ドッグシェルター

保護犬の紹介、お知らせ、ご支援のお願い

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ミッキーちゃん近況報告

2007年02月27日 | Weblog
ミッキーは長期間シェルターで保護しておりましたが
眼球の奥に腫瘍が発見された為に、現在はボランティアスタッフ宅で
お世話をして頂いております。
先日CT検査も済ませ、今は投薬で治療中です。
病理検査結果次第で手術の有無を判断します。
悪性でなければ手術は避けたいと考えております。

治療には皮膚の治療薬も含まれています。
ボランティア宅でまめに薬浴をしてもらい、皮膚の方はかなり
改善の方向へ向かっています。

お湯の中で気持ちよさそうです。
人間には申し分のないくらいフレンドリーなミッキー
室内での排泄はせず、お散歩まで待ちます。

短毛の純潔犬は外飼いより室内飼いの方が向いていますので
シェルターはそういった犬にとってはストレスの原因にもなります。


鹿児島のわん

2007年02月24日 | Weblog
昨日嬉しいご連絡を頂きました。
鹿児島のボランティアさんからです。
現在までに引き取り先の決まっていないわんちゃんに
くろちゃんと、かおるちゃんがいますが
くろちゃんも行き先が見つかりそうです。
かおるちゃんで後一頭、
かおるちゃんについてはボランティアのIさんの方で預かって
引き取り先を探しております。
残りの2頭の処遇についてもとても心配だったので
一安心です。

鹿児島のわんちゃん達、本当にいい子です。
DSVで引き取った2頭も人間の愛情を素直に受け止めて
くれる可愛い子達です。
兎に角人とのスキンシップ大好き子です。

健康なわんちゃんが長期に動物病院に預けられると
かなりのストレスがあるようです。
中には血便がでたりします。ですから病気で無い限り動物病院への
預かりは3日が限度のような気がします。

それで、何とか鹿児島のわんちゃん達も病院から各預け先や
引き受け先に移動することができて本当に良かったです。

昨日スタッフ2名でラッシーをお預かりいただいている
ホストファミリーさん宅にラッシーの様子を見に行ってきました。

元気そうで、排便も普通で問題なさそうです。
ラッシーの毛はコリーのような、ポメのような、スピッツのような
フアフアな毛なので、身体も大きく見えてしまいますが
触ったら意外と痩せています。
そしてご飯にガツガツしていないと言うか食が細い方です。
環境の変化もあるのかも知れませんが、様子を見ています。


ラッシーは無駄吠えのないわんちゃんですので、住宅地でも
飼いやすいわんちゃんです。
里親募集中です宜しくお願い致します。


2頭目が鹿児島からやって来た。

2007年02月22日 | Weblog
くるみちゃんに引き続きラッシー君を鹿児島から引き取りました。
鹿児島多頭飼育にいたわんちゃんです。
現地から引き出したものの、預かり先もなく、病院などを転々と
犬が可哀想で仕方がないとボランティアのくまさんから
現状を伺い、引き取り先の協力がまったくないとのことで
DSVが2頭目ラッシー君を引き取ることになりました。

DSVとしても、既に一杯一杯の状態ですが、悲しいことに
鹿児島の雑種のわんちゃんにどれだけの人々が関心を
持って下さるのだろう?
ならば、今ここで少々無理をしてでも、後一頭だけでもと
引き取らせて頂くことになりました。
里親募集
ニックネーム ラッシー ♂
年齢5歳くらい
去勢済、ワクチン済
性格はとてもいい子です。
   

