ドッグシェルター

保護犬の紹介、お知らせ、ご支援のお願い

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2006年支えて下さった皆様ありがとうございます。

2006年12月31日 | Weblog
DSVは今年3月にシェルターを設立し10ヵ月が経ちました。
今年もただ無我夢中で突っ走って来て早一年というのが正直な実感です。
シェルターで暮らす犬達のお世話に休日も盆も正月もありません。
今日もスタッフとボランティアが通常通り朝から任に当っておりました。
明日も通常通りにわんちゃんのお世話にあたります。
わんちゃん達には人間の都合は関係ありません。

シェルターに入設して何ヶ月間も新しい飼い主が決まらないまま
施設で暮らしている子達はシェルターで年を越します。
今年フォスターファミリーとのご縁が見つからなかった子達に
来年こそは素敵な出会いが見つかります様に祈りながら
新しい年を迎えたいと思います。

いつもDSVの活動を支えて下さる皆様にはこの場をお借りして、
心よりお礼を申し上げます。
今年一年応援していただき本当にありがとうございました。
来年も飼育応援!宜しくお願い申し上げます。


僕紀州犬のハヤト、保護された時は体重10kgしかなかったけど
今では15kgにまで体重も増えたよ。
放浪していた時はお腹が空いてもうダメかと思ったよ。


途方に暮れる犬

2006年12月30日 | Weblog
先日とある住宅地にやせ細りあばら骨が浮き出て、
お腹を空かし餌を探している犬を見かけた。
一体何日食べていないのだろうか?
あの痩せ方は1週間以上はろくに食べないで放浪していると思われる。
首輪はしている。
でも、迷子ではなさそうです。
この寒さで暖をとるところさえないのではないか?
凍え死んでしまうのではないだろうか?

一度追いかけて探して見たけど、見失ってしまい
あれから、見かけない。
心ある誰かに、助けてもらっていたらいいのだが。

山に犬を捨てに行く飼い主がいます。
車で捨てに行き、降ろして置き去りにし、追いかける犬を振り返ることもしない。
この様な残酷なことができる人間には二度と犬を飼わないで欲しい。
又、何かの事情で犬を飼えなくなった時、その犬とどんな別れ方を
するのか、考えてみることも必要だと思う。

あなたは10年先、15年先のことも考えて、ペットを飼い始めていますか?

DSVでは譲渡条件を設定しております。
それは、犬たちが飼い主から手離された理由を
保健所や動物管理センターでの統計調査を集計しまとめた実態であります。

転勤やお引越しで住宅事情で飼えなくなった
高齢者が飼っておられ、病気、入院、健康上の問題で飼えなくなった。
子供が欲しいと飼い始めたが、子供が面倒を見ない。
犬が吠えるので、近隣から苦情がある。
一人暮らしの方が飼われていたが、お世話ができなくなった。
配偶者が亡くなり一人ではお世話ができない。
独身者で一人暮らしで寂しいから飼い始めたが、事情があって飼えなくなった。
子供にアレルギーがでて、犬を手放したい。
飼い主が高齢になり足腰が悪くなってきたので、お散歩が困難になったので
手離したい。
経済的な事情から飼えなくなった。

他にもまだありますが、以上のような事情で手放す理由がもっとも多いようです。

尚、DSVでもこれらの理由で飼えなくなったと、放棄された犬を多数保護して
参りました。

譲渡条件は犬の為にある条件なのです。
犬を飼う前に、考えて欲しい。



今日の活動

2006年12月26日 | Weblog
朝からシェルターへ
掃除や犬達のお散歩、お食事などのお世話
11時過ぎにハヤトの去勢に病院へ車で向かう。
その後、12時に別の病院へ向かい
サキさん引き取り及び退院の手続きに、
その時たんたんさんご夫妻も病院に到着されて下さってました。
サキさんはたんたんさん宅に

