モンテッソーリ子どもの家アイアイ

愛知県西三河(刈谷市)にある少人数制のモンテッソーリ教室です。
子どもたちの主体的な活動を大切にしています。

幼稚園のプレクラスでお悩みの方へ

2019年09月01日 | モンテッソーリのこと

田中昌子先生の

「子育て相談 モンテッソーリで考えよう」が更新されました。

 

プレ幼稚園に行き始めた2歳2ヶ月の男の子のご相談。

みんなはできるのに、どうしてできないの?というお悩み。

年齢的に、まだ集団になじめなくて当たり前ですが、

プレクラスに行っておかないと幼稚園に入れないなどの

地元のご事情もあると思います。

どうしたらいいのだろう?どこの園がいいのだろう?とお悩みの方。

下矢印田中昌子先生の回答をぜひお読みください。

第28回 ルールや我慢を覚えさせるには、どうしたらいいの?

モンテッソーリ子どもの家アイアイの写真が掲載されています 

 

お知らせ

愛知県内の園指導、園長研修などもされている先生をお招きします。

子育ての悩みはもちろん、入園のお話、

ご家庭での関わり方のお話もしていただきます。

参加される方のお悩み相談も募集中です

お早めにお申し込みください。

下矢印

2019年10月27日(日)10:00~11:30

0~2歳までの運動と脳と発達についての子育て講座開催します。

笹瀬ひと美先生の子育て講座「0~2歳までに育てておきたいこと」

モンテッソーリと言えば、手先のお仕事に注目されがちですが、

赤ちゃんの体は、中心から末端へ発達しますので、

小さい頃の粗大運動は、とっても大切です。

ご家庭で、親子で手軽にできる運動遊びも紹介していただきます。

幼児期、学童期とどうつながっていくのか、お話していただきます。

下矢印下記申し込みフォームにてお申し込みください。

笹瀬ひと美先生の子育て講座申込フォーム

 

下矢印モンテッソーリを知りたい方はこちらへ。

ママのためのモンテッソーリ教育勉強会ご案内

 

入会ご希望の方はこちらへ。

モンテッソーリ子どもの家アイアイ クラスのご案内

 

ぜひ、こちらもお読みください。

モンテッソーリ教育を初めて知る方へ
マリア・モンテッソーリ
モンテッソーリ実施施設の選び方
情報を見極める
モンテッソーリに関する書籍
家庭でモンテッソーリ教育を取り入れるなら


チョウのお世話

2019年08月29日 | モンテッソーリのこと

先日、モンテッソーリ教師仲間から、

「玄関先でさなぎになっていたけど、うまく羽化できなかったみたい」

と、アゲハの写真が送られてきました。

 

そこで、息子がチョウに餌をあげた過去記事を紹介すると、

早速やってみたそうです。

ハチミツを水で薄めて、脱脂綿に止まらせてあげたそうです。

息子の時は、ハネをつかんで飲ませてあげたので、

「環境を整えて任せるってモンテッソーリ的ね!」と言うと、

バランスが悪いみたいで、脱脂綿に止まるのも大変だったみたいです。

また、脱脂綿にしみこませたものより、液体の方を飲んだそうです。

 

うまく羽化できなかった蝶を見つけたら、あげてみてください。

蝶がミツを飲む様子が観察できますよ。

容器の液体の中に落ちないように、工夫してみてくださいね。

懐かしい過去記事

虫捕り三昧の息子の夏休み(小2)~チョウを飼う~

 

 

モンテッソーリを知りたい方はこちらへ。

ママのためのモンテッソーリ教育勉強会ご案内

 

お知らせ

2019年10月27日(日)10:00~11:30

0~2歳までの運動と脳と発達についての子育て講座開催します。

笹瀬ひと美先生の子育て講座「0~2歳までに育てておきたいこと」

モンテッソーリと言えば、手先のお仕事に注目されがちですが、

赤ちゃんの体は、中心から末端へ発達しますので、

小さい頃の粗大運動は、とっても大切です。

また、入園前は親子で過ごす時間が多いと思いますが、

ご家庭で、親子で、手軽にできる遊びも紹介していただきます。

幼児期、学童期とどうつながっていくのか、お話していただきます。

下矢印下記申し込みフォームにてお申し込みください。

笹瀬ひと美先生の子育て講座申込フォーム

 

