NAO日和

ピアノ講師NAOの日々感じた事を本音でトーク♪
コーギー・B'z・グルメ話あり
映画の点数は自分の満足度で評価

のだめカンタービレ#6

2006年11月21日 | TV番組

面白さに拍車かかってきた、「のだめカンタービレ#6~
                                  さらばSオケ!!涙の解散式&愛の2台ピアノ」

CD聴きまくってま~す♪

<今週のあらすじ>
ラフマニノフの「ピアノ協奏曲第2番」を弾いた千秋(玉木宏)のピアノに衝撃を
受けたのだめ(上野樹里)は、食事も取らず一心不乱にピアノの練習をしていた。
千秋は、クラシック専門誌・「クラシックライフ」の記者けえ子(畑野ひろ子)
呼び出され、音楽評論家の佐久間(及川光博)を紹介される・・・・。

OP曲 ベートーヴェン 「交響曲 第7番 第1楽章」
ED曲 ガーシュウィン 「ラプソディー・イン・ブルー」

<今週の主なクラシック曲 (分かったものだけ)>
ラフマニノフ:「ピアノ協奏曲 第2番」
ラフマニノフ:「ピアノ協奏曲 第2番」~第1楽章&3楽章(2台のピアノ版)
サン=サーンス:組曲「動物の謝肉祭」~水族館
ヴェルディ:歌劇「リゴレット」~女心の歌
マーラー:「交響曲 第1番」~第4楽章
ヴィヴァルディ:「ヴァイオリン協奏曲集“四季”」より~「春」
ワーグナー:楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」~第1幕への前奏曲
モーツァルト:歌劇「コシ・ファン・トゥッテ」よりアリア
ヴェルディ:「レクィエム~怒りの日」
チャイコフスキー:「弦楽の為のセレナード」
ベートーヴェン:「ヴァイオリン・ソナタ 第5番 “春”」~第4楽章
チャイコフスキー:「白鳥の湖」~情景Ⅰ~第2幕
ミーチャム:「アメリカン・パトロール」
モーツァルト:「交響曲 第40番 k550 ト短調」~第1楽章
ベートーヴェン:「ピアノ協奏曲 第5番 “皇帝”」~第1楽章
チャイコフスキー:バレエ組曲「くるみ割り人形」~こんぺい糖の踊り

<感想>
ドラマも後半に入り、新たな展開の幕開け的な回でした。

のだめは千秋のラフマニノフを聴いて、とりつかれたようにピアノを弾き続けます。
夢の中でドイツへ帰国したミルヒーが言います。
「もっと音楽に正面から向き合わないと本当に心から音楽を楽しめない」
  
ゴミ部屋で寝てるのだめ 千秋は、あるホテルのスイートルームで目を覚ます。

「裏軒」で話す、千秋と編集者のけえ子と評論家の佐久間さん。
  
佐久間さんのキャラは、ミッチー(及川くん)にピッタリですね。(^▽^)b
二人して、海外留学をすすめるが、千秋は飛行機も×、船も×!
そう、日本から出られない人間。
佐久間:「君は一体、日本で何をするつもりなんだ!?」
千秋:「オレが どこでなにしよーが オレの勝手だろ?
    あんたらに 心配される筋合いはねーよ!! ほっといてくれ」

千秋さま、逆ギレ~~。

千秋の演奏を聴いて、千秋のことが気になりだした彩子。
  
淡い期待をしていた彩子だが、容赦ない千秋の言葉が突き刺さる。
そこへやってきたのが、何日もお風呂に入っていない臭いのだめ!
こ汚いのだめをお風呂に入れさせ、リゾットまで作ってあげるやさしい千秋。
しかし、リゾットも食べずにのだめは、「ピアノが弾きたい」と訴えます。
どうでもいいけど、彩子がいるのを気づきなさいよ。

  
ラフマニノフ:ピアノ協奏曲 第2番
最初から、ものすごいペースで弾くのだめ。千秋も必死で合わせます。
その様子を偶然ハリセンが通りかかり、食い入るように見つめます。。。

先の見えない自分にいらだつ千秋。
それを見て心配したのだめが珍しく回転すしをおごる、と言います。
  
しかし、千秋は高いすし皿ばかり頼むので、のだめ顔面蒼白!
あげくの果てに、のだめにガリすしを渡すという・・・・・。
帰り際、のだめにまで心配されていることに千秋はやっと気がつきます。

そんな千秋に清良さんが声をかけます。「いっしょにオケをつくらない?」
  
清良の誘いに即答でOKする千秋。(峰くんショック!^^;)
峰:「そのオーケストラに自分もいれてくれ!」
千秋:「今度の試験でAオケに入ったらいれてやる」
峰:「よっしゃ~」
ほんと、嬉しそうだ~。(^-^)

さて、新オケのメインとなるメンバーの初顔合わせ。
千秋と清良、そして新たにこの3人。へっ?3人?原作と流れが・・・・。
   
チェロ:菊池くん     オーボエ:黒木くん    バイオリン:ん?沙梧淨?

