ドッグシェルター

保護犬の紹介、お知らせ、ご支援のお願い

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

邪魔になった多頭飼育の犬について

2008年09月22日 | 譲渡犬里親募集
状況がかなり切迫した状況になってきましたので、
HPにて新しい家族募集及び犬のプロフィールをUP致しました。
犬種は全てシーズとマルチーズのハーフです。
殆どが一歳前後から3歳までの若いわんちゃんばかりで、健康状態も特に問題なく
元気です。
多頭飼育で育っている為、先住犬がおりましてもフレンドリーだと思われます。
わんんちゃん達が邪魔者になっている状況でもあり、一頭でも一日も早く
新しい家族を募集致します。

<譲渡犬お申し込みについて>


邪魔になった子達

2008年09月20日 | 保護犬rescue
子どもが障害を持ち、その子どもの為にと犬を飼い始めて、避妊、去勢せず
気が付いたら、多頭飼育になってしまったといい、増え過ぎて手に負えない
邪魔になった、世話が大変だ、そんな理由から、引き取って欲しいと
相談がありました。
飼い主は、子どもの為に飼った犬を身勝手に増やし、世話が大変になると
手離したいと喚く、結果的に子どもさん自身も、犬が邪魔と思うように
なってしまった。
命の大切さを教えるのは、親の役目でもあると思います。
動物を飼うことの責任は、自然繁殖で増やさないこと、増えてしまっても
家族で責任を持って飼養する覚悟と自覚がないばかりに、犠牲になるのは
いつもわんちゃん達。


ご存知のように、DSVは10頭以上の多頭飼育を一度にレスキューできるだけの
資金的余裕がありません。
犬のいる場所までの交通費にさえも費用がかかります。
飼い主さんに避妊去勢を薦めましたが、経済的余裕がない。お金が無い。と
一点張り。こちらも無いのですよ。と言いたい。
保護してもまずは避妊去勢が先決になります。
不妊手術平均2.5万円や、ワクチン接種代、引き取り時の移送運搬交通費
など、資金無くては思うように動けないのも現実です。
しかし、この子達はみんな性格もいいし、何一つ罪はありません。

DSVにおいて今保護している子達の医療面でのケアーも当然ながら
うんこ一つ落ちていない清潔な施設を保ち、一頭ずつ10分刻みで
運動場に出し、遊ばせてあげたり、飼育スタッフは一日中、
分刻みで動いています。お世話の限界を超えては、何より犬にしわ寄せが
来てしまうのは、可哀想なことです。
そういうことで収容頭数にも限度があります。
朝一番からのお散歩、午後から夕方までのお散歩と運動場での適度な遊び、
全頭致します。シェルターの犬達に退屈な思いを少しでもさせない様
DSVのモットーである、全頭のお散歩又は運動場での適度な運動を
毎日実践しています。
午後のお散歩は全頭になりますから、飼育スタッフは本当に忙しく動いています。

そんな限られた一日を家族の居ない保護犬達の為に、
一生懸命に働く飼育スタッフがいてくれるからこそ、いつも清潔で、
出来る限りのケアーを行い「気配り目配り心配り」に努めることも
可能になります。シェルター内での飼育スタッフの存在は犬達の為にも
なくてはならない存在です。

DSVの活動は地道でピーアール力不足ですが、どうか資金援助にお力添えを
お願い申し上げます。


ジンイチロウ君家族募集

2008年09月16日 | 譲渡犬里親募集
保護して一年になります。
ボールが大好き、元気もの。
ボールをくわえて走る姿はとても可愛いです。


ジンイチロウ君についての詳細は里親募集をご覧下さい。他の画像もあります。
譲渡ご希望の際は、譲渡条件からお入り下さい。

宜しくお願い致します。


ボール遊び編 家族を待つ犬たち

2008年09月12日 | シェルターでは
クッキー 女の子  3歳  室内飼育希望(おトイレのマナーできています)


ランディ男の子  3歳  室内飼育希望(おトイレのマナーできています)


シロ  5歳  男の子 (室内飼育希望おトイレのマナーできています)


