ドッグシェルター

保護犬の紹介、お知らせ、ご支援のお願い

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ご報告

2007年08月30日 | Weblog
2,3日前から極度のストレスのせいか、昨夜貧血のような状態になり
リビングで倒れて気を失うという出来事がありました。
気を失っている時間は5分だったのか、10分だったのか、20分だったのか
解りませんが、目が覚めた時になんでこんなところで寝ているんだろうと
思いました。ふらっと気分が悪くなりそのまま倒れてしまったことを
思い出し記憶が戻りました。
そしてリビングの向こうにいたミドルがニコニコ笑顔で私を見ていました。
不思議なことにその笑顔に癒されました。
そして帰宅した家人に貧血のようになって気を失い倒れてしまったことを
ほうれん草と、鉄分をちゃんと取るように言われました。
そんなんじゃないと思うけど・・家人は心中知らずのノー天気さん。



色んな面でスタッフに助けられていることも一杯あります。
犬のお世話にテキパキと動いてくれるスタッフ、
人数が少ないことも、みな重々承知の上、あと2人くらいボランティアが
増えたらいいねと話しています。
私はただ責任感が強過ぎて、休んでいてもいい日でも活動に動いてしまう。
じっとしていられない性格なのですね。

でもこのところストレスと疲労が重なり肩こりも酷いです。
就寝も深夜が続いていて、睡眠もしっかり取れていません。
暫くパソコンの前に長時間座ることは避けたいと思っています。
里親募集はネットアシスタントに協力してもらっています。
活動面ではホストファミリー様を始め、スタッフなど複数の協力者に
助けられながら成り立っています。
けして一人の力ではありません。

又貧血で倒れて気を失しなわないように気をつけなければと思います。
ブログですがこれまでのよう小まめな更新ができないかも知れませんが、
活動は頑張りますので、ご心配ないようお願いします。

緊急里親募集

2007年08月28日 | Weblog
小型犬の男の子です。
捨てられた様です。緊急にレスキューしなければ保健所行きになります。
性格もとってもいい子です。
何も罪がない命が消されていくことを諦めてしまう人々が多過ぎます。
誰かが救いの手を差し延べて上げないと、助かる命はないでしょう。
どうかこの笑顔を振りまいているわんちゃんに
救いの手を差し延べて上げてください。





現在DSVでは45頭の保護犬を抱えおり資金的余裕がありません。
この子の健康診断等含め医療費にご協力をお願いします。
レスキュー基金としてご支援をお願い致します。

<追記>
ニックネーム ケビン君
里親ご希望の際はケビン君の件とご明記下さい。

Wal君の里帰り

2007年08月28日 | Weblog
8月26日の日曜日にWal君(元黒ちび)の里親様がWal君を連れて
宝塚からシェルターに御訪問されました。
ドッグフードやおやつを持って来て下さいました。
そして、中学生の娘さんも一緒に来られ、貴重なおこずかいを貯めて
一万円をDSVのシェルターで暮らすわんこ達の為にと、
そしてWalママさんからも一万円のご寄付を頂きました。
中学生の娘さんにしては、一万円はとても大切なお金だと思います。
Walは家族の愛情を一杯受けて幸せだけど、まだ本当の家の無い子達が
可哀想にと・・・早く皆幸せになってと、思いが込められた寄付金です。
ありがとうございます。

さて、里帰りした当のWal君は、シェルターには一ヶ月ちょっとしか
いなかったのですが、二度と帰りたくないと思っているに違いありません。


DSVから新しい飼い主のもとへ巣立った子達は、みんな心配なく安心して
託せる里親様のお家です。
環境はさまざまですが大切なのは愛情です。


犬舎

2007年08月26日 | DSV保護施設(シェルター)
新しい増設部分の犬舎が完成した。
スタッフは施設内を忙しく動き回らないといけない。
犬舎の配置も全て動きやすさと管理のしやすい様に計算している。
足元がつまずいたり、頭をごつんと打ったりするものは
飼育業務に支障をきたすことになる為、整備している。
昨日大きなテラスをどうしても移動させなければならず
力足らずの女性二人で結構大変だった。

何も力持ちになりたいわけでもないが、家でもやらないことを
ここではしなければならない。
あ~大変。

完成と同時に犬舎外にあぶれていた子、又工事期間中ドッグホテルに預けていた
子達数頭迎えに行き、全ての子達が犬舎のお部屋に入りました。
現時点で満室になりました。
これから先は里親が決まれば空き部屋ができます。
一日でも早く一頭でも幸せの赤い糸が見つかりますように願います。




