ドッグシェルター

保護犬の紹介、お知らせ、ご支援のお願い

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ボニー

2007年03月31日 | Weblog
里親募集中の
Mダックスフンドのボニーを保護して10ヵ月以上が経ちます。
未だにご縁がありません。


ボニーは3kgくらいの小さな身体のダックスちゃんです。
本当の年齢はわかりませんが4,5歳くらいと思われます。
彼は既にフィラリアに感染しておりました。
とても小さな身体に小さな心臓です。
フィラリアは通常のフィラリア予防のお薬で完治できます。
私がこれまで里親に出したわん達の大半がフィラリアに感染しておりましたが
殆どのわん達が完治したり、5年以上経った現在でも
元気に暮らしております。
里親様からはフィラリアが完治しましたとの嬉しいご報告も
数多く頂戴しております。

ボニーは前の飼い主からたくさん怒られていたと思われます。
何故かといいますと、ボニーは叱られている事がすぐわかります。
いけない!を教えるとひっくり返りごろんとなってお腹を見せます。

ボニーは寂しがりやさんなので先住犬がいた方が
いいのではないかと思います。
先住犬から学習できることがプラスになればいいのにと思うからです。

現在ボニーの預かりさんが旅行中につき、
本日より4日間ドッグホテルにお預けしております。
ホテル代はDSVで負担しました。(一泊3千円)

保護している犬達には色んなことで出費が重なっております。

一日も早くボニーの本当のおうちを見つけて上げたいと思います。
ボニーの全てを理解して頂き
大きな気持ちで受け入れて下さる方どうぞ宜しくお願い致します。



ラッシーのこと

2007年03月30日 | Weblog
里親募集中のラッシー
くるみと同じ鹿児島多頭飼育出身です。
ラッシーは物静かで殆どと言うほど吠えません。
大きな瞳でバッチリアイコンタクトしてきます。

実は先日までラッシーはDSVのホストファミリー宅にて
お預かり頂いておりました。
DSVの犬舎のお部屋とほぼ変わらないくらい、広いスペースの
サークルに入っておりました。
サークルの高さ1メートル、隙間は20cmほど
その20cm幅のサークルの隙間をこじ開け脱走をしたのです。
預かり宅では慌てて探しに・・約2時間後ラッシーを発見
ラッシーは2時間の冒険と散歩を満喫したのか
そうとうお疲れだったようで、預かりファミリーに御用となりました。
ラッシーにとって2時間の開放された冒険は
生まれて初めてだったのか、御用のあとはとても満足したようで
爆眠だったようです。

でも、見つかって良かった。というのが正直な感想です。
ラッシーはどうやら脱走くせがあります。
ホストファミリーさんも過去の経緯を知っているので
できれば繋ぎたくないという考えから、サークル内で自由にさせて
もらっていました。

一度脱走の手口を覚えてしまった以上、とても心配です。
DSVのシェルターに移動させるしかありませんでした。
ホストファミリー宅には別の犬と交代してもらうことになりました。

DSVの犬舎のお部屋は高さ1メートル80cm、低いところでも
1メートル50cmはあります。
脱走できる隙間はありませんので、ラッシーは里親が決まるまで
ここで仮宿してもらうことになりました。

吠えることも無くとても物静かなラッシー君
すぐにでも里親さんと暮らせるわんちゃんです。

ラッシーが脱走しない為には繋留も一つの方法かも知れません。




くるみちゃん

2007年03月30日 | Weblog
里親募集中の

くるみちゃんについてのおもしろエピソードです。
くるみちゃんはシェルターで一頭でお部屋に入っていました。
そこで、フードをいつも食べ残したり、時には殆ど口をつけず
フード食器ごとひっくり返し、ばら撒いたり
フードが気に入らないのかな?兎に角気が向いたら食べる有様でした。
本当に食が細いと言うかガツガツ食べないのです。
スタッフも不思議に思っていました。

ところが先日里親募集中のくろちびをルームメイトにと試みました。
どうやら相性はバッチリでした。


すぐさまじゃれ合い、打ち解けて行く様子でした。

そして、其の日の夕方のお食事タイム、くるみは食欲旺盛犬に豹変しました。

いつもだらだら残して気ままに食べていたのに
くろちびに負けてられないわ!と言わんばかりにあっという間に
平らげてしまったのです。

その光景を目の辺りにしたスタッフは大笑いでした。

くるみちゃん 面白過ぎる。
先住犬がいても相性さえ良ければきっと仲良くできるわんちゃんです。



サキさんにも幸せの赤い糸を

2007年03月30日 | 譲渡犬里親募集
サキさんを引き出したのは昨年の11月30日でした。
その日から病院へ入院し手術もしました。
麻酔に耐えれて、手術も無事成功そして日々回復して行く姿がありました。
胃腸も弱っており食べたものを吐き出すと言うことも繰り返したりで
本当に長くはないのではと、感じ取れるくらいでした。
サキさんの預かり先での様子を写真集でまとめてくれました。

