モンテッソーリ子どもの家アイアイ

愛知県西三河(刈谷市)にある少人数制のモンテッソーリ教室です。
子どもたちの主体的な活動を大切にしています。

子どものやる気はいつ出るかわからない(小1息子)

2010年12月28日 | 子育て奮闘記

年の暮れも迫ってきましたが、大掃除、進んでますか?
寒い年末にやらない方もいらっしゃるかもしれませんね。
私は、少しずつやってますが・・・

昨日は、息子が、朝ごはん食べた後、突然、
「今日、大掃除する!」と言い出し、
「リビングと2階と廊下のぞうきんがけするね!」
と言って、突然、息子の大掃除が始まりました。

床掃除は、他の場所が終わってからでいいかなと思っていたのですが、
息子は、言ったとたん、いきなり始めて、
家具とかマットとか移動させないで、あいているところだけ
やっているので、あわてて退かせました(汗)
「後でね」と言っていると、やる気なくすので。
やる気になっているときに、やってもらわないと。
やる気はいつ出るかわかりませんから。

やり方が気になるときは、初めに言って、
あとは、がまん・・・
何度も言いたくなりますけど・・・
がまんできずに、つい言ってしまったりすると、
不機嫌になります。
あ、まずいなと思ったら、それ以上言わず、
最後は、やっぱり、
「ありがとね~」ですね。

やるときは、やる。
やらないときは、まったくやらない。
息子は、ホント、はっきりしてます。

先日は、冬休みの宿題、まったくやらないので、
任せようと思いつつ、やっぱり気になって、
「いつやるの?」って聞いてみました。
「明日、やる。今日は、休み~」

うーん。もし、「明日やる」が毎日だったら・・・
とちょっと不安になりながらも、その日は様子を見ました。
ずーっと、絵を書いたり、アイロンビーズをしたり、
工作したり、・・・思う存分一人遊びをしていました。

次の日、「今日は、宿題やる日なんだ~」と、
朝から、ずーっと宿題をやり続け、
日誌1冊ほぼ完了(日記などは残して)。
その集中力に、ちょっとびっくり!!
さすがに疲れたと言ってましたが。

あとは、計算プリントが残ってますが、
今日も、ずーっと遊び続け、明日やるそうです。

一応、息子の中には、何日までにやると
計画があるそうで。
自分でやると言ったら、やれるんですね~


「○○をやりなさい」と言うと、
「はーい」と返事だけして、やらない。
「じゃあ、いついつまでにやりなさいよ」と言うと、
「はーい」と返事だけして、結局やらない。
「やるっていったでしょ!」と叱っても、
実は、
これは、人が決めたことで、自分で決めたことではないのですよね。

「自分で決める」ということは、
内面から湧き上がってくるものなんでしょうね。

ふと、こんなことを思いました。


でも・・・
やっぱり机の上に物が散乱していると、言ってしまいます~
だって、よく物がなくなりますから(涙)
でも、最近は、少しマシになってきたかな。


さて。
友人を中心に、サークルを始めてから、
息子が卒園した園で勉強させていただいたり、
ブログを始めたり、研修に行き始めたり、
新しく入会してくださった方もいたり・・・
今年は、本当に、たくさんのステキな出会いがありました。
私にとって、今まで歩んできた人生とは、まったく違う道で、
不慣れなことも多々あり、ご迷惑をおかけしたこともあると思います。

それでも、
来てくださる方々、
アドバイスしてくださる方、
応援してくださる皆様のおかげで、がんばることができました。
どうもありがとうございました。

つたないブログですが、楽しみに読んでくださる方、
応援クリックしてくださる方、
少しでも、子育ての参考にしていただけたら、幸いです。
皆さんのコメントやメッセージも、がんばる力になっています。
どうもありがとうございました。

まだまだ未熟者ですが、
来年も、お付き合いの程、よろしくお願いいたします。
皆様、よいお年をお迎えくださいませ。

入会ご希望の方はこちらへ。

モンテッソーリ子どもの家アイアイ クラスのご案内




クリスマス♪(小1息子)

2010年12月26日 | 子育て奮闘記

クリスマスは、いかがお過ごしでしたか?

子どもたちは、サンタさんからのプレゼント、
喜んでましたか?

子ども時代、サンタさんを信じていた私は、
ほしいものを書いた手紙を枕元においていたりしました。
でも、残念ながら希望がかなえられたことはなく、
高学年になって、親だったことを知り、
「あー、やっぱりね」なんて、思ったのでした。

ちなみに、私が小学校のとき、ほしかったものは、糸と針とフェルトか布。
でも、もらったものは、ぬいぐるみ(><)
自分で作りたかったのになあ、とがっかりした記憶が。
「子どもは手を使いたい」んだと、今なら思います。

息子は、普段、おもちゃをほしいということがないし、
クリスマスくらい、希望の物をサンタさんからもらえるって、
喜んでもらいたくて、ほしいものを用意してます。
年少はスカリーノ、年中からはキュボロがいいと言っていて、今年で3年目です。
お値段も高いので、どうしようかと思いましたが、
かなりの頻度で使っているので、今年も希望をかなえてあげました。
息子は、大満足の様子で、「宝物」と言っています。

