プロメテウスの政治経済コラム

プロメテウスは人間存在について深く洞察し、最高神ゼウスに逆らってまで人間に生きる知恵と技能を授けました。

「三菱、強制徴用被害者23人にそれぞれ8000万ウォン賠償を」

2018-11-29 17:41:53 | 政治経済
韓国大法院(最高裁)2部は、29日、故パク・チャンファンさんら強制徴用被害者と遺族23人が三菱重工業に対して起こした損害賠償請求訴訟で、各8000万ウォンを賠償するよう命じる原審を確定した。 1・2審は「不法行為があった日からはもちろん、日本との国交が正常化した1965年から起算しても、訴訟請求がそれから10年経過しており、損害賠償請求権が時効成立で消滅している」として原告敗訴の判決を下 . . . 本文を読む
コメント

米朝協議が膠着するなか「朝鮮不信」を煽動・助長・拡散する米国メディア

2018-11-14 18:01:48 | 政治経済
米ニューヨーク・タイムズ紙(NYT)が12日付で、シンクタンクの戦略国際問題研究所(CSIS)の報告書を引用し、「北朝鮮が16個の隠された基地から弾道ミサイルを開発している。北朝鮮が巨大な欺瞞戦術を使っている」と報じ、米朝会談の進展を望まない米国支配階級(日本の安倍政権も同じムジナ)に迎合した。しかし、トランプ大統領がフェイクニュースと直ちに否定して波紋が広がっている。軍事・安保専門家によれば、同 . . . 本文を読む
コメント

朝鮮徴用工問題 国際法を振り回しても被害者は納得しない

2018-11-06 20:30:54 | 政治経済
韓国の大法院(最高裁)が10月30日に日本植民地時代、日本企業に強制労働させられた「徴用工」被害者が企業に対し求めた損害賠償についての支払い命令を確定させたことに、安倍首相は猛反発。「1965年の日韓請求権協定によって完全かつ最終的に解決している。この判決は、国際法に照らしてありえない判断だ。日本政府としては毅然として対応していく」とヒステリックに息巻いた。 しかし、もともと国際法とは、力のある . . . 本文を読む
コメント (1)

なぜ日本のブルジョワジーは外国人労働者受入れを急ぐか

2018-11-06 18:14:08 | 政治経済
財界の危機意識に応えて安倍政権は来年4月からの外国人労働者の受け入れ拡大に必死である。「出入国管理法改定案」は、どの分野にどれだけ受け入れるかなど重要事項をすべて政府に白紙委任するもので、受入れ基盤の検討もそこそこに、ただなし崩し的に外国人受け入れを拡大するものである。 財界=日本のブルジョワジーは、資本の再生産のための恒常的条件である「労働者階級の不断の維持と再生産」に失敗した。市場原理主義た . . . 本文を読む
コメント

米中貿易摩擦激化 双方持久戦の様相

2018-09-25 17:33:33 | 政治経済
アメリカから猛烈な貿易戦争を仕掛けられている中国だが、泰然自若、動じる気配がない。 陸慷報道官は、9月14日に記者の質問に対して次のように述べている(http://www.ne.jp/asahi/nd4m-asi/jiwen/thoughts/2018/1063.html)。「中国の交渉代表は来る中米交渉で協議をまとめることを急ぐ必要はまったくない。中国人は今や次のことをはっきりと分かるに至って . . . 本文を読む
コメント

米国の核リスト提出要求を北朝鮮が、なぜ「強盗のようだ」というのか

2018-09-20 19:06:08 | 政治経済
3年間の熱戦に続き65年間も冷戦下にある国家対国家が核兵器で対峙することになった。一方的な非核化要求が、いかに馬鹿げた主張であるかは明らかだ。アメリカ帝国は特別な地位にあり、他国はただ従へというのは明らかに、大小各国の対等・平等を謳った国連憲章違反である。米国の核リストの提出要求を、北朝鮮が「強盗のようだ」と一蹴したのは当然であった。 朝鮮半島で米国はオバマ前政権の時まで北朝鮮に対する核恫喝を繰 . . . 本文を読む
コメント

南北首脳「9月平壌共同宣言」を発表 南北「不可逆的な平和」へ 事実上“終戦宣言”

2018-09-20 18:18:02 | 政治経済
朝鮮民主主義人民共和国 金正恩国務委員長と大韓民国 文在寅大統領は、2018年9月18日から20日まで平壌で南北首脳会談を行った。両首脳は、歴史的な板門店宣言以後、南北間の緊密な対話と疎通、多方面的な民間交流と協力が進行し、軍事的緊張緩和のための画期的な措置が取られるなど、立派な成果があったと評価した。両首脳は、民族自主と民族自決の原則を再確認し、南北関係を民族的和解と協力、確固たる平和と共同繁栄 . . . 本文を読む
コメント