サキさん保護の経緯関連記事其の①  其の②
其の③サキさんがここまで元気になったという事実から
以前飼われていた飼い主に、いかに劣悪な状況で飼われていたのか
想像がつきます。
きっと繋がれぱなしでお散歩も無く、餌もまともに与えられなかった。
のではないでしょうか。
溝にはまって横たわっていたと聞いていますので、
サキさんは自分で溝にはまったのでしょうか?
それとも、捨てた飼い主が自ら溝にはめたのでしょうか?
身動きが取れないように捨てて行ったのでしょうか?

でも、何よりここまで元気になり、お散歩も好きだし
歩くしぐさも保護した当初では想像もつかないくらいです。
確かに若くはないかも知れませんが、
ここで明らかに分かったことは、飼われていた環境が悪過ぎたのです。

いくら年齢不詳でも益々元気になっておりますので、まだまだ大丈夫と思います。
サキさんの里親募集中です。





仔犬譲渡先募集

2007年03月29日 | 譲渡犬里親募集
生後3ヵ月 男の子

とある山に住み付いている野犬の産んだ仔犬です。

トイレシートでのおトイレも覚えました。
とても頭のいい、お利口な子です。





一緒にいる成犬の2頭も母犬は一緒です。
この子達の母犬の保護を試みていますが、人間の側には寄って来ません。
毎年仔犬を産んでるのですが、父犬は近隣に住む去勢をしていない飼い犬だと
思われます。どこの犬なのかは不明です。
飼い主の中には男の子は去勢しなくてもいいのではと、
お考えの方も未だ少なくありませんが、去勢をしていない飼い犬が
不幸な犬を生み出している原因の一つにもなります。



この子も心ある人間に取り上げられなければ、カラスに食べられてしまうか
母犬と同じように野犬となっていたでしょう。
無邪気に遊ぶ仔犬ちゃん、幸せになって欲しいです。





(続)柴犬三太のこと

2007年03月29日 | 保護犬rescue
保護後、ドッグホテルに預けておりましたさんた君ですが
ボランティアスタッフが本日より自宅で預かることになりました。
スタッフ宅にもわんがおりますが、現在3名のスタッフも
自宅に連れ帰りdsvのわんを預かっております。
それぞれできる範囲の最大の努力をしながら、行き場の無い犬達の
幸せの赤い糸を待ちわびております。
どうか、殺処分されゆく命を救う活動に、貴方のお力をお貸し下さい。

さんたは柴犬の持っている気性の強さはまったく無く
本当におりこうで、フレンドリーなわんちゃんです。
スタッフのお顔をぺロぺロ舐めて親しみを表現します。
家族の一員として迎えて頂けないでしょうか





柴犬三太(さんた)rescue

2007年03月26日 | 保護犬rescue

本日期限切れの柴犬を引き取りました。
性格温厚で触られるのもまったく嫌がりません。
現在保護スペースに空きがありません。
それでも命に代えれません。
取り急ぎドッグホテルに預けましたが予算の都合上長期は無理です。

どうか、ご協力をお願い申し上げます。


ドール里親決定のお知らせ

2007年03月26日 | 譲渡犬里親決定のお知らせ
3月20日よりトライアルに出ておりましたドールちゃんですが
本日正式に譲渡先のおうちの子となりました。
保護して約一年近くシェルターで暮らし、ご縁に出会いませんでしたが
ようやく本当のお家が見つかりました。
里親宅には先住犬のラヴラドールのさくらちゃんがいます。
さくらちゃんも大歓迎してくれました。





ドールお届けの当日ホストファミリーのたんたんさんご夫妻も
同行して下さいました。



本当にドールには一年という長い仮宿生活だったと思います。
スタッフもドールのお世話をする中でドールの良さを十分過ぎるほど
解っていましたが、ずっとご縁がなくとても残念に思っておりました。



