ドッグシェルター

保護犬の紹介、お知らせ、ご支援のお願い

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

緊急ホストファミリー&里親募集

2007年04月30日 | 譲渡犬里親募集
僕を見捨てないで!
現在某警察に柴犬が2頭保護されています。
緊急に一時的に預かって下さる方を探しております。
アフターフォローの都合上
預かり先は、大阪狭山市、河内長野、富田林、堺市泉北、美原区方面
藤井寺、羽曳野、南河内郡以上の地域にお住まいの方で
ホストファミリーにご協力いただける方メールにてお問い合わせ願います。
詳しくはホストファミリーについてをご覧下さい。
※譲渡先地域については其の限りではございません。

僕を見捨てないで!
その1


その2

この子は吠えませんし、超フレンドリーです。

性格には問題ありません。
処分に回される命を一頭でも助けたいと思って頂ける方
宜しくお願いします。





テリー

2007年04月29日 | 譲渡犬里親募集
里親募集



テリー♂
ワクチン接種済、フィラリア陰性、近日去勢予定
年齢も2,3歳とかなり若いと思います。
テリア系MIXで3kg程度で小型犬です。
こんなに可愛いのに里親の応募も一件もなく、写真写りが今一なのか
この子の良さがなかなか伝わらないのが残念に思います。


つぶらな瞳で誰にでも直に懐く性格です。
お座りも覚えています。
小型犬なので室内犬として可愛がって下さる方を希望いたします。
宜しくお願いします。


他にも、次々と救助待ちのわんちゃん達がいます。
早くしなければ、命を絶たれてしまいます。
一頭決まれば又一頭救えます。


ブルセラ病の陽性犬119頭安楽死処分

2007年04月29日 | ニュースから
どんな命であれ、命は平等
私どもは日々殺処分を目前にしている犬達の救助に追われながら
活動をしていますが、常に思うことは人間の利益の為に人間によって
産まされて、人間によって殺される。
本当に人間ってこの宇宙の中で一番偉いのですか?
自然破壊や大気汚染、動物虐待、野生動物達も人間によって殺されていく現実、
本当にこのままでいいのでしょうか?
邪魔なものは排除する。この大人社会が生み出したことが
これからの未来の世相に、悪影響を及ぼしたりしないのか?
とっても危機感を感じるこの頃です。

今回大阪の繁殖業者による繁殖犬達の約過半数が、
ブルセラ病集団感染していたことで陽性犬は安楽死処分が実行された。
犬にはまったく罪がないのです。

この原因を生み出した原因はどこにあるのか?
それは、商売と利益本位の繁殖業者に対して頭数規制と管理指導が
徹底されていない、しかもできなければ営業停止の処置もない。
例えば企業だったら営業停止処分などが課せられるのに、
動物を取り扱う営業目的な販売業には規制が厳しくないことが、
このような結果を生み出している。
これは何年も前と少しも変わっていない。

そして今でも日々、罪のない命が犠牲になっている。
あまりにも命をものとしか、扱っていないように思えて仕方がありません。
本当に二度とこのような悲劇を生み出さない為には
行政の皆様に動物取り扱い業、特に繁殖業者をもっと厳しく徹底指導
徹底管理して欲しいです。
根本的な原因究明をし、教訓を生かさなければ又同じ過ちを繰り返すことに
なるのではないでしょうか?

私は数年前に愛玩動物飼養管理士の資格を取得しました。
その時に教わった教材の中に輪廻思想、輪廻転生という意味を教わった。
人間、動物、植物などおよそこの世の生のあるものは、全て生きている間に
行った善悪の行為に従って天国や地獄の世界に生まれ、行為と結果が
因果応報となり繰り返される。
これはピュタゴラス、プラトンなどが、輪廻転生の考えを打ち出したとある。
輪廻思想は、仏教やインド哲学だけの固有のものではなく
ギリシャ哲学にも見られるということです。

本来の動物愛護の考えは、人間を優位なものと考えるところから出てくる
支配する愛とは著しく、異なるもので、相手と自分を互いに緩和しょうとする
「とけこむ愛」で動物に対する限りない優しさや譲歩を基調としなければ
ならないという考えは、生きあるものを少しでも傷つけまいとする行為で
なければ、ならないと言うことなのです。

最近では動物愛護の思想が入り乱れてしまっているような気がしてなりません。
欧米先進国は動物愛護思想の普及や運動がとても進んでいるが
日本はまだまだ遅れています。
動物愛護の基本精神と生命尊重の思想と行為が人間支配に
なってはいないだろうか?本当に考えさせられることが多々あります。

