長尾たかしの・・・未来へのメッセージ

自民党衆議院議員長尾たかしのブログ。平成11年からネット上で情報発信を継続。サラリーマン生活を経て政界へ。

母親の一念

2004-11-29 10:05:02 | 北朝鮮問題
14区定期大会も終わり、週末は様々な会合に出席、多忙だった。

昨日は近鉄八尾駅前で、いよいよ12月11日に迫った拉致被害者を救う救援集会に向けての署名運動、チラシ配布、演説会を行った。

有本恵子さんのご両親、明弘さん、嘉代子さんも署名運動、演説に参加して頂いた。

母親の我が子を思う切々たるメッセージは多くの通行者の足を止めていた。5メートルくらい先で涙を流し耳を傾ける人が5人ほどいた。ご両親へは暖かい言葉がかけられていた。お二人との少々前のめりになった後姿。もう若くない。被害者家族の高齢化が我々の心を焦らせる。

「恵子を、もう一度強く抱きしめたい。」
「めぐみちゃん、お母さんが必ず助けてあげるからね。」

母親の一念は被害者だけでなく、我国をも救ってくれると確信している。  

この記事をはてなブックマークに追加

窓口は国家安全保衛部でなければならない

2004-11-16 10:05:47 | 北朝鮮問題
話し相手が違う。警察に当たる人民保安省のトップが出てきても、情報がないのは当たり前。そこからコンテナ7個分の資料が提供されても推して知るべし。

国家安全保衛部が窓口でなければならない。藪中局長もさぞかし無念であっただろう。

我国はこの様な状況の実務者協議をいつまで続けるつもりなのだろうか。政治の不作為を野放しにした結果を尻拭いするには、相応の覚悟と強固な姿勢が必要である。

政治が、行政がだらしないならば、国民一人一人が主体的に動き、世論を盛り上げるしか方法はない。

この記事をはてなブックマークに追加