 

ぜひ、こちらもお読みください。
モンテッソーリ教育を初めて知る方へ
マリア・モンテッソーリ
モンテッソーリ実施施設の選び方
情報を見極める
モンテッソーリに関する書籍
家庭でモンテッソーリ教育を取り入れるなら

入会ご希望の方はこちらへ。

モンテッソーリ子どもの家アイアイ クラスのご案内


モンテッソーリ全国大会(in福井)報告

2019年08月12日 | モンテッソーリのこと
先日、モンテッソーリ全国大会(学会)に参加してきました。
今年は福井。
 
基調講演では、日本聾話学校の元校長先生が出会った、
生まれつき耳の聞こえないお子さんとお母さんの話。
先生が一生忘れないとおっしゃった出会い。
 
耳が聞こえない子の目を見て、
「どうしたの?」と話しかけ続け、待ち続けたお母さん。
大人は、子どもを操ることを放棄し、信じて待つこと。
子どもは「扱われた」ように他者を「扱う」ということ。
完璧な子育てが子どもを育てるのではなく、
心をかけること、待つことが子どもを育てる。
「待つ」とは。
自分の心を問われる内容でした。
 
歴史ある大きなモンテッソーリ園のお話では、
地域で広めていった過程をお聞きすることができて、興味深かったです。
 
子どもの家アイアイは、
園のように毎日の活動ではありませんが、
モンテッソーリの普遍的な考えを
少しずつでも広めていきたいと思いました!
 
最終日の講演も、とてもよかったです。
絵本作家の かこさとしさんは、福井出身。
お元気であれば、対談を予定されていたそうです。
息子も大好きだった、かこさとしさん。
その他多数。
アイアイの子どもたちも必ず借りていく大好きな絵本です。
 
最後に、和太鼓の演奏。
車屋正昭さんとしろきこども園職員の共演。
プロの車屋さんの演奏はもちろんですが、
先生方の演奏がすばらしかった!
和太鼓の練習をいつされているんだろうと感心してしまいました。
 
そして、子どもたちに和太鼓を指導していたときの話が印象に残りました。
子どものパッとしない表情を見て、もっといけるんじゃないか?と、
どんどんやっていったら、子どもたちが生き生きしたそうです。
 
「●歳だから、これくらいだろう」と思わないこと。
もちろん、次々に与えていくということではないですが、
子どもたちの力を見くびってはいけないということですね。
 
そして、
海外に和太鼓を広めた車屋さんの
夢を語ると必ず叶うという話。
 
今回は、名古屋の研修で一緒に勉強している友人と行ったのですが、
「有言実行だね」と夢を語り合いながら帰ってきました
 
恐竜博物館も行ってきましたよー。
福井でしか見られない恐竜もたくさん。
ぜひ子どもたちと行ってみてくださいね。
 
1年に1度お会いする先生とお話したり、
また全国のモンテッソーリ園の先生方ともお話させていただき、
とても貴重な3日間となりました。
ありがとうございました!
 

 

お知らせ

2019年8月21日(水)10:00~11:30

8月21日(水)発達を促す「遊び方」セミナー

 

 お知らせ

2019年10月27日(日)10:00~11:30

0~2歳までの運動と脳と発達についての子育て講座開催します。

笹瀬ひと美先生の子育て講座「0~2歳までに育てておきたいこと」

下矢印下記申し込みフォームにてお申し込みください。

笹瀬ひと美先生の子育て講座申込フォーム

  

ぜひ、こちらもお読みください。
モンテッソーリ教育を初めて知る方へ
マリア・モンテッソーリ
モンテッソーリ実施施設の選び方
情報を見極める
モンテッソーリに関する書籍
家庭でモンテッソーリ教育を取り入れるなら

 

モンテッソーリを知りたい方はこちらへ。

ママのためのモンテッソーリ教育勉強会ご案内

 

入会ご希望の方はこちらへ。

モンテッソーリ子どもの家アイアイ クラスのご案内

 