サンタさんを信じてるって、小さいときにしか
味わえない感覚だと思うので、楽しんでほしいなと思います。
↓は、お気に入りの絵本です。
サンタクロースと小人たち
たくさんの小人たちがサンタクロースと一緒に暮らしていて、
子どもたちのためにプレゼントをつくってるお話です。

クリスマスケーキは、手作りで、飾り付け専門の息子の今年のデザイン(?)です。

少し前にお友達からいただいた葉っぱの形のクッキーをケーキにのせるため、
食べずにとっておいたのですが、大胆な飾りつけ(^^)

入会ご希望の方はこちらへ。

モンテッソーリ子どもの家アイアイ クラスのご案内






子どもに「ありがとう」(小1息子)

2010年12月22日 | 子育て奮闘記

夕方、片づけをしていたら、
ビーズの入ったケースを上から落としてしまい、
床の上に、散乱してしまいました。
細かいビーズだったので、かなりショック~~(T_T)
だったのですが、見ていた息子は、
「大丈夫?手伝ってあげる」といってくれました。

さらに、
「お母さん、夕飯の準備してきていいよ。
色分けもしておいてあげるから」と(感涙)
細かいビーズをピンセットで色分けしてくれました。
多少、間違っていたけれど、そこは目をつむって、
「ありがと~~~!!助かったよ~!」と
何度もお礼をいいました。

いつもはのんびりマイペースな息子は、
人が困っているときは、なぜか行動が速いんですが、
助けてあげられるようになったのね~と、うれしく思いました。

一仕事終えた後の息子は、
モンテッソーリのお仕事を終えたのと同じような満足そうな顔をしていました。
「ビーズの色分けのお仕事」として用意しても、
今の息子では、絶対やらないと思いますが、
満足感を得るのは、教具だけではないのですよね。

年齢が低いと、行為(お仕事)そのものに興味があるのですが、
年齢が上がってくるに従って、人の役に立つことに喜びを見出すとのこと。

学校での係の仕事で、先生のお手伝いを
一生懸命がんばっていたそうで、役に立ちたいって思ったのでしょうし、
やっぱり「ありがとう」って言われたらうれしいですよね。

これから、子どもたちにとってはうれしい冬休みですね。
きっとお手伝いしてもらうこともあるでしょうから、
「ありがとう」って言ってあげたいですね。

入会ご希望の方はこちらへ。

モンテッソーリ子どもの家アイアイ クラスのご案内






箸の持ち方

2010年12月16日 | 日常生活の練習

箸について質問が多いので、
息子の学用品の中に入っていた
「正しい箸の持ち方」をご紹介しますね。



箸を使えるようになるためには、
指が自由に使えるようになっていることが必要です。
スプーンやフォーク、ピンセット、洗濯ばさみなど、
たくさん手を使わせてあげてくださいね。

以前にも、どこかで書いたと思いますが、
息子は幼稚園に入る前、スプーンよりも手づかみばかりでした。
モンテッソーリを知る前は、
食べさせてもらうのが当たり前になってしまっていましたが、
食べさせるくらいなら、手づかみの方がいいと言われて、
とにかく自分の手を使えるように工夫して、
入園前の3月にやっと一人で食べるようになったという感じです。

公立園からモンテッソーリ幼稚園に転園することになり、
年中の夏に、家でお箸の練習するように言われ・・・
敏感期は過ぎてるし、注意すれば、怒るし、
なかなかやる気にさせるのも一苦労・・・
なんとか年中の秋には使えるようになりました。

その後、上手とはいえないものの、
使えるようになったと思っていたし、
いつかそのうち上手になるだろうと気にとめていなかったのですが・・・
この夏(小1)、細かいものがつかめない原因に気づいたのです。
2本の箸を一緒にえんぴつ持ちしていました(涙)
パッと見た感じはきちんと持てているのですが、
それでは、図3のように
上の箸を3本指で上に開くことができなかったのです。
夏から修正を試みましたが、癖になってしまっているので、
大変でした。注意すれば、また怒るし。

つい「どうやって教えればいいの?」と言ったら、
息子は、「考えるのはお母さんの仕事でしょ」だって(苦笑)。
いやいや、母だけでなく、君もだよって思いましたが。

いろいろ考えて、うまく使えない原因を探ってみました。
息子の場合は、薬指に下の箸が当たっていませんでした。
図1→図2の順番だとわかりにくかったようで、
図2の下の箸を親指の付け根と薬指ではさむことを
先にやってみました。
これが意外と力が要るのです。
そこが安定していると、上の箸が動かしやすいです。
実は、私自身、ちょっと持ち方が違っていて、
子どもに教えるために、持ち方を変えたので、
難しいところがわかるんです(苦笑)

