ドッグシェルター

保護犬の紹介、お知らせ、ご支援のお願い

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ゆりちゃんの病状について

2015年03月04日 | Weblog

久しぶりの更新になってしまいました。
今年一月に入って、なるみの検査入院病院やら、ゆりちゃんの病院やら
兎に角保護犬達のお世話と、ゆりちゃんの自宅介護などで
パソコンの前に座ることは、後回しになっている間に、
3月になってしまいました。

ゆりちゃんは、前足の肉球にも腫瘍できており、もうほぼ歩くことは不可能に
なっています。唯一前足が健全であるならば、まだ歩行はなんとか維持できていた
ものの、前足の関節から骨肉腫になってそれもどんどん、進行しています。
だから痛いのでしょう。前足に力を入れることができないので、腰を引きずって
おトイレをしています。
私が抱きかかえて、ゆりちゃんにおトイレポジションまで連れて行くという
日常になっています。
そして、アポクリン腺癌の再発と、身体のあちらこちらに転移しており
悪性の癌の進行の速さと恐ろしさ知って
アポクリン腺癌は、外科的手術の前に既にリンパ節に転移している
可能性が高い、進行が速い、外科的術後約生存は約1年から
一年半と一般的だそうです。
保護当初から、なんか肉球が変かなともったのですが、
何しろ肉球に腫瘍なんて見たこともなく、経験のないケースで
ゆりちゃんも最初の手術から一年ちょっとだけど、その一年以上前から
腫瘍の所見はあり、最初の一回目の手術の時に恐れていた
転移が、2度目の手術で足の脱却に至ったわけですが、
その時その時、医療によるできるだけの治療で対処してきました。
又、一か月ほど前から食欲も減退して、今では工夫を凝らした特製のごはんも
食べてくれません。元気もありません。

そして、一か月前くらいから、腫瘍が破れて出血したり、
病院通いも頻繁になって来ました。
先日大量に出血して、血が止まらずにどうすることもできずに、
病院に走りました。
そして、入院して止血などの治療をしてもらい、今日は退院して帰ってきました。
今ゆりちゃんは病気と闘っています。
こちらも保護して預かっている以上、
できる限りのことはして上げたいと考えています。

ただ、痩せてきたとは言え、
12kg近い体重のゆりちゃんを毎回抱きかかえた後は
私も腕や背中が痛いです。日頃から鍛えているつもりでも、きつーい・・・

画像は後程アメブロの方にUP致します。


ご支援のお願い
医療費のご支援ご協力をお願い致します。