長尾たかしの・・・未来へのメッセージ

自民党衆議院議員長尾たかしのブログ。平成11年からネット上で情報発信を継続。サラリーマン生活を経て政界へ。

水ビジネス

2010-03-31 17:28:07 | 経済
第二回成長戦略専門委員会に参加した。インフラビジネスの海外進出についての資料に、水ビジネスについて記されてあった。地球の水資源のうち大部分は海水で97.5%。このうち人類が利用できる淡水源はたったの0.01%。今後地球規模の水需要の増大が見込まれ、2025年には現状と比較して約3割増加すると見込まれている。特に人口増加の著しいアジアは世界の全取水の約6割を占めるようで、水需要の増加は人口増加を凌駕するという。中国、インドの影響が大きいことはいうまでもないが、サウジアラビアも市場規模を拡大するという。水ビジネスにおいて、上水、下水は成長が頭打ち。今後成長が見込まれるのは、海水淡水化、工業用水、工業下水、再利用水辺りが注目され、全体として86兆円の市場規模になる。そんな中、こんな新聞記事を目にした。

-----------------------
日本の森と水、むさぼる外資 埼玉や山梨でも買収打診 取引、10年前の倍以上
3月29日7時56分配信 産経新聞

 埼玉や山梨、長野、岡山県など全国各地の水源に近い山林について、中国などの外国資本が買収の打診をしてきていることが、東京財団がまとめた「グローバル化する国土資源(土・緑・水)と土地制度の盲点」と題した調査報告書で明らかになった。類似した事例は昨年、三重県大台町、長野県天竜村でも確認され、林野庁が調査に乗り出す事態にもなった。

 報告書は外国資本進出の背景に、水資源などの資源獲得競争がグローバルに展開されている世界的潮流があると指摘。「日本の土地制度には、国土を守る意味で多くの問題がある」と警鐘を鳴らしている。

 報告書によると、ほとんどが森林で占められる5ヘクタール以上の土地取引は、平成20年の統計で、10年前に比べ面積で倍以上、件数で1・5倍の増。また、具体的な事例を並べたうえで、山林買収は事実関係の把握が困難とも指摘した。

 背景として、世界の水需給の逼迫(ひっぱく)が予測され、日本の「水」が狙われている可能性に言及。特に中国の水需要が2004年までの7年間で4倍以上伸びており、日本から水を調達するために買収に触手を伸ばしている可能性を指摘している。

 また、今後、環境問題の取り組みが世界的に強化されるなかで、二酸化炭素(CO2)吸引源とされる森林やその生態系に新たな価値が付加されるとにらむ期待投資で森林売買が加速する可能性も指摘した。

 報告書では、日本の土地制度が諸外国に比べて極めて強いとも指摘。いったん外国資本に所有されると、それを手放させることが難しいため、事前の実態把握と事前届け出など諸規制を提言している。

 また、水源林以外にも、香港資本や豪資本の買収によって地価上昇率が3年連続全国一となった北海道ニセコ町の例や、廃屋化したホテルなど買収、更地化して分譲マンションを建設中の長野県白馬村での豪資本の動きを例示。公益や安全保障などの観点から、国土資源(土地・森林・水)を守るために十分な備えが諸外国並みに必要だと説いている。
---------------

あの手この手で国益に関わる攻撃を受けている。しっかりとウォッチしていこうと思う。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

与党の宿命

2010-03-31 00:05:37 | 国会
党内議論、閣内議論が活発になることはある意味好ましいことであると思う。議論だからだ。しかし、一枚岩でないと批判される。外側から見れば何をごたついているのだろうと見えるだろうが、議論とは、そもそもごたついているものである。着地点が見えるまでそれこそ右往左往する。実に自然なことではないか。勿論、不安に映ることもあるだろうがある意味正常なことである。加えていうならば、事の経緯が良く理解できる。逆に何も議論がなければそれは不自然であり、悪い意味で画一的である。そして、特定の人による独裁的である、全体主義的であるといわれる。事の経緯が良くわからず、密室的であるといわれる。今後民主党政権は、前者の道を歩めばよい。どの道、批判の対象になる。それが与党の宿命である。いろいろな批判を浴び、まずは結果を出し、成長すればよい。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

