ギャラリー酔いどれ

売れない絵描きの世迷い言&作品紹介

師走なのだがⅣ

2015-12-24 10:31:07 | Weblog
 画は 前田 政雄 (まえだ-まさお)

 明治37年(1904年) ~ 昭和49年(1974年)  大正-昭和時代の版画家。

 函館生まれ。上京し川端画学校卒。
 風景版画がおおく、量感のある山岳風景画で知られた。      作


  「朝顔」です。


☆晴れ。

しわくちゃ婆ぁw

◆http://news.goo.ne.jp/article/okinawa/region/okinawa-34095451.html
沖縄タイムズ 2015/12/24
米著名人ら ケネディ駐日米大使に抗議 
 辺野古が最善発言
県民を軽視


【平安名純代・米国特約記者】
映画監督オリバー・ストーン氏や言語学者ノーム・チョムスキー氏ら
米国の著名人や識者ら70人は22日、
ケネディ駐日米大使が17日の東京での記者会見で
米軍普天間飛行場の移設先について「辺野古が最善だ」などと述べた
ことに抗議する声明を発表した。

大使の発言は法律や環境、選挙結果を恥ずかしげもなく軽視する行為
非難するとともに、米国を代表するケネディ氏に
沖縄の基本的人権の否定をやめるよう米市民の立場から要請している


声明は「普天間は閉鎖されなければならないが、辺野古移設は解決策にはならない」
と現行計画を批判。そのうえで、

辺野古移設は「島の別の場所に新たな環境・安全面の脅威を導入し、
沖縄の米軍拠点としての役割を強化するもの」と警鐘を鳴らした。

また、大使の父である故ケネディ大統領が1963年に
アメリカン大学の卒業式で行った演説で
「米国の軍事力によって世界に強制的にもたらされる
パックス・アメリカーナ(米国による平和)」を否定し、
平和とは人権に関する問題と訴えたことに触れ、

「大使は父の演説を読み直すべきだ」と述べた上で、

われわれは米市民として、米政府が、
自己決定権や、健全で安全な環境で暮らす権利を含む沖縄の市民の基本的人権を否定する
ことを止めるよう強く要求する
と主張した。

声明には、ストーン氏らのほか、アメリカン大のピーター・カズニック教授、
沖縄返還交渉に関わったモートン・ハルペリン氏、
退役米国陸軍大佐で元外交官アン・ライト氏らが名を連ねている。



◆http://richardkoshimizu.at.webry.info/201311/article_112.html
richardkoshimizu's blog  2013/11/20
キャロライン・ケネディーの本当の名は、
 キャロライン・ケネディー・シュロスバーグ



凋落するユダヤ国家米国。

日本に縋り日本から吸血して生き残りたい。

そこで知名度がある大物を日本大使に起用したユダヤ裏社会。

日本で人気のあるケネディーの娘を駐日大使にして、

日米関係の緊密さをアピールしたい。

よってケネディー娘を馬車に乗せてパレードしつつ天皇に謁見。

沿道のB層野次馬が群がり歓声。

で、彼女の旦那は? 勿論、ユダヤ人。 エドウィン・シュロスバーグ。

「メトロポリタン美術館で働いていた際に、現在の夫である
エドウィン・シュロスバーグと出会い1986年に結婚した。

夫のエドウィン・シュロスバーグのプロフィールは、
ユダヤ系の繊維業者の息子でデザイナーだそうで、家系も裕福らしいです。」

http://wadai-news-47.blog.so-net.ne.jp/2013-02-28



オヤジのケネディは日本に対してなにか良いことしたのか? ということ。

Wikipedia:ケネディの娘キャロラインは2013年、駐日大使就任直後に応じた
日本の新聞へのインタビューにて、ケネディは自らの魚雷艇を撃沈した天霧の艦長を
大統領就任式に招待したと語っているが、実際に就任式に招待されたのは、
国際政治学者で、衝突時の天霧の艦長花見弘平少佐であることを突き止めた人物である、
当時の青山学院大学教授、細野軍治であった。


