NAO日和

ピアノ講師NAOの日々感じた事を本音でトーク♪
コーギー・B'z・グルメ話あり
映画の点数は自分の満足度で評価

「バーン・アフター・リーディング」

2009年05月08日 | な~は行の映画

~コーエン兄弟が豪華キャストを迎えて描く、予測不能なドタバタ劇 ~

マイカルのポイントが溜まったので、行って来ました。

2008年 アメリカ ギャガ・コミュニケーションズ、日活配給 (09.4.24公開)
製作・脚本・監督・編集:ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン
製作:ティム・ビーバン、エリック・フェルナー
製作総指揮:ロバート・グラフ   音楽:カーター・バーウェル
上映時間:1時間36分(PG-12作品)
出演:ジョージ・クルーニー・・・・・・・ハリー・ファラー (重複不倫中の連邦捜査官)
    ブラッド・ピット・・・・・・・・・・・・・チャド・フェルドハイマー (筋肉バカ)
    ティルダ・スウィントン・・・・・・・ケイティ・コックス (オズボーンの妻、女医)
    ジョン・マルコビッチ・・・・・・・・オズボーン・コックス (元CIA、アル中)
    フランシス・マクドーマンド・・・・リンダ・リツキ (チャドの同僚、美容整形マニア)
    リチャード・ジェンキンス・・・・・テッド (チャドとリンダの上司、元牧師)

<見どころ>
『ノーカントリー』でアカデミー賞作品賞ほか主要3部門などを受賞した
ジョエル、イーサン・コーエン兄弟が放つクライム・コメディー。
CIAの機密情報が書き込まれた一枚のCD-ROMをめぐり、さまざまな人々が
衝撃の結末へと突き進んでいく。
出演は『オーシャンズ』シリーズのジョージ・クルーニー、
『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』のブラッド・ピットら。演じる俳優をそれぞれ
想定して書かれたという個性豊かなキャラクターたちと、彼らがたどる運命の
行方に注目。

<あらすじ>
CIAの機密情報が書き込まれた1枚のCD-ROMを、勤務先のフィットネスセンターで
拾ったチャド(ブラッド・ピット)とリンダ(フランシス・マクドーマンド)。
そのころ、元CIA諜報員のオズボーン(ジョン・マルコヴィッチ)は、
機密情報の紛失にうろたえていた。一方、オズボーンの妻
ケイティ(ティルダ・スウィントン)は、財務省連邦保安官ハリー(ジョージ・クルーニー)
と不倫中で……。(シネマトゥディより)

<感想>
「Burn After Reading」=「読んだら燃やせ」

ブラッド・ピットが出てる~と予告編を観た時喜び、てっきり爆笑コメディものかと
思ったら・・・・・・、あ~そうか、コーエン兄弟が監督だったのよね。
この豪華メンバーだけみて、ホイホイと映画館に行った人はドツボにはまったかも?
NAOさんもその一人でした。

不倫・離婚、全身整形マニア、出会い系サイトにアル中とまぁ、いろんな
ことがあり、おまけにCIAやロシア大使館まで巻き込む騒動?となるわけです。
  
しかしまぁ、出てくるキャラがみんな濃い。
でも、みなさん役に合ってるから、「これひょっとして素なのでは?」なんて
思ってしまうぐらい、ハマってましたよ。
とくに、出会い系サイトにはまりまくってクルーニーと筋肉バカの
ブラッド・ピットは必見。 ほんまオバカキャラ炸裂です。
 
内容は、ギャグなんでしょうが、ブラックギャグがほとんど・・・・。
笑うに笑えないギャグばかりで、わたしゃ引いていくばかりでした。
「わかる人にはわかる。わかんない人にはわかんない」でNAOさんは後者のほう。
特に、あの電動イスは、ドン引きです。
 
あと、登場人物のどれもが共感できん。
特に、美容整形マニアのリンダには、一番腹たってしょうがなかった。
観終わってみると、一番騒ぎまくっていたあんたが得したんちゃう?ですもん。
後味悪いったらありゃしない。

エンドロールで、CIAを皮肉った歌が流れて、「なんだ、CIAを批判ぽく
描きたかったのね」というのが、ここでやっと理解できました。

なんとなく言いたいことはわかるのですが、コーエン兄弟の作品は
どれもこれもいまいちピンとこないNAOさんにとっては、今回も
「だからなに?」程度で終わってしまった作品。
コーエン兄弟作品が好きな方は、これ絶対オススメですが
私のようにコーエン作品が合わない方は、ダメかも?
ですが、ブラピの強烈なオバカぶりは必見。あと、衝撃のクローゼットシーンも。

しかし、内容が薄かったなぁ・・・・。

点数:5点(10点満点)


コメント (2)   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
« 浅草 | トップ | 別行動 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ブラック (Any)
2009-05-18 10:29:16
NAOさん、こちらにもお邪魔します♪

もうねぇ、全く同じ感想です。。。
笑うに笑えず「だからなに?」そんな感じでした。
鑑賞後に無性に別の映画を観たくなって
家でDVD鑑賞した次第です(笑)
それにしても、ブラッピって あんな演技も出来るんですね~
それはそれで必見でしたが・・・

ドリカム、私は札幌に参戦予定です
Anyさんへ (NAO)
2009-05-18 21:25:28
こちらにもコメントありがとうございます♪

ほんと、そうですよね!
「だからどうした!」って心の中でツッコんでましたわ。^^;
しかし、ブラピのスーパーオバカぶりには
笑っちゃいました。
あれが地なのでは?と思うぐらい。。。

>札幌に参戦予定です
そうなんですか!
ぜひ、Anyさんのライブレポ楽しみに待っています。
楽しんで来てください。

コメントを投稿

な~は行の映画」カテゴリの最新記事

5 トラックバック

★「バーン・アフター・リーディング」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは、久しぶりに「チネチッタ川崎」で鑑賞。 駐車場が3時間無料なのは助かるよーーー。 ジョージ・クルーニーとプラピのコンビは「オーシャンズ~」だよねーー。
バーンアフターリーディング◎ (銅版画制作の日々)
  BURN AFTER READING それはCIAにも理解不能な、国家も巻き込む仰天計画。かつてない衝撃のラストに驚愕! 5月4日、MOVX京都にて鑑賞。こみこみ状態?かなと思ったらそうでもなかった。 始まりのシーンが何ともお洒落です。宇宙ロケットから眺める地球がだんだ...
【バーン・アフター・リーディング】 (+++ Candy Cinema +++)
【原題: Burn After Reading 】 ※映倫  PG-12 【製作・脚本・監督・編集】 ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン 【製作国】   2008年...
『バーン・アフター・リーディング』  (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「バーン・アフター・リーディング」 □監督・製作・脚本 ジョエル・コーエン / イーサン・コーエン  □キャスト ジョージ・クルーニー、ブラッド・ピット、フランシス・マクドーマンド、ジョン・マルコヴィッチ、ティルダ・スウィントン、...
「バーン・アフター・リーディング」 彼らだけを笑うことなかれ (はらやんの映画徒然草)
豪華な出演陣、そして彼らが演じる「痛い」キャラクター、彼らが絡むことによって迷走