モンテッソーリ子どもの家アイアイ

愛知県西三河(刈谷市)にある少人数制のモンテッソーリ教室です。
子どもたちの主体的な活動を大切にしています。

粘土で「立体愛知県」を作る(小3息子)

2013年03月07日 | 子育て奮闘記

早いもので、もうすぐ息子も3年生が終わります。
先日、図工で使っていた粘土を持ち帰ってきました。


家でも、いろいろ作ってましたが、

「そうだ!愛知県作ろう!」と言い出しました。


授業で使った大きな愛知県の地図を持ってきて、
粘土を粘土板に平らにひろげて、ヘラで切り取っていました。

はじめの日は、愛知県の形だけを切り取って作っていましたが、
空いた時間を見つけて、山を作り、川も作っていました。
まだ、何かするつもりらしく、完成ではないようですが…

↓息子作、立体愛知県です!


幼稚園の時、「対象地形」というお仕事をしました。
息子は、このお仕事が気に入って、よく砂場で地形を作っていました。

こうしたことを誰かに言われてやるのではなく、
自分からやりたいと思ってやるのは、モンテっ子だなぁと思う一面です。


息子はお仕事大好きだったので、小学校もモンテッソーリがあったら…
と、思うこともありますが、
こうした思いがけない行動も、けっこう面白いです

入会ご希望の方はこちらへ。

モンテッソーリ子どもの家アイアイ クラスのご案内




実体認識袋【感覚教育】

2013年03月01日 | 感覚教育

「実体認識袋」は、他にもあるのですが、やっぱり新しいものは、うれしいようです(^-^)

↓ペアリング
 ふたつの袋の中に、同じものが1つずつ入っていて、
 袋の中を見ないで、触覚を使って同じものを探すというものです。
 同じものが見つかったら、このように並べていきます。


↓ソーティング
 目隠しをして、3種類のものを分類します。





年中さんの女の子が、

「ゲームだと間違えちゃうと負けだけど、
お仕事だから、間違ってもいいんだよね?」と言っていました。


新しいお仕事で、不安そうにしているとき、
「間違えてもいいんだよ」とよく言っていたからかな。。。



「間違いは、いけないこと。負けること。」

「間違えたら、訂正すればいい。」


 大きな違いですよね。


モンテッソーリ教育は、お仕事の中に「誤りの訂正」と言って、
子どもが自分で誤りに気づけるように配慮されています。
人から言われて訂正するより、自分で気づいて訂正することが大事なのです。
その場は、すぐに訂正できても、それが身につくには時間がかかってしまいます。

自分で「分かった」と自分の中に落ちないと分からないということ、
大人でもありますよね。


頭でわかっていても、わが子には、ついつい直接訂正してしまうのですが…
自分で気づけるように、考えられるように、
親も工夫していかないといけないなぁと思いました。


※おうちモンテという方も、ご覧いただいていると思いますが、
 提示だけでなく理論も大事なので、ぜひモンテッソーリ教育を学ばれることをおすすめします。

ぜひ、こちらもお読みください。
モンテッソーリ教育を初めて知る方へ
マリア・モンテッソーリ
モンテッソーリ実施施設の選び方
情報を見極める
モンテッソーリに関する書籍
家庭でモンテッソーリ教育を取り入れるなら

 

入会ご希望の方はこちらへ。

モンテッソーリ子どもの家アイアイ クラスのご案内