ミュウ 1歳半 女の子室内飼育希望


このボールをプレゼントいただきありがとうございます。


保護犬達の為に、継続的な温かい善意を宜しくお願い申し上げます。


徳島から来ました。

2008年09月09日 | ナツメ
5月にもご紹介させて頂いていたわんちゃんです。
性別女の子
避妊手術済、9種ワクチン済、フィラリア検査-
フィラリア予防しています。
年齢10ヶ月くらい
体重6kg
小型犬の体型です。小さな身体で野ざらし状態で懸命に生きて来た
苦労犬なんです。
仔犬の頃に捨てられたようで、他の犬にいじめられたり、苦労を一杯しています。
大人しくかなり賢い、おりこうさんです。
何処の場所、誰の近くにいればご飯を貰えて、生きていけるか、
仔犬の頃から、生きる為の知恵で培ったのか、分かっている子です。
本日助っ人の徳島Oさんが引き取りに行って下さり、
淡路Pで合流し引き取りました。


この小さな身体で、小さな頃からたくさんの苦労を経験して来ました。
宜しくお願いします。

因みに、5月の頃の姿はこれです。
まだ、首輪さえしていません。その後Oさんが付けてくれました。



今徳島県ではダニによる病気が蔓延しているそうです。
全国一ダニの被害が多いと聞かされ、唖然!犬が可哀想です。
しかも、徳島の愛護センターや保健所から、飼い主に向けて
注意や予防を促す警告がなされているのでしょうか?
山や草むら、雑木林で放浪している殆どの犬達がダニに吸血されて、
その後治療をしない場合の命は一ヶ月と持たないらしいです。(獣医さんより)
徳島で同じ場所にいた野良ちゃんも、ダニによる病気が原因で亡くなりました。
現地の人にお話を伺うと、ちょっと怖いくらいのダニ被害。

この子の場合、5月の避妊手術の際にフロントラインをつけたので
暫くは予防できていました。しかし、、効果がなくなった時
ダニが付いて、危険な目に合いました。
点滴と治療薬で、現在では元気になっています。
8月23日頃にフロントラインを付けています。
今回ある程度の治療を終え、引き取りました。


山や草むら、雑木林に犬を連れて行く場合は、必ずフロントラインプラスを
つけてから行った方が無難です。


レェツDSV卒業

2008年09月06日 | 譲渡犬里親決定のお知らせ
2006年にレェツを保護しました。
レェツも結構長くいました。
花火や、雷もまったく平気、音に動じることがないのが、レェツ君。
お昼寝が大好きで、無駄にエネルギーを使わないのがレェツの特徴でした。
なので、保護当時よりも3kgくらい丸くなっていました。
のんびり屋的風貌で、笑顔がとてもかわいい。
またまた、レェツの特徴は、自分のお部屋では完璧に近い、トイレをしない。
汚さないがモットーで、お散歩まで待ってお座りしている姿が
目に焼きついています。
レェツのご縁も突然訪れました。
幸せの赤い糸は計画的にいかないだけに、みんな根気良く待っています。
幸せの順番を・・・。でも早く来て欲しいなと願いつつ。

2006年のレェツ君です。男前(イケメン)だったのに。


そしてちょっと丸い体型になった今


そして新しいお家で


レェツママさんより、早速近況報告が届きました。

レッツが我が家に来て一日半がたちました。その間特に問題もなく家族と(猫も含め)過ごしています。レッツが来てから本当に楽しい時間を過ごさせていただいています。それはレッツはもちろんの事、その様な状況を提供してくださったスタッフの皆様のお陰と感謝しています。苦しい状況も多々あるだろうと思いますが、犬たちだけでなく里親になって新たに犬と出会った人たちにも幸せを提供してくださるこの活動を微力ながらずっと応援していきたいと思っています。レッツはとても良い子です。こちらの意思が通じるのか言葉を理解しているのか、昨日初めて一緒に暮らしたとは思えないほどスムーズに家族に溶け込んでくれています。穏やかな表情、散歩の風景また写真添付して送ります。本当にありがとうございました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
レェツの「幸せの赤い糸」のご縁に感謝しつつ、末永い幸せを祈りつつ
今後とも宜しくお願い致します。