病院を12時半過ぎに出て、ボラさんと打ち合わせ。
3時にシェルターに戻り
ボラ3名で夕方のお散歩食事、あとかたずけ
夕方4時過ぎハヤト君を病院に迎えに車を走らせ、
5時過ぎにハヤト君とシェルターに戻る。
5時半にシェルターを出て自宅まで直行、帰宅は6時でした。

あ、スーパーでお買い物するの忘れてしまいました。
帰りは大雨でした。

お留守番中の我が家のわんこのことも心配で
慌てて帰宅、わんわんわん、待ってたよ^。
早くご飯ちょうだい。。わんわん。
はいはい。


サキさん2度目の退院

2006年12月26日 | サキさん
サキさん2度目の入院から無事退院しました。
ホストファミリーのたんたんさんが病院までお迎えに来て下さいました。
本当にありがたいです。
サキさんはこれまで人間に甘えたり何かを要求したりしても、どうせ構って
貰えないそんな環境で飼われて来たんだと思います。
だからほとんど感情を表面に出しません。

でもね、人間にもサキさんを思う優しい人達がいるから
今のサキさんの存在がとても大きく感じます。



サキさん再度入院

2006年12月20日 | サキさん
ホストファミリーのたんたんさん宅でリハビリ中のサキさん
退院後は食欲もあり、日増しに快復しておりましたが
2日前から食事を取らなくなり、元気がなく
とても心配な状態でしたので、再度緊急入院致しました。

どうか、サキさんには一日でも長く人間の愛情を与えて上げたい。
過去がどうであろうと、今が幸せと感じる時間を少しでも長く作って
上げたいです。

あれこれと

2006年12月16日 | Weblog
排水パイプの水の流れが怪しい感じになっていて
昨日からスタッフでバケツに30杯以上の水を流し込んだけど
やはり何か詰まっている感じ。
犬の毛も流さない様に網でフィルターしているのに、土が詰まっているのかな~
と、言うわけで急遽業者さんに来てもらい、ホースを入れて水を流し込む
こと一時間、原因は落ち葉が排水パイプに流れ込んだ事でした。
これから、気を付けないと工事代金もバカになりませんから
早速対策考えました。
こんな事で、昨日から何時間も排水の事で、あれ、これと大変でしたが
一件落着。

14日にサンちゃんに里親さんが決まり、新名前はくらのすけ君になりました。
イメージ的にぴったりですね。




レェツ君、昨日警察から引き出したわんちゃん、

直ぐに病院へ健康診断、年齢は一歳半くらい
なのに、フィラリア陽性(フィラリアは通常の投薬継続で完治します)
体重は13kg
きっと仔犬の頃から、まったくフィラリア予防もされず飼育されて
挙句の果てに放棄されて、まだ一歳半なのに、年齢は関係ないですね。
年老いた犬でも、保健所に持ち込む飼い主はいますから、
同じ人間がする事とは、もっぱら理解不能です。


なっちゃん、まだ2歳です。
とある工場で繋がれぱなし、保護当時はアリに顔を刺されて
たくさんの傷がありました。
ボランティアさんが塗り薬で治療してくれていたので、
今では綺麗に治っています。


ホストファミリーさんが決まり、本日避妊手術を済ませ、
夕方より預け先に移動。
大人しくて人懐こくて、まず無駄吠えはありません。
なっちゃんもフィアリア陽性(フィラリアは通常の投薬継続で完治します)
柴犬くらいの体格です。

工場で飼われていた頃のなっちゃん

暑い炎天下、なっちゃんが居た場所は陰がありませんでした。
近隣の方が毎日お水を入てくれてました。


12月13日

2006年12月14日 | Weblog
活動しているとあっと言う間に、12月も半ばです。
3月から、まだ一日も休日を頂いておりません。
別に記録を残そうなんて思っておりませんしぃ

