ドッグシェルター

保護犬の紹介、お知らせ、ご支援のお願い

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ボランティアスタッフさん募集

2013年09月26日 | Weblog

主にdogsalvationの活動や、シェルターの雑用的な事をお手伝いして下さる
ボランティアスタッフを募集致します。

現在シェルターでは3年くらい前から、活動、シェルター内の雑用(草刈、運動場の整備、ごみの回収、動物病院の送迎、等々、他数あり)
を引き受けて下さっているボランティアさんがおります。
担当した役割は、黙々とやり遂げてくれます。
小人数制のスタッフが手が回らないことを、引き受けて下さっており、
頼りがいあるボランティアのHさんに助けられています。
ただ、ボランティアのHさんは、普段仕事もしており、仕事が休みの日に、
週に1、2回程駆けつけて下さっております。
そしてHさんは、次は何曜日来るね!といった日は必ず約束を守って来られます。

そんな中、Hさんみたいにもう一人くらいそんな責任感のある、
ボランティアさんがいてくれたらと考えています。
Hさんは、車で10分程の距離にお住まいなので、近くて通いやすいという利点もあります。
気持ちはあっても遠いと、ちょっと継続が無理かもしれません。

条件としては
女性の方で堺市美原区に通うことが継続可能で、週1~2日は必ず通える方。
ある程度、こちらの要望日に融通が利く方
役割分担を快く引き受けて下さる方などなど、

ご希望者の方は、面談の上ボランティアスタッフ登録をさせていただくことになります。
ご質問、お問い合わせはdogsalvationお問い合わせ専用メールアドレスまでDMでお願い致します。
その際、ご氏名、ご年齢 お住まいの地域 ご連絡先番号をお忘れなくお願い致します。

と同時に一日有償業務スタッフも募集中(女性限定)です。
朝8時頃から6時くらいまで(多少の時間的融通要)犬達の飼育管理担当スタッフ
責任の重い役割なので、仕事に対する責任感は当然ながら、
体力気力共タフで犬の扱いに慣れて、どんな犬にでも好き嫌いなく接することができ、
人に対しても犬に対しても、快くコミニケーションがとれる元気で明るい方をお待ちしております。



この記事をはてなブックマークに追加

しろ&のこ のよくある日常食事編

2013年09月03日 | Weblog

時々支援者のI様より頂いています、この夏、のこちゃんの食欲が低下した際、
好物の缶詰めがある時は

ドライフードにトッピング

ここから先は、のこ、しろのフード編の巻の始まり

その前にしろ君はすでにフード完食済であります。

あたちは、食欲が落ち気味なので缶詰のトッピング入りよ。

のこさん、僕にほんの一口分でも残しておいてね。

僕は忍耐良く待っているよ。

のこさん、まだですか?

僕は決して横取りには行きませんよ。
忍耐強く、一口分のおこぼれを待っているよ。

しかし、おいしそうに、しかもゆっくりと、召し上がってるのね。

しろさん、残念ながら全部食べちゃいましたわ。
うそでしょ。・・・
僕、忍耐強く待っていたんだよ。一口でもおこぼれを

ほんとだ。食器の中は綺麗に空っぽだぁ
僕、あきらめが悪いから、食器を舐めて確認中

 

そうよ、諦めなさい。
のこ、おいちかったの笑顔満開
しろ、くやちぃ
のこ、あなたはどこまでいやしいの
 

でも僕はけして、人のごはんを強引に奪ったりしない、マナーはナイスボーイなんだよ。

しろ、のこ劇場フード編 おしまい。

 

シェルター開設の7年半前、シェルター一番入りで迎えたしろとのこ、
のこは、ここ最近では10歳超えして白内障も進んでいると思われますが、
時折見せてくれる、仕草では本当に10歳超えているとは思えないくらい
ジャンプもするし機敏に歩いたり動いたりしています。

しろと一緒にいることが、元気と若さの秘訣になっているのか
しろにフード狙われているという競う緊張感も、のこにとっては程良のかも知れません。

  •  

この記事をはてなブックマークに追加