南北首脳会談に合わせ国連安保理に緊急会議を要請した米国 韓国文在寅大統領はどこまで頑張れるか

2018-09-17 17:53:13 | 政治経済
平壌で南北首脳会談が開催されるのを前に、米国は北朝鮮に対する制裁の現状に関する話し合いのため国連安保理に緊急会議の招集を求めた。南北首脳会談が開催される直前になって米国では政府や議会、メディアに識者らも加わって口裏合わせでもしたかのように非核化に向けた制裁の重要性を訴えはじめた。制裁破りを遮断するため米国は、韓国、日本、オーストラリアなどの同盟国と協力し、引き続き海上での監視を強化する計画だ(ht . . . 本文を読む
コメント

日ロ領土問題 重大な外交的失態は今に始まったことではない

2018-09-14 20:25:56 | 政治経済
ロシアのウラジオストクで行われた「東方経済フォーラム」(12日)で、プーチン大統領が、安倍晋三首相らを前に、「年末までに前提条件なしで(日ロ)平和条約を結ぼう」と呼びかけたのに対して、首相が反論・異論を唱えなかったことについて、日本政府としては、反論や批判をしてロシアを刺激すれば、交渉全体にさらなる悪影響を及ぼしかねないとの判断があるとみられるが、与野党からは批判の声があがっている。日本共産党の志 . . . 本文を読む
コメント

制裁と信頼の関係 「制裁を維持する」というのは、「関係正常化をしない」という宣言

2018-09-14 18:35:09 | 政治経済
米朝首脳会談以後初めて行われた両国の高官会談(7月)で、ポンペオ国務長官がCVID(完全かつ検証可能で不可逆的な非核化)に基づく北朝鮮の一方的非核化を持ち出したことが原因で米朝交渉はこう着状態におちいっている。トランプ大統領ー金正恩委員長首脳間の関係のぶち壊しはお互いに避けているようだが・・。 終戦宣言に背を向け北朝鮮の一方的な非核化を要求することは、北朝鮮政権の打倒、崩壊を目指して、制裁と圧力 . . . 本文を読む
コメント

南北朝鮮 共同連絡事務所 正式に開所 南北の分断克服へ一歩前進

2018-09-14 17:39:50 | 政治経済
南北朝鮮共同連絡事務所が14日午前、開城工業団地内に正式開所した。連絡事務所の開所によって、南北双方は朝鮮半島の平和と繁栄、南北協力発展に関する事項・事案を24時間、365日直接協議できるようになった(http://www.koryojournal.news/?p=1536)4・27板門店宣言に基づき南北は70年の分断に終止符を打ち、平和・繁栄・統一に向かうことを約束したが、韓国はなお、米韓同盟に . . . 本文を読む
コメント

ポンペオ訪朝キャンセル問題 お粗末なトランプ政権

2018-08-26 18:16:53 | 政治経済
自己の政治的立場を守るためにしっちゃかめっちゃかになり、政治家にとってもっとも大切な“インテグリティ”(integrity)を失い右往左往するサマほど見苦しいものはない。その代表格は、日本の安倍首相であるが、世界のリーダーであるべきアメリカの大統領もハチャメチャである。 トランプ政権の無法ぶりがもっとも顕著に発揮されたのは、アメリカ自身も賛成して成立した安保理決議によって . . . 本文を読む
コメント

日本、中国と電気自動車充電器同盟 安倍政権は米国の妨害なく完遂できるか

2018-08-23 17:17:25 | 政治経済
日本、中国と電気自動車充電器同盟に韓国は「仲間はずれ」と韓国経済新聞が報じた(http://japanese.joins.com/article/296/244296.html?servcode=800§code=860&cloc=jp|main|top_news) 読売新聞は22日、「日本の急速充電器の規格『CHAdeMO(チャデモ)』の普及に向け、自動車や充電器のメーカーなどが設立し . . . 本文を読む
コメント

涙に包まれた離散家族再会の最終日 もう大国に支配される政治と決別しょう

2018-08-23 16:44:45 | 政治経済
20~22日の2泊3日間、金剛山(クムガンサン)で開かれた第21回南北離散家族再会の1回目の行事が幕を閉じた。南北の離散家族らは22日午前10時から午後1時まで、金剛山ホテルで別れの挨拶をした(http://japan.hani.co.kr/arti/politics/31426.html) 「私が乗って行くバスは8番、8番、8番バスだよ」。兄のシン・ジェチョンさん(92)は「お母さんにそっくり . . . 本文を読む
コメント

ロシア 択捉島に戦闘機配備 「サハリン・インフォ」

2018-08-07 18:21:40 | 政治経済
ロシア極東サハリンのメディア「サハリン・インフォ」は3日、ロシア空軍のスホイ35S戦闘機が北方領土の択捉島にあるヤースヌィ空港に試験配備されたと報じた。ロシア軍は近年、北方領土での軍事力整備に取り組んでおり、その一環とみられる。( https://mainichi.jp/articles/20180805/k00/00m/030/041000c) 日本外交は「日米同盟基軸」がベースであり、宗主国 . . . 本文を読む
コメント