モンテッソーリ子どもの家アイアイ

愛知県西三河(刈谷市)にある少人数制のモンテッソーリ教室です。
子どもたちの主体的な活動を大切にしています。

スキー滑れるようになりました(小1息子)

2011年02月28日 | 子育て奮闘記



この写真のとおり、やっと息子が一人で滑れるようになりました^^

昨年は、失敗してしまい、息子は、「スキーこわいからヤダ」と言うし、
今年に入ってから、1度行ったのですが、うまくできず、
カマクラづくりで終わってしまいました(T_T)

今度こそ、失敗したくない!という(親の)強い思いで、
体調もなんとか整え(本調子ではなかったけれど)、
ゲレンデに行かないことには始まらないので、
なんとかなだめすかし、連れて行きましたが、
今回は、うまく行き、自信もついて、自分から
「リフトに乗って、山の上から滑りたい」と、うれしい言葉。
少し心配もしましたが、こわがることなく、
転びながらも、自分で起き上がり、下まで降りてくることができました。
回数券だっため、この後、2回リフトに乗って、降りましたが、
「もっとやりたかった」と言っていました。
そのあと、また、やはりカマクラ作ってましたけど^^ゞ

●今回成功した要因●
1.行く前に、家で、グローブをはめて、
  ストックを手首にかけることができるようにしておいた
2.ブーツを履いて、板に自分ではめることができるようにしておいた
3.板をつけた状態で、横歩きができるようにしておいた
  (傾斜をのぼるとき、使えます)
4.ゲレンデを変えた。
  何人かの初心者ママたちに聞いたら、私たちがいつも行く
  ゲレンデは、コワイと言うので、よく行くゲレンデを聞いて、
  そちらに変えてみました。
  このゲレンデが、息子に合っていたようでした。
  広々とした緩やかな坂があり、ベルコン(ベルトコンベア)で、
  板をつけたまま上がっていくことができました。
  何度も「自分でできる」というのが、よかったようです。
  親は、交代で、付き添っているだけで、あまり教えることはなかったです。
他には、雪が滑りにくいガサガサの雪だったことも、よかったかも。
親は、新雪だったりすると、いい雪!とうれしくなりますが、
初心者には、滑りすぎないほうがいいでしょうね。
夫は、滑りやすいように板にワックスを念入りに塗ってくれるのですが、
息子の板にも塗っていたらしい・・・。
まだエッジもうまく使えないのに、それは、コワかったでしょう・・・(苦笑)

ボーゲンの仕方ですが、よく「ハの字」と教えられますが、
三角と教えるとわかりやすいようですよ。
「とがった三角にすると滑る」「広がった三角にすると止まる」
と教えました。

天気がよかったことも大きいと思います。
慣れないうちは、お天気がよい日に行くといいですね。
最近は、暖かい日も多くなってきました。
スキーシーズンも、あと少しかな?

入会ご希望の方はこちらへ。

モンテッソーリ子どもの家アイアイ クラスのご案内


誕生日プレゼント(小1息子)

2011年02月28日 | 子育て奮闘記

先日、息子が7歳の誕生日を迎えました。

今回の親からの誕生日プレゼントは、これ↓
LaQ ハマクロンミニパーツセット
ラキューは、持っているので、追加パーツです。
今まで、キュボロにこだわっていたのですが、
自分の欲しいパーツはそろったようで、
今までのことを考えると、安く済みました^^。
作った作品(↓)アメンボだそうです。


両方の祖父母からは、いつも本です。
今回は、息子が選びました。

日本の神話〈第6巻〉うみさち やまさち
これは、6巻シリーズですが、他に持っていたので、
続きを買ってもらいました。
画家の故太田大八さんは、このシリーズのために、
古事記や風土記など・・・多くの文献に目を通したそうですし、
芸術性の高い絵本だと思います。
1巻の「くにのはじまり」などは、
イザナミが黄泉の国から追いかけてくる場面があり、
コワイのですが、このシリーズ、息子は気に入っています。
私個人的には、
子どもにこびていない、文章と絵がいいなぁと思います。

