アントニオのサッカー食べ放題

鹿島サポのダンナのつぶやきを浦和サポの妻がつづるブログです。

【アントニオ】今後の予定

2018年11月13日 | サッカー観戦
帰国した鹿島は、明日までオフになりました。
日本代表に呼ばれている三竿(弟)と鈴木以外は、少しの期間、ゆっくり出来ますね。

FIFAクラブワールドカップへの出場が決まって、今後の日程がかなり決まりましたのでまとめておきます。
次の甲府戦に勝って、天皇杯で勝ち上がることが前提です。
負けてしまえば、かなりゆったりとした日程になります。

・天皇杯
11/21(水)甲府(中銀スタジアム)

・J1リーグ戦
11/24(土)仙台(アウェー)
12/1(土)鳥栖(ホーム)

・天皇杯
12/5(水)準決勝(カシマスタジアム)
12/9(日)決勝(埼玉スタジアム)

・FIFAクラブワールドカップ
12/15(土)グアダラハラ(UAE)
12/19(水)レアル・マドリード(UAE)
12/22(土)決勝(UAE)

こうして並べてみると、かなり厳しい日程ですが、次の甲府戦の結果次第で今季の日程がすべて決まります。
鹿島が勝ち上がると、天皇杯も連戦になりますが、それは天皇杯で勝ち上がっている他のクラブも同じです。

ただし、天皇杯で勝ち上がっているJ2の山形と甲府は、J1参入プレーオフへの出場はありませんから連戦にはなりません。
でも、もし、参入プレーオフに出場することになっていたら、天皇杯の日程はどうなっていたんでしょう…。

鹿島は、現在、J1リーグ戦で3位です。
残り2ゲームを連勝すれば、ACLへの出場権を確保出来ます。

天皇杯で3連勝して優勝しても、ACLへの出場権を確保出来ます。
しかも、J1リーグ戦と違って、天皇杯優勝なら、グループステージからの出場ですし、何よりも天皇杯優勝というタイトルが取れます。

状況は複雑ですが、まずは11/21の天皇杯準々決勝を全力で勝ちに行くしかないでしょう。
もし、うまく勝ち上がることが出来れば、リーグ戦の仙台戦と鳥栖戦は、ターンオーバーして戦うことになりそうですね。

ところで、ACLで負傷してしまった鈴木ですが、代表に合流出来るんでしょうか。
クラブのサポーターとしては代表よりも鹿島なんですが、選手個人にとっては、代表入り、そしてワールドカップ出場は大きな目標です。
せっかくのチャンスですから、初めての代表招集を見送ることことなってしまわないように願っています。

そうしないと、次のチャンスで、鈴木が代表病にかからないとは限りません。
鹿島のためにも、軽傷であることを祈ります。
目の前に代表があるのに、あれだけ頑張ってくれた鈴木には改めて敬意を表します。

それにしても、アザディスタジアムのピッチ状態は、常にあんな感じなんでしょうか。
ペルセポリスの選手もスパイクをひっかけてケガをしてしまいましたし、普段よりも水をまいたり、芝丈を長くしていたのかもしれませんね…。

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

【アントニオ】ACL優勝

2018年11月12日 | サッカー観戦
昨日は、朝から出かけていたので、改めて、今日、ゆっくりと記事を書いています。
妻に、スポーツ新聞は買わないの?と聞かれたんですが、土曜は出かけていたのにも関わらず、駅の待合室で川崎の優勝の瞬間を見てしまいました。
どうせ、プロ野球と川崎の記事ばかりだと思って買いませんでした。

やっと、ACLで優勝できましたが、これまで長かったですね。
そんな中でも、優勝した瞬間に、2009年のACLラウンド16のソウル戦の篤人を思い出しました。
本人も、ピッチ上とまではいかなくても、スタジアムにいたかったでしょうね。
篤人のことは、今季の水原三星戦の記事でまとめたので、リンクをはっておきます。

あのゲームは、珍しく青木がゴールを決めたことが、不吉な予兆だったのか、その後、小笠原が退場になり、10人のまま延長、PK戦までゲームが進みました。
10人のまま守り続けて、DF陣には疲れがたまっていたはずですが、残念ながらPK戦で7人目まで回り、篤人が外して負けてしまいました。
PK戦では、篤人の前に決めるべき選手がたくさんいたんですけれど…。

そう考えると、あのゲームで退場して、チームに迷惑をかけた小笠原にも同じ思いがあったかもしれませんね。
ソガにとっても、そうでしょう。
とにかく、良かったです。

もう一つは、我が家が唯一、海外のアウェーゲームの応援に行った2011年のシドニー戦も思い出しました。
あの年は、震災でサッカーどころではない雰囲気の中でしたが、だからこそ、スポーツや文化は大切だと実感した年でした。
記念に、当時の2つの記事にリンクをはっておきます。

・【アントニオ】シドニー×鹿島(速報版)
・【アントニオ】シドニー×鹿島

翌朝のシドニーモーニングヘラルドの写真には、小笠原が写っていました。



こうして、振り返ってみると、ソガ、篤人、小笠原の3人だけでも、現役でクラブに在籍している間に、ACLで優勝出来てホントに良かったです。
79年組の選手たちと篤人がいなければ、今の鹿島はありません。
ありがとうございました。

