ドッグシェルター

保護犬の紹介、お知らせ、ご支援のお願い

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

チョコプーちゃんの家族決まりました。

2012年01月22日 | 譲渡犬里親決定のお知らせ

昨年の3月に保護したチワワのチョコぷーちゃんが幸せのご縁に繋がりました。
保護した当初から、皮膚の状態が悪く投薬による治療や、血液検査も数回しましたが
原因は特定できませんでしたが、ホルモン系によるものが、原因かも知れないとか
何かと、不思議なチョコぷーちゃんに、少しでもふさふさの毛が生えてくるように、
週1のシャンプーなどケアーを続けておりました。
剥げていたところも、アレルゲンカット専用のフードなどで、
少しずつですが良い方向へと向かっていました。
でも、特別療養食フードや、週1のシャンプーなど、
面倒な手間をかけて下さる里親さんがいらっしゃるのかと思うと
不安もありました。
幸いこれまでもDSVの保護犬を数頭、引き取って下さった方が、
ここ2年内にその子達を老衰により看取った事で頭数が減ったので、
ちいちゃなチョコぷーちゃんを迎えたいと、お申し出て下さいました。
この度、トライアルを経て正式譲渡となりました。

保護した当初はこんな感じです。
まるで頭から尻尾にかけて、バリカンカットでもされたかの様に見えましたが、
経過観察ではそうではありませんでした。

過去の紹介及び掲載記事はこちら

  

幸のご報告は後日させていただきます。

医療費や、療養食購入資金等のご支援をして下さいました、
支援者様には心より感謝申し上げます。
保護犬達の、飼育費の全てがご支援に支えられています。
これからも、応援を宜しくお願い致します。


ブレンディの変化

2012年01月15日 | Weblog

これまでのブレンディは暴れん坊将軍のようで、相手が自分より上か、下かを即時判断する
ずる賢い能力を持っているのが特徴、なめてもOK?NO?を見極めてヒートUPかDUNかするかしていました。
いわゆる、人によって態度違うんです。
そこで、毎日毎日15分ずつ躾タイムをトレーニングとして根気よく継続させることにしました。
これは、問題行動のある部分を、誉めながら躾けていく、方法です。
毎日の継続は、確実に変化をもたらすことを確信しています。
ドッグサルべーションのコンセプトとして、可能な限り飼いやすいわんちゃんにして出したい。ということ。
 

ブレンディは出発する時点で必ず、お座り、コマンドが利くようになりました。
待て、も聞き分けます。もう大丈夫かな。
ただ、人間が必ずリーダーになりブレンディを可愛いと思うこと。これが大事なんです。

支援する会にて、他にも画像がありますのでご覧ください。


新たに保護した犬の紹介

2012年01月15日 | Weblog

それは、昨年末の何かと慌ただしい時期でした。
縁あって2頭の犬を引き取ることになりました。
その内一頭は、明日処分と通告されていたわんちゃんでした。
 

初めまして、あたちの名前は「ゆり」とつけてもらったの。
真っ白くて、ゆりのお花みたいだからそうなの。
あたちが助かったのは、DSVの人が別の犬の件で、保健所に来ていたところ
あたちのことを見て、絶対に助けると言ってくれたの。
もし、あの日会っていなかったら翌日には、もうこの世にはいなかったのよ。
なんだか、偶然のおまけみたいだけど、縁の始まりは偶然からだから、縁て素敵だわ。
病院に行って、あたちまだ若いのよ。3、4歳くらいよ。
ワクチンも接種したよ。後は避妊手術が済んでから
最後の家族との縁結びを待つの。




 


4ケ月の子犬ちゃんの家族募集

2012年01月15日 | Weblog

捨てられていた生後約4ヵ月の子犬を保護しています。
家族の一員として迎えて下さる方を募集中
性別女の子 ワクチン済 検便問題なし 
譲渡ご希望の際は譲渡条件からお入り下さい。

 

とってもおりこうです。
宜しくお願い致します。

 

 


あの頃チャンネル(2010年01月03日~2010年01月09日)

2012年01月03日 | Weblog

あの頃チャンネル(2010年01月03日~2010年01月09日)

約9年ほど徳島劣悪多頭飼育環境で飼われていた、
あらたま君(支援する会副会長)やこまめちゃん(支援する会会長)さりーちゃんもいます。
こまめちゃんも鼻の上あたりに噛み噛みされた傷跡が残っています。
そして、昨年夏にお星さまになった、ミキ君のあの頃の姿、短い鎖で繋がれていた挙句に
鎖から離れた犬に噛まれて耳も大けがをして悲惨でした。
その後岐阜の里親様のお家で約5年間大切にされて幸せに過ごしました。
シェルターで過ごした頃のクッパー君もいます。
若かりし頃の花子ちゃん(元ベリー)もいます。
クッパー君は当時10歳近い、高齢犬でしたが、高齢でも幸せの赤い糸の素敵なご縁を頂きました。
あれからシェルターから新しいお父さんお母さんに引き取られて
4年くらい経ちますが、今でも元気でいてくれています。
ジン君もいます。
あんずちゃんもいます。
今回掲載したのは、随分前の画像で懐かしさも感じる今ですが、殆どが新しい家族のもと幸せになった子達です。
すでに、お星さまになった子もいるけど、保護した時のあの時の気持ちをいつまでも忘れないでいます。