モンテッソーリ子どもの家アイアイ

愛知県西三河(刈谷市)にある少人数制のモンテッソーリ教室です。
子どもたちの主体的な活動を大切にしています。

「お礼なんて言わなくていいよ」(小2息子)

2011年09月28日 | 子育て奮闘記

昨日の息子の話。

夕方、私は、洗濯物を部屋に取り込んだのですが、
夜になって、部屋に干したままだったことに気づいたので、
息子に「かごに入れて持ってきてくれる?」と頼んだところ、
「えー、僕がー?」と不満そうだったのですが、
別室に取りに行ってくれました。

不満そうだったし、と部屋をのぞいてみると、
鼻歌まじりにハンガーから取り外してくれているので、

「ありがとうね」と言うと、
「お礼なんていいよ」
(ちょっと、どうしちゃったのかしら??)

「手伝おうか?」と言うと、
「いいよ。僕がやるから」
(ホントに、今日は、どうしたの????)

不思議に思いながらも、成長したのかな?なんて、
うれしく思い、「じゃあ、任せるね」とお願いすることにしました。


しばらくして・・・




・・・・・






それにしても、遅いような気がするなぁと思い、
もう一度、部屋をのぞいてみると・・・

仕事も途中で、洗濯ばさみで遊んでました


本人も、
「あー!!!つい遊んじゃった!」というので、
昨日は、思わず笑ってしまいましたが。


幼稚園の頃、毎月買っていた「かがくのとも」に
月刊 かがくのとも 2008年 05月号 [雑誌]
「せんたくばさみ なにしてあそぶ?」
というのがあって、つい遊びたくなってしまうのでした。

↑洗濯ばさみをこのようにつなげて、
持っている洗濯ばさみを動かすと、パチンと飛んでいきます。

↑こんなふうにつなげて遊ぶこともできます。
(普段は、絵本をこんなふうに折り曲げることはないのですが、
なぜか、この絵本だけは折り曲げたいと言い張ったので、
すべてのページが折れ曲がってます。)

息子のように遊んでしまってもよければ、
お子さんと一緒に遊んでみてくださいね(苦笑)


やっている途中で、魅力的(?)なものを見つけると
遊んでしまうのですが、うちでは、まぁ、よくあることです。
小学2年生って、こんなものなのかしら??
しっかりしているお子さんもいらっしゃるのでしょうけど、
うちの息子は、こんな感じです

入会ご希望の方はこちらへ。

モンテッソーリ子どもの家アイアイ クラスのご案内




絵本のご紹介【2歳~】

2011年09月27日 | 絵本・児童書

今日は、絵本のご紹介【2歳~】をします。
待っていてくださった方、お待たせしました。

まず、シリーズものから。

↓こぐまちゃんシリーズです。
ここに載せた以外にも何冊か持っていますが、
こぐまちゃんとしろくまちゃん、大好きでした。
しろくまちゃんのほっとけーき (こぐまちゃんえほん)
焼く間の細かな変化も楽しい絵本です。
息子が小さいころ、ホットケーキをよく焼きました。

しろくまちゃんぱんかいに (こぐまちゃんえほん)
お買いものに行って、おおきなケーキをねだって、買ってもらえず、
「おかあさんのけちんぼ」と言っているシーンが好きでした。

こぐまちゃんのどろあそび (こぐまちゃんえほん)
こぐまちゃんとしろくまちゃんがどろんこ遊びをしているうちに
ケンカになってしまうのだけど、仲直りしてまた遊ぶというお話。


↓うさこちゃんシリーズも息子は好きでした。
ちいさなうさこちゃん (1才からのうさこちゃんの絵本セット1) (子どもがはじめてであう絵本)
これは、うさこちゃんが生まれたときのお話です。

↓14ひきシリーズは、息子が好きで全巻持っています。
ねずみの家族のお話なのですが、日本の自然がいっぱい感じられる絵本です。
14ひきのひっこし
14ひきのあさごはん
14ひきのやまいも
未だに、息子はやまいもの蔓を見つけると、抜いてきて家の庭に植えるのです。
やまいもは、蔓は伸びるけど、いもは、なかなかできないらしいので、
やめてほしいのですが(苦笑)
それから、ねずみたちが蔓にできる小さな実(むかご)を食べるのですが、
それがおいしそうに見えるんですね。
どうしても食べたいというので、むかごごはんにしたら、えぐみが強くて、
息子は食べられなかったのですが、満足したようです。

↓読み聞かせでも、子どもたちが楽しめる絵本です。
たまごのあかちゃん (幼児絵本シリーズ)
うずらちゃんのかくれんぼ (幼児絵本シリーズ)
でんしゃにのって

どうなっちゃうの?と、ちょっとドキドキするお話。
なにをたべてきたの
しろぶたくんが、りんごを食べるとおなかが赤くなり、
ぶどうをたべると紫・・・最後にせっけんを食べたら、口から泡を出して・・・

