長尾たかしの・・・未来へのメッセージ

自民党衆議院議員長尾たかしのブログ。平成11年からネット上で情報発信を継続。サラリーマン生活を経て政界へ。

安い賃金を共通項に考えるのは危険

2008-07-30 21:05:57 | 社会保障・税
実は聞き捨てならぬことを時に聞き流してしまうことがある。

゛医療介護現場の深刻な人手不足…外国人労働者は医療介護現場の救世主となるかっ!!゛

非常に良いフレーズである。インドネシアなど東南アジアからの外国人労働者は勤勉で、大家族。お年寄りに人一倍優しいという。人手不足の医療、介護現場がこの受け入れによって問題解決なされるならば確かに救世主といえよう。

Aさんの月給は月20万円。サウジアラビアで医療現場にいた彼女は日本への派遣のチャンスを得るためにサウジから帰国し、日本語教育を受け来日。志望動機は賃金の良さ。この給料であれば家族10人分を養えるという。日本の医療介護現場は人手不足、20万円でそこまで感謝され、双方の思惑が一致したのだから、Aさんの日本語行きは当然のことといえよう。

しかし、それによって日本人労働者の立場はどうなるのだろう?

そもそも20万円という給料が安すぎるのではないか?相当の専門知識が求められる現場においてはたしてこの賃金が妥当なのだろうか?よって、単なる医療介護現場の人手不足として理解してよいのだろうか?何故人手不足なのか?そのあたり議論がなされているないような気がする。

もしも、弁護士給料が月30万円程度だったらどうだろう。難しい司法試験に合格しても、その程度の給与であれば、当然弁護士不足に陥るだろう。要は゛割に合わない゛ということ。これは人手不足とは言わない。

結論を言ってしまうが、人手不足なのではなく、賃金が安いから、その専門性の割に合わない。だから、要因が確保されないと表現したほうが正確だと思う。安い外国人労働者を受け入れることは目先の問題解決にはなってはいるが、物事の根本解決にはならず、場合によっては、日本人労働者の空洞化にもつながってしまう。

同じことが社会保障制度にも言える。真面目に保険料を支払ってきた年金生活者が月々6万円で生活しているのに、生活保護者の中には12万円程度もらっている人がいる、だから生活保護費を引き下げるべきである。いや、まったく違う。この場合、年金の支給額が低すぎると解釈するべきであると思う。

医療介護事業現場の給料は安すぎる。その専門性、過酷性に比べそれに見合う賃金体系が確立されていない。職業はある一定までは理想と使命感で頑張れると思う。しかし、現実との狭間でもがき苦しむ現場をもっともっと直視するべきではないだろうか。

医療や介護事業者の労働条件の改善のブレーキにもなる外国人労働者受け入れの問題。゛安い賃金゛を共通項に物事を進めていることは非常に危険であることを指摘したい。

この記事をはてなブックマークに追加

祭りまたぎ

2008-07-27 19:56:08 | 活動
同じ布団神輿でも掛け声や拍子が違う。弓削神社のそれは市内でも勇壮なもの。これがこれからの祭りは更に過激になる。柏原大県、八尾恩智で祭りは一区切り。盆踊り、河内音頭、地蔵盆と続く。

この記事をはてなブックマークに追加

祭りのあと

2008-07-25 19:35:15 | 活動
猛暑の中の祭りの後、夕焼けがきれいでした。これから飲み直しです。

この記事をはてなブックマークに追加

今朝の近鉄八尾駅

2008-07-23 16:59:46 | 活動
暑かった!因みに足元は真っ黒な滑り止めが一面に貼られているのでさらに熱を溜め込む!90分の演説中、何回かペットボトルの水をかぶる。決してパフォーマンスではなく、自然な行動。今がかきいれ時!

この記事をはてなブックマークに追加

普通であるということ

2008-07-22 15:24:06 | 政治信条
自分は今までの生活で明日の食事に困ったことがない。大きな病気をして生き死にの境目に立ったこともない。要は本当の苦労を知らない。

会社員時代は高給取りで、世間から見れば良い暮らしをしていたと思う。高級な車も買った。高給な時計も買った。海外旅行も数え切れないほど行った。

収入無く妻と子供2人で約6年。どうやって生活してるのと質問されるが、預金の取り崩しとしか答えようがない。随分貯めてたんだなと言われる。まぁ、これまでなんとか生活出来ている。

そんな自分が凡人魂を語れるか?

