長尾たかしの・・・未来へのメッセージ

自民党衆議院議員長尾たかしのブログ。平成11年からネット上で情報発信を継続。サラリーマン生活を経て政界へ。

自衛隊派遣見送り

2008-05-30 12:01:55 | 中国外交
-----
自衛隊機派遣を見送り、世論配慮の中国側が受け入れ難色(読売新聞 05月30日)

 政府は29日、四川大地震の被災者に向けた緊急支援物資の輸送について、航空自衛隊機の派遣を見送る方針を決めた。

 世論の反発に配慮した中国政府が、受け入れに難色を示したためだ。日本政府は民間のチャーター機による輸送を検討する方針だ。実現すれば自衛隊部隊の戦後初の中国派遣だったが、見送りとなったことで過去の歴史に対する中国国内の複雑な感情を浮き彫りにした。

 政府は中国側の物資提供の求めを受け、自衛隊派遣の準備を進めるとともに、中国側との調整を続けていた。29日午前には、斎木昭隆・外務省アジア大洋州局長が北京市内の中国外務省で武大偉外務次官と協議した。武次官は席上、自衛隊機派遣に対する中国国内の厳しい空気を伝えたと見られる。
-----

国外に敵を作り、自国内に燻る、資本主義と共産主義との矛盾への矛先をすり替え、国家を統一する。その象徴が゛反日教育゛であった。不幸にもその反日教育によって、被災者達の命をも貶める。地震をきっかけに、日中の関係にある種の新芽が芽生えることを期待してはいたが、思うようにはいかない様である。

何よりも気の毒なのは、被災した中国人民達である。

さてさて、その他の世論、御仁たちはどのように反応するのだろうか。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

上京

2008-05-30 08:49:23 | 活動
只今、駅立ちを終え近鉄電車の中。上京し、ビジネスを2つ対応し、四ッ谷で選対会議。本番ポスター撮影や、器材のマイナーチェンジ、今後のコンセプトの確認など。夜は大宴会だろうなぁ。明日は午前中大阪で会議。地元に戻り医師会関係の懇談会に参加して、後援会の3役会議。

この記事をはてなブックマークに追加

国民性

2008-05-29 19:36:00 | 活動
流した汗が報われない人がいる一方で、汗も流さず、考えず、利益を得ている連中がいる。やっぱりおかしいよ、我が国は。

それでもみんな他人事。やっぱりおかしいよ、我が国は。

一度ダメにならないと気づかぬ国民性なのだろうか。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

政治家は尊敬されているか?

2008-05-29 09:51:41 | 政治信条
先日非番の警察官が運転する自家用車に乗せてもらった。警邏隊つまり、彼はパトカーを運転しているのだが、これが実に゛美しい゛。「プライベートの普段でも、こんなん?」「当然でしょう」と誇らしげ。速度は定速前後で周りの流れに合わせている。止まる時もブレーキを感じさせない。曲がるとき、これがたまらない。「ほぉ、これなら事故は起きんわなぁ」。見るところをしっかりと見て、所作が実に美しい。「でも、僕等の仕事、世間ではあまり尊敬されていないのが悲しいですね」と呟く。

自衛官と一献ご一緒した頃、イージス艦衝突事故があった。確かにあの海域で自動操舵は考えられない。海域規則からもイージス艦側に非がある。「でも、彼の国なら、軍艦が航行していたら、敬意を表して道を譲るよね」「我々尊敬されてないっすから、、、」。いざとなれば命を賭して国を守る。そんな訓練をする彼にら敬意を表せない国、日本。私も反戦平和主義者であるが、自衛隊には敬意を表したい。

警察、自衛隊、更には消防士など緊急事態に備えて我々の生活を守ってくれる職業が尊敬されていない。さて、政治家はどうだろうか。

子供の頃の政治家のイメージは゛偉い゛゛凛々しい゛゛堂々としている゛゛風格がある゛だった。しかし、金権政治と云われ始め、゛金儲け゛゛腹黒い゛゛利権まみれ゛゛私利私欲゛゛利益誘導゛。この結果我国は゛こんな国゛になってしまった。

日本が変わった、世の中が変わった、良い世の中になった。その為の過程として、政治家が尊敬されることだろうと思う。少なくとも私が政治に目覚め、ご縁を頂いている国会議員は皆、豊な生活をしていない。質素である。時々は゛あぁ、我々の側の政治家ではないなぁ゛という御仁もいるが、多くは政治が金になることを否定している人たちばかりである。

政治家は尊敬されているか?長尾たかしは尊敬されているだろうか?
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

