長尾たかしの・・・未来へのメッセージ

自民党衆議院議員長尾たかしのブログ。平成11年からネット上で情報発信を継続。サラリーマン生活を経て政界へ。

共済年金の優遇性・・・秋の臨時国会で阻止しなければならない官民格差

2007-06-28 10:26:43 | 社会保障・税
参議院選挙がこれからという時、秋の臨時国会の話というのも如何かと思うが、与党が提出する予定の「年金一元化法案」、これ、トンデモナイ。

民主党のそれと混同することを狙っているのかはいざ知らず。官民格差をここで許すわけにはいかない。こんな法案を準備していることを参議院選挙の前に、暴露しておかなければならない。

現在の年金財政の中には、とりあえず剰余金のような勘定が存在している。今後は取り崩す一方なのだろうが、年金支払ベースで、厚生年金で5.5年分、共済年金で9.9年分のお金が貯まっている。年金制度とは、助け合いの精神、相互扶助の精神が基本であるから、一元化する場合、結果として国民年金の損失分を他の年金勘定でカバーしようというのが本筋である。が、この法案では、共済年金の4.4年分は、同じ勘定に入れずに、別途確保しておいて、公務員の支払に当てさせるというものである。

要は、5.5年分は犠牲にしてやっても良いが、4.4年分は資金合流をさせたくないというものである。

そもそも、国民年金が赤字になった原因はどこにあるのだろうか。公共の福祉という名目で無駄な施設をつくり、天下り先を確保した。その多くは破綻。原資には、共済年金を使わない。国民年金、厚生年金からの無駄遣いをしているのは誰なのか?それらに携る公務員である。

自民党政治は役人によって支えられている。自民党は民主党と自治労との関係を指摘しているつもりだろうが、民主党はこの法案については官民の格差をつけてはならないと毅然とした政策提言をするだろう。改革という名のまやかしをどこまで続けるつもりなのだろう?
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

集中力

2007-06-28 10:02:16 | 活動
・・・が、続かない。お疲れ気味です。必死になっている集団に消極的な分子が入り込むと、物事への取り組み力が減退する。逆にならんもんかなぁ。

おいっ、挨拶くらいしっかり出来ないかっ、コラッ。悲しい大人が多すぎる。

この記事をはてなブックマークに追加

週末~本日まで

2007-06-25 16:56:23 | 活動
ようやく、参議院選挙の準備が整う。関係諸団体との打合せを29日に終え、あとは計画通りきっちりと実行すると同時に、世論の反響をじっくりと分析しつつ、微調整。

衆参同時の噂も囁かれているが、その時にも備え土曜日には、後援会の役員会を開催。拡大役員会として役員を中心に約90名の方々にご参加を頂く。本部役員の方々には甘えっ放しの今後になろうかと思うが、やるべきことはやっておかねば、、、。

日曜日は久し振りのオフ。女房、子供達を連れて八尾市民祭りに。各ブースにお邪魔するも、参議院選挙の話になったり、年金問題の話になったりで、結局はオフにはならない。女房曰く「パパも随分声が掛かるようになったね。一昨年辺りまで、全然だったもんね。」確かに、昨日は10m毎に声を掛けて頂いた。これもまた、お陰さまという事である。

今朝は、JR久宝寺駅前でたっぷりと90分演説をした。当然普段と視線が違う。期待感と失望感、いい加減にして欲しい、民主党よ、もっとしっかりしろっというものが多かったように思う。

今週は、29日の総合選対の設立(遅ればせながら)の為の最終調整。同時に、自分の衆議院選挙の為にもいろいろなご提案をさせて頂きつつ、人の選挙を自分のために利用。

今日は夕刻から、尾立議員のパーティーへ参加予定。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

国会でもルールが無視されている・・・2

2007-06-22 10:48:40 | 国会
ここ数日、ブログが「ヤッツケ仕事になっている」という自戒の念を理解しつつ、本日も引用文ばかりのブログ。

以下、前回に続き、懲罰委員会の前後に関する詳細について、鳩山幹事長談。
-----
 それもひどい話ですが、問題はその内容だけでなく、そのやり口です。懲罰委
員長は民主党の横光議員で、彼は内山君の処分について、議員の身分の問題だけ
に与野党双方の意見がまとまるよう公正に指示していました。自民党は公正に進
められると自分たちの意見が通らないので、横光委員長を代えたいと思いました
が、懲罰委員長は常任委員長ですので、代えるには本会議で解任決議を通さなけ
ればなりません。それはおおごとになってまずいと考えて、委員長が開会しない
と決めた懲罰委員会を与党だけで開き、委員長の不信任を勝手に決めて代理を置
き、懲罰の内容まで決めてしまったのです。これではまるでファッショ(fascio)
です。