追:11:19AM

◆http://jp.sputniknews.com/opinion/20151224/1362938.html
Sputnik 日本 2015年12月24日
米国の有識者 普天間飛行場移転に関し沖縄県民を支持

byアンドレイ イワノフ

世界的に有名なオリバー・ストーン監督や言語学者のノーム・チョムスキイ氏など
米国の芸術、学術界を代表する70人以上が、
米空軍普天間飛行場の沖縄県内移転に賛成した
キャロライン・ケネディ駐日大使宛に対し、それを批判する書簡を送った。


書簡の中では、大使の声明について、
飛行場の県内移設に激しく抗議する圧倒的大多数の沖縄県民への挑戦であり、
脅威であり侮辱であると述べられている。

こうした状況について、スプートニク日本記者は、
著名なロシアの外交専門家アレクサンドル・パノフ元駐日大使に意見を聞いた―


「行動に出た米国の活動家達、おそらくその数は多くはないと思うが、
私の個人的見方によれば、その意見は、対日関係に取り組んでいる米国の政治家とも、
また沖縄に基地を置く特別の必要性はないと言っている軍人達とも、一致したものではないかと思う。

戦略的観点から見れば、戦略航空隊へのサービスを保障する米軍基地は、グアムと韓国にある。

シリアにおけるロシアの作戦が示したように、ロシアの戦略航空隊は、遠くロシア北方の基地から
シリア沿岸まで飛んで行って攻撃している。

ゆえに沖縄・普天間のヘリコプター基地には、本質的意味はない

もちろん、他の見方もある。
軍人達は、こうした基地が彼らにとって、非常に重要である事を証明しようとするだろう。

それらは、米国の国外にあり、それゆえ国内の満足度は高く、
すべてが具合よく行く、という具合にだ。
おまけに、基地を維持する費用は日本が持ってくれる

一方日本政府にとっても、米軍基地があることは、もし何かが起きた時の保証になる。
例えば中国との紛争だ。そうなれば米国が、日本を守ってくれるというわけだ。

さらに三番目の見方がある。 沖縄県民自身の見方だ。

それは、二つの相反するものだ。
一方では、もちろん基地は邪魔であり、もしどこかに移されるのであれば、その方がいいと思っている。
しかし他方で、自分達が基地維持の負担を背負っているのだから、
中央から沖縄には特別の条件や援助が必要だと考えている。」


次にスプートニク日本記者は、パノフ元駐日大使に
「沖縄県知事は、かくも積極的に普天間基地の県外移転を主張しているが、
それは一種のポピュリズムによるものなのか、
それとも何かそれ以上のものがあるのか」という質問を向けて見た―

「そこには、すべてが一緒になって存在している。沖縄県知事は、政治的な重みを増しながら、
中央政府に自分の立場を強く主張している。そしてそれを、県民も支持している。

当然、沖縄県民は、より多くの土地が自分達の管理下に戻る事を見たいだろう。
日本の他のどこの都道府県でも見られないような巨大な米軍基地の存在は、満足いかないものだ。

その一方で、沖縄は、かなりの程度、そうした基地のおかげで生活ができている。
それゆえ、他の場所に一部が移されたとしても、沖縄に基地は残るだろう。」


最後にスプートニク日本記者は、パノフ元日本大使に
「もし普天間飛行場が沖縄県外に移転するとなったら、それは何をもたらすだろうか」と聞いて見た―

「もちろん、軍事プレゼンスの削減は、ある誰かにとっては好ましく、
別の誰かにとっては否定的に受け止められる。

ある人は、米国は、地域に強力なプレゼンスを保つ意向だとし、
まるで自分自身で去って行くかのように言うだろう。

しかしその事は、米国にはもう地域における自分達のプレゼンスを維持するための資金も
政治的意志もないとの主張を確認するもの
だ。

中には緊張緩和をもたらし得る理性的措置として、基地の撤退を歓迎する人々もあるだろう。

実際、現在この地域では、主として南シナ海で緊張した雰囲気が形作られつつある

この緊張は、米国が、人工島やそこでの滑走路建設といった中国の行動を受入れていない事に関係しており、
米国は、今後も自分達が望む海や空に、船を航行させ飛行機を飛ばすと言明した。