子供手当について・・・3

2010-03-30 10:45:01 | 社会保障・税
地元で頂くご意見、ブログのコメント欄への書き込みは私の血肉となり、国会での活動の原動力になっている。向かい風も感じている。期待も感じている。何処かに落としどころをつけていかなければならないという現実もある。それが政治的判断というものであると思う。

子供手当ての国籍条項あるいは居住者要件について、与党側からの修正を積極的に行うべく情報収集をしている。そもそも児童手当に国籍条項があったものが、何故81年に撤廃されたのか。ここまで遡る必要がある。当時どのような論点があり、どのような議論がされていたのか、どのような議論が欠落していたのか。どの議員からどのような発言があり、政府見解は如何様であったのか。いろいろと疑問が残る。また、難民条約の批准がというが、彼等は難民だろうか?何故難民として国籍条項が撤廃されたのか?

児童手当に上乗せする形でスタートする子供手当て。児童手当に国籍条項がないため今回のような議論が置き去りにされた。では、国籍条項をつける議論が先であるということになれば、児童手当そのものの継続についても影響が出る。我が国の社会保障制度は高齢者に手厚く、若年層は手薄だった結果、子供に対する配分が先進国の中で最低ランク。13,000円を現金給付してもまだ追いつかない。だから、22年度は課題が残る中で実施という政治的判断をした。

児童手当がどの自治体でどれだけ支給されてきたのかというデータが存在していないことがわかった。ならば、この一年間でデータを収集するしかない。児童手当をベースとした子供手当て支給システムを参考に、国籍条項というよりは、居住者要件の見直しという形で、本格実施となるまでの一年間しっかりと議論していこうと思う。現物給付と現金給付のバランスについても同様だ。

懲りずにご意見賜りますことを心からお願い申し上げたい。
コメント (36)
この記事をはてなブックマークに追加

かんぽ生命保険改革について

2010-03-24 11:04:38 | 行財政・金融
先日発売されたアエラにも掲載されていたが、私は原口総務大臣主催の郵政改革研究会のメンバーに入れて頂いており、大臣室等でいろいろな議論をしている。ご承知のとおり私は17年民間生命保険会社に勤務した。郵政改革に関して業界団体の代弁だけをするつもりはない。あくまでも、あるべきかんぽ生命のあり方について意見具申しているし、この研究会でも、政策会議でも、旧質問研究会でも発言してきた。

今回、かんぽ生命の引受け限度額を2500万円とする郵政改革法案の概要が明らかになり今日記者会見をするようだ。民業圧迫、政府保証は不平等など民間の言い分も理解できるし、ゆうちょ銀行、かんぽ生命の2利益源が頼りのユニバーサル制度というお家事情も良くわかる。大変悩ましいところであるが、どこかに落としていかなければならない。

かんぽ生命保険の限度額は1000万円、下取りの場合は1300万円となっている。かんぽ生命は゛小口・無診査・月掛け゛を特徴とした生命保険である。ここで議論したいのが無診査という部分である。通常民間生命保険に加入する際、一定保険金額を超える契約引受け(1000万超程度)に対しては、嘱託医、産業医、健康保険証明書、人間ドッグ、健康面接など、契約内容、保険金額、年齢、既往症などなどにより、様々な危険選択をしている。危険選択とは、まぁ、被保険者に対して大変失礼な単語ではあるが、保険契約を引き受ける側としては大変重要な手続きなのである。一方、かんぽ生命は被保険者から告知書といって、健康状態についての確認を取るだけで危険選択としている。

預金は三角、保険は四角。図に描くとわかりやすいのだが、保険の場合、一度だけの保険料を支払おうが、5年支払おうが保障は同じ。契約と同時に被保険者が死亡すれば、保険金を支払わなければならない。一度の保険料でも、だ。だから、被保険者の健康状態を査定するのである。査定の結果、問題がなければ普通決定。契約どおりの引受けとなる。一方、何らかの危険要素が確認される゛体況゛の場合、通常保険料に特別保険料を上乗せする、一定期間の保険金減額を行う、不担保部位を設けるなど、条件付での引受けを了承してもらう、場合によっては謝絶体といって(大変失礼な表現であるが)契約引受けをお断りするなど、いろいろとややこしいのだ。