大むかしの生物 (小学館の図鑑NEO)
これは、最近、息子が興味を持っている内容で、本屋さんで、選びました。
わが家に恐竜図鑑はあったのですが、他の生き物と時代に興味があったようです。
三葉虫とかオウムガイとか、カンブリア紀のアノマロカリスとか、
オルドビス紀の・・・
母には、知らないことがたくさんで、
細かい内容については、既についていけません(汗)が、
図鑑の裏表紙のタイムラインを見て、長い長い生命の歴史から見たら、
人間の歴史がいかに浅いかを知り、息子は、驚いていました。
  モンテ園で、このあたりのお仕事は、まだやっていなかったようですが、
  自然に興味がわいてくるものなのかなぁと不思議です。
  私は、最近、こちらの本(↓)を読み始めています。
  モンテッソーリの教育 六歳〜十二歳まで


図鑑は、同じシリーズ(こども図鑑)で親が決めて何冊も買いましたが、
よく読んでいる図鑑はいつも同じで、
それ以外は、本棚の飾りになっていることが多いし、
最近は押し花の重しになっているものも・・・

でも、自分で読める図鑑が家にあるということは、
子どもにとっては、知りたいことがすぐに調べられたり、
パラパラ眺めているだけでも、新しい発見があったりして、
今まで、それなりに「種まき」できていたのかなとも思います。

ただ、年齢も上がってきて、調べたいことが載っていなかったりするので、
そろそろ買いなおしたいなーと思っているところです。
本屋さんで、中身を見てから買いたいのですが、
カバーがかけてあって、見れないことがほとんどです。
今回は表紙を見て、息子が即決しましたが、
図書館で確かめて気に入ったものを買う方が
失敗がないかなぁと思っています。

入会ご希望の方はこちらへ。

モンテッソーリ子どもの家アイアイ クラスのご案内


子どもがくつを揃えたくなるマット【環境】

2011年02月25日 | 環境を整える

近所の方は、徒歩か自転車で来ていただいていますが、
昨日は、雨の中、長靴はいて、傘をさして、歩いてきてくれました。
ズボンが濡れてしまったけれど、雨の中を歩くのも、よい経験ですよね。

さて、我が家の玄関ですが、
足形を油性ペンで書いたこんなマットを敷いています。
手前がお子さんで、奥がお母さん用で、大きさを変えています。

わが家の玄関は、低めになっているので、子どもたちが
くつの脱ぎ履きがしやすいようです。
子どもが座って、しっかり足がつく高さがよいようです。
高めの場合は、工夫されるとよいかもしれません。

子どもたちは、ピッタリが好きですから、
1歳半のお子さんから、この形の上に置いてくれます。

このマットは巻けるので、普段は、巻いて片づけてありますが、
時々そろえ忘れる息子も、これが敷いてあると、そろえます。

また、サークルとは別で、
時々、小学1年生のお子さんを預かることがあるのですが、
いつもは、そろえないで上がっていきます。
わざわざ言うのは、気が引けたので、何も言わないでいました。
先日、このマットをそのままにしておいたら、
私が、何も言わないのに、
「あ、玄関変えたんだー」と言って、
くつをそろえて、上がっていきました。

ピッタリの敏感期を過ぎてしまった
という小学生のお子さんにもいいみたいですね。
口で言っても、絶対聞かない子も、
もしかしたら、いいかもしれませんよ。

この滑り止めのマットは、
ほんとに滑らないし、洗えるし、実用的です。
ただ、色が限られたものしか売っていなかったので、
目立っていますが、ご家庭では、どうぞ工夫されてください。

先日の公立幼稚園とモンテッソーリ園の違いには、
たくさんの方がアクセスしてくださり、ありがとうございます。
そちらのコメントにも書きましたが、
「公立」「モンテッソーリ」とひとくくりにお考えにならず、
ご参考程度にとどめていただきますようお願いいたします。
「百聞は一見にしかず」でございます。
どうぞ、ご自分で見学されて、ご判断くださいますよう
お願いいたします。

