モンテッソーリ子どもの家アイアイ

愛知県西三河(刈谷市)にある少人数制のモンテッソーリ幼児教室です。
子どもたちの主体的な活動を大切にしています。

計算カードをしていると算数棒が頭にうかぶ

2010年11月10日 | 算数教育

小学校1年生の息子の今日の宿題。
計算カードと国語の教科書の音読。

計算カードは、単語帳のようにカードがリングでとめてあって、
表に計算式、裏が答になっています。
今は、繰り上がりのある足し算(6+7など)です。

今日、ふと息子が言ったのです。
「計算カードやってると、算数棒が頭に思い浮かぶんだ~」って。

算数棒というのは、モンテッソーリ教育の算数教育で使う教具で、
1~10本まであり、1は赤(10cm)、2は赤青(20cm)、
3は赤青赤(30cm)・・・・と、色が交互になっている木の棒です。
10cmずつ長くなり、10は、1mになります。
小さな子供には、自分と同じくらいの長さの棒を扱うことになるので、
大変ですが、数を体感できますね。
10と同じ長さにするには、9と何を組み合わせるか、
8と何を組み合わせるか、などとやっていたので、
足し算すると思い浮かぶんだそうです。

モンテッソーリ教育を受けた子どもは、教具が思い浮かぶという話を
聞いたことがありますが、ほんとにそうみたいです。

小学校に入ると、初めのころは、具体物(小さいブロックとか)を使うけれど、
夏休みには、計算カードのタイムを計るとか、暗記するとか、
急に抽象的になり、スピードを要求されます。
(我が家は公立ですが、他の学校でもそうなんでしょうか?)

足し算の概念を定着させるというよりも、
繰り上がりなしの計算(答が10まで)くらいは暗記しておいた方が、
2学期からの繰り上がりの計算が楽になるから
ということみたいです。

夏休みは、計算カードのタイムが上がらなくて、悔しがっていましたが、
今日は、
「今は、ゆっくりしかできないけど、絶対速くなるんだ~。」
と、ちょっと前向きでした^^

幼児期に数に興味を持つお子さんも多いと思います。
ご家庭で、具体物を使って数えたりすれば、数を体感できますよ。

 

入会ご希望の方はこちらへ。

モンテッソーリ子どもの家アイアイ クラスのご案内


とけいのほん【絵本3歳~】

2010年11月08日 | 絵本・児童書

とけいに興味を持ち始めたら、この絵本。

息子は、3歳くらいだったと思います。
たぶん「3時になったらおやつ」ってよく言っていたから(笑)

とけいのほん1 (幼児絵本シリーズ)
は、簡単な時計の読み方(○時、○時半)

とけいのほん2 (幼児絵本シリーズ)
は、細かい分の読み方(○時20分、35分、17分など)

読んであげるなら、理解度に合わせていくといいと思います。
2巻の方は、5ずつくっついたカードを丸く並べると60分
とわかるように描いてあります。
数を数えるようになった頃で、
1つずつ数えるので、読み終わるのに時間かかりました。

そして、わが家では、↓の時計を使いました。
100均の厚紙製です。でも、一応動きますから。。
細かい分を知りたがるようになってから、
1分ずつの点を書き、1~12には、0分、5分、
・・・55分、60分と書き込みました。


モンテッソーリ園では、時計のお仕事もありますが、
園に入る前に読めるようになってしまったので、
園では、やらなかったみたいです。

でも、実は、息子の場合、「時間が読める」というだけで、
なかなか、体感はできませんでした。
「○時までにやる」と言っても、
どれくらいの感覚で、その時間が来るのかわかっていないので、
いくら時間が読めても、のんびり屋の本人としては、
「いつの間に??」って感じだったみたいです。

「○時までにやる」と言っても、なかなかできない
と思っていましたが、
「時間を読む」と「時間を体感する」という違いを、
幼稚園の先生に言われて気づきました。

最近やっと、
「これをするのに、○分くらいでできるから、△時までに間に合う」とか、
「△時までにやらないといけないから、○分からやり始めよう」とか
考えられるようになってきたようです。
こればっかりは、自分でつかんでいくしかないですからね。

小さいお子さんは、
自分で時間を読んだり、体感できませんから、
出かける前などは、やはり余裕をもって、
「自分で」用意ができるようにしてあげられるといいですね。

こんなこと書いてますが、モンテッソーリ園に通う前は、
時間に間に合わせるために、息子の支度を手伝ってしまう親でした。
モンテッソーリ園の先生には、
「自分で用意ができるように20~30分は余裕をもって」と言われました。
親は、手伝ってしまった方が、早いし、楽ですが、
後々のことを考えたら、子どもにとって、どちらがよいか
ってことですよね。
自分の今までのやり方を変えるのは、
自分にとっても子どもにとっても大変でしたが、
あのままじゃなくてよかったと、今は思います。

よかったら参考にしてください。

【2014.7.7追記】
時計の理解度には個人差がありますので、お子さんに合わせて紹介してください。
こちらの記事も参考にしてください。
時間の見通しを持てるようになるまで(小5息子)

 

