長尾たかしの・・・未来へのメッセージ

自民党衆議院議員長尾たかしのブログ。平成11年からネット上で情報発信を継続。サラリーマン生活を経て政界へ。

その瞬間が幸せの時!

2015-05-03 09:34:44 | プライベート
大阪市内公共交通機関、家族連れ多いなぁ。そりゃぁそうだ、GWですから。

背広、俺だけだ(-_-)

我が子が小さかった頃、子供の写真をバシバシ撮っている自分が好きでした。

もう、なかなかそれも叶いません。

連休中、
高1の長女は中学から引き続き、虎の穴の様な吹奏楽部一筋。

中3の長男は、剣道に明け暮れ、なんとなんと、深夜まで勉強しとる(O_O)

明日くらいは、義母も誘って夕飯でも食べようと提案中。回答は夕刻の予定、チョッとドキドキ(・・;)

世のお父さん達!家庭サービス頑張ってください!その時が幸せの瞬間です!

この記事をはてなブックマークに追加

小六の長男と「永遠の0」を観に行きました。

2013-12-30 10:47:38 | プライベート
敢えての、2日間ネット遮断。定期的にやっているのですが、結構頭がスッキリとしますし、机の上が片付きます。情報過多の時代です。皆さんにもお薦めします。たまには良いですよ。

一昨日「永遠の0を見に行こうっ」と、小六の長男が言うので二人で見に行きました。私は既に見ていましたので2回目。妻を誘うと「号泣するのがわかっているから年内に一人で行く」といい、中二の長女は「パパといくと解説が多そうだからママといく」といいます。

「どうだった?」
「うん・・・・」
「戦争で亡くなった人達に感謝して、一生懸命生きないといけないね」
「うん・・・・」
帰りは二人で黙って手を繋いで帰りました。

長男はあの分厚い原作を読め始め、映画とここが違うと話しをしてきます。零戦のプラモデルが、二一型、五二型が増えています。

また観に行くつもりのようです。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

今日から師走です。

2013-12-01 13:20:01 | プライベート
今日から師走です。大阪寒いです。

地元支援者訪問の際、困ってしまうのは、自分が次、「どの土俵」で国政復帰するかが「確定」していない事。何処で頑張るかを明示出来ないこのモドカシさ。

しかし、党員歴1年(この12/13で)の新参者。ひとりの党員としての雑巾掛けの必要な時。新しい環境を選択したのですから、捨てなければならないものもたくさんありました。

ゼロからのスタートを覚悟した訳で、積み上げるしかありません。

流れから見れば「衆」となりますし自分もそのイメージですが、それだけでなく、「参・地」「参・比」の選択肢も検討せよとの提案も頂いています。

ただ、今、「どの土俵を選ぶか?」これを決める必要はなく、国政は仮に選挙区から選ばれていたとしても、国会議員は全国民の公僕です。ならば、確定してない時だからこそ、全国を動いてみようと心に決めました。

一ヶ月の半分は大阪におりません。

心苦しい部分もあるのですが、地元では見る事が出来ないあらゆる事を見てみようと思います。実は海外留学も考えたのですが、お陰さまで、日本国内、いろいろな御用を頂いているので、目の前の事によろこんで関わらせてもらおうと思います。

今日は、これから京都へ参り某所で1時間講演。すこし紅葉でも見て来ようかなぁ。夜は吹田で忘年会。

この記事をはてなブックマークに追加

「風立ちぬ」を見た

2013-09-15 21:01:57 | プライベート
映画「風立ちぬ」を見ました。保守系から寄せられる意見にあるような、左翼的煽動は全く感じられなかったというのが印象です。

「"風立ちぬ"といえば、松田聖子」の時代に育ちましたが、私にとっては、堀辰雄の「風立ちぬ」でした。梶井基次郎の「檸檬」を思い出し、久し振りに繊細な純文学に触れた感じた気がします。

勿論、ツッコミを入れたい気がなかった訳ではありませんが、堀越二郎も「堀辰雄の風立ちぬ」の中での主人公という印象がありました。強いてメッセージ性を感ずるとすれば、時代の先端技術が平和利用されるか軍事利用されるかの問題提起は込められていたと思いますが、ネットの相当割合で評されているような映画ではないと思いました。

曇りなく、美しい映像を眺め、特別ではないその瞬間瞬間の有り様を、スクリーンをとおして考えることも宜しいのではないかと。「終戦のエンペラー」よりも、すぅ~っと入ってくる映画でした。

私はお勧めします。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

高砂秀一さんのこと

2013-08-27 22:42:01 | プライベート
数ヶ月前、重篤であることをこっそりとご親族から聞いていました。お見舞いは遠慮させて頂いた方が良いということで日々過ごしておりました。先月、回復に向かいつつあるとお聞きし少々安堵しておりましたが、ご長男の宗希君から留守電。嫌な予感がしましたが、的中しました。