ドール末永く幸せに・・・

そして里親様より近況の画像が届きました。





なっちゃんの耳掃除

2007年03月24日 | なっちゃんのこと
なっちゃんは耳が汚れて外耳炎になっていました。
スタッフが病院へ連れて行き耳の洗浄をしてもらいました。



治療中も大人しく騒がず、いい子でした。



終わったね!治療。なっちゃんは頭のいい子です。


耳のお薬と投薬で今ではかなり良くなりました。
まだ2歳半のなっちゃんは殆ど吠えない子です。

里親募集中の
なっちゃんを宜しくお願いします。






ご老犬さんのお名前が決まりました。

2007年03月21日 | Weblog
ご老犬さんにお名前を!と皆様から全部で7つのお名前を
寄せて頂きました。
其の中から選ばせて頂いた結果「ほのか」さんに決めさせて頂きました。
この場を持ちましてご報告とさせて頂きます。

お名前を考えて頂いた皆様本当にありがとうございました。



ファファの譲渡先決定

2007年03月21日 | 譲渡犬里親決定のお知らせ
ご報告が遅くなりましたが
ファファは17日から里親のお家で暮らしています。




いつまでも幸せであります様に・・・。



黒のMIX犬のこと

2007年03月21日 | Weblog
ペットホテルにてお預けしておりましたが
引き取って今施設で仮宿してもらっています。
場所が無い為本当に臨時的にスペースを作りました。
でも、狭いのでわんちゃんが可哀想です。
この子は吠えることも無く、おトイレも朝の散歩までちゃんと我慢しているし
おりこうさんです。
早くあったかいお部屋に入れて上げたいです。




僕に暖かいお家を下さい。

人間大好きくるみちゃん

2007年03月19日 | Weblog
くるみちゃんが鹿児島から来て、早一ヶ月
くるみちゃんは本当に人間が大好きです。
スタッフがくるみちゃんのお部屋に入ると必ずすぐ側に寄って来て
人に甘えることをちゃんと分かっていてニコニコしながら
愛嬌を振りまく、女の子らしい可愛い性格の持ち主なんです。





これまでのくるみちゃんの犬生は劣悪な環境で飼育されて来たので
幸せではありませんでした。
けれど、辛い過去を持っていても人間を恨んだり嫌ったりしていません。
ただただ、人間に好かれる為にけなげに愛嬌を振りまいてきます。
別の表現をすれば愛情に飢えていると言えるでしょう。

本当の飼い主に恵まれない子達の願いは、本当のお家が欲しい!
本当のご主人に大切にされたい。ただ、それだけです。
特別な贅沢を望んでいるわけでもないのに、と
わんちゃん達は心の中で呟いています。


黒のMIX犬の里親募集

2007年03月16日 | 譲渡犬里親募集
一部の支援者様の援助のお陰で、
現在ドッグホテル滞在中の黒ボーダーコリー風ミックス犬の続報です。
現在の体重11kgです。
ホテルに預ける前は12kgだったのに、1kgも痩せていました。
それと訂正ですが、当初生後6ヵ月くらいと掲載致しましたが
8ヵ月前後で成犬に近いわんちゃんになります。
それ程大きなわんちゃんではなさそうです。
抱っこをしてもそれ程重くはありません。

今日去勢手術を済ませました。


大きなデベソ持ちだったので、一緒に切除手術してもらいました。


この子もまだ、お家が決まっていません。





徳島多頭飼育にいたラッドの今

2007年03月14日 | Weblog
ラッド(旧もも太郎)あの現場から京都の里親のもとへ
もう、3年が経ったんですね。
里親近況報告掲示板にラッド君の最近をご報告して下さっています。

毎日の活動に追われ、なかなか後ろを振り返る暇が無いこの頃でしたが
つい、あの頃のラッド君を思い出してみて
ラッド君のあの頃の表情、今の表情はまったく別犬に等しいものがあります。
思い出せば、あの頃の色々な背景が蘇って来ます。
私は犬にはテレパシーがあると信じています。
何故か、SOSの発信をして人を呼び寄せる能力が
備わっているのではないかと、保護活動を通じて感じています。
そもそも私が徳島多頭飼育の現場に足を踏み入れた時も
非常に強く引き寄せられるものを感じたことを今でも覚えています。

ラッド君の里親様にも、きっとラッドのSOSが通じたのかも知れません。
当時フィラリアに感染していたものの、
今でも元気でとても穏やかな表情をして暮らしています。

徳島多頭飼育にいた頃の今のラッド君(旧もも太郎)


そして今のラッド君を見て下さい。