ドッグシェルター

保護犬の紹介、お知らせ、ご支援のお願い

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ゆりちゃんの術後経過その2

2014年02月28日 | Weblog

あたちゆりなの。
今スタッフさん宅でのんびり静かにリハビリ中なの。
手術後の傷もとても順調だって。
シェルターはたくさんの仲間がいて賑やかだけど、ここはスタッフのお家の老犬がのんびりと
暮らしているお家だから、あたちも穏やかに過ごせるわ。
 


ここには、一年以上前に心臓病でシェルターから移ってきたまるこちゃんもいるのよ。
まるこちゃんも、毎日心臓のお薬を欠かせない療養生活だけど、なんだか年の割には、
食欲もあって安定した状態みたいよ。それもお薬のお蔭だって。
お薬止めたら腹水溜まって来るんだって。ヘ~小さな体で頑張ってるんだね。



もう、かなりおばあちゃんでいつ何かあってもおかしくないお年だし、心臓もお薬欠かせないし、
でも、なんだかんだあっても長生きして羨ましいわ。
あたちも長生きできるかしら?

どう、3本脚でもへっちゃらよ。 byゆり

ゆりちゃんの特別医療費に御支援ご協力をお願い致します。


ちょこたんを家族に迎えて下さる方募集

2014年02月19日 | Weblog

チワワ
保護日2013年10月 
現在の年齢1歳
性別 女の子
避妊、ワクチン済

この子は人から人へと2度も放棄されました。
安易に迎え入れて、やっぱり・・・めんどくさみたいな無責任な理由でした。
わずか8か月の間で転々と飼い主が、2度も変わりました。
チワワだからとか、子供が欲しがっているとか、お世話がめんどくさいとか
その様な理由で2度と同じ事を繰り返さないように、大切にちょこたんと暮らしてくださる
家族を募集中。

 

※譲渡条件をお読みいただき、アンケートメールからお願い致します。

 


ポテト君を家族に迎えて下さる方募集

2014年02月19日 | 譲渡犬里親募集

ポテト君を家族として一緒に暮らして下さるご家族を募集しています。
ポテト君を前に紹介した記事はこちらです。
2012年10月より一時預かり様のお宅でお世話になっております。
いつまでもご厚意に甘えていてはいけないので、ポテト君を家族として迎え
共に暮らして下さるご家族を募集致します。

現在の年齢は7歳(推定)
去勢済
健康上の問題もなく、お散歩が大好きなわんこです。
最初はちょっとぐいぐい引っ張って行こうとするけど、その内落ち着いて歩くようになります。(汗)
ポテト君は毎日のお散歩をとても楽しみな日課としている為、
十分にお散歩に付き合ってもらえたら嬉しいんです。

※譲渡条件をお読みいただき、アンケートメールで宜しくお願い致します。
ポテト君に付いてのご質問がございましたら、dogsalvationのお問い合わせメールへお願い致します。

 



 


ゆりちゃん術後経過報告

2014年02月17日 | Weblog

ゆりちゃんは約一年前に肉球に出来ていたアポクリン腺癌の部位の切除をしましたが、
足のリンパ節の転移と見られ、一年後には片足を脱脚するととになりました。
先日数日の入院を経て退院し、一旦はシェルターに帰ったものの、

先週のこの寒さそして
大雪やらで、大きな手術後のゆりちゃんにはシェルターで過ごすのは、無理があり
可哀想過ぎて、退院翌日にはスタッフ宅に連れて帰り、温かいお部屋でリハビリ生活をしております。
現在は普通に食欲もあり、3本の足で上手に歩いています。
まだ、シェルターは寒いのでしばらくスタッフ宅で療養しながら、様子を見ることになります。

ゆりちゃん特別医療費ご支援のお願い!
ゆりちゃんの手術における特別医療費ご支援のお願いです。
ゆりちゃんの特別医療費にどうか、どうかご支援、ご協力を宜しくお願い致します。

あたち、あんよ3本になったけど、痛がることもなく騒いだりもせず大人しく
いい子にしているのよ。我慢強いのかな?みんな褒めて~。byゆり

今回も病理検査でアポクリン腺癌のリンパ節に転移した腫瘍が大きくなり
すでに身体のどこかに転移しているかも知れないという不安はあっても仕方がないことですね。
今を大事にできることを、考えて行きたいと思います。

 

 

 


ゆりちゃん手術のご報告

2014年02月08日 | Weblog

ゆり姫昨日手術しました。
現在は入院中です。
詳しくは後程しますね。
ゆりちゃん頑張れ!


ゆりちゃんの病状

2014年02月03日 | Weblog

昨年末のブログで、ゆりちゃんのことで掲載させていただき、あんよ悪くなりません様にと、
なのに、今年あっという間に一月も終わって、今年最初の記事でゆりちゃんのことを
書くことになったこと、とても悲しく思います。
やはりゆりちゃんの足の腫れは、悪性で既にリンパ節に転移していたと思われ
あっという間に大きな腫瘍となっています。
 
まだ、4本の足で元気に小走りしたり普通に過ごせている現在なのですが、
先日病院で診察してもらった結果、やはり脱脚しか選択肢はないと判断しました。
このまま放置していると、腫瘍が皮膚を破るくらい大きくなるのはそう遠くないでしょう。
それ程進行が速くなっています。
脱却しても、身体のどこかに転移していないとは言い切れないのですが、
まずは、日々大きくなっていく腫瘍を切除するには、脱脚しかないそうです。
え、ゆりちゃん3本足になっちゃうの!?
もう、そればかりがショックなスタッフにとっては、犬の場合は前足と後ろ足が一本残っていたら
十分歩けるからと病院で説明を聞いて、脱却手術にかなり惑い悩んだ数日間でも、
恐るべき早いスピードで大きくなっていく腫瘍を見て、決断しました。
院長先生からもゆりちゃんは、本当にいい子やねと言ってもらい、
ゆりちゃんが病気で苦しまずに少しでも長生きしてもらいたい。
今回の手術は、大手術です。ゆり姫の手術がどうか無事成功し、
3本足になっても一日も早く快復してくれることを祈るしかありません。


あたちゆり姫よ
 



これまでよりも手術医療費も高額になる為、どうか皆様のご協力をお願い致します。