黒木君役は、NHK朝ドラ「純情きらり」の達彦さんじゃありませんか!
あら~何気に出てる人は、NHK朝ドラ経験の方多くありません?
(上野樹里さん・玉木宏さん・サエコ・水木あさみさんなど。。。)
な~るほど!話の流れで、ここに沙梧淨もってきたんですね~。
まぁ、うまくもってきてると思います。脚本家の方、お上手だわっ!

のだめにも新たな展開が。。。。
  ピアノ教授が、ハリセンに変わりました。

ミルヒーは去りましたが、新たに佐久間(及川ミッチー)が出現。
それにしても、相変わらず強烈な印象を与えてくれる及川くんですわ。(^▽^)
個人的には、千秋の卒業演奏会のピアノシーン(メフィスト・ワルツ)を聴きたかったな~。
ドラマも後半戦、ライジングオーケストラとのだめのコンクール話が中心となりそうです。
まずは、のだめvsハリセンが見所となるか?
来週も、要チェック!です。


コメント (8)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 床暖房 | トップ | ガーン! »

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (アイダホ)
2006-11-21 12:16:46
NAOさん、こんにちは!
昨夜の「のだめ」もサイコーに笑わせてもらって、おもしろかったです。
のだめの周りにハエが飛んでいる所と、回転寿司の場面が一番笑えました。
CD、まだ買ってないんですよ~。でも絶対買おうと思ってます!あと、今月下旬に出る予定の楽譜も、買うつもりです。
アイダホさんへ (NAO)
2006-11-21 13:54:15
アイダホさん、こんにちは!
原作の話が前後したりしてますが、まぁなんとか上手くつなげているように感じます。
CDは、抜粋して録音しているのも何曲かありますが
いろんな曲は聴けます♪
楽譜も買われるんですか。
どんな曲が掲載されるんだろ?こちらも楽しみですね。
佐久間ミッチー (mayumi)
2006-11-21 18:45:50
裏軒で立ち上がって熱く語るミッチー...
露光 高っ! 顔 飛んでるやん。
メチャメチャ似合うね♪
mayumiさんへ (NAO)
2006-11-21 20:24:20
ああいう役は、ミッチー輝いてますね☆
後半、大いに出て欲しいんですけどぉ~。
ええ男いっぱいやん♪ (めるめる)
2006-11-21 22:26:08
千秋の日本から脱出できない、いらいらした感情をなんとも切なく表現してる玉木はん。
オーラ引っさげて登場のミッチー。
どっちも楽しませてもらいました。ミッチー意外と好きなのよね~。
もっとええ男いっぱい出てこい!

二人のピアノシーンは最高やったね。
途中で、お互いを確認して見るシーンあるやん。ここ何回も見たわ。
明日も見るかも~。

新しく登場の三人さん。重要なの?
めるめるさんへ (NAO)
2006-11-21 23:19:57
ミッチー私も何気に好きです☆
玉木くんは、この演技でだいぶ評価あがってるんじゃないかな~。
そうそう、玉木さん、名古屋出身なんだよね~。
名古屋もいい男いるじゃん!

>新しく登場の三人さん。重要なの?

うん、新しいオケの中心人物になります。
菊池くんは、かなりのプレイボーイ。
黒木くんは、真面目ひとすじ。
沙梧淨は。。。。どうでもいい?3枚路線で、峰くんと張り合います。^^;
で、原作では峰くんと清良がいいかんじ~になるんだけど、ドラマではどうなんだろ?
そのへんを頭においといて、来週も観てね~。
すごいね~! (カズミ先生の旦那)
2006-11-21 23:38:20
ブログ、まめに更新しててすごいね~!
TVをデジカメで撮影してるの?

おひさしぶりぶり!カズミ先生の旦那です。
荒らしじゃないよ!
ママとPCが共有なので「おきにいり」に入ってたんでちょこっとお邪魔しました。

彦根で帰省しても会った事ないね。
今度帰省時にママをさそってあげてね!
カズミ先生の旦那さんへ (NAO)
2006-11-22 00:25:27
えらい長い名前の人が・・・と思ったら!
ほんま、お久しぶり~。
そうそう、帰省以外は毎日更新しているブログだよん。

>彦根で帰省しても会った事ないね。
そうだよね~。カズミ先生とは一回、お正月の時会ったよ(ランチしたも~ん)
今年も予定通り帰るので、会えるといいね~ってメールで話してたんだ~。
私の細かい?行動はブログに書いてますので、まぁ読んで大笑いして。
またコメントよろしゅうに~。

コメントを投稿

TV番組」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

のだめカンタービレ~第6話・進路! (一言居士!スペードのAの放埓手記)
のだめカンタービレ、第6話ですが、今回は千秋(玉木宏)たちの進路や、Sオケ解散などです。のだめ(上野樹里)は、千秋の指揮を見て、今のままで一緒にいられないとか思って、寝食も忘れるほどピアノの練習に没頭します。 しばらく千秋の前に姿を現さないわ ...