ただ南シナ海の状況は、沖縄における海兵隊やヘリコプターの存在とは関係がない。」




「役立たずの居座り強盗」、それが「在日米軍」。

ユダ米は「吸血鬼にして死神」でしかない。

在日米軍・軍属・及びその家族を日本から一人残らず叩きだした時、戦後が終わる。

もう70年だ、いい加減にさせないと。




前田 政雄、二枚目、



「五稜郭」です。



◆http://richardkoshimizu.at.webry.info/201512/article_141.html
richardkoshimizu's blog  2015/12/22
首相周辺に消費税10%延期の声、衆参ダブル選と連動の思惑(ロイター)


「消費税10%引き上げを延期したから、自民党が2016年参院選で勝利した。」

というインチキシナリオを米国1%が描いているようです。

「自民勝利の理由」を今のうちから仕込んでおいて、不正選挙を敢行する。

全匹、内乱罪で死刑ですね。


*special thanks  2015/12/22

【来夏7月10日不正選挙:2017年4月に予定されている
消費税率10%への引き上げ延期を理由に、自民党が大勝利したことにしたい?】

◆首相周辺に消費税10%延期の声、衆参ダブル選と連動の思惑(ロイター)

http://jp.reuters.com/article/tax-10-abe-idJPKBN0U40SO20151221?sp=true

[東京 21日 ロイター] -

安倍晋三首相の周辺では、2017年4月に予定されている消費税率10%への
引き上げ延期を主張する声が増えてきた。

キーワードは成長重視

その決断の是非を問う衆参ダブル選を来年7月に実施するのではないかとの思惑も、
政府・与党の周辺で盛り上がっている。

首相周辺で何が起きているのか、水面下の動きを探った。


<成長重視の首相、財務省への不信感>

「モディ首相とは、成長重視という点で意見が一致しました」──。
安倍首相はインド訪問直後の14日、経済界のリーダーを集めた官邸での夕食会で、
「成長」という語句に力を込めた。

複数の首相周辺の関係者によると、安倍首相にとって「成長」は、
縮こまりがちな日本経済に活力を与える強力な武器という位置づけだ。

財政赤字の縮小でも、成長による税収増を重視し、
社会保障費の膨張を消費増税で賄おうとする財務省の主張とは、
相容れない部分が多い。

そんな安倍首相と財務省の溝は、ひょんなことから表面化してしまう。

昨年9月の訪米で、安倍首相は著名な米大学教授らと昼食会を催したが、
その席で「財務省の試算は信用ならない」と述べた。

首相周辺の関係者によると、その5カ月前に実施した消費税5%から8%の引き上げで、
個人消費が予想を超えて落ち込み、そのことが安倍首相の脳裏から消えなかったという。

結局、消費増税後の国内景気は足取りが弱く、
2014年度の実質国内総生産(GDP)の成長率はマイナス1.0%に落ち込んだ。

リフレ政策で気脈を通じている経済学者に対し、安倍首相は最近になって
自分の任期中、2度もマイナス成長になるのはダメだ」と、本音を漏らした。


<軽減税率で見えた官邸・公明の蜜月>

ただ、昨年11月に安倍首相自身が
「リーマン・ショック並みの国際金融危機が来ない限り増税する」と明言していた経緯がある。

17年4月の消費税10%を再延期するハードルは高い

消費増税の軽減税率をめぐる「ドタバタ劇」は、こうした環境の下で展開された。

最終的に生鮮食品に加え、加工食品まで軽減税率の対象となり、外食は外された。

ハンバーガーショップで、ハンバーガーを注文し、店内で食べると10%で
持ち帰りは8%という線引きが話題になり、テレビのワイドショーでも取り上げられ、
あっという間に国民の「常識」となった。

