モンテッソーリ子どもの家アイアイ

愛知県西三河(刈谷市)にある少人数制のモンテッソーリ教室です。
子どもたちの主体的な活動を大切にしています。

生き物のお世話

2011年04月25日 | 日常生活の練習



わが家の「生き物コーナー」です。
息子が捕ってきたものが多いです。

左上 ざりがに1匹
左下 金魚2匹
右上 さわがに2匹(石が大きすぎますが)
右下 コオロギのタマゴ(があるかもしれない)

上には、エサと霧吹きがおいてあります。
夏には、虫かごもおかれることになると思いますが。

子どもたちは、生き物大好きです。
毎回、エサやりをしたがります。

この間、2歳半の男の子が、自分一人で、
ザリガニのケースを下に降ろし(フタが開けられないので)、
エサのふたをあけ、少しエサを取り出して、あげていました。
今まで、お母さんが手伝っていたけれど、
一人でできるようになったんだなぁとしみじみ。

小さいころの方が、「自分のお仕事」として定着しやすいようですね。
ご家庭で、小動物を飼っていらっしゃったら、
お子さんができるように環境を整えてあげるといいでしょうね。

ぜひ、こちらもお読みください。
モンテッソーリ教育を初めて知る方へ
マリア・モンテッソーリ
モンテッソーリ実施施設の選び方
情報を見極める
モンテッソーリに関する書籍
家庭でモンテッソーリ教育を取り入れるなら

 

入会ご希望の方はこちらへ。

モンテッソーリ子どもの家アイアイ クラスのご案内


子どもがきれいと思うもの【感覚】

2011年04月18日 | 感覚教育

先日、息子が行っていたモンテッソーリ園のプレクラスに
お手伝いに行ってきました。

プレクラスが終わってから、
2歳の女の子が大きな袋から取り出して、
プレゼントしてくれました。

年長さんのお姉ちゃんと一緒に公園で、
きれいなタイルをたくさん拾ったそうで、
お友達や先生たちにあげたいと二人で一生懸命包んでいたそうです。

一生懸命包んでいる様子を想像して、
うれしい気持ちになりました。
「ありがとう」と言うと、女の子もにっこり満足そう。

息子も、タイルをよく拾ってくるので、
子どもは、こういうものが好きなんですね~。

子どもが、「きれい」と思う気持ちを
大切にしたいですね。


入会ご希望の方はこちらへ。

モンテッソーリ子どもの家アイアイ クラスのご案内


絵本のご紹介【1歳~】

2011年04月14日 | 絵本・児童書

新年度、新学期が始まりましたが、
お子さんたちは、新しい生活に慣れてきましたか?

さて、
以前、絵本のご紹介【0歳~】でご紹介しましたが、
今日は、その続編で、1歳ごろを対象としてご紹介します。
お子さんの様子を見て、選書していただければと思います。
(なお、モンテッソーリ教育には基づいておりません。)

ご存じの方も多いと思いますが・・・
がたん ごとん がたん ごとん (福音館 あかちゃんの絵本)
ぞうくんのさんぽ(こどものとも絵本)
こぐまちゃんおはよう (こぐまちゃんえほん)
こぐまちゃんシリーズ、大好きで、何冊も持っています。

いちにのさんぽ (ぽかぽかえほん)
「いちにいちにいちにのさんぽ」
「さんぽあるいてこんにちは」
と、散歩しながら、いろんな動物に会い、
「こんにちは」とあいさつをしていきます。
あいさつが楽しい絵本です。

だれかしら (ミセスこどもの本 どうぶつあれあれえほん)
「とんとん」とたたく扉の向こうにだれかさんの耳が見えて、
次のページで、扉を開けると、誰かわかる。
お誕生日のお祝いに来てくれた動物さんたちが勢ぞろい。
何度も読むうちに、想像できるようになり、楽しい絵本です。

いちごです
いちごの季節にいかがですか?

くまくんシリーズです。
おふろだ、おふろだ! (くまくんの絵本)
どろんこくまくんが、お父さんとお風呂に入ります。

五味太郎さんの絵本。
るるるるる
飛行機が「るるるるる」と飛んでいくのですが、
言葉は、「るるるるる」だけで、表現されています。
息子は、いつもゲラゲラと笑いながら、聞いていました。
きんぎょが にげた (福音館の幼児絵本)
絵本の中に隠れたきんぎょを探すのが楽しいですよね。
そら はだかんぼ! (はじめてよむ絵本)
お風呂にはいりなさいと言われたライオンくんが、
くまになり、くまが服を脱いで、さらに、くまからたろうくんに変身。
初めて息子と読んだときは、
「どうなっちゃうの?」と、私も楽しみました。

読みながら、ついつい笑顔になる絵本です。
おひさま あはは

松谷みよ子さんの絵本です。
さよならさんかくまたきてしかく (松谷みよ子あかちゃんのわらべうた 5)
ぼうしをとってちょうだいな (松谷みよ子あかちゃんのわらべうた 3)
のせてのせて (松谷みよ子あかちゃんの本)