心も新たに、「凡人の誇り」・・・長尾たかしの強み

2008-05-27 09:29:23 | 政治信条
久し振りのブログエントリー。元気です。いろいろと手一杯、頭一杯の事柄があり、ネットで心を整理するよりも、徹底的に地域で頭を整理しようと暫くパソコンを断ってみた。

行き着くところ、原点である。丁度2年前にエントリーした自分の文章に心惹かれた。初心を胸に、今日も一人でも多く支援者にご挨拶しよう。特別な人たちではなく、普通に日常生活を送っている人達の生活を考えていこう。

-----
※ぼんじん 【凡人】 普通の人 平凡人・・・大辞泉より

「私は、凡人であることに誇りを持っている。」ある漫画で登場人物が発するこの言葉に強い共感を覚えた。自分と重なったのだ。

私は、普通のサラリーマンの家庭に生まれ、高校まで公立学校で過ごし、私立の大学を親のスネカジリで卒業させてもらった。コネでもあればよかったのだが、コネもなく、普通に就職活動をし、普通にサラリーマンになった。入社時に、普通に出世意欲も駆り立てられ、社内競争の中で勝利も敗北も経験した。労働組合運動に関わることもなく、ただただ、会社業務をまじめにこなした。普通に業務をサボった。普通に昇級し、普通に中間管理職になった。お金も普通に貯まった。家も建てた。家庭にも恵まれた。女房の家庭も普通のサラリーマン家庭だった。

そんな普通の私が何の抵抗もなく政界入りするのだから、人生はわからない。

さぞかし賢いエリートが多いのだろうと思っていた。確かにエリートばかりだった。経歴を見れば一目瞭然。それだけはとてもかなわないと思った。しかし、数ヶ月で「かなわぬ」思いは消滅する。「意外とたいしたことない」。驕りではなく本音である。なぜなら、彼等はエリートの社会しか知らないと確信したからである。

「政治家たるもの、世の為人の為とは言うけれど、どれほど世間を知っているの?」私のように、35歳まで政治家に接したことのない普通の家庭に生まれ育った凡人達と過去どれだけ接点があったの?

NHKでプロジェクトX(エックス)という番組が大ヒットしたのは、まだ見えぬ星、地上の星、いわば、普通の人たち、凡人達が成し遂げた偉業に光を当てたからである。凡人がスポットライトを浴びたからである。そして、最も理解しなければならないのは、この多くの凡人達の偉業で世の中は成り立っているということである。

確かにビルゲイツや、青色ダイオードの中村博士のように一部のエリートが万人を幸せにする部分もある。所謂エリートをもっと育てる必要があるというのは私の持論である。更に更に強化育成し、国際競争力を持った日本のエリートを輩出しなければ我国はますます国際競争力を低下させる。

エリートのエリートたる所以は、数か少ないところにある。あの人もこの人もエリートならば、それはエリートではなくなる。世の中のほとんどは、地上の星達、凡人達なのである。

さて、どうも政界周辺に屯するエリートには、「自分がエリートと勘違いしている凡人」が多いのではないか。彼等は実は自分が凡人であるという自覚すらない。だから、凡人と自覚している人たちから見ると、実に「困った存在」となってしまうのだ。

・ 油に塗れ、決して裕福ではないけれど職人として堂々と生きている凡人。
・ 仕事は出来ないけれど、面倒見がよく世話好きな凡人。
・ 悪人といわれるけれど、どこか憎めない凡人。
・ 組合を結することが出来ぬほどの零細企業で、経営者から良いように使われているけれど、何故か自分は幸せだといっている凡人。
・ いるのかいないのかわからない程存在感がないが、一生懸命仕事をしている凡人。
・ 手柄をいつも横取りされている凡人。
・ お洒落も、化粧もせず頭をかき乱しながら、一心不乱に5人の子供を育てている凡人。
・ 契約書に騙され人知れず自殺した凡人。
・ 「会社」に全財産を貢いでしまう凡人。
・ 40歳過ぎても独身を謳歌したが、大病を患い職場も追われ将来が不安になり始めた凡人。
・ 人望があり期待されているのに事業が成功しない凡人。
・ お金持ちで、健康で何も不自由に見えないけれど、孤独な凡人、そして「孤独だ」と自分から人に言えないで過ごしている凡人。

こういう凡人たちは、永田町や霞ヶ関にはそれほど多くは存在しない。では、永田町や霞ヶ関の人たちの最低限成すべきこと、「心掛け」とは一体何なんだ?