入会ご希望の方はこちらへ。

モンテッソーリ子どもの家アイアイ クラスのご案内


息子(小1)の漢字敏感期へのサポート

2011年02月16日 | 子育て奮闘記

この写真は、息子が年長のとき、ラキューで、作ったものです。

はじめて買ったラキューのセットは、↓だったのですが・・・
LaQ ホビーキット クワガタセット
年長のときは、一人で作り上げるには、難しかったので、
親子で作りましたが、そのあと自分で作ったのが、この漢字でした。

なぜ、ラキューで漢字?ですが、それほど興味があったみたいです。
(この「虫」という漢字、立つように作ってあります^^)

↓ちなみに、ラキューの最近の作品は、こちらです。

すっかり立体的なものも作れるようになってきました。

でも、ラキューの話をしようと思ったのではなく、
漢字の話をしようと思ったので、話を戻します。

すでに、年長のときから、漢字にすごく興味がありました。
あんまり先取りしすぎると、小学校に入ってから面白くないだろうと
思っていたので、やらせたくなかったのですが、
本人がどんどん見よう見まねで書いていくので、
書き順を間違えて覚えてしまうよりは・・・と、
興味のある漢字のカードを作って、書き順を書いておきました。
↓年長のときは、これを見て、よく書いていました。



どこから興味がわいたか??
絵本は、ひらがなばかりなので、地図や図鑑だったと思います。
書き順めちゃくちゃで、「南極」とか書いてました。
好きな図鑑「草花」から「くさかんむり」を覚え、
くさかんむりに世界の世を付けて、
その下に木を付けると「葉」、
同じ「世」でも、「たけかんむり」をつけると「笹」など、
一緒に、組み合わせたりして、楽しみました。

あとは、シンケンジャー(苦笑)
仮面が漢字だったんですよねー。
↓こんな戦隊ものでした。
侍戦隊シンケンジャー完全ずかん (てれびくんデラックス 愛蔵版 スーパーV戦隊シリーズ)

テレビをあんまり見せてなかったのですが、
こういうものも少しは必要かと見せてみたら、息子は、はまり、
年長のとき、シンケンジャーと仮面ライダー好きでした。
シンケンジャーは、筆で宙に漢字を書くと変身したんです。
しかも、曜日と同じ漢字だから、さらに印象的。
(これで漢字に興味を持った子もいたのでは!?)

あるとき、公園に遊びに行ったら、
偶然シンケンジャーショーがやっていて、
めずらしくグッズがほしいというので、記念にと、並んだら、
売っているグッズじゃなくて、
サインをしていたその筆型マジックペンがほしいといい、
「これは売り物じゃないから・・・」とシンケンジャーを困らせてました(笑)

最近は、
「湖」(夏休みに遊びに行った山中湖から)
「胡麻」(ドレッシングの瓶を見て「湖」と似ている)
「麻」と「鬼」をくっつけたら、
「オズの魔法使い」の「魔」
「魔法使い」の「女」は「魔女」
「雨」に「ヨ」で「雪」
「雨」に「ニ」「ム」で「雲」など・・・

簡単な漢字やカタカナなどをくっつけると
違う漢字になるというのが面白いらしく、
とにかく、関連づけて覚えています。
でも、書き順は、いつも見てあげられないし、
私の子ども時代と書き順が違っていたり、
自分自身覚え間違いもあると思ったので、
自分で調べた方がいいと思い、こちらを用意しています。

漢字練習ノート―下村式となえて書く (小学1年生)
漢字練習ノート―下村式となえて書く (小学2年生)
漢字練習ノート―下村式となえて書く (小学3年生)

お値段も手ごろで、書き順も書いてあるし、練習もできて、
その漢字の成り立ち、読み方や使い方も書いてあり、
息子には、ぴったりでした。
最後の方には、索引もあるので、調べやすいです。
4年生以降は、まだ興味ある語彙がないようで、
今のところは3年生までで間に合っています。