 私は他の野党の幹事長と共に河野衆議院議長のところへ赴き、事情を説明し、
懲罰委員会の無茶なやり方を認めて本会議でこれを追認してしまったら国会の権
威がまるでなくなってしまうので、本会議への上程を止めて議長の権威で懲罰委
員会に差し戻すように求めました。河野議長は、「私もこれはあり得べからざる
ことと思う」と述べ、「議院運営委員長とよく相談します」と答えられました。
しかし、「議長に権威がなくてね」とポツリと話されましたので、大きな期待は
出来ないとも悟りました。立法府が行政府の意のままに動かされてしまうのでは
議会の権威はあったものではありません。

 その後、河野議長から電話があり、「自分に出来ることは、横光委員長が自発
的に辞表を出してくれれば、新しい委員長を自分が指名する。その新懲罰委員長
の下で本会議場で内山君の登院停止を決めさせてくれ」との提案でした。予想さ
れたとはいえ、河野議長は完全に自民党のペースに乗って結論を出されましたの
で、こんな裁定は受け難いとして、河野議長に対して議長不信任決議案を出さざ
るを得ませんでした。
-----

この電話、情けないっ。

この記事をはてなブックマークに追加

お詫び

2007-06-21 20:40:55 | 活動
メールを沢山頂いているのですが、返事が全然出来ていない。申し訳御座いません。25日過ぎましたら、パソコン前での仕事も増えてまいりますので、今しばらくお待ちを、お許しを、、、。

この記事をはてなブックマークに追加

井戸

2007-06-21 10:26:55 | 政治信条
「一緒に井戸を掘った人たちのご恩は忘れるな」。亡き父の言葉。これを守れる人間になりたいし、皆がそんな思いでいる輪の中にいれたら良いと思う。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

国会でも、ルールが無視されている

2007-06-20 17:24:32 | 国会
悪事は裏でこっそりと行うもの。最近は、表で堂々と平然と行われている。これは、国会内でも同じことのようだ。

以下、党内報告より、
-----
懲罰委員会において、民主党から出ている横光委員長に対して与党が不信任動議を出し、わが党の内山議員に対する懲罰を、委員長がいない中で島村与党理事が代理をやり、そこで採決をし、今日の本会議にかけるということだ。

本会議で決めた懲罰委員長を委員会で解任することはできない。解任されていない懲罰委員長が存在しながら、委員長でない人間に報告を求めて押し切ろうとするのは、もちろん衆議院そのものの問題でもあるが、一部報道にもあるように、参議院における質疑でも場合によっては同じ事をやるぞという脅しとしての効果も狙っていると言われている。まさに一定のルールの中で運営されている国会で、それを破ってでもやろうとしている。

過去には一度も例がないかと思っていたが、一つだけ60年前にそういうことがあったそうだが、翌日には衆議院が解散になっている。そのくらいの混乱の中でかつて行われたことがあるというだけだ。この問題がまさに政府・与党の問題だけではなくて、国会の中のルールを破ってやろうとしている意味で、大変に大きな問題だ。
-----

これ、ニュースで全然取り上げられているないことが実に不思議。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

馬鹿にされ加減

2007-06-19 11:29:51 | 社会保障・税
キャスター「与党は、国会を延長して、年金問題のほとぼりが冷めた頃選挙をすればいいと思っているようですよ」

室井佑月「国民の馬鹿にされ加減が、超ムカつくッ」

彼女のコメントは共感できる。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

国防の覚悟とは

2007-06-15 10:03:27 | 安全保障
中傷メールには反応しないようにしているのだが、メールだけでなく、巷で語られていることに憤りを感じている。「長尾たかしは、北朝鮮に自衛隊を投入し、軍事的攻撃をしてでも、拉致被害者を奪還しようとする、危険な戦争賛辞論者である」・・・アホか?!