それでも、私の生活観と、皆さんの生活観は同じですと、堂々と口にしたい。その誇りを持ちつづけたい。

生きる術は身についていると思う。これからが本番である。

既に、高級車は廃車にした。時計も980円のデジタル時計。所詮形だけと言われてしまえばそれまでだが、まずは、身の回りから気合いを入れて活動している。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

何なのだろう?

2008-07-20 22:37:22 | 活動
今の自分にできる精一杯って何なのだろう?
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

明日の猛暑を予感する夕日

2008-07-20 18:56:03 | 活動
氏神様の祭り。炎天下のなか、子ども達はみな、本当に頑張った。最後の方はさすがにへたり気味だったけれど、みんなえらかった。

その後、隣地区の祭りにお顔出しをして、今から柏原古町の祭りへ。今日は3回着替えた。夕日が明日の猛暑を予感させる。

この記事をはてなブックマークに追加

吐き捨てます

2008-07-19 19:04:10 | 活動
働かないで利益を得る、人、業界、団体ってありますよね。

いずれ天誅が下ります。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

暑さもまた良し

2008-07-19 00:23:22 | 活動
只今帰宅。涼しい一日と油断したのが悪かった。猛暑、猛暑、猛暑。ただ、一つ気付いたことがあった。猛暑でも旧村は涼しいということ。

大概の家は、ドア開けっぱなし、窓あけっぱなし。冷房を使っていない。昔の家だから、木造で風通しがよく、街全体が涼しいのだ。今日は2年振りに羽曳野南部の壷井、通宝寺地区を全件歩いた。「暑いなかよぉ来たなぁ」と数件でスポーツドリンクを頂く。ここでも皆怒っている。自民党支持者基盤のところだが、皆怒っている。突然の連れまわりもして頂いた。本当に有難い。ほっと一息、ここにも古き良街並みが残っている。そう思うと、暑さもまた良し。



事務所に戻ったら、洗面所にニラの花が飾ってあった。いつもスタッフさんが゛自然のコーナー゛を作ってくれている。洗面所じゃもったいないので応接セットに移動。奥の鮮やかな葉っぱは、芋の葉です。どうです、両方ともきれいでしょっ。


この記事をはてなブックマークに追加

冷蔵庫満杯

2008-07-18 09:54:34 | 活動
猛暑の中、支援者訪問をしているとこんな暑い中出てきて頂いて申し訳ないやら、有難いやら、、、。定期的な名簿の整理が滞っており、「あれっ、?この辺、昨日来たなぁ」と効率が悪いこと多々あり。完全整理をしてから漏れの無いように出直すことに決める。数日間夜は名簿整理に徹する。

そこで、暑いからこそ゛街頭街宣゛、゛辻立ち゛である。

そういえば、訪問先が全くなかった頃は街宣活動しかしていない時期があった。あの頃を思い出しながら、初心を忘れずにと、15日から昨日まで、朝から晩までぶっ通して街宣活動を実施した。何箇所で行っただろう、数えていない。ただ、水分の差し入れを24本頂いた。゛いくらなんでも、そんなに飲めないって゛と思いながら、頂戴する。お陰で事務所の冷蔵庫は満杯状態。山沿いに行くと、何故か、取れたての野菜とかも随分頂いた。

なんでこんなに感触がいいのだろうと、むしろ疑り深くなる。場所場所でお声を掛けて頂く、リーフレットもはける。なんと、浄財も頂く。有権者は怒っているのだと思う。この声を何としても国会に伝えなくてはならぬ。

今日は涼しいので、支援者訪問の予定。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

やはり、必ず勝たなければならない!

2008-07-14 20:39:30 | 政治信条
モチベーションを維持するには、゛その渦中に身を置くこと゛である。

たったの10分程度の為に、往復5時間以上かけて、3万円の経費を使って何になるとは思うものの、やはり壇上に上がり、小沢代表の総選挙にかける意気込みを目の当たりにすると、ボルテージは上がる。まさに、この為に来たのだという思いが込み上げてくる。

予定候補者とはいうものの、誰でもなれるものではない。この段階までに多くの仲間たちが消えている。彼らの意思をも背負っていくという自覚を持たなければ罰が当たる。そして、これまでに実に多くの方々を巻き込んできた。多くの浄財を頂いた。多くの時間を頂いた。これで当選出来なければ罰が当たる。