ただ、友人の子は、全然やらなかったと言っていたので、
「絶対これがいい」というわけではなく、
その子の興味にあったものを用意するのがいいと思います。

私は、用意した当初、
「1年生の分が終わったら、2年生、3年生とやっていいよ」
と言っていたけど、
息子の場合は、そういうやり方は合わないみたいです。
「やりたいときに」
「興味のあるところを」
「自分で調べる」
というのがよいみたいです。

興味のある漢字を調べると、同じページに
同じ「へん」や「つくり」の漢字が並んでいて、
関連付けて覚えるタイプの息子には、
一度に覚えられて一石二鳥みたいです。

↓言葉の意味を調べるためには、こちらも使っています。
ふりがな付きで、小学1年生から使えます。
下村式 小学国語学習辞典

図鑑で調べたいときに、索引を使うことを教えてあるので、
辞典も同じ要領で調べることができます。
図鑑なら、50音がわかっていれば、園児でも調べられます。
初めは一緒に調べますが、そのうち、
「お母さんも、知りたいなー。調べて教えてくれる?」と言うと、
調べて教えてくれましたよ。

【ご注意】
「やらせよう」では、絶対、子どもは、嫌がります。
「やらせたいオーラ」を感じるんでしょうか(苦笑)??
子どもの興味がどこにあるか、よく見て用意してあげてくださいね。

 

入会ご希望の方はこちらへ。

モンテッソーリ子どもの家アイアイ クラスのご案内


公立幼稚園とモンテッソーリ園の違い

2011年02月15日 | モンテッソーリのこと

息子は、公立幼稚園に9か月通ったのち、
モンテッソーリ園に転園しました。
早生まれなので、4歳直前でした。
ギリギリだったのですが、
4歳前だということで受け入れていただきました。

まもなく卒園してから1年になりますし、
客観的に書くことができるかもしれないので、
私から見た幼稚園の違いを書いてみようと思います。
園の方針によって違いもあると思いますし、
公立の年中・年長は、わかりませんので、
参考程度にとどめてくださいね。

●モンテッソーリ園の大きな特徴●
 1.お仕事がある
 2.縦割りクラス

その他に、モンテッソーリ園に転園して感じたこと。

●スモック●
公立幼稚園では、かぶり式だったのですが、
モンテッソーリ園では、ボタンのついたスモックでした。
また、スモックは、公立幼稚園では遊び着でしたが、
モンテッソーリ園では、絵の具を使うときだけ着替えるものでした。
また、モンテッソーリ園では、体作りの時間が1日1回あり、
体操服に着替えました。
これは、毎日着替えるとき、ボタンのかけ外し、
衣服の着脱、衣服をたたむことなど、日常生活の練習が
できるようにとの配慮でした。
できないから簡単にするのではなく、
できるように教えるという考え方に基づいているからです。
 小学校の給食係のエプロンもゴムのついたかぶり式です。
 後ろでリボン結びをするのが大変なのかもしれませんが、
 家でのエプロンをヒモに変えないといけないかなと考え中です。

●環境●
園庭は、比較にならないくらい、
公立は広く、遊具もたくさんありました。

部屋の中の環境は、
公立の年少は、当初、はさみもおりがみもありません。
紙といえば、広告です。
はさみはあぶないし、おりがみもくしゃくしゃにするだけだからですよね。
当初は、風邪をひくといけないから、
大きい子が砂遊びで水を使っていても、年少さんは「ダメ」でした。
3歳になって初めて親元を離れる子が一斉に入ってくるのですから、
慣れるまで、仕方ないことだと思います。
給食は、2学期から一斉に箸でした。(まだ、できなくても箸しかありません。)