グッピーDSV卒業

2008年09月06日 | 譲渡犬里親決定のお知らせ
グッピーを保護したのは2006年6月でした。
2年以上もシェルターで過ごた日々、グッピーがシェルターにやって来てからの
色んな思い出が駆け巡ります。
当時まだ4,5ヶ月くらいの仔犬でした。
途中ご縁のお話もあったけど、14kgの中型犬のグッピーを見て
大き過ぎるとかで、ご縁に繋がらなかったり、
何度も譲渡会にもエントリーし、たくさんの人に笑顔を振りまいていました。
こんなにいい子なのに残念な気持ち、悔しい気持ちも味わいました。

この度グッピーをご指名下さったご家族は、幸せの赤い糸です。
グッピーについて良いところも、欠点もお話しました。
そして、有りのままのグッピーを受け入れて下さいました。
グッピーは室内飼育になります。
だけど、グッピーは室内犬としてのマナーも知りません。
おトイレもしたい時にしていた子です。
おまけに時には色糞もありの子でした。
スタッフが見つけ次第「グッピーうんこ食べたらダメ!」と
躾けても、かじった後だったりで、手遅れも・・
しかし、トライアル期間の2週間で排泄の失敗はたった一度だけ
それ以外は、見事にお散歩でしかおトイレをしませんよ。とお聞きして
こちらが、驚いたくらいです。私達が心配し、不安材料として
想像している以上に犬は賢いです。ちゃんと、分かっている。
実はこの事は、他の犬にも共通しているんです。
出発の日いつも以上にグッピーの笑顔は輝いていました。


新しいお家で





グッピーのお茶目な笑顔がこれからもずっと続きますように、
どうか、グッピーのご家族様宜しくお願い致します。
グッピー末永くお幸せに。


ふくちゃんの現状報告

2008年09月04日 | 譲渡犬里親募集
黄色い腰巻が似合うふくちゃんを宜しく!
ふくちゃんは術後の経過も良く、お散歩の時の便も快調です。
あばらが浮き出ているくらい痩せているわりには、
毎日のお散歩で元気に歩いています。
この歩き方はとても高齢とは思えないので、本当はもう少し若いのかも
知れません。




ふくちゃんの前記事
ふくちゃんを家族に迎えて下さい。
宜しくお願いします。




ゆっぴーDSV卒業

2008年09月03日 | 譲渡犬里親決定のお知らせ
DSVで保護して、一週間という短い期間でしたが
ありがたいことに早々に幸せと出会えました。




ゆっぴーは新しいお母さんと一緒に寝て、いつも一緒だから寂しくないよ。
きっとすごく大切にしてもらえるよ。
ゆっぴー今度こそは末永くお幸せに・・・。


フィラリアのお薬の日

2008年09月02日 | シェルターでは
今日はシェルター保護犬全頭にフィラリアの投薬の日でした。
DSVは活動当初より、フィラリアのシーズンになれば、
フィラリアに感染しないよう、
又、既に感染している犬も、これ以上増やさないよう、
必ずフィラリアのお薬を投与しております。
お薬は体重によって、量が違う為間違いがないように、確認しながら
フード食器に名前を書いたメモを一頭ずつ入れます。

フードの時に一緒に与える様にしていますが、吐き出す子は殆どいません。
スタッフがちゃんと飲み込んだか確認して、万が一「ぽいっ!」と吐き出す場合は
直接お口に入れます。
保護犬全頭分のお薬代も何万円もの費用がかかります。
ご支援下さっている方々の善意で犬達の健康も助けられています。

DSVで保護している犬の所有権は団体にあるので、病気や怪我をしている
犬は治療をし、できる範囲でできるだけと考えています。
保護犬には本当の家族がいません。
私達スタッフも本当の家族にはなって上げれません。
ただ、医療面での健康管理、身の回りの世話、毎日の日課であるお散歩、
スキンシップももちろん毎日して上げれます。
でも、悲しいかな保護犬には人の愛情を独占することはできません。
DSVでは保護犬に終生の「家族」という揺ぎ無い、ポジションを見つける為、
まだ見えない、向うにいる運命の赤い糸を待っています。
まだ見えないけど、めぐり合えるその日を夢見て
本当の飼い主に代わって、お世話を引き受けさせて頂いています。
それには、ご支援で保護飼育費を助けて頂かなければなりません。

DSVの主役はあくまでも保護犬達なんです。
この主役さん達の為に、スタッフは裏方で頑張っています。