選挙は合法的な戦(いくさ)である。戦争もまた国際法に則った戦ではあるが、選挙は命までは取られない。しかし、命以外の犠牲をかけた戦いであることは間違いない。生き様をかけた戦いである。300小選挙区とはいうけれど、たったの300しかない。衆議院議員は1億2000万人の中からたったの、480人しか選ばれない。曲がりなりにも、ようやくここまで来た。そして、3度目のチャンスを頂いた。これが最後のチャンスである。

私は歴史に名を刻む戦に、大阪14区という城をお預かりし、思う存分戦える立場を頂いているのである。まさに人生冥利に尽きる。゛勝って兜の緒を締めよ゛かつて、連合艦隊総司令官東郷平八郎が平時においての心構えをこう訓示した。

心も新たに、明日からの活動に魂を入れ日々勝利のために精進する決意である。やはり、必ず勝たなければならない。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

・・・・・・・。

2008-07-14 16:48:22 | 活動
この時期、昼下がりよりも、午前中の方が人出が多いということで、午前中の商店街に繰り出す。開店前のスーパーに並んでいる人たちに向かっての街頭宣伝もなかなかの反応を感じる。あぁ、この夏、あれもこれもやらねばならない。ここ10日程は自分的には妙に中途半端なことが多く反省。そして、今日も中途半端一日のまま民主党パーティーのためにとんぼ返りの上京。・・・・・・・・・・。

この記事をはてなブックマークに追加

北朝鮮拉致被害者の全員奪還!7.21西日本緊急集会とデモ行進のご案内

2008-07-13 22:01:23 | 北朝鮮問題
以下、イベントのご案内です。皆様のご参加お待ちしております。

----------
北朝鮮拉致被害者の全員奪還!
    7.21西日本緊急集会とデモ行進のご案内

   「今こそ日本政府は本気で拉致被害者を救出せよ!」
   下記のとおり大阪市内で怒りの集会とデモを開催します。
   準備の時間は限られています。これを読んでくださった
   あなたからすぐ仲間に知らせてください。
   関西以外の支援者の皆さんも旗やのぼりを持ってきてください。
   国の内外に私たちの決意を示しましょう。
   一人でも多くの皆さんのご参加を切に訴えます。

 日 時:7月21日(祝・海の日)
      集会は午後2時開場、3時開会~5時
      デモは、会場を5時半に出発(6時20分ごろ解散予定)
 場 所:大阪市西区北堀江4-2-7
      大阪市西区・区民センターホール
      (地下鉄千日前線、鶴見緑地線「西長堀」駅③出口すぐ)
 主 催:7.21拉致被害者奪還 西日本緊急集会実行委員会
 共 催:大阪ブルーリボンの会、救う会兵庫、和歌山ブルーリボンの会
      救う会和歌山ほか
 登壇者:家族会から有本副代表夫妻、増元事務局長夫妻ほか
      特定失踪者家族から秋田正一郎さん、福山はるみさんほか
      西村真悟拉致議連幹事長、荒木和博特定失踪者問題調査会
      代表ほかのみなさん
 デモ予定コース:会場→鰹座橋→西大橋→心斎橋→御堂筋南下→
      高島屋前(これから当局に申請のため変更になることもあり
      ます。)
 企画:参加者の思いを書いた「青い風船」を御堂筋の空に放ちます。
----------
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

猛暑の街頭演説

2008-07-13 21:26:11 | 活動
猛暑とはいえ少々の風がとても助かる。

午前中から街宣車に乗り街宣活動。猛暑の中、ご自宅から出て来て頂くのも申し訳ないということで、支援者訪問をやめて終日街宣を決め込んだ。昼過ぎからは、大阪ブルーリボンの会と西武前で合流。2時間は党を離れてボランティアとしての街宣署名募金活動。その後も、山沿いを中心に街宣活動。

何カ所で辻立ちをしただろうか?少なくとも今日一日、炎天下の下、6時間は街頭演説していたと思う。私は夏場、汗をだらだら流しながらの街宣活動が結構好きだ。ペットボトルの水が何とも美味い。しかし、夕刻は足が少々ガタ付いた。これ以上はまずいと思いようやく終了。

