ドッグシェルター

保護犬の紹介、お知らせ、ご支援のお願い

世界的に、動物先進国でも危機

2009年04月29日 | ご支援のお願い
世界的不況にペット達にも多大な影響が押し寄せているそうです。
アメリカでも、英国でも、
罪無き命が人間の勝手な都合で、捨てられたり、ホームレス犬になったり
例え動物先進国と言えども、人間の心と経済が豊かでなくなれば
不幸な動物が増加するのは、連鎖反応のごとく起こります。
何処の国のペットも不幸になって欲しくないと、心から願います。

日本の動物愛護団体や保護団体は何故もっと意見交換や、情報交換の場を
設け、横の繋がりを広げようとしないのか?
何故か他の団体の情勢がまったく聞こえて来ないし知りうる機会がありません。
資金も豊富で大きな団体は単独主義で突っ走っているような気が致します。
特に多くの会員を有するNPOの動物愛護団体には、単独主義ではなく
日本の動物愛護活動のリーダーシップ的な役割を担って欲しいなと思っています。
支援金に関しても、過剰な余剰金を抱えながらも、欲張りになり過ぎて
まだまだ支援金を募っているところもある。
一方、必要な医療費やフード代にも困っているところもある。
そういうところにフードでも譲られるくらい寛容になって欲しいです。
動物愛護や保護活動はビジネスでもないのに、それにしても格差が著しく
思えてしまいます。

もしDSVに余剰金や、余剰物資がたくさんあれば、困っているところに
分けたりお譲りしたいと思います。
動物を救う人間としてそのくらいの寛容さは必要だと思います。
助けられたら、お返しをする気持ち
分かち合う心、分け合う心、随分昔ですが「一杯のかけそば」って
お話ありましたよね。不況だからこそ単独勝ちではなく分け合うことが
大切だと思うのです。

資金援助のお願いしております。
私事ですが、どちらかと言うと頂く側より、与える方が好きな方です。
この様な保護活動をしてなければ、募金や要求のお願いも
することはないでしょう。人それぞれの生き方がありますから。

しかし、この活動は一人の力では限界があります。
保護活動にあたっては、個人資金を惜しみなく使って来ましたがそれにも限界があります。
大好きな犬、愛おしい命、救いたい命があればこそ、要求もお願い事もできます。
助ける為には、資金援助のお願いを続けなければなりません。
どうぞ、個別にわんわん飼育応援サポーター様の募集も開始致しました。
飼い主にはなれないけど、気になるわんちゃんに資金面でのお役に立ちたいと
お考えの方に是非ご検討頂ければ幸いです。

これから先、世界的不況の影響により動物達の排除が増えません様、
願わずにいられません。


飼い主に先立たれ取り残されて

2009年04月14日 | 譲渡犬里親募集
保護犬の紹介
名前ミミちゃん
性別女の子
年齢7歳
体重7kg~8kg
性格 人懐こい愛らしいわんこさんです。

経緯
一人暮らしの飼い主に先立たれ、孤独になってしまった。
現在ご近所お隣の方に、餌とお散歩だけはお願いして頂いていますが、
長期的な面倒は無理なので、引取りの相談を受けて。

※シェルターの中型犬クラスの譲渡先が停滞気味でお部屋に空きが出来ず
空き待ちの保護犬が何頭かいます。
どうぞ、中型犬クラスのわんちゃんもご検討下さい。
シェルターに空きが出来れば、助ける命が待っています。

シンロー君も決まりました。

2009年04月12日 | 譲渡犬里親決定のお知らせ
2007年5月7日警察にて期限切れで、保健所行き寸前だったシンロー君
保護後、ホームステイ宅でお預かり頂きご縁の無きまま
2年が経ちました。
先日ホームステイ先様より、家族の一員として迎えたいとお申し出があり
すっかり馴染んで暮らしている様子も伺っておりましたので、
シンロー君の幸せそうな笑顔がこれからも、ずっと続きます様にこのまま正式譲渡に至りました。
現在ではシンロー改めコロちゃんと呼ばれています。
よってシンロー君の居候生活は終了致しました。
ありがとうございました。
シンローパパと一緒に、嬉しそうなシンロー君(現在はコロ)です。

