モンテッソーリ子どもの家アイアイ

愛知県西三河(刈谷市)にある少人数制のモンテッソーリ教室です。
子どもたちの主体的な活動を大切にしています。

節分の日-豆の誤嚥にご注意!

2019年02月03日 | 文化教育

今日は節分の日。
日本の文化を伝えるいい機会ですね。

3歳未満のお子さんは飲み込む力が弱く誤嚥事故が多いそうですから、ご注意くださいね。
節分の豆、子どもは注意=飲み込む力弱く、窒息恐れ-消費者庁

さて。
先週来たお子さんたちは、
それぞれの園で鬼のお面を作ったそうです。

子どもの家アイアイの園児クラスには、
一般の園に通っている子たちが降園後に来ているため、
それぞれの園の報告をしてくれます。

鬼のお面を作る時期は毎年恒例のように、
「鬼のお面作るの嫌だった」
「明日は鬼が来るからイヤだなー」
と言うお子さんがいます。

今年は、
「先生が鬼のお面つけるけど、なんで先生が鬼なの?」
「なんで豆をぶつけるの?」
などなど、疑問がいっぱい。

そこで、行事絵本を使って節分のお話をしましたが、
「鬼」に興味がある年少さんたち。

「鬼ってなあに?」
「ほんとにいるの?」
「なんで、こんな顔?」

鬼が出てくる絵本として「ももたろう」が紹介されていましたが、
「知らない」「読んで」というので、
ももたろう (日本傑作絵本シリーズ)
の読み聞かせをしました。

またまた
「きびだんごってなあに?」
「これは、豆?」
「きじ??」
疑問がいっぱいでした。

一番最後のページに鬼が一緒に船に乗っている絵があり、
「鬼はどうなったの?」と心配そうなので、
「鬼は鬼ヶ島に帰ったから、もう来なくなったよ」と言うと
「よかった」と安心していました。

今回は、節分の話から桃太郎の話になってしまいましたが、
「鬼」が分かって納得した様子。
それぞれのお仕事に戻っていきました

今は、大人が怖い昔話を避けるためか、
最後に鬼や狼と仲良くなる話や
十二支に猫をいれてあげる話があるようです。
いろんな考えがあっていいとは思いますが、
私としては、本来の昔話も知ってほしいと思います。
もちろんお子さんの年齢に応じた内容のものを選んでください。

昔話がなぜ怖いか?
怖い話が必要か?

興味ある方はこちらをお読みください。
昔話が語る子どもの姿
著者の小澤俊夫氏は昔話の研究者であり、小澤征爾氏のお兄さまです。

行事の絵本はこちら。
こども きせつのぎょうじ絵じてん
知っておきたい和の行事
行事かるた

ぜひ、こちらもお読みください。
モンテッソーリ教育を初めて知る方へ
マリア・モンテッソーリ
モンテッソーリ実施施設の選び方
情報を見極める
モンテッソーリに関する書籍
家庭でモンテッソーリ教育を取り入れるなら

入会ご希望の方はこちらへ。

モンテッソーリ子どもの家アイアイ クラスのご案内


クリスマス・イブに考える絶滅危惧種

2016年12月24日 | 文化教育

今日は、クリスマス・イブですね。
子どもたちのところへサンタさんが来てくれますように

サンタさんといえば、トナカイですが、
そのトナカイが、「絶滅危惧種」に指定されてしまっているそうです

温暖化の影響、サンタにも? トナカイが絶滅危惧種に

毎日忙しく過ごしていると、
ついつい目の前のことしか見えなくなってしまうけれど…
子どもたちに人気の動物たちを守るために、何ができるでしょうか。

IUCN for Kids!!
絶滅危惧動物図鑑 みんなで守ろうぼくらのなかま
動物図鑑 Private Zoo Gardenよりトナカイ



ぜひ、こちらもお読みください。
モンテッソーリ教育を初めて知る方へ
マリア・モンテッソーリ
モンテッソーリ実施施設の選び方
情報を見極める
モンテッソーリに関する書籍
家庭でモンテッソーリ教育を取り入れるなら

 

入会ご希望の方はこちらへ。

モンテッソーリ子どもの家アイアイ クラスのご案内



星を観る【文化教育】

2010年09月14日 | 文化教育

モンテッソーリ教育には「宇宙教育」というのがあります。

息子も、幼稚園で、提示を受けましたが、
幼い頃から、月や星を眺めていたからか、宇宙の話は大好きです。
地球の写真も、きれいで大好きです。

男の子は、図鑑好きな子が多いと聞きますが、
息子も大好きで、よくいろんな図鑑を眺めています。

↓そのうちの一冊。ふりがなつきで、幼い子でも読めます。
ちきゅう (ふしぎ・びっくり!?こども図鑑)

↓宇宙や惑星の絵がきれいです。
ふりがなはついていないので、読むのはむずかしいですが、
惑星の模様など細かくて、見ているだけでも、楽しいです。
絵でわかる宇宙大地図

モンテッソーリ教育では、
知識を詰め込むことを目的としているものではないので、
幼い子どもに教え込む必要はありません。
でも、「地球や自分たちは宇宙の一部」と感じられる教育を
子どもの頃から受けていたら、視野が広がるのではないかと思います。
遠い空に、光る星をみていると、自分って小さいなって思います。

さて、
わが家は、時々プラネタリウムに行きます。
あまり小さいお子さんはおすすめできませんが、
夏の暑い時期、おすすめです^^

そちらでは、いつ頃、どんな星が見えるかという資料をいただけます。
今年の夏は、金星、火星、土星が近づいて見えるということで、
もっとよく見たいと思い、はりきって天体望遠鏡を買ってしまいました。

実のところ、電器屋さんで安いのを買おうと見に行ったのですが、
よく見えなさそうだったので、ネットで調べて購入しました。
「初心者のための天体望遠鏡専門店」
http://scopetown.jp/index.html
 良い望遠鏡の選び方、買ってはいけない望遠鏡とは?
 このショップでなくても、よい商品はあると思いますが、
 購入をお考えの方は、参考にしてみてくださいね。
 このショップで購入すると、星空情報メールが送られてきます。

土星の輪が見える望遠鏡にしたのですが、
肉眼で見えないものが、見えるのって感動しました!
息子も大喜びです。

土星が見える時期は、過ぎてしまったのですが、
最近は、20時前後、東南の空に、木星が肉眼でも見えますよ。
望遠鏡で見ると、木星の縞と、木星の衛星が3つ見えました。
今は、木星の目立つ2本の縞が1本しか見えないという珍しい状態だそうです。

今年の中秋の名月は、9月22日です。
お団子お供えして、お月見したいですね~。
↓月探査情報ステーションのHPのQ&A。参考までに。
http://moonstation.jp/ja/qanda/faq/faq2/index.html

 

入会ご希望の方はこちらへ。

モンテッソーリ子どもの家アイアイ クラスのご案内