それに気づかせるために、
一時的に、こんなこと(↓)までしてみました。
モンテッソーリとは違いますし、
輪ゴムがずれてしまったりするので、おすすめはしませんが、
お子さんが大きくなってしまって、
一時的に持ち方を理解させるときなどにしてください。
小さいお子さんには、丁寧に教えることをおすすめします。
また、手が育っていることも必要ですから、
箸にこだわらず、他のアプローチを考えてみてくださいね。


息子の練習用で、こんなもの(↓)も用意してみました。

空いているところに、時計回りに移動させるというものです。
最後は、豆やお米もやってみましたよ。
息子はできるようになったら、楽しんでいましたよ。
本人が楽しめるものかどうか、が大事です。

最近、息子もやっと正しい持ち方で慣れてきたようです。
こんな苦労をしないで済むように、敏感期に教えてあげられるといいですね。
食事中に教えていると楽しくなくなってしまうので、
お仕事として用意してあるといいようです。
一度教えてダメなら、また別の機会に・・・と
気長に考えた方がよさそうです。


2015.11追記(研修にて)

手の骨の発達、運動機能面から見ると、
箸を使えるようになるのは、小学校2年生くらいからだそうです。
レントゲン写真を見るとよくわかります。
【参考図】
手の成長
ただ、2歳くらいから使いたがるお子さんもいらっしゃるので、
使わせてあげればよいということでした。
食卓にスプーン、フォーク、箸を用意しておき、
子どもが自分で選べるようにしておくのがいいと思います。
手が汚れたときのためにお手拭きもあるといいですね。

最初から正しい持ち方ができるお子さんは、ほとんどいません。
食事中はどんな持ち方をしていてもいいので、楽しく食事をし、
箸の練習は、食事とは別のときに用意するのがいいと思います。
箸だけでなく、別のことでも手を使う場面を作ってあげることも必要です。

ビーズでネックレスを作ったり、粘土遊びをしたり…
楽しくできるように工夫されるといいですが、
家事を一緒にするのが一番のおすすめですよ

↓現在、この箸を使っています。
箸匠せいわ 六角知能ばし ポポとミミ 子供箸 (13cm(2才用), グリーン)
六角知能箸 3歳用 (ピンク)
ののじ はじめてのちゃんと箸 SS (16cm) グリーン

箸の持ち方の動画もありました。
参考にしてください。
https://m.youtube.com/watch?v=fGDlfex268Q
輪ゴムを使った練習方法
https://m.youtube.com/watch?v=HXgJV6Bn6x4

ぜひ、こちらもお読みください。
モンテッソーリ教育を初めて知る方へ
マリア・モンテッソーリ
モンテッソーリ実施施設の選び方
情報を見極める
モンテッソーリに関する書籍
家庭でモンテッソーリ教育を取り入れるなら

 

入会ご希望の方はこちらへ。

モンテッソーリ子どもの家アイアイ クラスのご案内


「父親らしい者は少なく、母親らしい者はいない」

2010年12月08日 | その他

最近、読んだ本に書いてありました。

~~~~~

「父親らしい者は少なく、母親らしい者はいない」

これは、アイルランドのことわざだそうです。

父も母も、子どもとともに成長するもの。
母親密着型でも父親力絶対の家庭でも問題がある。
ともに家庭を愛し、育てる気持ちを強くもつことが一番。

~~~~~

出典ですか?こちら(↓)です(^^)ゞ

足を速くするにはコツがある―わが子の運動能力が育つ本

得手不得手があるのは仕方ないんですけどね。
息子、クラスで一番遅いんだそうです。
私自身得意じゃなかったので、遅いのは仕方ないんですけど、
モチベーションがさがっていて、教えようにも教え方もわからないので、
なんとかならないかな~と、図書館で見つけました。

なるほど~と思うようなコラムがチョコチョコ書いてあって、
そんな中のひとつでした。

もうひとつ。

~~~~~

ほめられると脳下垂体から甲状腺刺激ホルモンが
分泌されます。この「やる気ホルモン」が
脳を目覚めさせ、全身の活動を活発化させるのです。
やる気ホルモンを投与したマウスとそうでないマウスを
鉄棒にぶらさげると、その持久力の違いは明らか。
投与したマウスは鉄棒からなかなか落ちませんが、
投与していないマウスはすぐに落ちてしまうのです。

~~~~~~

ほめて、やる気ホルモンを分泌させるといいんですね~
まず、「できていることをほめてあげる」
わかっているのに、自分の子となると、どうしても、
できていないことをつついてしまう。
気を付けたいものです。
母も子とともに成長させてもらってます。


速く走る方法ですか?
読んだ通りにやれればいいでしょうけど・・・
息子の場合は、まずは、「やる気」にならないと(苦笑)。

お断りしておきますが、
モンテッソーリ教育を受けた子どもが、
全員運動が苦手なわけではありません。
同じ園の子どもたちの中で、運動がとても得意だという子も
いましたし、「提示を見てその通りにする」ことをしてきた
子どもたちは、運動面でも習得しやすいとも言われています。
ただ、子どもの個性もあるのだと思います。

入会ご希望の方はこちらへ。

モンテッソーリ子どもの家アイアイ クラスのご案内