ラッシーの後ろに写っているボブハウスは先日から支援者に援助して頂いた
ものです。
ハウスの在庫が殆どなかっただけに本当に助かりました。

後、2頭くろちゃん、かおるちゃんの行き先が決まっていないそうです。
性格は皆人間大好きで、とってもいい子です。
救いの手のご協力をお願い致します。

追加コメント
今回鹿児島から引き取らせて頂いた2頭について
わたくしどもは、鹿児島のボランティアさんに引き取り先は見つかりましか?
引き取りにご協力についてお問い合わせは有りましたか?
と尋ねました。
そこで、イエスの答えでしたら、引き取りはしなかったでしょう。
何も遠い大阪までの犬の負担と人間の労力を考えると
できれば避けたいことです。
DSVでは既に40頭以上の犬を保護しおり一杯一杯です。
だけど、まったくどこもからも無く、困ってらっしゃいました。
ボランティアって犬だけではありません。
人助けもとっても大切なことです。
DSVも保護犬のことではたくさんの方達に助けて頂きました。
その感謝の気持ちは今でも忘れません。
人は助けられるばかりでは行けません。
人に助けられたら、その恩を忘れることなく、
今度は与える立場になることも必要です。

今回のことでDSVにはまだまだ余裕がある様に思われる方が
いらっしゃるようでしたら、そうではありませんので
誤解の無いようにお願い致します。


徳島多頭飼育から

2007年02月22日 | Weblog
2日前に久しぶりに徳島多頭飼育の飼い主息子から
連絡が入りました。
NO56のハリー逃げていなくなったんですけど・・・
写真がありましたら、頂けませんか?

警察と保健所に持って行きたいので、と言うのです。

なんだか、必死で探しているようですが、わんちゃんは
多頭飼育に帰らない方が、ましかも知れない。
探すと言うことはやっぱりわんちゃんに対する執着はかなりのもの
これが厄介なのです。
犬にとってみたら迷惑な話です。

あそこに連れ戻されたいかな?

多頭飼育の息子さんは逃げたハリーを必死に探していた様です。
保健所に警察などにも連絡をし
これだけ犬への愛着?執着?本人は愛着と申しておりますが、

大事な犬ならば二度と逃がさないように気を付けて下さい。

なんて、言っても管理者は息子さんなんですから
犬は絶対に手放さないと言いながら
こんな時だけ生真面目に連絡をして来られます。
わけ解りません。

皆様徳島多頭飼育のわんちゃんもご心配だと思いますが
息子さんは毎日2,3頭ずつお散歩にも行き、
以前よりはお世話もしているようです。
現地の犬たちも現在は元気でいます。
今冬は病気で亡くなった犬もおりません。
安心とまでは言えませんが、保護主と息子さんから何かあれば
こちらに連絡が入ります。
引き続き見守りたいと思います。


鹿児島から来た★くるみ★ちゃんのその後

2007年02月20日 | Weblog
くるみちゃんが鹿児島から来て5日が経ちました。
2日間くらいは緊張していたのか
表情も硬かったけれど、今では屈託のない笑顔を見せてくれます。


目がぱっちりしていて可愛いですよ。

よく、お散歩の時に引っ張らないわんちゃんがいいですぅ とか
引っ張る犬はちょっとね~とかおっしゃる方もいらっしゃい
ますけど、捨てられた可哀想なわんちゃんなのに
それだけで減点だなんて、もったいないです。
確かにご高齢の方には引っ張る力が強ければ、
こけたりしては危険です。

そうでなければ、引っ張り癖を直すコツさえ覚えれば
それ程問題ではありません。

ましてや、繋がれぱなしで飼われていたわんちゃんや
若くてパワーがあるわんちゃん
お散歩の習慣を与えて貰えなかったわんちゃんなど
お散歩が嬉しくて、前に前に歩こうとします。
でも、それは最初だけで、しっかりお散歩の習慣をつけていき
最低でも30分以上は歩いて上げてください。
お散歩はけして駆け足で走らないように、お散歩の時に走る癖をつけると
かえって逆効果になります。
継続して30分以上歩くと、わんちゃんも疲れて来るので
ゆっくり歩く様になり
引っ張りは、徐々に気にならなくなるくらいまでになります。

くるみちゃんの幸せの赤い糸探しています。
宜しくお願いします。


ミッキーの病気について

2007年02月20日 | Weblog

本日取り急ぎCT検査に行きました。
検査は急がなければならなかったからです。
検査結果は2cm~3cmの腫瘍が見つかりました。
CT検査後細胞を病理検査に出しました。
悪性か良性かを調べる為です。
良性の場合ミッキーの年齢を考えると手術はしない方針ですが
悪性の場合手術をしなければなりません。