喜びが溢れてシンロー君の笑顔が輝いています。

コロちゃん末永くお幸せにね。

パインちゃんも決まりました。

2009年04月10日 | 譲渡犬里親決定のお知らせ
パインはガウガウ犬なところがあってちょっと一癖あり噛み癖もあります。
そんな、パインでも可愛いところも一杯です。
パインちゃんのホストファミリー様は、
「手のかかる子だけど、毎日パインの話題で笑いが絶えません。
必ず最後まで幸せにします!」と正式に家族の一員として迎えて下さることに
なりました。

これまでパインのお見合話もいくつかありましたが、一癖ある性格が問題でした。
長期に渡りお世話をしていく中で、パインの良きも悪きも全てを受け入れて
下さるということで、託す事になりました。
そうでなければパインの譲渡は難しかったでしょう。
パインの長きに渡っての居候生活は終わりました。
ありがとうございました。


徳島~なるみちゃんのその後

2009年04月09日 | 譲渡犬里親募集
先日徳島で保護したなるみちゃんは、徳島のDSV関係者のお宅でお預かり中です。
既に、ワクチン、避妊手術を済ませて元気に過しています。
動物病院で身体に付着していた数匹のダニを発見し、全て駆除した後
フロントラインをつけました。

医療費援助のお願いをさせて頂いておりますが、まだ目標額に達しておりません。
現在兵庫県のT様より1万5千円のご支援を頂きました。
ありがとうございます。
おおよそなるみちゃんに必要とされる諸費用及び医療費は5万円です。
引き続きなるみちゃん募金ご支援を宜しくお願い申し上げます。

なるみちゃんの幸せの赤い糸も募集中です。
宜しくお願い致します。


※DSVでは年間を通して継続的な年間飼育サポター様を募集しております。


徳島レスキュー

2009年04月04日 | 譲渡犬里親募集
どこからやって来たの?



3月末DSVに以下のメールが届きました。
    ↓
一週間ほど前に、雑種のワンちゃんが迷い込んできました。
年齢はわかりませんが、雌の成犬です。
とてもとても痩せていて、首輪をしていました。
その首輪は子犬の時にされたもののようで、とても小さく細く
首に食い込んでいるような状態でした。
あまりにかわいそうで、食べ物で誘って、
なんとか首輪だけはずしました。
首輪ははずれないように、太い針金で固定されていました。
とても残酷なことです。
想像するだけで、恐ろしいことです。

首輪をはずしてから、
そのワンちゃんは、我が家の外(土手)から
動かなくなってしまいました。
見た目は、決してかわいいワンちゃんではありませんが、
賢い犬だと思います。
慎重な性格ですが、
人間に対して、完全に不信になっておらず、人懐っこく、従順です。
おそらく子犬のときは飼われていて、
少し成長したときに捨てられたのではないかと思います。
暖かい人の手を知っているのでしょう。
とても愛情に飢えているように感じます。

この数日、この子を引き取ってくれるところはないか、
この子に幸せな未来はないものかと、
いろいろと模索し続けましたが、
飼い主さんを見つけることができずにおります。
動物愛護センターに保護されたら生命はありません。
なんとか、このワンちゃんを助けて頂けないでしょうか。
まだ、この子は、人間を愛しています。
痩せてはいますが、病気をしているようには見えませんし、
毛並みもきれいで、つやがあります。
何よりも、人に愛される性格、美質を宿したワンちゃんです。
人を癒し、憩わせることができるワンちゃんです。

すでに我が家では、3匹の犬を飼っており、
うち1匹は、胆のうの病気を患っていて、
一緒に病と闘っている状態で、
これ以上のワンちゃんを飼うことはできない状況です。

どうか、どうか、ご検討下さいますよう、
よろしくお願い申し上げます。
ご連絡をお待ちしております。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