そもそも、戦争と拉致被害者奪還のための手段を比べること自体がナンセンス。たしかに、上記のような手段をとるべきだと主張する人が、私の周辺にいることも事実。しかし、わたしは、「その手段」も全くナンセンスだと思っている。

長尾たかしも怖気づいたか?・・・・違う。

目標や、その周辺情報が全く存在しない状態で、自衛隊を投入し、どうやって拉致被害者を奪還するのか?ナンセンスである。私は現実論を申し上げている。

北朝鮮のミサイル発射で議論された、「敵基地攻撃論」。残念ながら、現実の問題として、自衛隊には、「戦力投射能力」が全く存在していない。戦略兵器や陸軍などを上陸させ、敵国を制圧する能力を保有していないのである。この前提を無視して、敵基地攻撃論を論じることはナンセンスである。

中途半端な国防論はそれこそ国民の命を危険に晒す。同時に、自衛官の命を何と心得る!っと、申し上げたい。

国防の覚悟とは・・・小川和久氏の言葉を借りるならば、「自国の防衛のためだろうと他国への侵攻であろうと、日本として戦争を始める覚悟。敵地に攻撃を仕掛け、敵の意図をくじくには、その目的を達成した時点で戦争を終結させるシナリオと、それを実現させる軍事力が必要なのです」。その覚悟が今の日本にはあるだろうか。

そして、その覚悟を持とうとしても、おそらくアメリカがこれを許さないであろう。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

消えた年金問題・・・この時既に、、、

2007-06-15 09:07:32 | 社会保障・税
昨年の11月25日、八尾で開催したタウンミーティングに長妻昭衆議院議員をお招きしていた。話題の中心は、年金問題。そして、この時既に「消えた年金問題」を議論していた

この記事をはてなブックマークに追加

本気で解決する気、あんの?

2007-06-14 10:38:22 | 北朝鮮問題
現場は相当混乱し、ガッカリしていると思う。

-----
元公安庁長官宅を東京地検が捜索朝鮮総連本部購入>
(毎日新聞 - 06月14日 03:34)

 在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)中央本部の土地・建物が売却された問題で、東京地検は13日、購入先の投資顧問会社「ハーベスト投資顧問」の代表取締役を務める元公安調査庁長官、緒方重威(しげたけ)氏(73)の自宅(東京都目黒区)などを公正証書原本不実記載の疑いで家宅捜索した模様だ。

 中央本部の土地・建物については、所有権の移転登記は済んでいるものの、緒方氏の会社からは約35億円とされる購入代金の支払いは完了していない。同地検は、中央本部の土地・建物が債権者から差し押さえられる事態を避ける目的で、仮装売買が行われた疑いがあるとみて、家宅捜索に踏み切ったとみられる。

 緒方氏の自宅は、「ハーベスト投資顧問」の所在地にもなっている。緒方氏は13日に会見し、同社が実体のないペーパーカンパニーであることや、購入資金の調達のめどが立っていないことを自ら認めていた。

 緒方氏は公安庁長官のほか、仙台高検や広島高検の検事長も歴任。退官後は弁護士をしており、緒方氏の法律事務所(東京都港区)にも捜索が入った模様だ。

 朝鮮総連中央本部の売却問題は、公安庁長官も務めた大物検察OB宅に地検の捜索が入る異例の事態に発展した。
-----

緒方氏の記者会見を見たが、やたらと心情的な言葉が多かった。弁護士っぽいなぁと思っていたら、やはり弁護士だった。弁護士ではあるが、いやしくも元公安調査庁長官。「法律家」であってはならない。在日朝鮮人にとっては、朝鮮総連が祖国としてのよりどころと言う面を否定するつもりはない。しかし、在日を欺いているやも知れない朝鮮総連を監視することは、それこそ在日を救うことになるのではないか。

朝銀にどれだけ税金、血税が投入されてきたことか。税金だけではない。騙されているとも知らず送金を繰り返してきた在日朝鮮人。祖国に人質をとられ強制的に送金されている人もおそらくいるはずだ。朝鮮総連を通じて資金が湯水の如く流れていった疑いがあるのだ。整理回収機構から約630億円の返還を求められた訴訟で敗訴した場合の、差押を回避するために緒方氏が一肌脱いだのか?また、32億円の支払も済んでおらず、仮想売買の疑いもある。朝鮮総連担当弁護士が緒方氏と弁護士研修時代同期だったという報道も目にした。

