ドッグシェルター

保護犬の紹介、お知らせ、ご支援のお願い

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

更新が遅れております。

2011年03月30日 | Weblog

3月から始まっているシェルタースタッフ新人研修の為、保護犬達の情報UPの更新が
遅れがちになっております。
シェルターの保護犬達が、安心して保護生活を送れることが最も大切なことであると考え、
更に、一頭でも多くの行き場を失った犬達の手助けとなれるよう、万全の体制を目指して、
現在飼育スタッフ育成に集中させて頂いております。
そして、シェルター内の活動は日々変わらず実行しております。
近日中には、更新予定です。もう少しお待ちください。
ご心配をお掛けし申し訳ございません。

尚、犬達の紹介を支援する会のブログにおいて、随時紹介下さっています。
ご覧頂けますよう宜しくお願いします。

物資援助について
物資募集中のキッチンハイターに付きましては、たくさんのご支援を頂きました。
当分は間に合いそうですので、一旦募集を打ち切りたいと思います。
既に、発送準備を下さっている場合は、ありがたく受け取りをさせて頂きます。

 


まりちゃん

2011年03月20日 | Weblog

一週間前に腹水を抜いて4.5日は身体が軽くなって、
足取りも軽やかだったのに、想像以上腹水の溜まるスピードが早く
ここ2日程は、お腹が重く足取りもゆっくりゆっくり歩く様になりました。
それでもまだ、食欲もあって残さず食べてくれています。
それだけは救いです。

今後様子を見て、近い内に状況に応じ2度目の腹水を抜きに行く予定です。
腹水を抜いた数日間は、身体が軽くなり元気な様子を見せてくれるのですが、
早いスピードで溜まってくるお腹の重みは可哀想に思えてなりません。

まりちゃんは赤色のボロボロの首輪を付けて来ました。
シェルターに新しい赤色の首輪の在庫を探しましたが、ちょうど中型サイズのものがなく
新しい青色の首輪に交換しつけています。でも赤が似合うまりちゃんです。
シェルターでは、中型犬が多く定期的に古くなった首輪を交換しています。

ご支援のお願い。
まりちゃんは心臓病の為脂質の多いフードを食べません。
何種類ものフードを与えて試してみましたが、現在まりちゃんが好んで食べるフードが定着しました。
メーカー名ペットライン アレルゲンカット7歳以上です。
こちらでも購入しておりますが、1kg入りなので、すぐ無くなってしまいます。
どうか、ご支援をお願いできないでしょうか?
宜しくお願い致します。


ponta君家族決定

2011年03月18日 | 譲渡犬里親決定のお知らせ

ponta君が、トライアルを経て正式譲渡となりました。
新しいお家ではぶんた君と呼ばれ、暮しております。
詳しい幸せ報告は、後日ご報告させて頂きます。
取り急ぎ決定のご報告まで。

 


15年来大切にしています。

2011年03月17日 | Weblog

とってもとっても大好きな格言です。
この格言に何故か引かれて、
15年来ずっと大切に棚に立てて置いています。
ペットも人間も良き出逢いこそが大切といつも思ってきました。
里親探しには、必ずこの言葉を根源にしています。

dogsalvationは知名度はありませんが、
少なくとも、素晴らしく良き支援者様に出逢い、支えられています。

 S様〒届きました。そのお手紙の中にさりげなく同封されておりました紙を手に取り
驚きました。
よき出逢いこそが大切・・・
この言葉はとても大切にしていたので、偶然とは思えないような心の繋がりに思えてなりません。

地震の揺れなどで、ご不安な日々を察すれば、本当に恐縮の一言に尽きます。
長きに渡り、見守って下さり感謝の言葉しかありません。


まりちゃん病院へ②

2011年03月15日 | Weblog

まずは東日本大地震で被害に会われた皆様へ、
被災地の皆さま、心よりお見舞い申し上げます。
大災害は、人間の日常生活をも狂わせるだけではなく、ペット達も行き場を失い
大変悲しい現実に直面してしまいます。
保護活動をする立場として、どうしても気がかりなのは被災したペット達の行き場です。
どうか、一日も早く飼い主様と一緒に暮せることを祈っています。
又、被災された地域の皆様の復興を祈っております。

さて、DSVシェルターでは、シェルターで暮らす犬達のお世話を疎かにすることもなく、
日々変わりなくしくしくと続けております。
3月に入って、行き場を失った保護犬を2頭受け入れました。
近日中にUPする予定です。
そして今日は、日に日に腹水で溜まったお腹が大きくなったまりちゃんの
腹水を抜きに行きました。
前にも書いたように、今のまりちゃんには対処療法しか方法がありません。
まりちゃんが、あとどれくらい生きられるか分かりませんが、
穏やかに過せるよう、ケアーして行きたいと考えています。