子どもにとって、お引越しは不安(秩序の敏感期)

2019年07月22日 | モンテッソーリのこと

1~2歳頃のお子さんがぐずぐずしたり、怒ったり、泣いたり、

いつもと様子が変だなと思うときがあります。


おうちでの様子をお伺いすると、

お引越しの準備をされていたり、お引越しされた後だったり、

いつもと違う順番で何かをしたとか、道順が違ったとか。

「やっぱり」と思うことが多いです。

 

入園する前に、お引越しされる方が多いと思いますが、

「秩序の敏感期」である2~3歳のお子さんは、

今まで慣れ親しんだおうちから環境が変わることは、とっても不安になります

 

やっとこの世の中がわかりかけたところですから、

ぐずぐずしたりしていても、

わがままになるんじゃないかとか言わないであげてくださいね。

やっと作ったものが、全部「取り消し」されたら大人だってイヤですよね。


お引越しする前から、

新しいおうちに何度か行って、お子さんと一緒に物の位置を確かめたりして、

一緒に楽しみにしてみてください。

お子さんのおもちゃなど大切にしているものはどこに置くか一緒に考えてください。

お引越しするときには、

お子さんと一緒に大切なものを箱に入れて、

お引越ししたら一番初めに子どもの場所を作ってあげてくださいね

安心できたら、お子さんも落ち着くと思います


「秩序感とは」

おなじ順序や場所にこだわったりすること。
最初に「こうだ」と思い込んだことと違うと不安になります。
1~3歳をピークに5歳ごろから次第に消えていきます。

 

【参考記事】

「秩序の敏感期」で大泣き

  

 モンテッソーリを知りたい方はこちらへ。

ママのためのモンテッソーリ教育勉強会ご案内

 

入会ご希望の方はこちらへ。

モンテッソーリ子どもの家アイアイ クラスのご案内

 

 お知らせ

2019年10月27日(日)10:00~11:30

0~2歳までの運動と脳と発達についての子育て講座開催します。

笹瀬ひと美先生の子育て講座「0~2歳までに育てておきたいこと」

下矢印下記申し込みフォームにてお申し込みください。

笹瀬ひと美先生の子育て講座申込フォーム

  

ぜひ、こちらもお読みください。
モンテッソーリ教育を初めて知る方へ
マリア・モンテッソーリ
モンテッソーリ実施施設の選び方
情報を見極める
モンテッソーリに関する書籍
家庭でモンテッソーリ教育を取り入れるなら

 


モンテッソーリ教育の中学生アードキンダー

2018年11月06日 | モンテッソーリのこと

日本のモンテッソーリ教育は、幼稚園までのところが多いですが、
海外では、小中高もモンテッソーリスクールがあるそうです。

その中でも、中学生のことをアードキンダー(大地の子)といって、
農場で、動物や畑の世話をしながら、多感な時期を自然に触れて過ごすのだそうです。
マイクロエコノミーというビジネスの勉強もするのですね。
興味ある方は、調べてみてくださいね。

タイトル負けしておりますが、
わが家の中学生は、畑仕事のみのアードキンダーもどき…。

普段はパソコンのプログラミングにハマっているのですが、
今年は、市民菜園の抽選に当選し、週末時々畑仕事の息子。
自分なりに研究し、今年の夏はスイカ。
全部で8玉くらい収穫できました。


秋には、紫芋収穫。

紫芋は、この写真の2倍の収穫ができましたので、
生徒さんで欲しい方にはお分けしています

釣りも時々。私は留守番ですが。
今回は大物です。約40cmのヒラメ


息子は、アメリカのモンテッソーリ中学校をとてもうらやましがっていますが、
渡米することもできませんので、できる範囲でやっています。


ぜひ、こちらもお読みください。
モンテッソーリ教育を初めて知る方へ
マリア・モンテッソーリ
モンテッソーリ実施施設の選び方
情報を見極める
モンテッソーリに関する書籍
家庭でモンテッソーリ教育を取り入れるなら

入会ご希望の方はこちらへ。

モンテッソーリ子どもの家アイアイ クラスのご案内