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへにほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村

【アントニオ】ペルセポリス×鹿島(速報版)

2018年11月11日 | サッカー観戦
中継でブブゼラと言っていましたが、すごかったですね。
南アフリカを思い出しましたが、あちらのものと比べると、虫の羽音に近い、軽い音のように聞こえました。
そう言えば、20年くらい前は、こういう感じだったような…。

審判はオマーンのセットでしたが、ペルセポリス寄りということもなく、落ち着いてゲームをコントロールしてくれました。
安心して、見ていることが出来ました。

クォン・スンテは、すごいですね。
危ないシュートでも、余裕を持って止めたり、見送ったりしているように見せてくれます。
そのおかげで、鹿島の選手たちは、慌てることなく落ち着いてプレー出来たのではないでしょうか。

鹿島は、とにかく90分間使えば良いというプレーを徹底していました。
攻撃では、リスクのあるパスを選ばず、不用意にパスをカットされることはありませんでした。
守備では、ペルセポリスにボールが渡っても、中で跳ね返して、最後だけはやらせないという守備をしていました。

後ろの選手は、リスクをおかして攻め上がることはせず、ゲーム終了までバランスを崩しませんでした。
終了間際のペルセポリスのセットプレーの連続でも、集中を切らさず、集中して守り切りました。

これで、鹿島にとって足りなかったタイトルを手に入れることが出来ました。
FIFAクラブワールドカップで活躍をしましたが、開催国枠で出場したものでした。
今年は、胸を張って出場することが出来ます。

ゲームが終了した後、どうなるのかと思っていましたが、拍手をしていたペルセポリスのサポーターもいました。
ブブゼラはすごかったですが、海外からの指導者、選手も入っているでしょうし、西アジアのサッカーの雰囲気も変わって来たんでしょう。
東アジアも、頑張らなければなりませんね。

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへにほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村

【アントニオ】ペルセポリス×鹿島(ダンナの先発&控え予想)

2018年11月10日 | サッカー観戦
前日練習の情報がまだありませんが、予想記事を書いてしまいます。
第1戦は良いゲームでしたし、先発を替える必要はないでしょう。

○先発予想
GK: クォン・スンテ
DF: 西、チョン・スンヒョン、昌子、山本
MF: レオ・シルバ、三竿(弟)
MF: 土居、安部
FW: 鈴木、セルジーニョ

遠征メンバーに、CBが4人入っていました。
コンディションに問題がなければ、町田がベンチから外れそうです。
FWの控えも、金森が入るのでしょう。
そうなると、控えも第1戦と同じになりますね。

○控え予想
GK: ソガ
DF: 安西、犬飼
MF: 永木、小笠原
MF: 遠藤
FW: 金森

報知の記事にありますが、やはり、アザディスタジアムは、磐田がアジアクラブ選手権の決勝を戦ったスタジアムなんですね。
ものすごい雰囲気の中でのゲームだったことを覚えています。
もう20年近く前ですし、イランも変わっているでしょうが、どんな雰囲気なんでしょうか…。

鹿島は、第1戦を2-0で勝っています。
第2戦は、鹿島が1点取れば、3-1で負けても鹿島の優勝になります。
逆に考えると、3-0で負けていても1点取れば良い状況です。
失点しないことに越したことはありませんが、判定も含めて、ゲームの中で何が起こっても、慌てず焦らず冷静に集中して戦って欲しいです。

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへにほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村

【アントニオ】イラン遠征

2018年11月09日 | サッカー観戦
各紙の情報によると、今回のイラン遠征は20人帯同しているようです。
公式サイトの写真を見ると、町田と山口が写っています。
ホームでのペルセポリス戦の18人に、この2人を加えたメンバーで遠征していると思います。

GK: クォン・スンテ、ソガ
DF: 昌子、チョン・スンヒョン、町田、犬飼
DF: 山本、西、安西
MF: レオ・シルバ、永木、三竿(弟)、小笠原
MF: 土居、遠藤、安部
FW: 鈴木、金森、セルジーニョ、山口

ホームでのゲームから、一人も欠けることなく遠征出来たことが何よりです。
町田、金森、山口の3人のうち、2人がベンチ入りメンバーから外れることになりそうです。

公式サイトのレポートに、食事の写真がありますが、日本代表の西シェフが帯同してくださったのは心強いですね。
イラン遠征は何度も経験されているでしょうし、おいしい食事が出来そうです。

スポニチによると、時差調整のために飛行機の中で遅くまで起きてから、しっかり寝るように指示が出ていたようです。
映画を2本見てからという指示だったようですが、映画によっては眠くなりますよね…。
どこまで実践出来たかは分かりませんが、飛行機の中でしっかり寝ることは、時差調整のためには良いと思います。

とにかく、テヘラン入りまでは、特に大きな問題はなかったようで安心しました。
次は、今日の練習で、環境に順応出来るかどうかですね。

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村