徳島多頭飼育から幸せを掴んだこた君が天国に行きました

2007年08月24日 | お知らせ
本日早朝徳島多頭飼育から里子に出た「こた君」が天国に渡りましたとの
ご報告を頂きました。
千葉のT様は劣悪な現地の中のサリーちゃんも引き取って下さってその上に
老犬で健康状態も思わしくないこた君を
家族として迎えて下さり、とても大切にして下さいました。
一年半以上の月日を穏やかに暮らし、幸せだったと確信しております。
温かい腕の中で息を引き取ったこた君です。
最後を看取って下さり本当にありがとうございました。
ごく最近では6月に生前のこた君の画像を送って下さっておりました。

愛くるしいこの笑顔は幸せの象徴



ご冥福を心よりお祈り申し上げます。
ありがとうございました。


ジャムは最高

2007年08月23日 | Weblog
ジャムはこれまでどれだけ叩かれどんな可哀想な扱いをされて来たのでしょう
でもジャムの性格は最高。
でしゃばらず控えめ、そしてまったく攻撃性もなし。
ただ、人の手を怖がるだけ、それも徐々にですが増しになって来ています。


本当にいい子です。
優しい子です。
ルームメイトのブレンディをとっても慕っています。
屈託のない、たくましいブレンディに守って貰えると思っているかのように
いつもブレンディの一歩後ろに下がって控えめにしている仕草が可愛いです。


ジャムに幸せになって貰いたいと心から思います。


ご老犬さんたち

2007年08月23日 | ほのか
最近食事は完食、お昼ねたっぷりで、目が覚めたらウロウロ始めるほのかさん
それを見たスタッフがほのかさんをほんの少しですが
お散歩に連れ出してくれています。
その時の表情がとっても微笑んでいるように思えるんです。
よたよた歩きですが、ほのかさんにもお散歩の楽しかった思い出が
あるのでしょうか?



よたよた てくてく
ゆっくり歩こうね



ぽんたちゃんもご支援頂いたフードを完食するようになりました。
日中の少時間だけですが、日光浴させています。
とはいっても野外はまだまだ暑いのでほんの5分程度ですが・・



ぽんたちゃんの治療の効果とフードによる栄養状態が改善され
その甲斐あって毛が増えてきています。
そろそろ薬浴シャンプーする予定です。

ほのか、ぽんたのフードのご支援を頂きました皆様に心より感謝申し上げます。
引き続き2頭のフードは募集中です。
宜しくお願い申し上げます。

残りの時間を家族の一員として迎えて下さる方も募集中です。

in徳島

2007年08月19日 | Weblog
首輪はしていますが、いつ頃捨てられて野良になってしまったのか?
それは解りません。
ただ解っていることは、今年の春に2頭の仔犬を産み2頭とも歩き始めた頃に
車にはねられて亡くなってしまったこと。
一メートル以内近寄らない。
触ろうとすると逃げてしまうこと。
餌と、給水近隣民家の方が与えていること。
妊娠していて間もなくお産が近いこと。
など徳島Oさんに確認に行ってもらいました。

保護できるようであれば、お産前に保護してあげたいと検討もしましたが
人間不信で人に近寄って来ません。なので直ちに保護は難しいようです。
餌を与えている人にも同じです。
でも首輪を装着しているのでどこかで飼われていたのでしょう
人も触れていたはずです。
人間不信になった原因がきっと何かあります。

だだ、このままだと恵まれない仔犬を産んでしまうことになります。
いつ保健所が捕獲にくるかもわかりません。
又、車にひかれてしまいます。

現在対策を思案中です。


ご協力宜しくお願いします。

2007年08月19日 | Weblog
緊急にこのわんちゃんをレスキューしなければなりません。
小型犬 男の子 老犬ではありません。
まだ若くて元気です。性格もすぐ懐いてくれます。



どんな事情があったにせよ無責任飼育、無責任飼育放棄はあってはけないことです。
最近のペットブームの裏側では、粗末にされる犬達の苦悩もあります。
可愛がられ、最後まで大切に飼養される犬ばかりではありません。
一方では苦しみ、ゴミのように扱われている犬も増えているのです。
こういう事態を招く根本的原因をもっと考えなければなりません。