11年前、地元のことが何もわからず、何のご縁もない時、宗希君を通じお世話になりました。たくさんのご友人や企業をご紹介下さいました。

訳もわからず、あれよあれよと一回目の選挙に突入し、惜敗した時、私もお金がなくなり、本当に苦しい時、ご挨拶に伺ったところ、何も言わずに、「これっ、使いなさい」と、浄財を下さいました。手提金庫の中にあったお札を全部下さったと思います。領収証の金額が切りのいい数字ではなかったのでこれを覚えています。会社の経営が決して順調ではなかったときのことです。涙が出ました。

その後も、大きな集会にも、小さな集会にも、動員が上手くいかなくて"サクラ動員"の時にも、初当選の時にも、離党の時にも、無所属選挙突入の時にも、サプライズ公認の時にも、惜敗の時にも。いつもそこにいて下さいました。

大切な人が、逝ってしまうこと程、不安で寂しいことはありません。でも、高岡さん、坪内さん、川合さん、山脇先生、ちーチャン、石崎さん、碓村さん、西川さん今でもみんな私の心の中に生きています。

ご人徳を感じさせる、大変な多人数で、本当に立派なお葬式でした。宗希君も、立派に喪主を務めたと思います。砂秀一さん、眠るようなお顔でした。今日お別れしましたが、砂さんは、私の心に生きています。

ありがとうございました。

これからも長尾たかしを見ていて下さい。必ずご期待にそうことを誓います。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

時には凧上げに学んでみる。

2013-01-13 00:00:37 | プライベート
昼過ぎ、長男を連れて大和川河川敷で凧上げをしました。風がなく心配でしたが、予想どおりなかなか上がりません。ふと、亡き父親に子どもの頃凧上げに連れて行ってもらった時、父の言葉、というか、凧上げのコツを思い出しました。

風がない時は、走っている時だけしか上がらない。それはそれで楽しいけれど、凧上げにはならない。風がある時は、走らなくても風を受けて、少しずつ糸を延ばしていけば自然に上がる。この時、糸の張り具合に気を使う事。緩むと風を受けなくなる。張りすぎると上昇を妨げる。少しの風でも、その上に上昇気流があればそこまで頑張って走りながらそこまで凧を引上げていく。上昇気流がそこにあるかないかは上げてみないとわからない。要は、風をどう読むかという事。

なんてことを、今自分が、小5の長男に伝えているのです。人生も同じかなぁとふと思いました。闇雲に頑張る事、時には大切です。無駄にはなりませんが、走るだけではその場だけの事。追い風ではなく、向かい風という風を受けなければ凧は上がりません。風を待つ事、風を読む事も必要なのかなぁと。

検討の結果、息子とは、明日(13日)午前中、再度挑戦する事としました。
コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

ゆるい話し

2012-02-28 15:34:47 | プライベート
最近、ブログよりも、Facebooktwitterに書き込みをする事が多くなっている。また、ブログ内容が厚生労働問題から遠く離れてしまっているような気がしないでもない。たまには軽い話題で・・・・。

実は昨晩FBに記した事。愚息に対して多数お褒めのお言葉を頂き、気を良くしているのですが、、、、。まぁ、とりあえず読んで頂きたい。


(貼付け開始)

愚息の事。以下、嫁からのメール。
-------------
◯◯◯が
首怪我してきた

友達が
鬼ごっこで
ズボンに
穴があき
それを恥ずかしがってるから
内緒にしておこうということになって

それを
別の男子が
教えろやー
としつこくきいてきたから、

やめろやと止めたら

キレて◯◯◯の首
引っ掻いてきた

首に
傷たくさん

だけど
やり返さず

許してあげたって
--------------

家に帰ったら、抱きしめてあげようと思う。
まっ、寝てるかっ。
ダメな父親です。

(中略)

何の気なしに記した事にたくさんのいいね!を頂き恐縮です。実は息子、空手をやっておりまして、いろいろと学んだのだと思います。試合では上級生相手に鼻血を出しながら戦っておるようであります。武道は家庭では教えるのが難しい「作法」を叩き込んでくれます。親バカ、失礼致しました。

(貼付け終わり)


頂いたコメントは、FBで読んで頂ければと思うが、帰宅時にはもう息子は寝ていた。偉かったねぇと寝顔を見ながら褒めていたところ、嫁との会話。

長尾「ほぉ、チョッと凄い怪我だね」
嫁「やり返さずすぐ仲直りしたんだって。その子のお母さんからお詫びの電話きたよ。まっ、子どもの喧嘩だから勲章だね。」
長尾「仕返ししなかったのは偉かったね」
嫁「でも、欲しい◯◯カードくれたら許すって話ししたらしい」
長尾「・・・・」
嫁「・・・・」
長尾「それって、カツアゲじゃんっ」
嫁「◯◯◯はクラスで一番体デカイし、空手やってるの皆知ってるから」
長尾「手を挙げればボコボコにされること、恐れたって事か」