複数の関係筋によると、安倍首相や菅義偉官房長官ら官邸サイドは、
来年の参院選を意識し、公明党の主張を「丸飲み」したとみられているが、
消費増税の「負のインパクト」を減らしたいという意向が、今回の決着に強く反映された。

安倍首相に近いある経済学者は「財政再建は拡大均衡でないと達成できない。
そのことは総理もよくご理解されている」と指摘する。


<財源に外為特会の埋蔵金構想>

だが、軽減税率実現のための財源1兆円をどう確保するのかは、
2016年度の税制改正大綱に明記されなかった。

この間、官邸内には、特別会計に隠れた「埋蔵金」を使えばいいとの見解も浮上していた。
そこでターゲットになったのは、外国為替資金特別会計だ。

外為特会における資産と負債の差額は、2013年度時点で約20兆円。
官邸内にあったのは、その部分を財源として使うべきとの指摘だった。

これに対しては「為替が円高に振れれば一気に縮みかねない。
安定財源とは言い難い」(財務省)との声もある。

さらに財源として歳入化する際には、外貨売り/円買いとなるため、
実質的な為替介入効果がある。

財源確保のため毎年、政府が「為替介入」して市場に影響を与えるべきではないとの考えもある。


<10%延期を主張するリフレ派>

来年秋以降、財源問題が噴出している可能性が高まっているが、
別の展開を予想する市場参加もいる。

三菱UFJモルガンスタンレー証券・シニア・マーケットエコノミストの六車治美氏は、
リポートの中で「安倍首相はちょうど1年前、消費税率引き上げ延期について、
国民の信を問うとし、解散・総選挙に踏み切った。

もし、再延期はないとの公約を撤回するならば、
同じ政治判断(解散・総選挙)が下されても何ら不思議ではない」と指摘した。

政府が1月4日に通常国会の召集を決めたことで、日程上の懸案もクリアされた。

150日間の会期末にあたる6月1日に衆院を解散すると、
憲法で規定されている解散から40日以内の選挙実施の条件に、
かねて参院選の本命の日時と見られていた7月10日投開票という日程が合致する


安倍首相の手に、衆参ダブル選というカードがもたらされた。

11月26日、3人の経済学者が官邸を訪れた。

いずれも大胆な金融緩和と減税を柱とした経済成長を重視するリフレ派の
若田部昌澄・早大教授、野口旭・専修大教授、浅田統一郎・中大教授だ。

この会合に財務省関係者の同席は許されず、マクロ経済政策をめぐって
突っ込んだ意見交換があったもようだ。

その直後、野口教授と浅田教授はロイターの取材に応じ
「物価2%(エネルギー除く日銀版コアコア)と失業率2.7%を
達成していなければ増税は延期」(野口氏)、

「経済状況がどれほど好転していようと増税すれば物価・成長率ともに下押しする」
(浅田氏)と語った。

それから8日後の今月5日、菅義偉・官房長官は都内の講演で
「物価2%と名目GDP(国内総生産)600兆円は、何としてでも達成したい」
と力説した。

政府関係者とのコンタクトが多いある外資系証券の関係者は
「菅さんが再び2%に言及したのは、達成できないほど経済が悪いなら、
増税は延期というメッセージではないか」(大手外資系証券)と解説してみせた。


<ダブル選可能な国会日程>

自民党内には、安倍首相が消費増税の再延期を判断し、
その是非を問うために通常国会の会期末・6月1日に衆院を解散し、
7月10日に衆参ダブル選に雪崩れ込むというシナリオがささやかれている。

安倍首相と親しいリフレ派の論客である高橋洋一・嘉悦大教授は、
14年の衆院選を消費増税延期の主張で戦って勝利した経緯に触れ、
その経験に「味をしめた」可能性があるとみている。