昨日、キャバリアちゃんを宝塚までお届けに行き仮譲渡に入りました。
(去勢が終了するまで仮譲渡になります。)
今日はサンちゃんを奈良までお届けに・・・

昨日デンスケの預け先まで会いに行きましたが、
生憎の雨でデンスケもずぶ濡れでした。

あれ程ガリガリに痩せていて何ヶ月も太らなかったのに
久し振りに面会して、驚きました。

随分お肉もついて、ゴールデンとしては普通の体型までになっていました。
深厚な病気でなかったので安心しました。
環境次第で健康も取り戻せるという事ですね。
このくらいまで快復したらいつでも里親に出れます。


デンスケの里親様を募集しています。
一日も早く幸せの赤い糸見つかります様に。

明日は警察から一頭引き出します。


サキさん退院そしてホストファミリー宅へ

2006年12月12日 | Weblog
今日は朝一からシェルター当番の日
シェルターお掃除、犬のお散歩、お食事用意、ボラ、スタッフ2名で
大忙しで作業を済ませ、11時半頃にサキさん退院の為病院に迎えに行きました。
サキさん食欲はあるようですが、まだまだガリガリです。
病院からシェルターに戻り午後一時にたんたんさんご夫婦がサキさんを
迎えに来て下さいました。
あ、その前にちー子ちゃんを
神戸のホストファミリーさん宅に届けて頂きました。
ちー子ちゃんは今回2件目のホストファミリー宅でお世話になります。
幸せに出会うまでの通過点・・頑張ろうね。

一方サキさんは

この度はサキさんの為に医療費をご支援下さった皆様、サキさんは
皆さんの温かい善意で助かりました。
本当にありがとうございます。

サキさんは飼い主に捨てられ辛い思いをさせられたけど
最後は人間の温かい善意と思いやりに助けてもらったことを
サキさんなりに理解していると思います。

サキさんの残りの余生を見届けて下さる里親さんをお待ちしております。
サキさんの一時預かり日記はこちらを御覧下さい。


近況報告

2006年12月11日 | Weblog
仔犬のハジメ君
先日一時急性腸炎で緊急入院したハジメ君とっても元気になりまして
今ではボランティアスタッフのお家で一時お預かりをして頂いております。
元気になった可愛いハジメ君を御覧下さい。



浜っ子クッパー君とっても幸せになりました。
お庭での日向ぼっこや、散策も日課に、お昼寝も一杯して
良く食べて、良く寝る、明るい老後生活を満喫しております。
そして、クッパー父さんがクッパーの為にミシンで縫ってくれた
手作りお洋服を着せてもらっています。


キャバリアフォスター又はホストファミリー緊急募集

2006年12月07日 | Weblog
募集は打ち切りました。

キャバリア♂06.7.6日生まれ
生後5ヵ月 
お一人暮らしの50代男性が寂しいからと生後2ヵ月の時にペットショップで
購入、それからたった3ヵ月で飼えなくなったと言うのです。
飼い始めた動機は一人暮らしで寂しかったから・・らしいが、
入院しなければならないので大至急引き取って貰えないか?と
もし、引取りが無理だったら保健所に持っていくしかありませんと・・
緊急を要した為に引き取りました。
緊急に飼い主になって下さるファミリーを募集致します。

里親が直ぐに見つからない場合は近郊でホストファミリーも募集致します。

まったくいくらペットブームと言えどもお金を払って購入した
わんちゃんと言えども、飼い主を選べない犬達がどれだけ迷惑被る時代に
なってしまったのか計り知れません。
私がボランティアを始めた6年前は純潔犬を直ぐに手離すなんて
ありえなかったです。保護犬も雑種ばかりでしたが
最近では純潔犬でも、いとも簡単に保健所に持ち込まれたり
放棄されたりで、実はあの某ペットショップで購入して飼えなくなった
飼い主から引き取った犬は過去にさかのぼって、8頭目になります。