私の持っている動物関連の資格はたった一つですが、
動物愛護の基本精神や思想について、犬猫の病気から小動物関係、
関係法令、環境衛生など、それまで知りえなかった事まで
学ぶことができ、良かったと思っています。



犬の行動学

2007年04月28日 | ニュースから
うれしい時は大きく右に?=犬が尻尾で感情表現-イタリア研究チーム
4月28日7時0分配信 時事通信

 【ジュネーブ27日時事】「犬はうれしい時、右へしっぽを大きく振る」-。
イタリアの研究者はこのほど発表した論文で、こんな実験結果を明らかにした。
飼い犬とのコミュニケーションに悩む愛犬家には朗報となるかもしれない。
 インターナショナル・ヘラルド・トリビューン紙によると、
論文をまとめたのは、伊トリエステ大学のジョルジョ・バッロールティガラ氏ら
3人の研究チーム。内部にカメラを設置したかごに犬を入れ、飼い主、他人、猫、見知らぬ犬と対面させてその反応を調べた。
 実験では、飼い主を見た時、犬は元気いっぱいにしっぽを右に振り、攻撃的な
見知らぬ犬の場合には、しっぽを左に振るとの結果が出た。
他人や猫の場合も右にしっぽを振ったが、振り方が飼い主の時よりも小さかったという。 

シロ&のこ

2007年04月26日 | 譲渡犬里親募集
徳島多頭飼育の現場から引き取ったシロ&のこは
シェルターに来て一年が経ってしまいました。
あっという間でもシェルター運営も困難なことにたくさん直面しながら
シロと、のこもご縁のないまま時が過ぎています。
多頭飼育よりかはずっと居心地がいいかも知れませんが
ここは本当の家ではありません。
やはり犬にとってシェルターは最良の場所ではありません。
先日シロとのこをご支援くださっている方から元気ですかと
メールを頂きました。
とっても元気です。
最近のシロ&のこの様子です。

犬舎のお部屋を掃除中に近寄って来ます。

のこ最近ちょっとウエストのくびれがなくなって来ました。
まるまるして太り気味です。のこはお散歩があまり好きではありません。



皆様のご支援のお陰でシロと、のこもふくよかになりました。





柴犬rescue

2007年04月26日 | 譲渡犬里親募集
緊急に里親を募集致します。
保護日 4月26日
柴犬♂ 3歳くらい

まだ若いせいもあり元気です。
お座りもできてアイコンタクトも取れます。
人懐こくじゃれてきますが、ちゃんと聞き分ける能力を持っています。





この子のレスキューに至ったのも偶然のようで必然だったのかも知れません。
たまたま4月の初旬に保護犬達のビスケットを購入する為に
とあるペットフードショップに行きました。
其の時いつもいらっしゃる社の方が不在で一時間後に帰社されるとのことでした。
せっかくわざわざ保護犬達の為のおやつのビスケットを買いに来て
しかも在庫切れの為、どうしてもこの日に購入して帰りたかったのです。
一時間の時間つぶしをどうしょうと思い、ふと思いついたのが
そのフードショップから10分くらいのところにある
某犬の保管施設でした。
いつもでしたら特別用事がない限りめったに立ち寄ることのない場所です。
ですが、なんとなく引き寄せられるように行きましたところに
偶然にこのわんちゃんが収容されていました。
所の方に色々とお話を伺い、このまま飼い主さんが現れない場合は
処分になりますというお話でした。

私共は偶然だったのか必然だったのかわかりませんが
不思議にこのわんちゃんに出会いました。
そして助けて欲しいと無言の言葉が聞こえてきました。
警察の期限切れの犬を引き取るのも、飼い主から放棄される
犬を引き取るのも同じ期限付きの命、特段特別なレスキューとは
思っていませんでしたが、府からの譲渡にはかなり厳しい審査があり
時間がかかってしまいました。
これまで、譲渡するにあたって審査する側の立場しか経験したことのない
当方と致しましては、審査は基本的なことだと認識しておりますが、

そして色々と規約があります。

<ご注意>
この犬の場合、
大阪府動物管理指導所管轄収容所よりの引き取り犬ですので
譲渡先は大阪府民であること(大阪市、堺市、東大阪は除くになります)
除く地域以外の大阪府にお住まいの方で宜しくお願い致します。

私どもと致しましては大阪府以外の方への譲渡ができないのが
範囲が狭くなるので非常に厳しいと感じております。
成犬は特にです。
唯でさえもご縁が難しいのに、でも府の規約ですから従わなければなりません。

