モンテッソーリ子どもの家アイアイ

愛知県西三河(刈谷市)にある少人数制のモンテッソーリ教室です。
子どもたちの主体的な活動を大切にしています。

豆いすの笛の外し方(音をなくす方法)【環境】

2011年05月31日 | 環境を整える

先日の記事、机といす【環境】で、
いすの笛を取る方法を知りたい方がいらっしゃったので、
取り方を説明しますね。

↓笛の部分に細いドライバーなどをさして、浮かせます。


↓笛の部分が浮き上がりますので、取り出します。


↓笛の部分を取り出して、中を見ると、ベロのようなものがあります。
この写真は、見にくいですが、それを切り取った状態です。
切り取ったら、元通りに、はめ込んで完了です。


この笛の部分を取り外すだけでも、音は鳴らなくなりますが、
穴が開いた状態になってしまうので、この方法が、仕上がりがきれいです。
一時的にという場合は、セロテープで穴をふさぐ方法もあります。

よかったら、お試しくださいね。

入会ご希望の方はこちらへ。

モンテッソーリ子どもの家アイアイ クラスのご案内



机といす【環境】

2011年05月29日 | 環境を整える

↑こちらで使っている机といすです。

以前から写真に使っているので、気づかれている方も
いらっしゃるかもしれませんが、
普通にホームセンターで売っている子ども用の豆いすです。

膝をまげて、床に足が着くくらいの体型のお子さんに
ちょうどよいのですが、
いすに笛がついていて、座ると「ブーーー」と鳴るので、
毎回だと気になりますよね。
実は、笛の部分は、プラスチックなので、
カッターで切れば、音が出なくなります。

机は、お子さんが集中したりすると、
机の脚がすべって、前に動いてしまうので、
滑り止めを巻きつけました。

モンテッソーリ教育では、
子どもの体の大きさに合わせて、教具を用意するのですが、
机といすも、子どもサイズがよいとされています。
モンテ園などは、理想とされている大きさの机といすがありますし、
理想を言えば、キャラクターのないものがいいのですが・・・
一般的な子ども用のグッズって、キャラクター付きが多い気がします。

でも、
いすのキャラクターが気になるお子さんは今のところいらっしゃいませんし、
理想通りとはいかなくても、あるものを工夫しながらやっています。

夫に木製の机やいすを作ってもらうこともできるのですが、
クラスごとに配置を入れ替えたりするため、
できるだけ動かしやすく、収納しやすいものを選んでいます。

ご家庭でも、理想通りといかないことも多いと思いますが、
ぜひ、工夫してみてくださいね。


2015.10追記
現在は、こちらのいす(夫作)を使っています。

(参考記事)
インファントコミュニティの様子(2015年9月)

入会ご希望の方はこちらへ。

モンテッソーリ子どもの家アイアイ クラスのご案内





お友達がやっているお仕事が気になります・・・

2011年05月10日 | モンテッソーリのこと

3歳になったばかりの男の子。
フェルトを巻いてケースに入れていくというお仕事をしながら、
視線はボルトを回すお仕事をしているお友達(2歳8ヶ月)へ。
このお子さんも、フェルトを巻いているお友達が気になっていたようです。

結局、二人ともお互い気になったものの
そのお仕事はしなかったのですが、よく観察していましたよ。
観察することも大切なので、そういうときは見守ります。

「他の子ばかり見て、うちの子は集中しないわ」
なんて、思わなくても大丈夫ですよ~。

来年、地元の幼稚園に入園されるお子さんたちですが、
お母さんと離れられそうだったので、
お母さん方には、お部屋の外で待っていただきました。
落ち着いて、しっかり集中できました^^

入会ご希望の方はこちらへ。

モンテッソーリ子どもの家アイアイ クラスのご案内








最近、息子(小2)が見たテレビ番組「サハラ砂漠に太陽光発電基地をつくれ!」

2011年05月07日 | 子育て奮闘記

息子と一緒に見たテレビ番組は、これ(↓)です。
サイエンスzero サハラ砂漠に 太陽光発電基地をつくれ!

夜中に放映されているので、録画して見ました。
再放送もあるので、よかったら、見てください。
2011年5月12日(木) [教育] 午後6:55~午後7:25
2011年5月19日(木) [デジタル教育2] 午後2:00~午後2:30

アフリカのサハラ砂漠に、大規模な太陽光発電基地をつくる
計画がすすめられている。
その名も「サハラソーラーブリーダー計画(SSB計画)」。
日本の研究機関が国の援助を受けてすすめている。

昼間の電気を地球の裏側の国に送るという壮大な計画で、
その内容を見たとき、息子が言った言葉。
「いいじゃん!!これ!!」

息子じゃないけど、
私も、ほんとに実現してほしい!!と思いました。
こんな計画を実行している人たちがいるんですね。
きっと、世の中には、自分の知らないところで、
がんばっている人たちがいるんでしょうね。
世界中が協力しあえる世の中になってほしいと思います。


こういう番組は、夫が好きで、よく録画しているので、
私も息子も影響されて見てます。

他にも、よかった番組です。
 2011年3月24日放送 「カンブリア宮殿」
 挑み続けた2592日…感動のドラマの裏側
 「あきらめなければ未来は拓ける!」
 「はやぶさ」プロジェクトマネージャー
 宇宙航空研究開発機構(JAXA)教授 
 川口淳一郎氏

最近は、ニュースかこういう番組をよく見ていて、
お笑い番組とかは見ていないのですが、
子どもは、柔軟性があるようで、
息子は、学校で覚えてきて、お笑い芸人のマネしてます(^^)ゞ

 

入会ご希望の方はこちらへ。

モンテッソーリ子どもの家アイアイ クラスのご案内