入会ご希望の方はこちらへ。

モンテッソーリ子どもの家アイアイ クラスのご案内




乳歯が抜けたことに「感謝」

2010年11月06日 | 子育て奮闘記

今日、息子(6歳8か月)の乳歯が、
生まれて初めて抜けました。

1年生になり、お友達が何本も抜けているのを見て、
なかなか抜ける気配のなかった息子は、
ちょっと心配していました。
永久歯が生えてこない子供たちがいる
という話も聞いていたので、
さすがの私も、少し心配し始めたところでした。

最近は、かなりグラグラしていたのですが、なかなか抜けず、
裏側から永久歯が生えてきてしまったので、
歯医者さんで抜いていただきました。

抜いていただくのも、もちろん初めてで、
かなり緊張していましたが、
先生は、「今日は、抜こうか、どうしようか・・・」と
歯をさわりながら、迷うふりをして、
気づかないうちに、あっという間に、
スッと抜いてくださいました。
息子も、血は出るものの、なんともなかったようで、
「先生、すごーい」と、ホッと笑顔になったのでした。

抜いた乳歯を密封できる小さなビニール袋にいれて
くださったのですが、以前から抜けたらどうしようかと
話していました。

息子は、集めて歯の模型を作ると言っていますが(ホントに??)
日本人だし、昔ながらの「下の歯が抜けたら、屋根の上、
上の歯が抜けたら、縁の下」にしようかなぁと
考えていたのですが、よく考えたら、我が家の構造上、
屋根は、わりと急勾配なので、絶対落ちてくるし、
縁の下に投げ込む隙間がない・・・(苦笑)

「神棚にあげて、お礼しようか」と、ふと思いつきで言ったら、
息子は、「え??神様が抜いてくれたの?」と(笑)

歯医者さんから帰って、
我が家の神棚に乳歯を置き、家族で「二礼二拍手一礼」しました。
息子は、自分から
「今日、歯が抜けました。大人の歯も生えてきました。
ありがとうございます。」と言って、お辞儀をしました。

我が家は、お正月は神社に初詣、葬式はお寺という、
よくある日本人家庭です。
家に、仏壇はまだないのですが、神棚はあります。
そんな家庭ですが、
息子は、幼稚園は、教会付属のモンテッソーリ園に通っていました。
「当たり前のことに感謝する」
ということは、園で教えていただいたと思います。

母子手帳に書いてある、その抜けた歯が生えた日にちを見たら、
ちょうど6年経っていました。
「大きくなったんだなぁ」って、しみじみしてしまいました。
ここまで、無事に成長してくれたことに「感謝」です。

 

入会ご希望の方はこちらへ。

モンテッソーリ子どもの家アイアイ クラスのご案内


最近の息子の作品(小1)

2010年11月04日 | 子育て奮闘記

これは、スペースシャトルのプラモデルです。
でも、もちろん、これはほとんど夫が作りましたが(^^)ゞ
息子(小1)も、少しは色塗りとか手伝ったみたいです。


最近、あまり乗り物には興味がなかった息子が、
どうしても、スペースシャトルの模型がほしいといったので、
プラモデルの方が安かったので、夫が作りました。

できあがって、「乗り物の中で、いちばんかっこいい」と、
ものすごく気に入っています。

そして、この間から一生懸命描いていたものが↓です。

このプラモデルを見ながら描いていたのですが、
翼の部分に、プラモデルにはない国旗が描いてあったので、
どうしたのか聞いたら、図鑑を見て描いたと言ってました。
そして、毎日手を入れながら、名称を書き込み、
さらに、下に自分の言葉で説明文を書いていました。

 スペースシャトルは、じんこうえいせいをはこぶため
のロケットです。まずこたいねんりょうブースターがはずれて
そのつぎガイブねんりょうたんくがはずれて
おしまいにはスペースシャトルオービターだけでのこって
じんこうえいせいをはこびます。
 うちゅうにいって、はこびます。(原文)

カタカナひらがなまちがってるところもありますが、
文章を書くことは好きなようで、
虫の絵の横に、こういう説明文は時々書いたりしています。

↓こちらも、夏休みから根気よく描き足して、完成したそうです。


「かがくのとも」や、ファーブル昆虫記の虫たち〈1〉 (KumadaChikabo’s World)
ファーブル昆虫記 たまころがし (科学絵本ライブラリー)
なども、よく読んでいたので、マネしている感じはありますが・・・

文章を書きだしたきっかけは、幼稚園で絵日記を書いたことからです。

年長の時に、先生に話しかけたら止まらないって感じだったみたいで、
「お話したいことがたくさんあるようなので、絵日記を書いてもらうことにしました」と先生に言われました。
それから、園でも、よく絵日記を書いていましたが、
ブームのときは、家でも書きたがったので、絵日記の用紙を用意していました。

最近は、虫のことを話し出したら止まらないので、
「お母さん、よくわからないから、絵と文で書いてくれる?」と頼んだら、
時々書くようになり、話すことが落ち着きました。

ただ、息子は本好きだけど、気持ちを書く感想文は苦手なようです。

誰でも得手不得手があると思うので、
お子さんの得意なことを伸ばしてあげられるといいですね。


入会ご希望の方はこちらへ。

モンテッソーリ子どもの家アイアイ クラスのご案内