一ヶ月以内に狂犬病予防注射と登録をしなければなりません。
団体としてするとなれば又医療費がかかります。
できれば一ヶ月以内に里親が見つかればありがたいです。




サキさん里親決定

2007年04月24日 | サキさん

本日サキさんのお預かり家である、たんたんさんご夫妻から
サキさんをたんたん家の一員として迎えたいとお申し出を頂きました。

やせ細り栄養失調状態其の上、汚れてボロボロのわんちゃん状態で
放棄され警察に届けられたサキさんを、DSVでレスキューし
病院にも入院、手術、治療、サキさんの回復を祈り温かいエールや
医療費ご支援をお送り下さいました皆様にありがとうございました。

そして、サキさんの一時預かりを引き受けて下さった
たんたんさんご夫妻により、健康面と精神面のリハビリ
もし、たんたんさんご夫妻にサキさんのお預かりを引き受けて頂いてなければ
きっと今のサキさんの幸せはなかったと思います。
サキさんは年齢不詳です。
高齢犬であることは明らかに判断付きますが、
一体本当の年齢は何歳なのか解りません。
きっと10歳以上であることは確かだと思います。
でも、老いぼれきっていた保護当時に比べると随分若返っています。

たんたんさん家でお預かり生活4ヵ月が過ぎ
現在では、毛艶のないパサパサで少なかった体毛もフサフサとなり
ふくよかな体格に変化、又保護当時は感情の表現や意思表示も殆どなく、
生きた化石状態のサキさんでしたが、今では家人の帰宅の時には、
先住犬と共に走って来て
「お帰り~」とお出迎えする様にまでなったそうです。
感動です。
サキさんのことでは、更に犬は飼い方次第でここまで変化するという証明を
教わったような気がしてなりません。

たんたんさんご夫妻は、サキさんが後何年生きてくれるかわからないけど
例え短くても今が安心して生きれるようにして上げたいと・・・。

本日サキさんを連れてシェルターに来て下さいました。



N様よりサキさん用にi/dの療養食をご支援頂いておりましたので
お渡しさせて頂きました。

これまでサキさんの為に温かいフード支援本当にありがとうございました。


今後のサキさん(幸姫)の様子はたんたん家の日記でご覧下さい。
これまでの預かり日記も合わせてご覧下さい。



犬は人類の古き良きパートナー

2007年04月24日 | Weblog
もうすぐ世間はゴールデンウィークです。
ですが、私どもには休息はありません。
犬を助けるという活動には人間のご都合主義は通用しないと実感しております。
ゴールデンウィーク、お盆、日曜日、年末年始、お正月
棄てられた犬には本当のお家がありません。
だから、私共が飼い主に代わりお世話をさせて頂いております。

人間の身勝手で捨てられた犬達ですが、いつでも人間の愛情を求めています。
シェルターで犬のお世話をしているスタッフも疲れていますが
頑張っています。

以前私共は年末の31日にレスキュー依頼が舞い込み、お正月早々
レスキューに走ったことがある。
その犬はとある病院の近くの公園に繋がれて、心ばかりのドッグフードの袋と
共に走り書きのメモが残されていました。
「事情により飼えなくなりました。宜しくお願いします。」と
年末から飼い主に置き去りにされた犬を見るに見かねて連れて帰った方からの
レスキュー依頼でした。
誰もが年末年始のお休みムードの最中、動物病院さえも休診です。
日本は本当に動物に冷たい国だなとつくずく実感させられました。
もちろん、そのわんちゃんは暫くして優しい里親さんに迎えて頂き
今でも幸せに暮らしています。
あの時、公園に繋がれて捨てられていたわんちゃんを連れ帰った人と
その時、私共が躊躇することなく行動に移せたことで
命のリレーが成立し一頭の犬が救われたのです。

結局、犬一頭救う時は、誰かが行動を起こさなければ実現しないのです。
人間のエゴで罪のない命が
どれだけ膨大な数が犠牲になって来たのだろう。
本当に人間の愚かさに悲しくなります。

貴方は犬を犠牲にする人になりますか?
それとも助ける人になりますか?
それとも無関心な人になりますか?
それとも助ける人を応援する人になりますか?
色んな選択肢があります。

最近あれも、これもとやることが多過ぎて、手が回りません。
時間がいくらあっても足りません。

犬は人類の古き良きパートナーです。
どうか、最後まで大切にして下さい。




タネ吉

2007年04月21日 | 譲渡犬里親募集
タネ吉♂ 4歳

経緯はお一人暮らしの高齢者がタネ吉の飼い主でしたが、ある日
病気に倒れて帰らぬ人となり、タネ吉はそのままその家で置き去りに
なっていました。
タネ吉は何ヵ月もの間繋がれぱなしでお散歩も一切なし、
とっても辛抱強く迎えに来てくれる人を待っていました。
ご近所の方が餌だけ与えに来ておられましたが、
主の居ない家に取り残されたタネ吉を犬嫌いの親族は保健所送りに
するつもりでした。
其の時運良くレスキューに至りました。
それから一年になろうとしていますが、未だ新しいご縁がありません。