トイレトレーニング中にピッタリです。
うんちがぽとん (まあくんのバイバイあかちゃんシリーズ 1)
おばあちゃんにプレゼントされたおまるで、
挑戦してみるまあくんですが、失敗したりもします。
それでも、お母さんは、ニコニコとしています。
まあくんがおまるに座り、
ページ全体に「でたかな?まだまだ・・・」と
書いてあるページを見ると、
こんなお母さんでありたいなぁと考えさせられたものです。
息子は、2歳半ころ、ちょうど夏で、オムツが取れそうだったのですが、
3週間も下痢が続き、断念しました。
結局、なかなかオムツが取れませんでしたが、
3歳になったとたん、失敗しなくなりました。
(おまるの形は、日本でよく売っているものと違い、
花瓶のような形のおまるなのですが、探せばあるらしいです。)
それにしても、この本は大好きでした。

絵本を見ると、当時のことが思い出されます。
ぜひ、お子さんと、楽しい時間をお過ごしくださいね。

息子は、小学校2年生になりますが、今でも、
寝る前には、1冊の絵本(長い本なら区切って)を
読んでいます。
もちろん、一人で読んでいる時もあります。
でも、低学年は、自分で読みながら、物語を楽しむまでには、
まだ難しい場合もありますから、まだまだ続けますよ(^^)

 

入会ご希望の方はこちらへ。

モンテッソーリ子どもの家アイアイ クラスのご案内




こすずめピーちゃんの里帰り(小2息子)

2011年04月11日 | 子育て奮闘記


もう、こすずめじゃなくて、大人でしょうけど、
2羽のすずめ、見えますか?

おそらく、こすずめピーちゃんの旅立ちで、巣立ってしまったピーちゃんだと思われます。

飛び立ってしまったあと、
エサが見つけられなくて、困るかも・・・と、
しばらくエサを置いていたら、秋は、毎日食べにきていました。
2羽で来ていたので、外にかごを出しているときから、
よく遊びに来ていたすずめとつがいになったのだと思われます。

でも、冬になってから、ぱったりと来なくなってしまい、
さみしく思っていたのですが、
春になって、田んぼが耕され始めたら、エサがなくなったのか、
庭によく来るようになったので、またエサを置いています。
それに、うちの駐車場の軒先に巣を作っています。
(エサがなくなっていると、ウッドデッキまで飛んできて、
窓ガラスにぶつかってくるときもあります。
ガラスが見えてないのかもしれないですが)

少しくらいの物音や人の動きには、動じないで、
ひたすらガツガツ食べているのが、ピーちゃんだと思うのですが、
里帰りした娘(息子?)を見守るような気持ちです(^^);

さて、息子は、2年生になりました。
明日から、本格的な授業が始まるようです。
1年前は、小学校生活は大丈夫かな?と思いましたが、
少しは落ち着きも出てきたようです。
自分の子どもって、毎日見ているから、
つい、まだまだと思ってしまいますが、
1年前と比べれば、確実に成長していることを感じます。
当たり前かもしれませんが、だんだん手がかからなくなってきました。
母としては、今まで以上に、
「見守ること」が大切かなと思う今日この頃です。

入会ご希望の方はこちらへ。

モンテッソーリ子どもの家アイアイ クラスのご案内





即席「はやぶさ」(小1息子の工作)

2011年04月03日 | 子育て奮闘記

先日、私の実家へ行ってきました。

息子は、自分の荷物は、自分で用意していますが、
着替えなど以外に、必ず持っていくもの。
らくがきちょう、はさみ、のり、おりがみ、色鉛筆など。

ついたとたん、らくがきちょうをフリーハンドで
じょきじょきと、はさみで切り、
セロテープ(実家に常備)で、べたべた。
色鉛筆で、何やら色を塗り、完成させたものです。
時間は見ていなかったけれど、30分くらいで完成したと思います。
マイペースな息子なのですが、こういうことは、なぜかすばやいのです。
(よく見るとセロテープだらけですけど)

これは、なにかと言うと、
あのイトカワの微粒子を持ち帰り、燃え尽きた「はやぶさ」です。
はやぶさの映画(?)を見て、覚えていたらしく、
写真では、よく見えませんが、下の部分は、イトカワです。
イトカワは、ゴツゴツしたラッコの形をしているのですが、
ちゃんとその形もできていて、
折り紙の折り方が生かされているようです。

ご存じの方もいらっしゃると思いますが、
はやぶさの両側についている太陽光パネルは、
折り紙を参考にして、折りたたまれていて、
宇宙に放たれたときに、開いていきました。
そして、重力のないイトカワから微粒子を取る方法は、
はやぶさが獲物を捕える方法を参考にして作られたそうです。
(うまく写真に撮れていないのですが、
その部分も、ちゃんと作っていました。)

宇宙から見たら、地球は、その一部なのですよね。
地球は、ひとつで、世界がつながっている。

「世界は一つであること」
これからも、子どもたちに伝えていきたいことです。

入会ご希望の方はこちらへ。

モンテッソーリ子どもの家アイアイ クラスのご案内