んだのが、「ジャバウォッキ」というタイトルの詩だった。

 新潮文庫版の訳者矢川澄子はこれを、次のように訳している。

ジャバウォッキ(邪婆有尾鬼)

ゆうまだきらら しなねばトオヴ
まわるかのうち じゃいってきりる
いとかよわれの おんボロゴオヴ
ちでたるラアス ほさめずりつつ


 ここは翻訳者の色が出るところで、『鏡の国のアリス』のそれぞれの翻訳者が、この部分をどう翻訳し
ているかを調べて比べてみるのも面白いだろう。
 「鏡の世界」の本なのですべての文字が「反転文字」になっていたが、<鏡>で映してみれば、“元の
文字”に戻ってふつうに読めた。読めたけれども、それでも意味が分からない。「けっこうわかりにくい」
と、アリス。
 それもそのはず、これは作者ルイス・キャロルの言葉遊びでつくった単語だらけで、普通の辞書にはな
い言葉ばかりでできているからだった。
 この<ジャバウォッキ>というタイトルの詩は、まだ続きがあるのだが、これは「ある青年がジャバ
ウォッキという怪物を退治した物語」をうたったもので、この4行はその冒頭と最後の部分になる(最後
にもう一度この4行詩をくりかえしうたう)

 この『鏡の国』での少女アリスの冒険を追っていくと、「6コマ目」で、アリスは大きなタマゴのよう
な姿の怪人物ハンプティ・ダンプティと出会うが、そのハンプティ・ダンプティは「ことば」についてと
ても詳しいようなので、アリスはこの<ジャバウォッキ>の詩の意味についておしえてほしいとたのんで
みたのである。すると、さすがのハンプティ・ダンプティは、すらすらと解説してくれたのであった。

 最初の「ゆうまだきらら しなねばトオヴ」の一行について解説するとこうなる。

  「twas」 → it was
  「ゆうまだきらら brillig」 → 「夕方の四時――あかるいけれど、そろそろ夕めしをたきはじ
                   める時間」とハンプティ・ダンプティは説明。
                   肉をあぶる=broiling、輝く=brilliant、明るい=bright
  「しなねば slithy」 → <しなやか lithe>と、<ねばっこい slimy>の二つの言葉を重ねてつ
               くった言葉。 
  「トオヴ」 → アナグマ、トカゲ、ワインの栓抜きに似た姿の生物 

 一行を解読するだけで、こんなにたいへん。


 さて、「鏡面変換」について、考えてみよう。
 人が、<鏡>に自分の顔、姿を映しても、それほど違和感はない。人間の顔も身体も“だいたい左右
対称”だからである(そして私たちはふだん、“自分”に関しては、“反転した鏡の中の自分の顔”し
か見ていない)
 ところが、これが「文字」になると、上の例のように、とたんに“違和感”のある世界になる。文字
のほとんどが“左右非対称”だからである。こういうところが、「鏡の世界」の面白さで、魔法を連想
させるところであろう。この「鏡の世界の文字」は、「文字」を、紙にすかして裏側から見たのと同じ
「反転文字」になっている。
 「鏡の世界のモノ」も、実は、「鏡面反転させたモノ」になっており、これはどんなに向きを変えて
みても、元の「モノ」と重なりあわない(ただし、厳密に左右対称な物なら特別に重なりあう)
 人間も、厳密には“左右非対称”なので、この世界の「自分」と、「鏡の中の自分」とは、厳密には
違うカタチなのである。
 なのだけれど、「鏡の中の世界」では人間もモノも、こちらとまったく同じ動きをする。「鏡の中の
世界」も、左右反対ではあるが、まったく同じ物理法則・化学法則で動いているのである。

 この、「まったく同じに見えて、実は一部の法則だけが逆」というのが、「鏡の世界」のおもしろい
ところ。
 いったい何が逆なのであろうか。


 これを数学的に考えてみる。
 数学では、空間を三次元でとらえ、三つの軸―――X軸、Y軸、Z軸で表す。X軸が左右、Y軸が奥
行(前後)、Z軸が天地(上下)である。
 「鏡の中の世界」は、「XYZの軸のうちどれか一つの軸が逆向きになった空間」になる。
 すなわち、(X、Y、Z)→(X、-Y、Z)、これが“鏡面変換”である。


 また、これを別のやりかたで考え直してみよう。
 いまここに大きな鏡台があったとする。その鏡の前の台の上に「将棋盤」を置いて初形配置に駒を並
べる。
 そして「わたし」が、<鏡>をのぞき込む。 すると、どうなっているか。


(鏡)--------------------------------------------------------------------------------(鏡)

 こんなふうに見えるはず。
 「鏡の中」の将棋盤の上の駒は、「鏡の中のわたし」から見れば、「飛車」と「角」の位置が逆であ
り、それだけでなく、駒の文字も“反転文字”である。
 しかしこちらの世界の「わたし」から見れば、“左右”(すなわちX軸)は逆にはなっていない。逆に
なっているのは前後(Y軸)である。もちろん、上下(Z軸)は変更なし。
 つまり、(X、Y、Z)→(X、-Y、Z)という変換である。

 それでも、将棋のルールはそのまま使えるし、“定跡”や“手筋”や“戦法”の価値も、こっちの世界と
あっちの世界でも、同様の価値である。
 上の“反転初形図”を見ると、活字の「金」の文字は左右対称なので、まったく違和感がないのがまた
おもしろい。ところがその隣の「銀」の反転文字は、初めて見たような文字に見える。
 さらに「歩」の反転文字は、読めることは読めるが、触られたことのないこころのどこかを触られた
ような妙な気分させるし、ところが敵陣の「歩」を見ると、反転されているのに、それほど違和感がな
いからふしぎだ。(「反転文字」は逆さにすると少し読みやすくなる、ということを新発見)



<第12譜 ぬしの勝負手、4二銀>


≪亜空間最終一番勝負 第12譜 指始図≫

 ≪主(ぬし)≫は、我々の研究の“穴”を突いてきた。 3四歩に、4二銀!  

 いったい何が起こったのだ? その瞬間、空間が歪んで見えた。


第13譜につづく
コメント

終盤探検隊 part113 ≪亜空間最終戦争一番勝負≫ 第12譜

2018年04月01日 | しょうぎ














コメント