しかし、この危険選択を怠ると、正常な保険数理に対して引受けてはいけない契約が混在し、公平性が保てなくなる。健康体の人とそうでない人との差異を設けることで、勘定全体の公平性を維持しているのだ。問題はかんぽ生命保険会社にそのノウハウがあるのかということだ。ゆうちょ銀行議論でも運用ノウハウが議論されるところだが、保険の場合は運用ということでは済まされない。一回の保険料でも死亡保険金を支払える危険選択が必要である。

民間生保に比べてかんぽ生命のほうが査定が甘いという風評が立ったらどうなるか?既往症のある方などが窓口に押し寄せ、かんぽ生命に加入するだろう。一時的に営業実績は上がるだろうが、危険度の高い契約ばかりを引受けて公平な勘定を維持できない。預金を返すのではない、保険金を支払うのである。この現象を顧客による゛逆選択゛という。逆選択のターゲットになることは保険会社としては重要な問題、生死を意味する。

かんぽ生命の健全運営は、顧客を守るという意味で最優先されなければならない。政府案が提出されても、まだまだ議論を進めていかなければならない。
コメント (17)
この記事をはてなブックマークに追加

議員の意見を何処で注入するのか?

2010-03-24 08:42:55 | 国会
※長尾たかしのツイッターはここです。

議論の場は何処だろうか?政調が廃止され、皆そうぼやいている。政策会議、議員政策研究会など普通にして置けば、官僚あるいは講師の話を聞きそれに対する質疑応答で終わってしまう。一瞬のやり取りだけで時間だけが過ぎ、何処をどう修正すべきか、何を組み入れるべきか、何を排除すべきか等の議論が出来ない。

ところが、農水委員会周辺で大変参考になる話を聞いた。テーマ毎、法案毎に分科会を設け、事前に討議したものを持って研究会でぶつけるのだという。法案によっては、全体の8割が議員提案修正がなされたものもあるという。政策会議は官僚マターになりがちなので、議員研究会で実施しているという。それはそれは大変な議論になってるという。確かに農水関係の会議の回数はやたら多い。それぞれの持分で、出席する会議と全く出席しない会議があるのだが、農水関係会議は気になっていた。ダブルヘッダー、トリプルヘッダーで会議をやっている。その理由はそういうことだったのだ。

今日も厚生労働委員会が午後から開催される。野党の質問を受け、政府がこれに答弁する。前政権も、現政権も、野党の意見を素直に聞けない妙な決まり事があるようだが、議員の意見を何処で注入するのか?まずは、法案提出以前だ。与党であるが故、出来る業である。

その場を設けタイミングをはかるのは議員の仕事であり、取り組み方で幾らでも改善できると思う。まずは決められたルールの中でやれることをやってみよう。ルールー云々はその後だ。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

官僚とのこと

2010-03-24 00:00:03 | 国会
この法案についてもう少し説明が欲しい、賛成するにはまだ積極的になれないといった雰囲気を出すと、官僚は実に敏感に察知してくれる。これは良し悪しだと思うが、彼等は実によく人の意見を聞いていることは確かであり、細かく覚えている。提出法案に対して懐疑的な議員に対するレクは迅速である。官僚の官僚たる所以だと思う。

国会議員になって半年が経過するが、知るは一時の恥と割り切り、チンプンカンプンな質問でも臆せず実行している。゛俺にわからない事は国民もわからない゛という素人という印籠(?)を、今は思う存分に使わせてもらっている。レクチャーは積極的に受け、お願いし、各省庁の調査局の方々には本当にお世話になっている。

「これはおかしいよなぁ、修正できないんですか?」、「いや、これは省庁内で決定していることなので、、、」、修正要求には敏感だ。修正は評価に傷がつくということなのか?ただ、彼らもいろいろなシュミレーションを立てて臨んでいる事には間違いなく、確かに完璧である。ただ、どの立場に立って理論を組み立てているのかを確認しながら、加えて常に心にロックを掛けておかないと彼らの言っていることの全てが正しいようにきこえてしまい心揺らいでしまう。私もまだまだ経験が不足しているので気をつけているつもりだ。法案として手前の段階、論点整理の段階から法案提出を察知し、ここで議論するようにこちら側から提案しなければ、゛決まってしまった゛官僚の主張を覆すことは困難?