ただ、カードは見せてもらっただけで、取り上げはしなかったという事で、とりあえず美談に終わりそう。(笑)





コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

一番大切なもの

2009-06-14 09:27:07 | プライベート
昨日は参観日だった。一番大切なものは何?の質問に、家族と答えた我が子。とりあえずこの点については、親子共に合格点としよう。いつまでも家族が仲良く過ごせること。一番大切なことは、特別なことではなく、ありふれた日々のありふれたことに感謝出来ることだと思う。そんな大人になって欲しい。

この記事をはてなブックマークに追加

御礼

2009-06-01 09:38:04 | プライベート
葬儀、お別れ会など一切が終わりました。ご会葬いただいた皆様、本当にありがとうございました。母の遺骨、父の位牌などなど一切を八尾に持ち込み選挙に突入です。今後ともよろしくお願いいたします。がんばります。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

母との別れ

2009-05-24 23:50:27 | プライベート
母が亡くなりました。危篤の報を聞いて大阪からかけつけました。明け方四時半から午後三時十三分まで、ずっと手を握って見送ることが出来ました。この十日余り後援会、事務所スタッフには留守をしっかりとやって頂き心から感謝。明日の通夜、明後日の告別式とまだ地元に帰れませんが、しっかりと務め帰ります。
コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

餃子

2009-05-17 19:45:33 | プライベート
自宅での夕飯。包み、焼きなど長尾たかし特製です。

この記事をはてなブックマークに追加

亡父が青春時代を過ごした街

2009-05-06 00:45:48 | プライベート
江田島自衛隊を少々見学し大和ミュージアムへ。そして今晩は、山口県湯田温泉に宿泊。昨日の民宿は4人で1万2000円という異常なまでにリーズナブルだったが、今宵はすこしふんぱつした。山口といえば、亡父が大学時代をすごしたところ。旧制山口高等商業は今の山口大学経済学部にあたる。今回で私は3度目の山口。当時の面影など何もないのだろうが父の青春時代に思いをはせながら街を歩いた。秋吉台周辺では五月晴れの元、自然を満喫した。子供達は大自然の巨大な芸術にあっけにとられていたようだ。

この記事をはてなブックマークに追加

広島道中

2009-05-05 00:36:49 | プライベート
実は長尾たかし事務所は3日から6日まで思い切ってお休みとしている。っということで、ただ今、広島は江田島に家族と民宿に宿泊中。原爆ドーム、広島城、宮島を見て、平和について学んだ。小学4年、2年の娘息子には少々難しかったかもしれないが、家内の指導よろしく事前学習の効果もあり、平和を維持するということは゛平時にこそ有事に備えるということ゛で、゛何もしないことではない゛ということが理解できたようだ。

この記事をはてなブックマークに追加

休日

2009-03-22 06:26:47 | プライベート
先月亡父13回忌で、久し振りに孫に会った我が母。孫に会う喜びの笑顔と同時に一寸迷惑そうな表情も。87歳にもなると、孫に会えるのは嬉しい、しかし帰るともっと嬉しいというのが本音だろう。10分が限界のようだ。それほど子供は元気である。

昨日一昨日と事務所を休日とした。昨年9月以来初めてのことである。よって、私も家庭サービス。一昨日は、みさき公園へ行きもうクタクタ。昨日は近所の公園でクタクタ。長女はローラースケート、長男はラジコンカーを持ち出した。家内に云わせるともうそんなものでは遊んでいないらしかったのだが、サンタさんから貰ったプレゼントを父親に見せたかったのだという。まぁ、サンタさんが誰かはわかっているらしいので子どもなりの気使いだったのだろうと思う。

゛父我に旅の木独楽をくれし子よ゛私が何かの合宿に行った先で民芸品の独楽を買い、父と卓袱台の上でよく遊んだ。゛子と我と蟻に心を一つにす゛地面を這う蟻を追いかけ巣を見つけては父とよく観察をした。いずれも、父が50の手習いで始めた俳句であるが、成程、他愛もないごく普通の日常に父と子の幸せな時を感じていた父の気持ちを窺い知ることができる。

そういえば携帯の待ち受け画面も昨年春のもの。子供の写真を撮っていないなぁと自己嫌悪。パパ、パパとまだ纏わり付いてくれる小学3年、1年生。子供との時間も作り思い出も作っていかなくてはと反省。

この記事をはてなブックマークに追加

食事中

2008-08-25 13:50:08 | プライベート
家族の一員、コオロギを食事中です。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加