プロメテウスの政治経済コラム

プロメテウスは人間存在について深く洞察し、最高神ゼウスに逆らってまで人間に生きる知恵と技能を授けました。

迷走するサッカーくじトト(toto)

2005-11-30 19:00:21 | トピックス
サッカーくじトト(toto)が迷走しています。トトは政府100%出資の独立行政法人日本スポーツ振興センターよって運営されています。今年、9月会計検査院の指摘より、累積赤字が2004年度決算で約154億円にのぼりながら財務諸表に計上がなく、事実上の「赤字隠し」になっていたことが問題となったばかりでした。サッカーくじは旧大和銀行(現りそな銀行)が運営委託を受け、販売店への端末機設置など約350億円を肩 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

APECでみせたアメリカ外交の別の顔

2005-11-29 18:53:57 | 政治経済
いま、小泉アメリカべったり外交は2つの面で行き詰っています。日米同盟の強固さで中国や韓国を見下すつもりで出かけたアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議では、逆に中国や韓国から見下されてしまいました。在日米軍基地再編強化の面では、「平和と安全」の「代価」の論理で関係自治体を説得しようとしましたが、ほとんどの自治体から拒否の反応が出ています。そのような中で、注目されるのは、APECでみせたアメリ . . . 本文を読む
コメント (1)   トラックバック (1)

NHK日曜討論「自民党新憲法草案」

2005-11-28 17:55:25 | 政治経済
27日のNHK「日曜討論」では、「自民党新憲法草案」を巡って各党代表による討論が行われました。この中で、公明党憲法調査会座長の太田昭宏幹事長代行の発言が注目されています。太田氏は、「自民党草案は(主権在民、平和主義、基本的人権の尊重など)三原則も堅持し(現行)憲法の基本的枠内にとどまっている。全体的には(公明党が主張している)加憲的方向で論議されている」と評価しました。これだけなら、肝心な点では、 . . . 本文を読む
コメント (1)   トラックバック (1)

楽天・TBS問題―放送・通信融合のゆくえ

2005-11-27 18:13:46 | トピックス
インターネット企業の楽天がTBS株を取得、経営統合を迫って、話題となっています。放送のデジタル化が進むにつれ、テレビ側はインターネットを通じての配信を狙い、ネット側はテレビのコンテンツ制作能力の獲得をめざして、双方が接近するのは、ある意味で避けがたい傾向でしょう。問題は、放送を「グローバル市場においても勝ち抜く」(楽天からTBSへの申し入れ書)というIT資本の論理にゆだねて本当にいいのだろうかとい . . . 本文を読む
コメント

庶民大増税の第一歩がスタート

2005-11-26 20:03:24 | 政治経済
政府税制調査会(首相の諮問機関、石弘光会長)は25日、2006年度税制「改正」答申を小泉首相に提出しました。答申は07年度からの所得税・住民税の定率減税全廃による三・三兆円の増税を盛り込みました。定率減税とは、所得税額の20%(上限25万円)、個人住民税額の15%(同4万円)をそれぞれ減額する措置。所得税・住民税の最高税率の引下げ(金持ち減税)、法人税・事業税の税率引下げ(企業減税)とあわせ、「恒 . . . 本文を読む
コメント

耐震強度偽造―不正生む規制緩和が問題

2005-11-25 19:58:41 | 政治経済
マンションやホテルの耐震強度偽造問題で国交省は24日、姉歯秀次・一級建築士の聴聞会を開きました。姉歯建築士は「取引先3社から鉄筋の量を減らすよう指示された。断ると『他の事務所に変える』と言われた」と証言、施主・施工側などからの“圧力”があったことを明かにしました。安全に怯える住民を無視した当事者間の“責任なすり合い”が泥沼化しそうです。「建築確認」という生命や安全にかかわる大事な仕事を民間検査機関 . . . 本文を読む
コメント

自衛隊が「自衛軍」になるとき

2005-11-24 19:00:24 | 政治経済
自民党は22日、「立党50年記念党大会」を開き、「新憲法草案」を正式に発表した。現憲法の第9条2項を全面削除、第9条の二を新設し、「我が国の平和と独立並びに国及び国民の安全を確保するため、内閣総理大臣を最高指揮権者とする自衛軍を保持する。」と定め、自衛隊を正式に自衛軍という「軍隊」に格上げした。憲法改正派は、自衛隊が「自衛軍」となっても、第9条には、依然として現憲法の「戦争放棄」条項が残り、志願兵 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