この手続き、駆け引きを議員がさぼってきて、官僚主導を許してしまったんだろうなぁと感ずる。

「一緒に良い国づくりをしましょう」を合言葉に彼らの能力を私も使わせてもらえるような関係でありたい。・・・・・・んーーー、甘いかなぁ?甘いだろうなぁ。甘いと思う。まだまだ経験中である。
コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

夫婦別姓に反対し家族の絆を守る国民大会

2010-03-23 00:00:07 | 社会
-------
夫婦別姓法案で首相、閣議決定に応じるよう要求 亀井氏明かす
2010.3.20 産経新聞

 国民新党代表の亀井静香郵政改革・金融相は20日、鳩山由紀夫首相と17日に会った際、選択的夫婦別姓制度を導入するための民法改正案について、国民新党が国会で反対することを容認する代わりに亀井氏自身は閣僚として閣議決定に応じるよう求められたことを明らかにした。亀井氏は拒否したという。首相は、自民党にも一部、法案に賛成する議員がいることから、政府が提出すれば国民新党が反対に回っても成立すると判断したとみられる。

 東京・有明で開かれた「夫婦別姓に反対し家族の絆(きずな)を守る国民大会」(呼びかけ人・ジャーナリストの桜井よしこ氏ら)で、亀井氏が語った。

 それによると首相は17日、亀井氏に「国会に出すだけ出させてください。国民新党は反対してもかまいません」と持ちかけたという。社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相や千葉景子法相からも法案提出を認めるよう再三要請されていることも明かした。

 その上で、亀井氏は「孤立無援の戦いになろうとも、秋の臨時国会でこの法案が成立しないためにも死力を尽くしてがんばり抜く」と強調した。

 集会には約5100人が参加し、民主党から吉田公一、長尾敬両衆院議員も出席した。自民党からは下村博文元官房副長官のほか衛藤晟一(せいいち)、山谷えり子、有村治子の3参院議員が出席。無所属の平沼赳夫元経済産業相も駆けつけた。吉田氏は「体を張って頑張って日本の伝統を守る」と法案反対を表明した。民主党議員が公の場で反対の立場を明確にするのは異例だ。

 集会では252万人の国会請願署名が集まったことが報告され、各党・会派の代表に署名簿が手渡された。夫婦別姓に反対する地方議会での議決を求める運動方針も確認した。
----------

夫婦別姓に反対する集会に参加した。舞台裏で「勇気を持って御参加頂いたことを感謝します」と主催者の方からお言葉を頂いたが、「いや、別に勇気を持って参加したわけではありませんから」と。私としては普通の行動である。そして、世間が思うほど民主党は議論に対して抑圧的な政党ではない。また、参加しなかった議員も、それぞれに正しい価値観を持って必ずこの問題に共に取り組んでくれると信じている。

私は初当選組み。議員としての、野党時代の民主党を知らない。風通しは良いのか悪いのかの比較検討の基準値を知らない。今まで政策に関してはサラリーマン時代から思う存分情報発信してきたので、議員になった今も継続していこうと思う。ただ、政策が政局に利用される嫌らしい瞬間にも立ち会うことがあり、これは積極的に否定し、避けていこうと思う。この日も、一人の議員が壇上で政局絡みの主張をされたが大変疑問に思うと同時にがっかりした。党内議論が不足しているか十分かについても、はっきり言って良く分からない。分からないから気にすることなく、礼節を弁え、批判ばかりでなく、こうあるべきだと主張することには積極的でありたい。

民主党が野党ではなく、与党だから責任が重い。与党民主党の内部にいるからこそ責任を感ずる。5,100人の方々から大変なエネルギーを頂いたと思う。しっかり戦う。そして、私は一人ではない。党内にも沢山の仲間がいる。仲間と共に未来へ責任を果たしていきたいと思う。
コメント (15)
この記事をはてなブックマークに追加