モンテッソーリ園では、2歳児から、はさみも箸も使いますし、
植物の水やり、のり貼りで使った水入れも洗ったりします。
絵の具と筆も使います。
おやつの時間のお茶も自分でそそぎ、
トレイにお皿とコップをのせて、テーブルまで運びます。
3歳児~6歳児までは同室で、3歳児の中には、
ぞうきんを洗ったり、干したりを一生懸命しているお子さんもいました。
針を使って、ぬいさしをしたりもします。
おもちゃの取り合いは、普通よく見られる光景だと思いますが、
お仕事の取り合いはありません。
他のお仕事をして待っているか、
やりたいお仕事をしている子を見て待っています。
2歳の子どもたちが「どうぞ」「ありがとう」「どういたしまして」の
やりとりをしています。
そういう子たちも、園を出れば、おもちゃの取り合いしていますから、
環境の影響は大きいと思います。

●あいさつ●
公立幼稚園の先生は、「お母さんの代わり」で、
3歳で初めてお母さんと離れるお子さんも
親しみやすいようにしてくださいます。
あいさつは、「おっはよー!」で、
先生に抱きついたりしていました。

モンテッソーリ園の先生は、「目上の方」で、
あいさつは、先生のお顔を見て、
「おはようございます」と言い、おじぎをして、
振り返って、お母さんに「行ってきます」と言って、
門に入っていきます。
他のお子さんたちは、2歳からプレクラスに来ているので、
慣れていましたが、息子は、途中からだったので、
照れるのかふざけてしまい、なかなかできませんでした。
年長さんになったころから、ちゃんとできるようになりました。
こういうあいさつも、早いうちからしていれば、
自然体でできるようになるんだなーと違いを感じました。

●先生の対応●
モンテッソーリ園では、朝の片付けや着替えなど、
子どもが自分でするまで、あせらせません。
時間がかかっても、待ちます。
じっと見て、待っているわけではありませんが、
それぞれの子どもに合わせています。
一斉に何かをする時間は、限られていたからだと思います。
息子は、かなーーーりマイペースだったので、
さすがに声をかけたりされていたようですが(苦笑)
それでも、息子にとっては、ありがたかったことです。
公立幼稚園では、よく「今日も、○○くんワールドに行ってました」
と言われていて、ぼーっと考え事をしていたりしていたようです。
モンテッソーリ園では、子ども同士も、じゃましたりしないので、
自分の時間やお仕事など、確保されていたと思います。

見学に行ったとき、印象的だったのが、
障害のお子さんが帽子をなかなかロッカーに片づけなくて、
先生が、そのお子さんの膝に乗せるのですが、
それを投げる、先生は、また膝に乗せる
というのを何度も何度も、本当に何度も繰り返していて、
最後には、お子さんが自分でロッカーに入れたのを見て、
先生が、にっこりほほ笑んだのです。

「よくできたねー」とも、何も言われませんでした。
ただ、ほほ笑んで、そのお子さんをお部屋に入るよう促しました。
「これが、モンテッソーリなのか」と感動した忘れられない出来事です。

すべての公立の先生というわけではありませんが、
面談などで、息子について話すときの違い。
公立「あきらめがはやい」「こわがり」「なかなかやらない」
  「家で練習させてください」など
モンテッソーリ園「頭がいいから先が読める」「慎重」「マイペース」
  「こちらでも見ていきますね」など
「この子はできない、私がやらせなかったから悪かった」と思っていたのですが、
モンテッソーリ園では、肯定的に話してくださったので、
親としては、とても気が楽になりました。
(モンテッソーリ園では、他のお母さんも同じようなことを言われたと言っていたので、
どんな子についても、そうだったのだと思います。)

モンテッソーリ園では、
お仕事中、どうしても注意しなければならない子がいるとき、
その子をその場では叱りません。
毎年1回の見学でしたが、そういう子もたまにはいました。
その子を廊下に連れて行って、静かにお話されていました。
納得するまで、時間をかけて話をされていました。
公立園では、先生に「こら!」と怖い顔をされて、
息子が「うぎゃーーー」と大泣きしたという話も聞いていましたが、
モンテ園で、先生が大きな声で「こらー」「だめー」ということは
聞いたことはありませんでした。