麻生外相発言の意味するもの

2005-11-23 17:59:48 | 政治経済
侵略戦争を正当化する靖国神社の戦争博物館「遊就館」について麻生太郎外相は21日、「戦争を美化するという感じではなく、その当時をありのままに伝えているだけの話だ」と発言しました。早速、中国側が批判するなど、大きな外交問題になっています。対中国冷戦の宣告のつもりなのでしょうか。靖国参拝を続けつつも、「遊就館」などの靖国史観を支持しないと言う小泉首相見解とも異なります。 満州事変以降のいわゆる15年戦争 . . . 本文を読む
コメント

孤立する日本―アジア冷戦の前兆

2005-11-22 18:25:28 | 政治経済
「日米関係が良ければ、中国、韓国、アジア諸国との関係も良くなる」とうそぶいた小泉首相だったが、アジア太平洋経済協力会議(APEC)では、早くも、これが通用しないことを思い知らされたことだろう。朝鮮日報は「袋叩きにあった小泉」、釜山日報は「新密月の韓中が日本バッシング」と報じた。いつもは小泉応援の日本の大手マスコミも次のように報じた(毎日新聞- 11月19日)。“朝鮮半島で世界の大国である日米中露4 . . . 本文を読む
コメント

「北方」領土問題―自民党外交では解決不可能

2005-11-21 19:00:10 | 政治経済
小泉首相は21日午後、ロシアのプーチン大統領と首相官邸で会談し、日ロ間の最大の懸案である北方領土問題の打開へ向け意見交換した。しかし、領土問題をめぐる日ロ間の基本的立場の隔たりを埋めることができず、今回は、共同声明の発表まで見送らざるをえなかった。領土問題解決の論理をもたず、首脳同士の信頼関係とか経済協力の提案とか、要するに相手の「好意」にすがる自民党外交では、「北方」領土問題は解決しない。そもそ . . . 本文を読む
コメント (1)

11・19国民大集会

2005-11-20 18:58:18 | 政治経済
大手メディアが無視するなかで、昨日(11/19)、東京・明治公園の「憲法改悪反対・大増税は許さない!11・19国民大集会」に3万5千人が集まった。 本日の「赤旗」が一面トップ記事で伝えている。 「憲法改悪、大増税の攻撃に社会的大反撃を」との呼びかけに、3万5千人の「オー」の声が響き渡りました。19日、「憲法九条を守り、世界に広げよう」「庶民大増税反対、くらしと福祉を守ろう」を掲げて東京・明治公園 . . . 本文を読む
コメント

耐震計算偽造―背景に規制緩和の問題

2005-11-19 18:09:09 | 政治経済
千葉県市川市の姉歯(あねは)建築設計事務所による耐震データ偽造問題では、国が認定したプログラムの信頼性を盾に少なくとも2年半にわたりチェック機能が働かないまま偽造物件を増やしていました。マンションの建て替えも検討される事態を招いた姉歯秀次・1級建築士(48)の構造計算書偽造は、なぜ気づかれなかったのでしょうか。同設計事務所は、「計算書」の提出を受け建築確認をおこなう民間機関の検査体制がずさんなこと . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

「私の頭の中の消しゴム」

2005-11-18 19:56:13 | スポーツ
またまた、見てきました「韓流」映画の純愛賛歌。無骨な大工チョルス(チョン・ウソン)と社長の娘スジン(ソン・イェジン)の出会いと別れ。別れがとても悲しいのです。身分の差を乗り越え、幸せな新婚生活を始めることができた二人に不幸が襲います。もの忘れがひどくなったスジンは医師の診断を受けます。無情にも医師はある宣告をします。 チョン・ウソンが荒々しいが、一本気で心優しい男を好演。ソン・イェジンは、愛する人 . . . 本文を読む
コメント (1)

聞き捨てにできない小泉発言

2005-11-17 18:37:38 | 政治経済
日米首脳会談後の共同記者会見で首相は「日米関係が良ければ良いほど中国、韓国、アジア諸国をはじめ世界各国との良好な関係を築ける」と発言しました。「単細胞」小泉の発言(なぜか日本国民はこの単細胞がすきなようですが)として片付けるわけにはいきません。「赤旗」潮流子は皮肉っています。"ある家の主は、隣の畑を荒らした先祖を「偉かった」とまつったり、土地の親分にやたらへいこらする。バカか変人と思われています。 . . . 本文を読む
コメント

在日米軍再編に最大限努力―いいのか日本の進路

2005-11-16 18:38:43 | 政治経済
京都での本日の日米首脳会談で、両首脳は在日米軍再編の来年3月までの最終決着に向け調整を加速させることで一致、小泉首相は「実現できるように政府一体で最大限努力する」と強調した。さらに首相は「米国は日本にとり、かけがえのない同盟国」、ブッシュ大統領は「日米は死活的で、強固な関係だ」と互いにエールを交換した。これを世界とアジアの人々はどうみているか。日本はいまでもアメリカのイエスマンと思われているが、今 . . . 本文を読む
コメント (1)   トラックバック (1)