「あなた一体誰の味方?」

ところで、逮捕状が出ている拉致事件容疑者について。国外移送目的略取と国外移送の疑いで再度逮捕状を取得し、辛光洙を国際指名手配し、北朝鮮に身柄の引き渡しを求めている。また、蓮池さん拉致では、北朝鮮の諜報機関「対外情報調査部」の指導員、「ハン・クムニョン」と「キム・ナムジン」に逮捕状。しかし、現在ノウノウと、北朝鮮内で暮らしている。渡辺辺秀子さんの2児拉致事件で、「洪寿恵(ホン・スヘ)」こと木下陽子容疑者に逮捕状。木下容疑者は北朝鮮在住。そして、昨日、石岡亨さんと松木薫さんを北朝鮮に拉致された事件で、日航機よど号ハイジャック犯の元妻、故田宮高麿・元赤軍派幹部の妻、森順子容疑者と若林盛亮容疑者妻、若林佐喜子容疑者に逮捕状。

「捕まえることが出来ないと思われる容疑者に逮捕状を出して何になるの?」と思うのは私だけだろうか。

捕まえなければいけない人間は、ゴロゴロしてるだろっ!!鶴橋の李三俊元在日朝鮮人大阪府商工会役員。家宅捜査を受けただけで、何故逮捕しないの?青森に流れ着いた脱北者。どう考えても彼等は金持である。茨城で手続きする暇があったら、徹底的に調べろっ、と思っているのは私だけではないと思う。

当局の幹部の皆さん。現場は混乱していると思う。「どうして現場ばかりに血が流れるんだ!」という台詞の映画があったが、現場だから血が流れるのは仕方がない。みなそれを飲み込んで現場で汗を流しているのだと思う。幹部が「何かに気を使って」動くことで、本気で解決する気があるのか疑いたくなる。そして現場の人たちもそういう視線を浴びてしまう。

しっかりして欲しい。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ノルマ世界人生を振り返る

2007-06-12 09:41:08 | 社会
ノルマ世界に生きた元サラリーマンとして、「ノルマ主義のどこが悪い?」と、断言してしまおう。ただ、そこには前提がある。ルール違反をしないこと、ノルマが適正であることである。

民間企業というのは利益が上がらなければ成り立たない。どこから見ても一皮二皮、最後まで皮を剥けば、基本的には利益主義なのである。では、何が問題を引き起こすのか?ルールを無視して利益を出そうとする輩が出てくるのである。ルールを無視すれば公平性が失われる。ここが悪なのであって、利益主義自体が問題なのではない。

利益主義を止めたらどうなるのか?民間企業として成り立たない。誰が何と言おうと、成り立つはずがない。

ノルマとは何か?目標ではない必ず達成しなければならない数値目標である。ここで重要なのは、ノルマの目標設定である。達成できるか達成できないか。その判断はノルマを課する側の責任となる。課せられた側には能力の差がある。所謂、出来る人とそうでない人。ここに同じノルマと言うのも不公平である。このあたりのサジ加減が労務管理の重要なところになろう。

ボーっとしていて達成できるノルマなら意味がない。ノルマは助走してここまで飛びたいと「望める数値目標」、遥か彼方ではなく「後姿を捉えられる数値目標」でなければならない。

数値目標の設定。これが蔑ろにされていると思う。利益主義が悪ではないのだ。多分ここに優良企業と不良企業の差があると思う。

ノルマを課されると苦しい。しかし、それが達成できたときの喜びは計り知れない。仕事が出来る部下にはドンドンしんどい仕事を課していくという、組織論の原理原則は正しいと思う。そこには、評価の差が生まれるが、それは「格差」ではない。生きとし生けるものすべてに存在する能力の差である。これを評価しなければ、誰もが頑張らなくなる。平等主義の悪である。

因みに、私が最も、仕事がしんどく、過酷で、理不尽で、数字に追われ、辛い時期と言うのは、最も充実感、達成感があった時期と重なる。当時会社で全国でその名を知られる「鬼支社長」に仕えた2年間である。我々部下には数値目標しか言わない。言い訳を許さない。厳正なる「信賞必罰主義」。しかし、人に対して一律主義ではなく、オーダーメイドの接し方をしてくれていたのだと思う。一寸自慢話になるが、そのお陰でその年、全国年間表彰の中で「優秀営業所特別社長賞・金賞」を受賞させて頂いた。

私にとって、ノルマ世界人生は自分を鍛錬する上で大変有難いかけがえのない時期であった。

ワタミの渡邉社長が「うちならすぐ黒字ですよ」と介護事業で得るであろう利益の話をしていた。しかし、これを誰も非難しない。折口会長は介護で利益を得て非難される。この違いは経営者として企業に課する目標設定のあり方の違いなのだと思う、、、今のところは、、、。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

コムスン問題・・・評論家って何様?!