ちいさなたまねぎさん (こどものくに傑作絵本)
夜になると台所にねずみが現れて、じゃがいもさんが頭をかじられてしまい、
にんじんさんがおびえています。
みんなでねずみを追い出そうとするけれど、やられてしまう。
最後にたまねぎさんが出てくるのだけど、やはりねずみにかじられてしまう。
ところが、反対に、ねずみは目が痛くなって逃げていきます。
たまねぎさん、つよーい!!というお話。

ちびゴリラのちびちび
ちいさなゴリラのちびちびは、みんなにかわいがられているけれど、
ある日、どんどんどんどん大きくなって・・・
大きくなったら、どうなっちゃうの?とちょっとドキドキするのだけど、
やっぱりみんなはちびちびが大好きというお話。
大きくなりつつあるお子さんは、ホッとするのではないでしょうか。


しかけ絵本の定番。
みなさんご存じ。
はらぺこあおむし

きいろいのは ちょうちょ (五味太郎・しかけ絵本 (1))
きいろいちょうちょだと思って捕まえようとするのに、
黄色い信号だったり、おじさんのヘルメットだったり。
最後は、きいろいちょうちょじゃないと思ったら、実はちょうちょだったというお話。

はしれかもつたちのぎょうれつ (評論社の児童図書館・絵本の部屋)
しかけ絵本ではないけれど、いろんな色の貨物列車が
どんどん速く走っていくと、虹色のようになって走っていく。
黒とカラーのコントラストがきれいです。

そろそろ、昔話もいいですね。
おおきなかぶ―ロシア民話(こどものとも絵本)
てぶくろ―ウクライナ民話 (世界傑作絵本シリーズ―ロシアの絵本)

その他、息子が好きだった絵本。
ゆかいなかえる (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)
たまごからかえったおたまじゃくしが、かえるになって、
夏じゅう歌って、冬には冬眠するというお話。
公立の幼稚園の読み聞かせで使おうとしたら、先生に
「絵がかわいくない」と言われて却下になったことがありましたので、
好みもあるかもしれませんが、事実に基づいているお話ですから、
モンテ的には、いいのではないでしょうか。

ひよことあひるのこ (えほんライブラリー)
息子の幼稚園で読み聞かせした絵本です。
息子は好きな絵本でしたが、面白いお話というわけではないので、
残念ながら、幼稚園では年少さんの初めだったからか反応はなかったです。
内容は、あひるのこのまねばかりしているひよこが、
あひるのこのまねをして、池で泳ごうとして、おぼれてしまい、
しずんでいくひよこは、あひるのこに助けてもらいます。
最後には、あひるのこが泳いでいても、
「ぼくやーめた」と言って、まねをするのをやめるのです。
小さな子どもは、どう感じていたのか分かりませんが、
「あなたはあなたでいいのよ」
というメッセージを受け取ってくれているといいなと思います。

めのまどあけろ (福音館の幼児絵本)
谷川俊太郎さんの言葉あそびの絵本。
「たらこ かずのこ さかなのこ
 だんごの きなこは だいずのこ
 たけのこ たけのこ なめこはきのこ
 たまご かまぼこ れいぞうこ
 しょくごは いちごか おしるこか
 いたずらっこは はらっぺこ」
など、意味不明な部分も多いのですが、言葉のゴロがよくて、
息子は、ゲラゲラ笑って聞いていました。
でも、読み聞かせで使うと、お子さんは「???」という顔をしていますので、
絵本に慣れたお子さんにはいいのではないでしょうか。

くまさん くまさん (日本傑作絵本シリーズ)
ぐりぐらのなかがわりえこさんとやまわきゆりこさんの絵本です。
「くまさん くまさん はをみがく」
「くまさん くまさん かお あらう」など、
くまさんの一日が描かれているのですが、これもゴロよく、絵もかわいいです。
読むと意外と長いのですが、子どもの一日は、
こんなにゆったりとしているのかもしれません。

マーガレット・ワイズ・ブラウンのお話も好きでした。
ふしぎな感じのする絵本なのですが、よく読みました。
おやすみなさいおつきさま (評論社の児童図書館・絵本の部屋)
どこへいってた?