メールを読んだ後、詳しい状況を確認し保護に向けて検討を始めました。
まず、保護主さんが一時的に自宅の庭などで保管できるかなどの協力に関して
確認し、保管が可能だった為、首輪を交換した後に係留してもらいました。
係留されても非常に落ち着いていることを確認することができたので
どこかで飼われていたわんちゃんが捨てられた事が考えられます。
かなり空腹だった為、がりがりに痩せていて、この子なりの感でここに
いたらご飯がもらえると思い、お宅の側から離れよとしなかったのかも
知れません。
何処かに捨てられた犬は飢えに苦しむか、保健所の捕獲に合うか、
野垂れ死にするか、いずれにしても捨てる遺棄行為自体犯罪です。
首輪の件にしても、ふとDSVで保護しているdaigoと同じで針金で巻かれていた件
も記憶に残っています。
何故、首輪が針金でぐるぐるに巻にする必要があるのか普通では理解できない
ことです。

DSVでは、保護に向けて調整しました。
昨日からDSV関係者の徳島の自宅で保護しており、無事レスキュー完了となりました。
早速動物病院で健康チェック、9種ワクチン、フィラリア検査(-)
体重13kg  もう少し成長する可能性ありです。
年令、まだ一歳にはなっていない、推定ですが9、10ヶ月程度です。
来週にでも避妊手術の予定です。





保護においてのご支援のお願い。
このわんちゃんの医療費負担が必要です。
どうぞ、ご支援をお願い申し上げます。
仮名(ナルミちゃん基金とご明記下さい)
ちなみに一頭保護するに当たって、医療費平均3万円~、フードなどの飼育費
病院までの運搬時のガソリン代など含めて5万くらいのコストがかかっています。
保護が長期になればなるほど、負担額は増しています。

宜しくお願い致します。








クララちゃんの幸せの赤い糸に出会えました。

2009年04月04日 | 譲渡犬里親決定のお知らせ
クララは3月21日にDSVを卒業しました。
クララは昨年1月某最終処分施設にいました。
年齢的にも、けして若いとは思えない子でしたが、
地元のボラの方にご協力を頂き救い出すことができたわんちゃんです。
クララは声帯カットをされていて、可哀想なことに・・・
大人しくて可愛くて性格もとってもいい子なのに、
今回クララを迎えて下さった方も、「高齢でも今のクララが元気で幸せを感じてくれれば嬉しいいです。」とネックになっていた
年令にも特に拘ることもなく、温かく受け入れて下さいました。

先日決まったマロンもそうですが、年令の高い子達のご縁は、一段と嬉しさも増します。

早速おやつケースの側でクンクンのクララちゃん。


クララファミリー様クララちゃんを末長く宜しくお願い致します。

劣悪多頭飼育場から来たジョイ

2009年04月01日 | 譲渡犬里親募集
ジョイは、シロ、のこ、太郎べい、そしてジョイ
同じ劣悪多頭飼育場から引き取ったわんこさんです。
この子達は、苦労を余儀なくされた環境にいただけに辛抱強く
心身ともに鍛えられているのか、病気もせず、冬の寒さにも、季節を問わず強い。

人にも優しく、手をわざと口に近付けても絶対に歯を当てる事はない。
甘噛みも一切ない。
ちゃんといけないことはわかっている。
ただ、過去に怖い経験をしたのか、虐待されたことがあったのか、
そんな印象を受けることがあります。
お散歩はびくびくしながら歩きます。
こんな感じで、尻尾は下がり隠れてしまいます。
でも少し時間が立てば、尻尾を上げている時もあります。

ジョイは外飼いでも、ジョイにとって居心地が良ければ、それだけで
満足してくれる様な子です。わがままも言いません。
愛情を持って接して頂ければ・・・。
痩せていてなかなか太ってくれません。便検査は異常なしです。

現在のジョイ


ジョイが来て早3年が・・・
ジョイにも、家族とのご縁を心より願っています。


ハヤト君

2009年04月01日 | 譲渡犬里親募集
紀州犬のハヤト君を保護したのは2006年9月でした。
早2年が経過しました。
ハヤト君の保護当時の情報はこちら

現在のハヤト君


2年以上経った今でもとても元気でいます。
ただ、皮膚トラブルの改善の為、定期的な薬浴シャンプーが必要です。

現在の年令推定6,7歳
体重は23kgくらいです。
性格は温厚で、賢い。
幸せのご縁があることを心より願っています。