何故里親になる為の条件が必要なのかご理解いただけるかと思います。
避妊、去勢ももちろん大切な条件ですが、他にも大切な事一杯あります。


緊急でホストファミリー探しています。

2006年12月07日 | Weblog
柴 2歳 ♀

とある工場で繋ぎぱなし、工場の経営者は犬のお世話はまったくせず
従業員と近隣の方が餌と給水をされていました。
工場で飼われていても飼い主自身に飼育しているという認識がまったく無く
避妊、去勢もせず、仔犬が生まれてもほったらかしだったそうです。

9月に工場閉鎖に伴いこの子達3頭は行き場を失いました。
ボランティアさんが連絡を取り合い兄弟犬2頭は新しい飼い主が見つかりました。

人間の愛情をあまり知らないで育っておりますが
性格的に無駄吠えもなく、結構いい子なんです。
この子は一時預かり先に移動しておりましたが、そこも4頭の飼い犬がいる為
長期は困難となり早急にホストファミリーを募集致します。



ちー子ちゃんホストファミリー(一時預かり)募集

2006年12月06日 | Weblog
大至急のお願いです。
ちー子さんのホストファミリー募集


サキさんの一時預かりを
たんたんさん家が申し出て下さいました。
現在たんたんさん家にはベリーちゃんと、ちー子ちゃんの2頭を預かって
頂いておりますが、ちー子ちゃんは健康状態も良好ですし
他犬とも問題なく暮せます。
たんたん家さん宅にDSVから3頭のわんちゃんのお預かりとなれば
一頭に対するケアが行き届かなくなる事は
かえってわんちゃんの為に良くないので、

比較的順応性のあるちー子ちゃんの里親、又はホストファミリー(一時預かり)
を緊急に募集致します。

サキさんは老体にも関わらず子宮蓄膿症の手術も無事終わり、
今でも行き先が見つからず病院に入院中です。
既に術後の快復もあり食事も食べられるようになり受け入れ先が見つかり次第
退院予定です。

ただ、寒さのこの時期に室外での保護は避けたいと考えております。

サキさんのお預かり先は室内でお願いしたいので
たんたんさん家にお願いすることになります。

サキさんについてはこちらを御覧下さい。
そして、現在でも医療費が足りない状態です。
合わせてサキさん入院治療費の援助にご協力をお願い申し上げます。




入院中のサキさんのこと

2006年12月02日 | サキさん
初めてサキさんの姿を見た時、思わずあの徳島多頭飼育に繋がれていた
一頭の年老いた犬を思い出しました。
もちろん同じ犬ではありませんが、雰囲気や容姿がよく似ていて
何より、あの爪がまったく同じでした。
伸び過ぎて立つと爪が曲がっていたんです。

と言うことは、このサキさんも繋がれたまま歩かせて貰っていない
飼われ方をしていたと思います。

おまけにフィラリア、子宮蓄膿症、痩せ過ぎで貧血状態、肝臓の状態の今一
昨日獣医さんから子宮蓄膿症は、一日も早く手術をしなければ、
悪化するだけです。
かといって手術にリスクがないわけではない。
私は即答ができませんでした。何より入院、手術となれば医療費負担も
高額になります。

あの~先生医療費は大体いくらくらいかかりますか?
先生は入院費と手術費で約10万くらいが予想されます。と・・
その後、資金不足が真っ先に頭を駆け巡り即答できませんでした。
一日待って下さい。一日考えさせて下さい。と答えていました。

一日経った今でも答えが見つかりません。
で、医療費だけの問題で、サキさんの病気を治療できないとは、
なんて情けない。

警察から引き出した時にサキさんがトボトボ歩き出した姿が
ずっと忘れられません。

手術は獣医さんに任せてサキさんの子宮蓄膿症の手術をする事にします。
今後、どうかサキさんが
残り一日でも長く幸せな日が過ごせます様に祈って下さい。

そして、サキさん医療費支援にご協力をお願い致します。

振替通信欄に「サキさん医療費に」とお書き添え下さい。