子供手当てについて・・・2

2010-03-22 18:05:08 | 社会保障・税
想像以上に沢山のコメントを頂き心から感謝したい。それぞれにひとつずつお答えしたいのではあるが、それもかなわぬ現状をお許し頂きたい。一つひとつのご意見はしっかりと受け止めさせて頂き、血肉にするとお誓いする。

外国人に対する給付問題は避けて通れない。今回22年度の暫定的なものとなったことについてもいろいろなご意見を頂いている。万やむなく児童手当をベースとする中で、この問題が顕在化したのは昨年の厚生労働委員会質問研究会だった。私自身、「商事会社などで、海外で勤務する親に対して日本国内で寮生活などする子供には子供手当てや児童手当が支払われるのか」という質問をした。回答は皆さんご存知のとおり手当てされないというもの。逆に外国人に対しての給付について「いつ、何故そうなったのか?」と質してみたが、81年の「難民の地位に関する条約」の批准がその理由だという。言い換えれば、それまでは国籍条項が付いていたということになる。1972年の児童手当制度開始時には国籍条項があったのだ。1981年に「難民の地位に関する条約」に加入したのを機に、自国民と他国民の待遇を差別しないよう国籍条項が撤廃されたのだ。

しかし、難民は難民認定に基づくべきで、単純に外国籍を持つ外国人が難民と位置づけられることに疑問を持った。何故、国籍条項を外してしまったのだろうか?これを私は今調査している。23年度実施に向けてしっかりと質していきたいところである。

前政権で何が判断されたのかを情報収集し、現政権でこれを正していきたい。゛こんな現実を放置して今年については税金を垂れ流すつもりかっ゛とお叱りを受けるだろうが、これは政治判断である。忌々しき事態を抱えつつも、マニフェストを示しこれを支持してくださった世論に応える義務があると言うのも現実である。ここに頂くコメントの多くは反対の方が多いと理解している。これも世論である。そして、私の事務所に、個人メールに、ブログメールに、SNSに頂く、毎週行っているタウンミーティングでのご意見は賛成の方々が多い。これも世論である。

政治に求められるのは判断、決断である。立ち位置によってその判断決断に対する賛否はそれぞれだと思う。だから、悩ましい。そして、それを政治が成さねばならぬのだと思う。

今回の法案には、外国人への支給問題を含め、制度全体についての再検討をするという修正案が盛り込まれている。だから、この問題は本格制度となる以前に解決したい部分なのである。26,000円ではなく現物給付とのバランスについても、政府はこれを検討すると答弁している。だから皆さんのご意見を募っている。どなたかのコメントには゛どうせガス抜きだろう゛とのご意見あったが、私はそんなに悪人ではない。懲りずに゛発展的なコメント゛、゛発展的な厳しいご意見゛を頂くことを願ってやまない。
コメント (25)
この記事をはてなブックマークに追加

拉致問題特別委員会で質問

2010-03-15 16:29:58 | 北朝鮮問題
拉致問題特別委員会で質問を致しました。是非ご覧下さい。
コメント (25)
この記事をはてなブックマークに追加

子供手当てについて

2010-03-15 09:46:29 | 社会保障・税
子供手当。

この外国人給付問題。これ、現在実施中の児童手当でも同様に実施されており、何で当時の自公政権がこれを認め、子供手当てで反対をするのか?予算が膨大と言うことは大きな違いだが、政局に利用するのは野党の常套手段、というか、それしか抵抗できないところが厳しいところ。保守支持者の皆さんからは、民主党政権が税金を海外に垂れ流ししているという表現でのお怒りがあると思う。わたしはこれを否定しないし、同じ疑問を持っている。しかし、自公政権もこれを許したにも拘らず、いまそれを前面に出して批判をされても、゛なんだかなぁ゛と一歩引いてしまう。

今後のこの点の議論は責任を持って実施していくことをお誓いする。

本格実施までに後一年。課題のある施策であることは間違いないと思う。ただ、方向性は正しい。先進国の中で子供に対する投資が少なかった我が国の現状。最低ランクである。今までの我が国の社会保障制度はどちらかというと、高齢者に厚くを優先としてきた。戦後の焦土と化した我が国の復興を成し得て下さった方々であるから当然であり、またこの世代の方々のほうが投票率が高いと言う事情も排除できないと思う。今回政権が代わったことで、優先順位を方向転換した。決して切り捨てると言うことではない。順序代え、組み替えである。