なつかしいなぁと思いながら、リストアップしてみました。
少しでも参考にしていただければ、うれしいです。

お子さんに、もっとたくさん本を、と思われる方は、
童話館のぶっくくらぶがおすすめです。
ここに挙げた本よりも、もう少しストーリー性のあるものも配本されます。

 

入会ご希望の方はこちらへ。

モンテッソーリ子どもの家アイアイ クラスのご案内


夏休みの工作(息子小2)~光る万華鏡・扇風機他~

2011年09月11日 | 子育て奮闘記

夏休みに、息子(小2)が、虫捕り以外に
一生懸命取り組んだ工作を紹介します。
(一生懸命というか、好きでしょうがないようですけど)

以前の記事で書いた、サイクロンクリーナーは、あの後、
息子に惜しみなく分解され、
こちら(↓)に、スイッチだけ使われております。

光る万華鏡です。
以前、工作教室で、作った万華鏡も分解して、自分の好きな模様にしていましたが、
さらにバージョンアップし、中に電球を入れ、光るようにしていました。
こちら↓が、万華鏡を覗いた様子です。
万華鏡の外にも電球がついているのは、スイッチの切り忘れ防止だそうです。


もう一つは、↓扇風機です。

見た目は、相変わらず、???ですが、
涼しくなるように、羽の部分を工夫してました。
写真下方にある二つのプラスチックスプーン二つを重ねて握ると
スイッチが入るようにしていました。
(動画も撮ったのですが、残念ながら、
こちらにはアップできませんでした。)

キットのソーラーミニカーなども作っていましたが、
上の二つを学校に提出しました。
サイクロンクリーナーを、夏休みの宿題の工作で提出している子が
3人くらいいました。
息子は、他の子の作品を見て、刺激を受けたようで、
この数日で、いろいろ作っていました。

↓ビー玉迷路

↓ビー玉転がし

↓ジグソーパズル(カブトムシの絵)
細かいピースは、夫がカッターで切りました。

↓輪ゴムで動く車(なぜか折りたたみ階段付き)
バックさせて、手を離すと前に走ります。


まだ、何か作りたそうにしている息子です。
そして、空き箱や段ボールを捨てられないわが家です(T_T)


2015.8.30
夏休み工作大全集で紹介されました。
万華鏡の部2位、2年生の部8位でした。
ありがとうございます。

 

入会ご希望の方はこちらへ。

モンテッソーリ子どもの家アイアイ クラスのご案内


虫捕り三昧の息子の夏休み(小2)~チョウを飼う~

2011年09月01日 | 子育て奮闘記

長い夏休みも、やっと(?)終わりましたね。
みなさん、楽しく過ごされましたか?

息子は、相変わらず、虫捕り三昧の日々を送っておりました。
庭でも、毎日のようにセミが捕まえられるし、家の前の用水では、
ザリガニ捕り放題でした。近所の子に、ザリガニの捕り方を教えて、
「ザリガニ大将」と呼ばれたらしいです(笑)
他にも、バッタやチョウも。
カブトムシも人から譲ってもらって、今も元気にゴソゴソしてます。

祖父母の家に遊びに行ったときは、近くの用水で、
近所の子どもたちに交じって、どじょうを捕まえていました。
罠までしかけて獲るんですよ~~。
今、数匹、水槽に入ってますけど、すぐに、水がにごってしまいます。

どじょうって、えら呼吸だけでなく、
おしりでも息ができるそうです。
水中の酸素の濃度が低くなると、水面にあがって、
おしりで息をするそうです。
踊っているように見えるけど、生きるためなんだそうです。

さて、今回の話題は、
アオスジアゲハです。
黒地に青い模様のきれいなアゲハなのです。
息子がオスとメスを捕まえたので、どうしても飼いたいといい、
チョウやセミやトンボなどは、羽が傷ついてしまうからダメだと言っても、
ケースに入れて、花も入れてあげたから、蜜が吸えるし、
大丈夫だといって、聞きません。

でも、次の日には、羽はやぶれているし、
1、2本の花に蜜がそんなにあるとは思えないし、
ヨロヨロして、かわいそうな状態に・・・
羽がやぶれた状態で、放すのもかわいそうだったので、
はちみつを水で薄めたものをあげることにしました。

自分で口のストローを伸ばして、2匹とも、ちゃんと飲んでくれました。
何日も生きられるとは思わないけど、私も息子も、ホッとしました。
飲んだら、チョコチョコと歩きだし、元気になりました。

一匹は、飲んだ後、手から床に飛び降りたと思ったら、
息子の手に上り・・・



肩までトコトコと上っていきました。

結局、4日生きてくれましたが、毎日、エサをあげた後、
チョウは息子の手にとまり、息子とチョウは、たわむれていました。
私も、息子にチョウを持ってもらって、ハチミツをあげたけど、
私の方には全然来なかったので、きっと、
チョウも、かわいがってくれる人がわかるんですね。

この後、息子は、
「かわいそうだから、もうチョウは飼わない」と言いました。
自分で、納得するのが大事なのかもしれません。

チョウには、自分でエサをあげないといけなかったので、
そのおかげか、他の生き物のお世話も、ちゃんとできました。
やっと定着してきたかも・・・

息子の好きな工作も、毎日のようにやっていたので、
また、ブログに載せたいと思います^^

 

【追記】

羽がうまく開かなかった蝶を見つけたら工夫してみてください。

チョウのお世話


入会ご希望の方はこちらへ。

モンテッソーリ子どもの家アイアイ クラスのご案内