2007-06-11 13:04:36 | 社会保障・税
また、評論家の糾弾会が始まった。

コムスンの不正請求は許し難い行為である。厚生労働省の処分を回避するために、譲渡手段に打って出たことも、社会通念上、理解し難いことも確かである。折口氏の説明では理解できない。ある種の責任逃れの感が否めない。企業人としてのけじめをつけなければならないと思う。

しかし、しかし、「介護ビジネスで儲けてはならん!」とは、さて如何なものか。本来ビジネスとは儲からなければ、金も集まらない、人も集まらない。介護対象者を儲けの対象ににしてはならんっ!というならば、全て国家が面倒を見るシステムを構築するだけのこと。それが出来ないから、民間が補完しているのではないか?

「そんなビジネスをする会社にはもう頼みたくない」とコメントするあなたはそうかもしれないが、コムスンにはいろいろな問題があれども、65,000人という利用者が現実に存在しているのだ。介護事業者としてある一定の貢献度があると認めることなく、コムスンの存在そのものが悪であるかのように吹聴するムードが気に入らない。他社にはない24時間体制を組むには大変な苦労があるだろう。金も必要だろう。他社のサービスに比べてより良いものを提供するために工夫も必要だろう。業績主義?民間企業である以上当然である。それを糾弾するならば、介護事業に民間の参入を認めてはいけないのではないか。いまさら、ソモソモ論を聞くとは思わなかった。

今回の事件で、コムスンの利用を継続するも、止めるも、利用者が判断することであるし、商売と言うものは、そういうもので、わかったようなことを喋り捲る時には偽善的なコメンテーターが口を出すことではない。それから、元コムスン従業員を名乗る匿名の人物がコムスンの内情を暴露しているが、コメントが実に幼いし、甘っちょろい。社会人として甘いんだよなっ。それをフンフンと納得したように頷いている連中。甘いっ、甘いよっ。

日本のマスコミは、大金持ちが嫌いである。そして、スーパーエリートが嫌いである。しかし、その大金持ちとスーパーエリートを排除して、世の中が成り立つであろうか?

違反に対して厳正なる厳しい処分をする。議論はそれだけでいい筈である。

コムスン難民を出すな?あなたのその発言がコムスン難民を作ろうとしていることに気づけない、あぁ、お気の毒。評論家って何様なの?

それから、マスコミ。企業経営者の糾弾会を報道している暇があったら、全ての日本国民に直接関係する年金問題をもっともっと報道して欲しい。

気になる記事

-----
「消えた年金5000万件」に続いて新たに1430万件の入力漏れがあったことが先週、明らかになった。折も折り同じ厚生労働省管轄の「コムスン」が介護保険料を不正に取得していたことも先週、明らかにされた。「コムスン」が怪しいことをやっているというのは、何年も前から言われていたことだ。厚労省が実態を把握していないはずはない。

 「コムスン」はあまりにもタイミング良く、白日のもとに放り出された感がある。参院選を来月に控え、「年金問題」で厳しい立場に立たされている与党が繰り出した「目眩まし」と見るのは穿ち過ぎだろうか。
-----
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

再度の告知・・・明日、第18回タウンミーティングを開催します

2007-06-11 11:33:47 | 活動
※再度の告知です。

過去のタウンミーティングの様子

第18回タウンミーティングを開催します。皆様のご参加心からお待ち申し上げております。

日時 平成19年6月12日(火)
    午後7時~8時30分まで
場所 八尾プリズム小ホール

当日は、夏の参議院選挙大阪選挙区での取り組みをしている、梅村さとし氏を迎え、民主党14区総支部所属議員全員が参加します。入場は無料です。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

二大政党制の基本

2007-06-08 12:53:39 | 国会
何度でも申し上げたい。

「憲法・外交・安全保障で一致している二大政党制」を構築する必要がある。

政権が変わる度に、憲法改正?政権が変わる度に外交方針の軸が変わる?政権が変わる度に自衛隊の再編成?・・・これは考えられない。

これ以上に特段、省く言葉も無ければ、付け加える言葉も無い。これが私の考える二大政党制の基本軸である。

だから、憲法問題は大切な議論ではあるが、選挙の争点には成り得ない。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加