凡人の存在を守ってあげることなのではないか?世の中決して何もかもが上手くはいかないけれど、あなた方のことを国家はいつも気にしています、考えています、あなたの幸せな生活、時には苦しい生活の存在を、いつも見ています、解決したいと思っています。永田町霞ヶ関はあなたの存在を忘れていない、必ずあなたの生活を守ります。

凡人なのになぜか世のため人の為に働こうと使命感を持ってしまい、日々格闘している凡人。・・・私は凡人に生まれ、凡人に育ったことを誇りに思う。それが、長尾たかしの強みだと思う。
-----
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

道路特例法再可決

2008-05-14 09:16:46 | 国会
「法案は9年度に向けて改正するので、一般財源化の閣議決定と矛盾しない。」

こんな賛成討論が通用してしまう。

今朝も世間が平和に一日の始まりを迎えていることが、ある意味不思議でならない。

この記事をはてなブックマークに追加

矛盾は矛盾

2008-05-13 08:24:28 | 国会
「今、衆院解散を考えるな」=小泉元首相(時事通信) - goo ニュース

-----
「今、衆院解散を考えるな」=小泉元首相

 小泉純一郎元首相は12日夜、都内の日本料理屋で自民党の大島理森国対委員長、深谷隆司元通産相、柳沢伯夫前厚生労働相らと懇談した。この中で小泉氏は「今、衆院解散を考えるべきではない。任期いっぱい堂々とやったらいい」と述べ、早期解散・総選挙は望ましくないとの考えを強調した。

 また、小泉氏は「今、大変厳しい国会情勢だが、国家国民のことを考えると、ここはしっかりと耐えるしかない。今国会しっかり乗り切ろう」と述べた。会合は小泉氏の呼び掛けで開かれた。  [時事通信社]
-----

×国家国民のことを考えると、ここはしっかりと耐えるしかない
○自民党のことを考えると、ここはしっかりと耐えるしかない

だろうがっ!

道路特定財源を一般財源化する方針の一方で、本日閣議では、道路特定財源を10年間維持する道路整備費財源特例法改正案の効力について、今年度限りとするなどという更に理解不能なことをやろうとしているようだ。「改正法は一般財源化と矛盾する」との批判をかわそうとするのが目的だろうが、矛盾は矛盾。やりたい放題もここまでくると唖然とするしかない。

任期満了でボロボロになって選挙をするのと、今の解散総選挙と、自民党にとっても、国民にとってもどちらがよろしいか?

この記事をはてなブックマークに追加

ちーちゃんの訃報

2008-05-12 22:17:01 | 活動
非常に重大な打ち合わせの直前に゛ちーちゃん゛の訃報が入る。

「えっ?何それ?後で電話するわ」と切るものの、10分位は頭を離れない。それでもここは頭を切り替えて打ち合わせに没頭せねば。3時間の後、我に返り連絡を取る。

ミキちゃんの電話が通じない。やっぱ、本当かも・・・。

恩ちゃんに連絡がつく。
「ちーちゃんの嫌な話、聞ぃてんけど」
「嫌な話しちゃうねん、ほんまやねん」
「何でやねん?」
「わからん」
「何があったんや?」
「わからんねん」
ただ、ちーちゃんが亡くなったことだけは確かなようだ。

やっと、ミキちゃんと連絡が取れた。「今自宅に帰ってきたところやねん」。朝病院に運ばれてそのまま息を引き取ったらしい。救急車で送り出した後、タクシーがつかまらんかったから、自転車で追いかけて病院まで行ったらしい。その病院に自転車を忘れていたほど動揺していたんだろうなぁ。でも、電話では元気すぎるよ、元気すぎる、だからミキちゃんも心配。

「お通夜は明日やけど、長尾君ね、今夜はちーちゃんち行ったってね、家で寝てると思うから、絶対やでっ」

大阪市内での会合を終え、ご自宅へ。実感が湧かず平静を決め込み自宅前に到着するも、お香の香り、もういけませんっ。娘さんとお母さんが迎えてくださった。

「寝ているようだよねぇ、なんか今までで一番美人やねぇ、んでも、親より先に逝くのは親不孝極まりないっ、あかんで、ちぃーちゃん」と説教。長尾たかしの為に゛一個大隊゛を作ってくださった恩人。いつも周りにに気を使ってばかりの人だった。

「よく電話を頂きました、訳のわからん電話がほとんどだったけど、僕のことを本当に応援してくれていた。僕に対してだけじゃぁないよ、多分、周りの人に人に気ぃ使いすぎて死んだんだよなぁ」と妙にまわりも納得。

何かお腹に穴が開いたような感じで、しゅうちゃんの店に行って見た。
「今、顔みてきたわ、焼酎、芋、お湯割りっ」
「寝とるみたいやったやろ」
「昨日はどうやったん?」
「元気やったでぇ」
「好き勝手やるもえぇけど、後に残されたもんの気持ちも考えて欲しいわなぁ」
「ほんまやなぁ、ところでミキちゃんおった?」
「おらんやった、電話が元気やって、むしろ心配してんねん」
「・・・・・・・」