本日のCTの検査代及び医療費の10万円はボランティアさんに
立て替えて貰っています。
一度に高額の医療費が続いている為、一頭に十数万の医療費を
支払えるだけの余裕がありません。

僅かでも構いません。
ミッキーの医療費基金にご協力をお願い申し上げます。

ミッキーちゃんについて

2007年02月19日 | Weblog
元飼い主に虐待飼育されてDSVで保護
ミッキーちゃんについてはこちらに経緯があります。

健康上の問題から里親募集を見送っておりましたが

17日ミッキーの目に突然異変がおきました。
病状の原因は腫瘍の可能性があります。
CTスキャンで精密検査をし、緊急に手術が必要になります。
でも、資金がありません。

又、保護待ちの子達も常時数頭います。
一頭でも里親とのご縁が繋がれば、又次の子を助けることができます。
毎日毎日、保護しているわんちゃんのお世話や
実務的なことに追われ睡眠不足です。
今この日誌を書いている時間も深夜の一時です。

ご支援くださっている皆様にはご連絡等が遅れがちになって
おりますことをお詫び申し上げます。

テリーちゃんrescue

2007年02月18日 | Weblog
動物管理センターに送られると処分されてしまいます。
16日某警察から期限切れて引き取りました。

MIX犬(テリア系)
ニックネーム テリー ♂
年齢2歳前後
体重3kg
フィラリア陰性
ワクチン接種済、近日去勢

ものすごく汚れて臭かったのでシャンプーすると
かなり可愛くなりました。

早急に里親を募集致します。

鹿児島からやって来た。

2007年02月16日 | Weblog
鹿児島の多頭飼育(9頭)の犬が飼われていました。
私がそこの存在を知ったのは5年前
こちらは徳島多頭飼育60頭の犬たちの救済の真っ只中だった。
ある日、鹿児島のクマさんという方から応援のメールを頂いたり
バザーでの売上金の一部を徳島の犬達にと募金をして下さったりで
コツコツとボランティア活動をされていた方でした。
例えわずかなお金でも温かい真心のこもった応援金でした。

飼い主のエゴで無責任飼育されている犬は徳島多頭飼育も
鹿児島も同じような環境だったに違いない。

DSVも徳島多頭飼育の犬達救済に着手してから
4年以上の年月を費やした。
当時犬の飼い主は70才を超える高齢者
一体いつまでお世話ができるのか、お世話ができなくなるまでに
犬達を救い出さなければ大変なことになると常に心配は尽きなかった。
だが、それも同居の息子が飼育をバトンタッチすることで
DSVは一区切り付けることとなりました。

つい先日、鹿児島多頭飼育の犬達を引き出せたものの
犬の受け入れ先がなく途方に暮れていたお話を伺い
数年前の温かい応援金を思い出し、DSVも資金的には
大変苦しい状況の為、現時点では支援金でのご協力はできそうにもない。
こちらも保護している犬も多いので、
けして余裕がある訳でもありませんが
一頭でも引き取らせて頂くということで協力をさせて頂きました。
それに、鹿児島は私の生まれ故郷・・・。(余談ですが)

鹿児島ではくるたと呼ばれていたようですが
男の子と間違えられそうなので、早速改名させて頂き
ニックネームをくるみちゃんとさせて頂きます。

年齢6,7歳くらいだと思われます。
結構若く見えます。
健康状態も良好そうですし
性格も人懐こく愛想もかなりいいです。

鹿児島からやって来ました。
ようこそ、いらっしゃい!大阪まで

くるみちゃんの里親を募集致します。
くるみちゃんの里親を募集致します。



宜しくお願いします。

デンスケの里親募集

2007年02月09日 | Weblog
ゴールデンレトリーバーの
デンスケを保護して10ヵ月が経過した。
まだご縁がありません。
申し込みも一件もありません。
保護当時は体重20kg程度しかなくがりがりでしたが
現在は30k台になりました。
長期のリハビリからとっても元気になっております。