一頭レスキューする事に約5万円の医療費、又その他飼育費フード代も
必要になります。
かなり汚れて、毛も伸びていますのでトリミングに出したいと思います。
DSVでは専用のトリミング室がなく、する事もたくさん抱えているので
現在は時間を要するカットや手入れに時間をかけて上げれません。
トリミングにも出さなければなりません。
その際の費用も必要になります。
資金的余裕があれば、何の問題もなく解決できることも、
困難になってしまうようです。

兎に角時間がありません。
ホストファミリー様、里親様も募集致します。
宜しくお願い致します。



譲渡先募集中のさっちゃんです。

2007年08月19日 | さっちゃん
さっちゃんは3歳の女の子

元飼い主は引越し先で飼えない理由から飼育放棄されました。
初めて面会した時のさっちゃんの不安そうな表情は今でも忘れられません。
さっちゃんが今求めているものは、人恋しさのあまり自分に向けられる人間の
愛情なんです。じっと目を見て私を見て!とアイコンタクトバッチリ
さっちゃんは生後2ヵ月くらいの仔犬の頃、保健所に渡されて
その後譲渡会で仔犬だったさっちゃんは元飼い主に譲渡されました。
でもたった3年でその飼い主から手離されてしまいました。
まだ、保健所に送られなかっただけでも運が強いさっちゃんです。

DSVはさっちゃんを観察して、雷が大の苦手であることから
室内飼育で飼養して下さる環境を希望しております。
元もとの飼育環境でもお散歩以外は殆ど構って貰えず、
フードも必要量よりはるかに少なく、食べることも満足ではなかったのです。
室内飼育で家族の一員としてさっちゃんを迎えて下さいませんか

この笑顔がいつまでも続きますように
どうぞ、さっ(幸)ちゃんを宜しくお願いします。



シェルターがあってこそ救えた命たち

2007年08月18日 | Weblog
くるみ、ラッシーを引き取って上げれたのも、シェルターの存在が
あったからです。シェルターがなければわざわざ鹿児島から引き受けるなど
大それたことは絶対に考えられませんでした。
DSVの保護犬は圧倒的にMIX犬や雑種が大多数を占めています。
里親探しの際、純潔犬か雑種、MIXの違いだけで驚くほどの
反応の違いが明らかになります。
性格も良く賢い、飼いやすさの面では雑種の方が優秀な子たちもたくさん
います。だけど捨てられるのも、里親が決まりにくいのも
圧倒的に雑種が多いのです。
里親が決まりにくい=保護が長引く
現に徳島多頭飼育から引き取ったジョイと太郎ベイなど、
お一人も希望者すら現れません。シェルターがあったからこそ救えた命、
それでも、残念なことにジョイ、太郎ベイに向けられた支援さえありません。

のこ、シロ、ジョイ、太郎ベイが今でも徳島多頭飼育にいたら
どうなっていたでしょう?劣悪な環境なだけに想像はつきます。

保護という活動は毎日毎日同じことの繰り返し、いかなる日であろうが
お世話を欠かすことはできません。
衛生管理を保つ為に常に排泄物の処理、清潔な犬舎部屋の心がけ、清掃
身体のケアー、シャンプー
ブラッシング、健康チェツク、医療面でのケアー、毎日のお散歩
身勝手な人間の都合は通用しません。
シェルター運営はビジネスでもなくお金儲けでもないのです。
仕方なくシェルターで過ごす子達にして上げれることは
愛情だけでは成し得ません。
資金がなければ与えたいものも与えて上げれません。
作りたいものも作って上げれません。
病気のケアーもして上げれません。

地道で目立たない保護活動にはご支援が集まらないのが現実のようです。

それでも、雑種犬達をこれからも救って上げたいです。
殺処分頭数NO1は雑種犬達なんです。
犬種差別をしないで下さい。
雑種犬達を救わなければ殺処分頭数は減りません。
どうか、この子達に暖かいご支援を送って上げて下さい。


ホームレス犬【ぎん】ちゃん

2007年08月17日 | Weblog
ぎんちゃんは野良犬ではありません。

あるホームレスの男性が仔犬の頃から何処からか連れて来て飼い始め
一年になるそうです。
とある橋の下がこの子の居場所です。



ホームレスが暮らしていた橋の下で一緒にいました。
最近事情が変わりホームレスは、アパートで暮らせることになり
そのアパートではペット禁止です。
一緒には暮らせません。
今でも橋の下に取り残されている状態です。