今夜は羽曳野市長選挙開票。明日は民主党大会・10周年の為、昼過ぎから、またまたとんぼ返り上京。

この記事をはてなブックマークに追加

大分県教委汚職

2008-07-12 16:13:39 | 教育
大分県教委汚職、答案など期限前に破棄(産経新聞) - goo ニュース

次々に出てくるこの問題。実は大分県民の血をひく私だが、この問題、親族に聞いてみても、「そんなん、どこにでもあることでは?だから教育がダメなんよ」と、妙なに冷静。しかし、これは実に恥ずべき行為。

っというか、大分県の教育はもうダメなんじゃないかと思う。はもや、どの容疑者がどのように処分され裁きを受けようが、「子供にどうやって説明するんかねぇ」と呟く親族の言葉が心に染入る。生徒が先生を尊敬出来なくなると教育は不可能。

当事者たちが犯したこと、そしてそれらを見て見ぬふりした方々の罪は大きい。どうやって対応するのだろうか?

以下、陳情に関する私の意見。※過去のブログより

----------
議員、行政の利用の仕方・・・正しい陳情のあり方
2007-09-07 10:24:02 / 政治信条
【陳情】・・目上の人に、実情や心情を述べること。特に、中央や地方の公的機関、または政治家などに、実情を訴えて、善処してくれるよう要請すること。また、その行為。(大辞泉)

私の事務所にも、いろいろな相談事、陳情の為に訪問される方がいらっしゃる。基本的に全てお話を聞き、繋げるものは繋ぎ、無理なものは無理とハッキリと申し上げている。

法律の枠組み内で「ナビゲート」させて頂けるものと、所謂「無理難題」、法律の枠を超えて「何とかしてくれ」というもの。「何とかして欲しい」という陳情にも2種類あるということである。

前者において国民は、議員、行政を徹底的に使えば良いとおもう。私も積極的にネットワークを使って相談に乗らせて頂いている。というのは、特に行政に係わることは、何処に相談に言ったらよいのかが実にわかりづらい。私でもわからないことが多く、時には行政の側もわからなかったりする。俗に言う「たらい回し」である。ここにナビゲート役がいればよろしい。議員事務所から相談に伺えば先方に何を言うこともなく丁寧に教えてくれるものである。言葉は悪いが「知ったモノ勝ち」のようなところがある。「何だ、こんなよう方法が認められているのか」。しかし、それが広く一般に知らされていない。知らせなければならないが、ありとあらゆる行政の案件を、全部知らせ切ることには限界がある。これが実に悩ましい。

行政に係わる案件の対応をしていると、時々行政の側の不勉強を感ずることがある。最たる事例は、年金安心ダイヤル。全くの素人さんに対して、付け焼刃の勉強で国民年金と厚生年金の区別すら付いていない。そんな担当者が電話口に立たれても、こちらとしては如何ともし難いし、その人も気の毒である。対応をしていますよというポーズのための窓口なら全く意味がない。クレームが増えるだけで、無い方が良い。

後者の場合、これは「出来ない」と申し上げるべきである。よく言われる「交通違反を何とかしてくれ」。私の事務所でも接する機会がありお断りしたところ、「アホかっ、役立たず!」とのたまわれ、呆然としてしまったことがある。

法律の枠を超えて、時には違反して何とかしてしまう。これが陳情と勘違いしている政治家が多いよなぁ。これこそが世の中の不公平の源である。これがまかり通ると、特定の政治家や、行政と繋がりのある人が、ルール違反をして得をする。何のお咎めもない。

今までの自民党政治の中では、おそらく当初は、前者の「ナビゲート」から、何時しか「無理なことを、何とかしてしまう」へと、やっていることの認識が麻痺してしまったのだろうと思う。議員に頼む、議員は何とかしようとする、行政に何とかしてもらう、議員が行政への監視が効かなくなる。主導権は行政が握るという構図が生まれた。

ところが、平成の時代、予算も限られ、監視も厳しくなり、今まで何とかできていたことが、出来なくなってきた。よって、政治家は無能、政治離れ、という構図も一部にはあるのではないだろうか。

ただ、一部にあるであろうこの構図は正さなければならない。政治家の役割とは何か、国会議員ならば、法律を作ることであり、口利きをすることではない。行政の役割、そして、国民の議員や行政の利用の仕方も変化していかなければならない。

勿論、法律が時代に則しておらず、陳情の内容が妥当であるならば、法律を変えていく。これもまた、あるべき姿である。
----------
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加