ドッグシェルター

保護犬の紹介、お知らせ、ご支援のお願い

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

悲報 まるこちゃん天国へ

2014年11月04日 | Weblog

11月3日午後2時15分まるこが天国に旅立ちました。
まるこは2008に保護、その時既に10歳近いわんちゃんだったと思われます。
片方の眼球に古傷の跡が残っていたけど、
白く濁った目はそれでもちゃんと見えていたと思います。
2年以上前から心臓病が発覚以来心臓のお薬を欠かせない日常となりました。
シェルターでは、季節的な寒暖さが
心臓の悪いまるこちゃんの病状を悪化させて、何日も食べなくなったりで、
心臓の悪い2kg台の小さな身体のまるこにとって、シェルター生活には限界が来ていました。
もう、長くないかも知れないが、2013年2月に自宅にて預かる為に連れて帰りました。
それから、1年8ヶ月間心臓もかなり肥大しておりましたが、
あのままシェルターにいたら、ここまで生きて来れなかったと思います。
ずっと心臓の投薬は欠かせない日常だったけど、まるこは小さな体で
よく頑張ったと思います。
保護から6年、推定15歳、それ以上かもしれません。
最後は苦しまずに、穏やかに・・・旅立ちました。
本日動物霊園にて供養を済ませ、シロや他の仲間たちと同じ共同墓地に埋葬しました。



シロに続き半月も立たない内にまるこ天国に行ってしまいましたけど、

今、シェルターには、10歳以上の高齢犬が増えております。
ゆうたは痴呆症みたいで、徘徊し放題 17歳くらいになります。
コマ15歳以上
はやと君もごはんとお散歩以外は寝てばかり、
でも不思議な事に今のところみんな食欲旺盛です。
シロも立てなくなっても食べる意欲は負けていなかったので、
老犬さんはいつどうなるか分からないです。

2年前のまるこちゃん

 






シロの写真

2014年11月04日 | Weblog

シェルター室内から偶然にシロの写真を見つけました。
きっとシロが僕の昔懐かしい写真がここにあるよ。と教えてくれた様な偶然さでした。
この写真は、8年前くらいのかなり若かりし頃の写真でフレームに入ったまま見つけました。

月日の経過の速さを実感させられます。