年齢6歳、7歳の男の子
身体は大きくても、ちょっと気弱でナイーブ。
ルームメイトの女の子に負けております。

大型犬がお好きな方デンスケを宜しくお願いします。


結局

2007年02月07日 | ほのか
ダンボールに入れられて某市役所に捨てられていた
ご老犬の預け先が見つからず病院へ治療入院しておりました。
保護された当時はかなりやせ細り衰弱し、フードを受け付けず
食べてもすぐ吐いてしまう。そんな症状が何日も続いておりましたが
もう駄目かと思いきや、なんと回復の兆しとなり
今では食欲もありふやかしたフード完食しております。

第2のサキさん登場となりました。
どこにも行くところがなく、可哀想なご老犬、
このご老犬を捨てた飼い主は因果応報です。
貴方もそうなりますことよ。

兎にも角にも老人だから先が短い。だから飼いたくないと
お考えの方、そうではありません。
例え先が短くても、この子は懸命に生きようとして、
食べる気力を復活させました。
この子の中にはまだ、生きようとする生への執着があります。
で、なければ保護しても命を失っていたでしょう。

ご老犬には医療面でのケアが必要になっております。
ご老犬を引き取ることはできないけど、
援助ならと思って下さる方、ささやかなお気持ちを飼育応援基金として
ご協力をお願い申し上げます。

又ご老犬を預かって下さる心優しい方をお持ちしております。
フードはこちらでご準備させて頂きます。


レェツ里親募集

2007年02月06日 | Weblog
年齢一歳半~2歳くらいのMIX犬
中型で12kgくらいの男の子
大変若いわんちゃんです。
レェツもとっても性格も可愛い、お利口、とってもいい子です。

昨年の12月15日より保護、
この子も処分されてしまうところでした。

幸せのご縁が見つかります様に

ドールちゃんの里親募集

2007年02月05日 | 譲渡犬里親決定のお知らせ
DSVでは多数の保護犬の新しい飼主を探しております。


そんな中でもこんなにいい子が長期間ご縁がないまま仮宿暮しを
しなければならないか?
アンダーコートのない短毛でドールにとっては外の寒さは
けして居心地のいいものではなかったはずです。
本当に可哀想だったのです。
長期間の間ドールを観察して来て、ドールの性質の良さを
言葉ではうまく表現できないことのもどかしさを感じておりました。
画像でしか表現できない奥深い良さが一杯あります。

触れ合い会で最高の笑顔を振りまき嬉しそうに走り回っていた姿を
見て一日も早く温かいご縁にめぐり会える日を願っております。
ドールも温かい愛情を求め待っています。

そんな思いを込めて、この度施設からドールのお預かりをたんたん家さんに
協力をお願い致しました。

ニックネーム ドール
ラヴmix年齢 3歳~4歳
体重21kgスリムな体型
ワクチン済み、避妊済み



サキさんも大変元気になりました。
サキさんを家族に迎えて下さる里親様も募集しております。


待ちに待ったベリーのご縁

2007年02月02日 | 譲渡犬里親決定のお知らせ
1月29日長期保護に至っていたベリーにようやく本当のご縁が訪れました。
ベリーは一時預かり先を転々としDSVのシェルターにやって来ました。
この度、待った甲斐あってべりーにとって申し分のない、
素敵なご縁に出会いました。


先住犬がいなくて一頭に愛情を注いで頂けるおうちです。
譲渡先のお家には可愛い先住猫ちゃんがいて、
猫ちゃんとの関係だけが心配でした。
ベリーどうか猫ちゃんのことを追い回したりしないでね。と
祈るような気持ちでした。
きっとそれは、ホストファミリーのたんたんさんちも同じ気持ちで
見守って頂いてたと思います。

里親さんはベリーと猫ちゃんがおうちの中で、何とか良い関係が保て
共存できる様に工夫をなさって下さいました。
17歳で亡くなった先代犬も花子ちゃん。
歴代花子ちゃんという事でベリー改め花子ちゃんになりました。

長期間の間ベリーのお預かりを引き受けて下さったたんたん家様には
心よりお礼を申し上げます。