自民党の谷垣禎一幹事長は11月30日、「いろいろの可能性がある」と述べたが、
12月1日には「首相もお決めになっていないと思うし、
私もこの時期に解散するとかしないとかということは、まだ全く考えていない」
とコメントした。

解散権を握る安倍首相は5日、「全く考えていない」と答えた。

だが、解散に関しては、事前にどんな受け答えをしても「許される」
というのが永田町の常識。

1986年7月6日の衆参ダブル選の際には、当時の中曽根康弘首相が、
事前に何度もダブル選の可能性を否定。後に「死んだふり解散」と呼ばれ、
結果は自民党の圧勝。

その後、自民党は中曽根総裁の任期を1年延長する党則改正を実行した。


<リスクは株安>


金融市場では「増税延期と衆参ダブル選が、円安・株高のエンジン
(外為市場関係者)と期待する声が出ている。

だが、ダブル選を目指す中で、大きな障害になりかねない事態が発生しつつある。

株安現象だ。

米利上げ後のNY株式市場は調整を続け、日経平均は18日に発表した日銀の
量的・質的金融緩和(QQE)の補完策をめぐって乱高下。

21日も大幅続落して一時、1万8600円台まで下落した。

ある国内市場関係者は「衆参ダブル選期待で、来年5月から6月にかけて
日経平均が2万2000円から2万3000円まで上昇しているシナリオを描いていたが、
様子が違ってきた」と打ち明ける。

米利上げで中国などの新興国からの資金流出が加速するようなら、
原油価格の下落もあいまって市場にリスクオフ心理が台頭。

株価は日本だけでなく世界的に下落圧力を受けかねない。

株価が下落基調に転換した場合、ダブル選戦略は大きな制約を受ける可能性がある。

消費増税とダブル選をめぐる思惑が、

2016年前半の大きな
テーマになることは間違いない
ようだ。



前田 政雄、三枚目、



「函館 夜景」です。



知られるようになってきましたねw

◆http://ameblo.jp/64152966/entry-12109250040.html
wantonのブログ 2015-12-23
12月25日は、イエスではなく悪魔大王ニムロドの誕生を祝う日


