ドッグシェルター

保護犬の紹介、お知らせ、ご支援のお願い

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

おじいちゃんになったゆうた君

2011年04月25日 | Weblog

振り返るとゆうたを保護して、10年になりました。
おそらく保護した時の年齢は、推定3歳ですから、もう13歳にはなっているかと、
最近めっきり、老犬ぽい歩き方で、ゆっくりゆっくり歩いています。

だけど、食欲だけが衰えず、ご飯配膳前のゆうたは、若い子達に負けないくらい
頑張って催促しています。
食欲は健康のバロメーターですから、保護して10年一度も病気せずいます。
しかし、最近ゆうたの老化を感じることが多くなりました。
又、今後病気と向き合う時が来るかも知れませんが、
このままご縁がなくても最後まで、看取ってあげたいと思っています。

ただ今うんぴ中、ちょっと足の踏ん張りが弱くなりました。


ゆうた君~ 

老犬にも、生きる権利があるのだぁ~ by ゆうた




まりちゃんの近況

2011年04月25日 | Weblog

まりちゃんはとても感情性が豊かで、まりちゃん自身が心の中で求めていることを、
吠えることで、表現し訴えかけてきます。
トイレがしたい時、お腹が空いたよ。早くちょうだい。などの催促の時のわんわん!が
分かるようになりました。
本当は、何処かが痛いのかもしれないし、苦しいのかもしれない。
けれど、犬は思いを言葉で表現することができない。
吠えて、感情を表現する動物だから・・・。
それを、聞き分けたり、受け止めたりするのが飼育のお世話では大切です。

まりちゃんに送られた赤い首輪に変えて、それがとても良く似合っています。
表が赤色で、裏がイエローになっています。
お礼のメールが出来ていない事をお許しください。
まりちゃんにぴったりです。
ありがとうございました。
 

又、他にも可愛い首輪を送って下さいました方にも、お礼を申し上げます。


今日はあまり食欲がないわん。
ゆっくり食べてね。

 


原発in福島の警戒区域の動物、ペット達を救え!

2011年04月21日 | Weblog

皆さんで呼びかけましょう。

いよいよ内閣府は20キロ圏内の住民達に非難警戒区域を発令します。
そこで、そこで更に、多くの動物、犬猫ペット達が取り残され、犠牲になってしまいます。
何日も餌、水も口にすることさえもできず、飢え死にする家畜や、犬猫のペット達。
放された犬同士の喧嘩により、大怪我を負う犬、庭先に繋がれたまま飢え死にしている犬、
無人とかした、地域に多くに犬達が取り残され、群れになって餌を求め移動している姿があります。
餌は有り余るほどの支援が集まっている救援本部ですが、
一方では餌や水を与えられずに飢え死にするペット達。

今回の災害で、日本がいかに動物後進国であるか思い知らされました。
しかし、私たち国民は行き場を失ない、飼い主の緊急避難により、
飼育放棄された命の為に、小さなことでも出来ることを、行動しましょう。

支援者の方からのメールに

1、ボランティア業務全般の辻元清美首相補佐官(災害ボランティア担当)にもお願いしてみましょう。

http://www.kiyomi.gr.jp/contact/index.html

2、立ち入り禁止になっても、住民の一時帰宅の際に、
「飼い主さんは、飼い主の責任として犬・猫を連れ出してください」という通知・連絡を保健所の方でします、と言われました。 
ただ、連れ出した後の、保護する施設さえあれば・・・というのが前提です。 
福島の愛護センターは津波で流されて 今は仮の施設に保護している状態そうです。
つまり、緊急に必要なのは、連れ出した後の施設だけです。施設さえあれば、
保健所も、ボランティアさんの手を借りながら、ある程度 県で面倒みます、と言われています。
これは、国レベルでお願いしたいと言われましたが、動物愛護協会や福祉協会など4団体で構成している
「緊急災害時動物救援本部」が動くのが、最も早いと思います。
2億5千万円の寄付が集まったそうですが、小さいところではできないような、
こんな大きな事業にこそ使ってほしいと思います。
日本動物愛護協会に事務局があります。皆さんで電話しませんか!
(TEL)03-3409-1822 (FAX)03-3409-1868


 


誰も助けることができないのでしょうか?

2011年04月18日 | Weblog

私たちは本当に無力なのでしょうか?
今、苦しむ動物達を助けることができないのでしょうか?

餓えに苦しむ牛達の末路、このままでいいのでしょうか?

助けて欲しい、もう間に合わないかもしれないけど、誰か立ち上がって欲しい。

飢え死にさすなんて、どんなに苦しんでいるのか、残酷過ぎる、現実。

 


suguru君の家族が決まりました。

2011年04月15日 | 譲渡犬里親決定のお知らせ

ようやくsuguru君の家族が決まりました。
取り急ぎご報告まで。
詳細に付きましては、後日ご報告させて頂きます。


救済プロジェクト立ち上げました。

2011年04月14日 | Weblog

ドッグサルベーションにおいても、救済プロジェクトを立ち上げました。
大きなことはできませんが、少しでも救済のお手伝いをしたいと思います。
詳しくはdog☆salvation救済プロジェクトをご覧下さい。

僕daigo僕も行き場を失って、ドッグシェルターでお世話になっているんだ。
一日3回のお散歩に、ブラッシングやら、スタッフさんにおんぶにだっこで僕恐縮です。
早く本当の家族が欲しいなぁ。  by  daigo

 

 

 


ドッグシェルター食事の後のひと時

2011年04月10日 | Weblog

食事後のくつろぎのひと時 ゆき、ベル編

これから、お昼寝でも?


最近のコマちゃん

2011年04月10日 | Weblog

手術の傷後もよくなってきたので、Eカラーを3月下旬には外しました。
これによって、コマのストレスは快復し現在はとても落ち着いています。
そして、毎日食事と一緒に免疫力を高めるサプリメントも残さず食べています。
コマの病気は悪性癌だった為どこまで、どのくらい効果があるのか、今のところ分かりませんが、
食欲もあり元気に過している今は大丈夫と思っています。
ただ、現状が良ければサプリメント療法を継続して行きたいと思っていますので、
どうぞ、ご支援を宜しくお願いします。

 

 


ponta君家族決定のお知らせ

2011年04月10日 | 譲渡犬里親決定のお知らせ

pontaはシェルターで一年以上の月日を過しました。
人が大好きで、人の側にすぐに駆け寄ってponta特有のぴょんぴょんとジャンプしながら
だっこをおねだりしていました。涙ぐましいpontaのアプローチなのです。
そういうpontaの行動を見る度に、pontaは懸命に
僕のお母さん、お父さんが欲しいと求めているんだ。
pontaの為にも一日も早く、安住のおうちを見つけてあげたいと、願いました。
そして、2月下旬のある日pontaを家族に迎えたいとお申し込みを頂きました。
pontaにとって出来る限りお留守番時間は短い方がいいし、
望むいくつかの条件を全て満たしておられ、
そうしてpontaは、ようやく願っていた家族に迎え入れられました。

下の画像はpontaをお届けに行った際に撮影したものです。
pontaのこの笑顔は、家族が決まったよ。ってこと分かっているかのようです。

 

 

譲渡後里親様より近況報告で送られた画像です。

ぶんた君おうちで安心して、お昼寝中。

pontaを家族に迎えてくださって、本当にありがとうございました。
ponta改め、ぶんた君をどうぞ末永く宜しくお願い致します。