ホームレスの男性はこの犬との決別を意思表示しております。
DSVは早急に保護したいと思います。
しかし、シェルターは満杯状態、人手不足でも休息がなくても担当スタッフは
動き回っています。
一月に3頭~5頭くらいのペースでDSVから卒業してくれれば、
その分救えます。幸せになっていくわんを送り出すことこそが
喜びに変わる瞬間なのです。8月は未だ卒業犬がでておりません。
みんな早く卒業したいと願っています。
スタッフも送り出したいと日夜願っています。

尚、ぎんちゃんを保護した際に去勢、メディカルチェツク、ワクチン接種などの
費用が必要になります。
一頭分の資金だけの問題ではありませんが、何でも積もれば山となるで
現在多数の保護犬にそれぞれ医療費が嵩んでおります。

保護後のぎんちゃんの医療費のご支援をお願い申し上げます。
ホストファミリー&里親様も募集致します。

ネーム ぎんちゃん
一歳の男の子
中型犬で体重10kg程度です。

できれば室内飼いで家族の一員として迎えて頂きたいと思います。


シェルターで

2007年08月15日 | Weblog
本日も朝からシェルター当番の日でした。
スタッフ2名で朝からシェルター入り。
今日は京都からあらたま君里親ご夫妻が暑い中お手伝いに来て下さいました。
太陽が真上にある日中、野外での作業にお付き合い頂き
本当にお疲れ様でした。





ご老犬ほのかさんも、お部屋を移動しました。




まだまだ食欲は衰えていません。
最近体重も増加しました。
目は殆ど見えていませんが、耳は聞こえているようです。

いつご老衰になっても不思議ではない状態で保護しましたが
保護後良く寝て、よく食べての毎日です。

今日の作業(労働)はスタッフ2名では絶対に無理でした。
重いものを持ち上げ担いだり、移動させたり、
私自身シェルターに関わるまで、まさかこんな暑い日にでも
肉体労働をしなければならないとは、予想外でした。

でも、施設内の環境を少しでも整備して行きたいと考えています。
臨時保護スペースに繋留している保護犬たちに新たに犬舎を増設する
プランを検討しており、ご支援のお願中でございますが、
きっとこのままでは何ヶ月経過しても、目標額まで達成しないかもしれないと、
スタッフと検討し、係留中の保護犬において
さまざまな弊害が発生している中、このままでは良くないと判断し
目標額まで程遠い状況でも、兎に角一日も早く屋根付き犬舎部屋を増設
することになりました。
繋留することにより、首輪が切れて犬が離れたりでアクシデントもある。
コンクリートでなければ掃除がスムーズにできない。
雨の日にドロだらけになる。せっかく前日シャンプーしても無駄になる。
現場でしか理解できない問題に直面し、兎に角「早急に」対処しなければ
ならない、いくつかの問題点を一つ一つ解決して行きたいと思います。

明日から工事に入る予定です。
月末までに100円でも多くご支援いただけますように
どうぞ、皆様のお力添えを宜しくお願い申し上げます。



ミッキー君里親募集中

2007年08月15日 | Weblog
シェルターにいたミッキーは先日(13日)より一時預かり宅に滞在中です。

まだ一歳未満なのに、悪戯をするわけでもなくおりこうさんなんです。
一時預かり先の都合により、休暇中の一ヶ月だけお預かりいただくことに
なっています。
それまでに、里親様とのご縁がありますことを願います。
預かり宅では室内飼育なので、その後又シェルターに戻すのは可哀想。
願わくば現在の預かり中の期間内に幸せの赤い糸が見つかって欲しいです。




ミッキー保護の経緯は保健所からのレスキュー
まだ幼いミッキーを飼い主は保健所に持ち込みました。
保健所職員さんのご配慮で譲渡犬になりました。
せっかく助かった命ですから、2度と捨てられないように
終生責任と愛情を持って飼養して下さるファミリーを募集しております。

徳島多頭飼育にいたハーレ君の近況

2007年08月13日 | Weblog
先日ハーレ君の里親様から近況報告と共に画像が届きました。



ハーレ君が徳島多頭飼育から里親様の元で暮らし始めた2004年12月
から2年半が過ぎました。
あの頃のハーレの毛は伸び放題ですごく汚れていて哀れな姿そのものでした。
里親様よりの近況報告ではハーレの性格はとっても優しく
気使い屋でおりこうさんとご報告を頂いて、今でもあの頃の哀れな
ハーレ君の姿が頭の中をよぎりますが、
今とても幸せに暮らしているハーレ君に、もう何も心配はありません。