より抜粋、


クリスマスは、イエスではなく悪魔ニムロドの誕生日

http://ameblo.jp/64152966/entry-11723858209.html

クリスマスはニムロド(ニムロデ)生誕を祝うもの



「Merry Xmasの『X』というのは、二ムロドの象徴で、merry Xmas は

『Magical or Merriment Communion with Nimrod』という意味である。

ニムロドの誕生日は12月25日の日曜日で、それはバビロニアの安息日である。

したがって、クリスマスはイエスではなくニムロドの生誕を祝うものである。

ニムロデのシンボルが『X』の十字であることは重要である。

多くの魔女(例えばチャールズ・マンソンの女性たち)の額の上に

このマークがある」-ジョントッド

--------------------------


   12月25日は、イエスではなくニムロドの誕生日


こう書かれているのは、上の画像の本です。
本というより、80ページ程度の小冊子と言える体裁のものです。

タイトルは、「イルミナティと魔術」。

著書は、悪魔の13血流随一の強力なオカルティストの家系

コリンズ家のジョン・トッド。

ジョン・トッドは、イルミナティのおぞましい秘儀をこの本によって

世間に暴露したがために、イルミナティに暗殺されてしまいました。


--------------------------


管理人


サンタ SANTAって言葉は、子供の頃から誰でも知っている訳なんですが、

一つ文字をずらすと SATAN ですね。

SANTA ⇒ SATAN 悪魔

彼ら一流の隠語というかジョークのつもりなんでしょうか。

我々は、幼い頃より、悪魔に媚を売り、親しみを覚えさせられ続けて来た

ということになりましょうか。

悪魔崇拝の連中が、いつの間にか、キリスト教と組織そのものを

乗っ取った
のでしょう。


面白いことに、日本の新興宗教のほとんどが、

この悪魔教に属すると考えられています。

トーイツ、ソーカ、オウム、コーフク・・・

日本を裏から、グチャグチャにしている実働部隊と化しています。

宗教法人優遇税制も日本を支配している連中が命じてやらせた

ものに違いありません。

その資金力を日本支配の為に使わせる為でしょう。


そういう意味では、カルト宗教はタチの悪い悪の巣窟になっている

と考えておいたほうが良いと思います。

無論、普通の一般信者の人は何も知りません。

だから余計に始末に悪い。

いわゆる、家畜国民B層の人に輪をかけたくらいに始末に悪い訳です。


もうお分かりかと思いますが、彼らの一番のボスは、

イルミナティ=666ってことです。

500年前から日本にやって来ている宣教師の真の正体は、

国家を支配する為に派遣されたスパイだったという訳。



◆http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51976432.html
日本や世界や宇宙の動向  2015年12月23日
アル中のヒラリー・クリントン


ついにヒラリー・クリントンが手におえないほどのアルコール依存症になってしまいました。

これまで、夫のビル・クリントンと共に多くの悪事に手を染めてきましたから、
それらが徐々に明らかにされていることで、精神的に耐えられなくなっているようです。

こんな状態で大統領選に出馬などできないでしょう。

不正選挙が横行しているアメリカですが、ヒラリーが大統領になったとしたら。。。
酔っ払いの大統領がアメリカを統治することになり。。。
オバマ以上にアメリカを崩壊させることになりませんかね。

☆http://beforeitsnews.com/entertainment/2015/12/
 hillary-clinton-on-a-alcohol-binge-now-drunk-247-2590706.html

(概要)
12月22日付け

最近、ヒラリー・クリントンは毎日酔っぱらっています。

テレビでも政治集会でも、しらふのヒラリーを目にすることがありません。
最近の民主党の討論会でも45分間、彼女は消息不明になりました。

彼女の説明では、その時はトイレ休憩をしていたそうです。
彼女は公衆トイレを使いたくないのでどこか別のトイレを探したと言っています。

ヒラリーは討論中であってもしばらくの間消息を絶つ必要があるようです。

☆http://www.businessinsider.com/hillary-clinton-drinking-and-dancing-video-2012-8

最近、ヒラリーは公の場でも酔っぱらった姿をさらしていますが、
インタビューを受けていても討論中でも、途中で抜け出し、その後中々戻ってきません。

その理由は。。。
彼女はトイレに行ったのではなく、アルコールを飲みに行ったのです。

彼女は酒浸りです。

なぜなら、これまで彼女が夫と共に手を染めてきた犯罪
(例えば武器をアルカイダ(後のISIS)に密輸しリビアのベンガジの米大使館の職員4人を殺害した。)
や汚職が明らかにされたことで、耐え難いプレッシャーを受けているということです。


☆https://www.youtube.com/watch?time_continue=8&v=N6h06xnzm8s
HILLARY CLINTON TRIPS FALLS ON HEAD A DRUNKEN LIAR WITH BRAIN ISSUES


彼女が行ってきた悪事に対する罪悪感が、ついにしっぺ返しとなってわが身に跳ね返っているのです。

その結果、彼女は嫌な思いを忘れるために酒浸りになっています。

ヒラリーはインタビューを受けている間でも気を失いそうになりました。
討論会でも、突然、抜け出しましたが、それはトイレに行ったのではなく酒を飲みに行ったのです。

今後、彼女が手におえないほどのアル中であることがばれれば、
民主党の大統領候補を辞退させられ、リハビリセンターに送り込まれることになるでしょう。



目付きが尋常ではない、と以前から思っていましたが、アル中とはねぇw

ユダ米は完全にイカれてる。




コメント   この記事についてブログを書く
«  師走なのだがⅢ | トップ | 師走なのだがⅤ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事