タネ吉はブラッシングをしてもらうのがとても好きです。
というか、構って貰っているのが嬉しいのかも知れません。
この上ない幸せそうな表情をしてくれます。





里親募集中タネ吉を宜しくお願いします。







黒ちびMIX里親決定

2007年04月21日 | 譲渡犬里親決定のお知らせ
黒ちびMIXちゃんは宝塚のお家の子になりました。
ご家族全員で黒ちびを歓迎し迎えて下さいました。
新しいお名前はウォル君というかっこいいお名前をつけて貰いました。
又、ウォル君を迎えるにあたりお庭に脱走防止などの対策をなさって下さったり
ご家族が新しい犬を迎えるにあたって、一生懸命になって下さいました。




今度こそは幸せになって欲しい。





ラッシー&みかん

2007年04月21日 | 今日の出来事
現在ラッシーとみかんはルームメイトになっています。
これまでみかんのルームメイトはデンスケ、ドール、そして今はラッシーです。
みかんも一頭よりはルームメイトがいる方がいいのかも知れませんが
みかんは嫌いなことが2つあります。
一つはご挨拶の時にお尻にくんくんされる事と、マウントされることが
嫌いです。其の時はみかんもNOの意思表示をして怒っています。
みかんのルームメイトとして仲良くできる秘訣として、みかんに
その2つをしないことなのです。

ラッシーの向こうにいるのがみかんちゃんです。
今日はお天気がとても良くて2頭とも同じ方向を見て寛いでいました。
画像は隣のお部屋から写しました。

ラッシーと呼ぶとこっちを向いてくれます。



ラッシーも本当にいい子です。
暑くなって来たのでもう少ししたらサマーカットしてあげたいです。



三太君里親決定(4/18)

2007年04月20日 | 譲渡犬里親決定のお知らせ
DSVのスタッフの家族の一員になりました。
三太君の笑顔


陽だまりの中で身体を伸ばしお昼ね中です。






さっちゃん続編

2007年04月20日 | 譲渡犬里親募集
さっちゃんはとても賢いし本当にいい子です。
よく成犬からのわんちゃんは懐かないとか、
仔犬から飼わないと育てにくいとか、とんでもない誤解をされている方も
いらっしゃいますけど、そのわんちゃんのことを大切に思ってくれる
人間ならば必ず懐いてくれます。

ある程度の個性の違いはありますが、気長に付き合うくらいの
大きな気持ちさえあれば、殆どの犬と仲良く付き合えます。
成犬から飼う=譲渡犬なのです。

さっちゃんも3歳になって飼い主から放棄されましたけど
人間のことを恨んでもいないし、もと飼い主に会いたいとわがままも言いません。

とても素直な性格で
一生懸命お手をしてきます。
里親募集中のさっちゃんを宜しくお願いします。







さっちゃん里親募集

2007年04月16日 | 譲渡犬里親募集
年齢3歳
ニックネーム (幸)さっちゃん
ワクチン接種、避妊済
吠えない、おっとりしている、怒らない。
攻撃性もなく、本当にいい子です。

ずっと繋がれて飼われて来ましたが
大人しいので室内でも飼えます。

フリーな状態に戸惑いながらも嬉しさは隠せないようです。
あの~しっぽがお尻の下に隠れていますが、さっちゃん

幸せになって貰いたい。









ボストンテリアの里親緊急募集

2007年04月16日 | 譲渡犬里親募集
このわんちゃんの一時預かり及び里親募集致します。

推定6歳くらいのボストンテリア女の子です。


この子の身体を見た時、明らかに繁殖に使われていたと思いました。
一般の家庭犬として飼われていたならば、このような
乳母にならないでしょう?

ここまでなるには毎年産ませていたと想定できます。


非常に大人しい子です。
我慢の世界で生きて来たのでしょうか?

※尚、保護犬の避妊去勢、ワクチン、医療費が膨大になっております。
ご協力をお願い申し上げます。

緊急ですので一時預かり先も募集致します。
※預かり先に付きましてはフォロー上の問題で近郊エリアにお住まいの方に
限らせて頂いております。

訂正
フレンチブルと記載しておりましたが、ボストンテリアに訂正致します。


多くの皆様に知ってもらい保護犬に一日も早いご縁がありますよう
ブログランキングに参加しております。