他に、モンテッソーリ園で印象に残っているのは、
息子が先生に何かを話そうとしているけど、
先生に、なかなか伝わらないというとき、
つい「~~ってことだと思いますけど」と私が横から口をはさんだら、
「○○くん(息子)と話してますから」と、にっこり笑って、
言われてしまったこともありました。
その子の言語発達を考えたら、親が横から代弁してはいけないのです。
「あの、あの、あの・・・」って一生懸命話している子どもの話を
ゆっくり聞いてくださいました。
私は、できているかな?とよく思い出しています。

●降園後の様子●
どちらの園も、園庭が1~2時間開放されるので、遊んでいきます。
人数の関係もあると思いますが、
モンテッソーリ園は、少人数ですし、普段から縦割りなので、
大きい子も小さい子も、自然に一緒に遊びます。
公立幼稚園のときは、大きい子が遊んでいるところに
息子が入りたがっても、入れてもらえなかったりしました。
公園に行ったとき、知らない子は入れてもらえないという状況と同じです。

お母さんたちの子どもへの対応の違いも感じました。
公立幼稚園のときより、かなりモンテッソーリ園のお母さんたちは、
おおらかというか、子どもたちがケンカしていても、かなり待っています。
よほどのことがないと、すぐに止めません。
転園して半年くらい経ってから、何人かのお母さんたちから
「○○くん(息子)、落ち着いたよねー。
お母さんも変わったよねー。よかったねー。
最初は、お母さん謝ってばかりで、心配してたんだよー。」と言われました。

そう言われれば・・・
転園したころはわからず、息子が何かすると、仲裁に入っていましたし、
よく私が息子の代わりに謝っていたようです。
 転園したばかりのころは、息子は実は攻撃的でした。
 近くにくる子に、何もしていないのに、キックしようとするし、
 小さい子を突き飛ばすし、
 「公立から来た子は、しょうがないよ」と言われたりもしました(T_T)
 公立にいるときは、息子がしたことがなかったけれど、
 されていたと聞いていましたから、
 そういうことも学んでしまっているということだと思います。
 「やってはいけない」と止めるしかなかったのですが、
 息子がそういうことがなくなり、私にも余裕ができた頃、
 「変わった」と言われたのかなと思います。
言われてから、そうだったかも・・・と気づきました。
その後、むやみに攻撃的になることはなくなりましたが、
降園後、じゃれあいが戦いごっこになり、それをいつ止めたらいいか、
卒園までよく悩んでました。
でも、息子にとって、それは学びだったのかも、と今は思います。
母親にとっても、子どもの見方の学びの場になっていました。

他に毎月1回、母親の会、父親の会(行けない場合は母)があり、
先生からの連絡事項の他に、お仕事の紹介があったり、
子どもの見方、援助の仕方などの話を先生がわかりやすく
説明してくださったりしました。

息子の登園拒否をきっかけに、転園を考えたのですが、
私にとって、モンテッソーリ園で、とても勉強になりましたし、
マイペースな息子が、幼児期をゆっくりと穏やかに
過ごせたことはよかったと思います。
幼稚園時代、近所の子どもと遊べないというデメリットもありましたが、
小学校に行き始めて、小学校の中で友達もできたようですから、
今となれば、一時的なものだったと思えます。

振り返って、書いてみましたが、かなり主観も入っていると思います。
「公立は、こうだ」「モンテッソーリ園は、こうだ」という意味ではなく、
環境の設定や先生やお母さんの対応などの参考にしていただければ、
うれしく思います。

【参考記事】
子どもから見るモンテッソーリ園の「自由」
モンテッソーリの体育

モンテッソーリ教育を初めて知る方は、こちらもお読みください。
モンテッソーリ教育を初めて知る方へ
マリア・モンテッソーリ
情報を見極める
モンテッソーリに関する書籍

 

入会ご希望の方はこちらへ。

モンテッソーリ子どもの家アイアイ クラスのご案内