外国人給付、在外日本人給付、難民条約との整合性などについて、まだまだ検討すべき課題があると思う。一方で大多数の方々が子供手当てを期待しているという現実がある以上まずは、お約束どおりの半額支給から滑り出す。

今後の為に是非ご意見お聞かせ頂きたい。出来れば、現物給付と現金給付のバランスについて。例えば、26000円の内、1万円を現物給付に回し、保育料無料、給食費無料、医療費無料という自治体独自の予算に使うという要望を複数の自治体から頂いている。

よろしくお願い申し上げます。
コメント (160)
この記事をはてなブックマークに追加

夫婦別姓法案、閣議決定先送り

2010-03-12 13:19:01 | 社会
夫婦別姓法案、まずは今日の閣議では先送り。ただまだまだ油断は出出来ない。あくまでも先送りである。更なる世論のうねりをどうぞよろしくお願い申し上げます。

厚生労働委員会、荒れております。
コメント (27)
この記事をはてなブックマークに追加

意見のまとまらない法案の提出はありえない

2010-03-11 11:52:02 | 社会
夫婦別姓問題について、法務委員会議員政策研究会で、推進派の棚村早稲田大学教授、反対派の百地日本大学教授のお話を聞いた。参加議員のリアクション、質問内容から推測すると、これはまとまらない。推進派も反対派も相当勢力数が存在しており、これはまとまらない。まとまれば法案提出もありと思うが、一般論として゛まとまらなければ提出は出来ない゛。議論上チョッとしたハプニングもあったが、人の話は礼儀を弁えて、心静かに聞きしないとねぇ。繰り返すが、この法案はまとまらない。まとまらずに法案提出があってはならない。当然、私は反対の主張した。司会の発言許可をとり発言者した議員の過半数は反対の主張であった。以上、経過報告。
コメント (20)
この記事をはてなブックマークに追加

キャッチボール

2010-03-08 23:55:44 | 国会
限られた環境の中で精一杯立ち振る舞うしかない。無いもの強請りをする時間とエネルギーは、今そこにある危機に対応することに費やしていきたい。

与党内にいる実感として、゛我が党に党議があるのか?゛と言う疑問がゼロというわけではない。政府与党一元化という原則の中で、政調が廃止され、議院内閣制を目指そうということは理解できる。議員の意見は副大臣が主催する政策会議、委員会理事が主催する質問権協会で集約されるべきことも理解できる。ただ、不安なのは、情報のキャッチボールが決して十分ではないこと。例えば、仮に与党修正が必要な場合は、どのような経緯で、どのような舞台で、どのような手続きを経て行われるのか、誰が決定するのかが良く分からない。

民主党は与党である。野党時代と違って、政策が実現される可能性が格段に高い。言い換えるならば、大変な権力を持っていると言うことになる。権力は正しく使われなければならない。しかし、良かれと思っていたことが、間違った答えを生み出すこともありうる。そして、それは許されない。その責任を与党という立場にあるものは自覚し享受しなければならない。ならば、党議の存在が実感できないと言うのは不安要素の一つなのである。

政策会議、質問権協会、そして委員会での自由闊達な議論がなされることは当然である。その場において、是は是、非は非として、場合によっては修正もあり得ることが担保されるべきなのである。そして、最後は多数決。野党からの質問を良く聞いてみると成る程と思うものも少なくない。検討に価するのではないかと思う部分もある。

っと、ぼやいていたら、
-----
党所属国会議員が政策論議する「議員政策研究会」の新設を決めた。併せて参院選マニフェスト(政権公約)を作成する「政権公約会議」も設置する。
-----
とのこと。これを機に、キャッチボールが出来たらと思うばかり。

この10日間は激動の一週間だった。未だ頭の整理が出来ていない。ただ、大変な責任ある仕事を引き受けさせて頂いているという実感。これを記すことにより決意とする。今朝は近鉄八尾駅で朝立ちをし、企業訪問の後、伊丹から上京。重要会議に出席し、羽田から帰阪。地元で集会に参加し、関空から羽田。一日で一往復半は議員になってから2度目である。
コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加