モンテッソーリ子どもの家アイアイ

愛知県西三河(刈谷市)にある少人数制のモンテッソーリ教室です。
子どもたちの主体的な活動を大切にしています。

時間を守らない子ども

2014年06月23日 | その他

先日の新聞記事で、幼稚園の年長児の担任が、
時間を守ることができない子どもたちの行動に悩んで、
保護者会で「ご家庭でもよろしくお願いします」と話したら、
お母さんたちにも、「家でも大変なんですよ…」と言われてしまった
という話が掲載されていました。

この記事を書かれた岡崎勝先生は、

「やる側」ではなく、「やらせる側」の都合にすぎない
大人自身も毎日、時間に追われるすぎていることも、反省すべき

とおっしゃっていますが、生活を見直してみることも大切かもしれませんね。


私も、子どもが時間を守ることが難しいと相談されることもありますが、
自分で時間配分して、時間内で終わらせたりすることって、
本当は、難しいことなんじゃないかなと思います。
自分でも、なかなかできないこともありますし。

そもそも、時計が読めなければ、あと何分でできるか?と聞いてもわかりませんし、
たとえ読めていたとしても、5分という時間がどれくらいなのか、体感できていないと、
あっという間に過ぎてしまっていたり。

息子も低学年の頃は、まだまだ難しかったです。
本人はできると思っていても、意外に時間がかかってしまったり、
やる気はあるのに、体力的に疲れていてできなかったり、
学校での悩みがあったり、つい他のことに気をとられていたり…
理由はさまざまでした。


マイペースな息子なので「学校で大丈夫か??」と心配した時期もありましたが、
今は、ほとんど自分で時間の管理もしていますし、声かけすることもないし、
時間のことで心配することはなくなりました。
たまに、うっかりしていることはありますけど、
やることも早くなり、できるようになったのねーと、しみじみしてます。


大人が決めたり、指示したりすれば、その時はできるかもしれないけど、
子ども本人がひとりでできるようになるためには、
失敗も含め、自分で考えて決めて行動するという日々の積み重ねが必要だったんだなと思います。


お子さんたちを見ていると、
最初は、のんびりお仕事していて、お迎えの時間になってから、
「まだやりたかったのにー」と不満げに帰っていくお子さんたちもいます。
そういうことを繰り返しているうちに、
「あと何分あるから、このお仕事できるかな」
「時間がかかるお仕事は、早めに始めよう」と考えるようになってきます。


大人が先回りしたりしないで、自分で経験することが必要なのかなと思います。

【参考記事】
時間の見通しを持てるようになるまで(小5息子)

 

入会ご希望の方はこちらへ。

モンテッソーリ子どもの家アイアイ クラスのご案内



小5息子の授業参観(はじめてのソーイング)

2014年06月04日 | 子育て奮闘記

先日、小5息子の授業参観に行ってきました。
授業は、家庭科。

「はじめてのソーイング 玉結び・玉止めをしよう」という内容。

お母さんたちに協力お願いしますということだったので、ちょっとびっくり。
私の子ども時代、授業参観で親に教えてもらったことなんてなかったですから。
毎年恒例ということですが、
いつの時代から、そういうことになったのでしょうか…?


先生は、分かりやすく大きな紙や布、針でやり方を伝え、
お母さんたちは、子どもの近くで、難しそうなところを教えてくださいということでした。

1時間目は、玉結び・玉止めで終了。
2時間目が、なみ縫い・本返し縫いでしたが、
2時間目も残れるお母さんは、残ってほしいと言われたので、私は残って、
息子の近くに座っている子たちのお手伝いをちょっとだけしてきました。


息子は、幼稚園のときもやっていたし、
この間も刺繍をやっていたので、慣れているから大丈夫だろうと軽く考えていましたが、
当然ですが、幼稚園のやり方とは違い、慣れないので、ちょっと手間取ってました。

もし、おうちで、縫いさしのお仕事を用意している方がいらっしゃったら、
お子さんの様子を見て、次の段階を提示してあげるといいかもしれませんね。
順番としては、
紙(直線、簡単な図案、複雑な図案)→布に刺繍→布を縫い合わせる…
縫い方は、なみ縫い→本返し縫い…
という感じでしょうか。
その他、半返し縫い、クロスステッチ等いろいろありますね。


簡単にですが、違いを書いてみますね。

●幼稚園のやり方●
・針、糸が太い
・玉結び:糸を人差し指に1回巻いて、輪を作り、その中に糸を通す
・縫い方:1枚の紙(または布)を裏・表に向けながら針をさす
・玉止め:紙(または布)を机に置いて、糸を1回針に巻いて針を抜く

●通常のやり方●
・縫い針、糸が細い
・玉結び:左手(または右手)の人差し指に糸を巻き、糸をよりながら玉結びを作る
・縫い方:2枚を縫い合わせる
     左手で布をたくし持ち、なみ縫いの場合は、表を向けたまま5~6回針を通し、
     針を抜く
     布をしごいて、のばす
・玉止め:左手で布を持ったまま、糸を2回針に巻いて針を抜く


うまくできなくて、「もう裁縫ヤダー」と言っている子、
初めてでも割と器用にやっている子、
中には、慣れた手つきでどんどん縫っていく子もいました。

先生は、
「これからの男の子は、料理や裁縫くらいはできないとね。
 お婿にもらってもらえないよー」と冗談おっしゃってましたが、
「意外と男の子たち、器用だねー」と感心していました。


縫いさしは、数学的なんだそうです。
男の子たちも、縫いさしのお仕事が好きですよ。

入会ご希望の方はこちらへ。

モンテッソーリ子どもの家アイアイ クラスのご案内