次々に肩を落とした客が来る。
「あぁ、しゃぁないなぁ、残念やけど」
「盛大に見送ってやるかっ」
「せやなぁ」

ちーちゃん本当にありがとう。あなたに頂いたご恩、ご縁は一生大切にいたします。そして、あなたを忘れません。あなたに良い報告が出来るよう、一層の努力を決意します。どうか見守っていて下さい。

合掌

この記事をはてなブックマークに追加

成果はパンダのレンタルのみ

2008-05-08 09:42:59 | 中国外交
昨日は日帰りで上京したが、国会周辺は物々しく厳戒態勢。道すがら、牧衆議院議員と偶然お会いした。昨年中国へご一緒した以来だ。

「永田町の空気は如何ですか?」
「もう、居直りの体制」と、福田政権を表現。

その福田首相、胡錦濤主席と会談した訳だが、あれだけの期待と注目を浴び成果は゛パンダのレンタル゛だけとは。

ギョーザ中毒事件について「不特定の人命が失われていた可能性もあり、断じてうやむやにできない」と真相解明を強く要請。両首脳は捜査の強化で一致。会談後の共同記者会見で、胡主席は「1日も早く事件の真相を解明するよう努力する」と述べたそうな。

要請→強化→努力をしてみたが、真相究明は出来なかった・・・・・・となるだろうなぁ。

「中国は世界最大の発展途上国であり、格差、アンバランスもあり、近代化にはまだ長い道のりがある。私たちは、2020年にゆとりある社会を構築することを目標に立てた。改革開放を推進し、力強い原動力とシステムを保障する。人間本位、人間を一番大事にし、均衡・持続可能な発展を遂行する。そして私たちの政治体制を改革し、社会主義、民主、人民の利益を保障する」

未だ発展途上国という印籠を翳す。近代化の道のりの前に民主化を行え。人間本意、人民の利益を保障するなら形で示せ、とでも言ってやりましょう!

何としてもオリンピックを成功したふうに見せたい胡主席。揉め事を起こさずサミットを迎えたい福田首相。しかし、食の安全問題、尖閣諸島問題、チベット問題を少々触れただけで、事実上先送りした福田首相は、サミットで無視されるのではないか。

パンダねぇ、チベットの象徴。これもまた皮肉。何処へ行く福田政権?
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

金欠

2008-05-07 21:28:20 | 活動


先月、テレビが遂に駄目になった。某メーカーの薄型最新テレビを購入。そして、今日女房から洗濯機が動かなくなったと連絡が入り、購入を指示。次は、冷蔵庫だろうなぁと心中穏やかではない。

政治活動の大切な器材である拡声器はとっくの昔に破損しているが、テープでぐるぐる巻きにして補修、とりあえず機能はしているが、そろそろ限界。街宣車もディーゼルなので今年の10月で廃車が決定。バックを失敗して電柱に激突したままの悲惨な姿で稼働中。買い替えのための資金が全くない。あぁ、無常!

あぁ、お金が掛かる。金欠が悩みの種。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

リフレッシュ

2008-05-07 21:12:38 | プライベート
脳味噌が腐るほど休んだ。フリスビーのし過ぎで体が痛い。子供と遊ぶことがこれほど体力を消耗するものかと、改めて女房の強靭な体力と精神力に敬意を表する。

大阪港で船にも乗せた。博物館も見せた。バーベキューには連れて行けなかったけれど、久宝寺緑地公園で炎天下の下、フリスビーをした。バッティングセンターにも連れて行った。焼き物教室にも連れて行った。赤目四十八滝で森林浴もした。毎日風呂にも入った。一緒に勉強もした。毎日「お休み」と、一緒に寝た。

そんな風景をビデオにおさめ母親に見せた。孫を優しい目で見つめる母の顔。親不孝もそろそろ終わらせなければならない。

今朝は、駅立ちを終えて、上京。一新会の勉強会を終え新幹線で帰阪中。只今、品川を出たところ。リフレッシュ完了。心身ともに頗る快調。

この記事をはてなブックマークに追加

7兆円の裏金

2008-05-02 13:18:23 | 行財政・金融
動画でご覧下さい。 http://jp.youtube.com/watch?v=3AX5_SvXQK0
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

北京オリンピック、日本政府は中国に毅然とした態度をせよ

2008-05-01 23:11:46 | 中国外交
動画でご覧下さい。 http://jp.youtube.com/watch?v=RHf7IioIKyU

この記事をはてなブックマークに追加