我が郷は足日木の垂水のほとり

文化芸術から政治経済まで、貧しくなった日本人の紐帯を再構築したいものです

ユダヤの手下。

2019年11月20日 | 歴史

ご案内 

2019 11 20 ユダヤの手下。【わが郷】
淫猥は、米穀の文化。

 映像・検索

  最初に ポチとお願いしますm(_ _)m

 

 

劣等人種が、

虐げられるのは、当たり前のこと。

 

原始宗教では、他人種との対決のために、

自分らの人種だとか、部族の アイデンティティを確認するための。

ある意味で謂う、イデオロギーではある。

 

パレスチナに住む部族は、父子相姦の末に生まれた。

そうした劣性の部族であり、

そもそも此処は、ユダヤの民の約束の地であった。

 

 2009 11 19 ラハブの信仰は篤い【わが郷】

米、イスラエルの入植活動容認 中東政策を転換

米、イスラエルの入植活動容認 中東政策を転換

   2019/11/19 5:36

 【ワシントン=中村亮】ポンペオ米国務長官は18日の記者会見で、イスラエルによるヨルダン川西岸での入植活動について「国際法に違反しない」と語り、事実上容認する考えを示した。1978年に「違法」と判断したカーター政権の見解を覆し、中東政策の転換となる。トランプ政権はイスラエル寄りの政策を相次いで打ち出しており、パレスチナ側の反発が強まる。

イスラエルは1967年の第3次中東戦争でヨルダン川西岸を占領。国際社会の批判を浴びながらも入植活動を進め、現在では40万人以上のユダヤ人が住んでいる。これまでもパレスチナ側は入植活動に強く反発し、和平交渉が進まない要因になっていた。

2019 11 19 米、イスラエルの入植活動容認【保管記事】

 菅義偉官房長官は19日の閣議後の記者会見で、「入植活動は国際法違反との(日本政府の)立場に変更はない」と述べ「関心をもって動向を注視したい」とも語った。
https://blog.goo.ne.jp/zendagisexorogy/e/a1ad7544a9d9ee11fbf2dba9dd81a02e

 メルカバ【岩水・イスラエル軍装備】 メルカバ イスラエル軍装備

構造改革とは、ソ連崩壊に依って、西側の支配者は、「自由主義」 経済圏の労働者が、ソ連等東側の支援により。共産主義革命を起こす、可能性が無くなった。ならば、相当協力に搾取しても、労働者は忍従するしかない。こうして、日米欧の労働者は、様々な労働権を制約され。そして、酷使される様になった。

金融、多くは株主の企業所有権。是によって、企業は大株主の勝手気まま。日本経済へ侵襲した、ラハブつまり、間諜たる特ア・朝鮮系は。例えば日産自動車を、仏ルノーにたたき売った。こうした、構造改革の碑を神輿に乗せて、担ぎ廻った。ラッパを吹いたのが、特ア・朝鮮マスコミであった。恥ずべき事だが、ゴン太郎が逮捕されても、「ゴーン氏は経営のカリスマ」とも褒めそやしてきた。日産社員に支払う、給与を徹底的に削った。リストラもあり、正社員を派遣などの、身分の不安定な派遣だとか、契約社員に変えた。その搾取の末に、ゴン太郎は 100億円の不当な収入を得た。

ユダヤの使徒・ゴン太郎が、一般日本人を豚のように扱った。

 千と千尋の神隠し【映画など】 刑事責任を問うのは困難なほどの、クルクルパーが、この世界を支配している。【アッチ勢力は、心神喪失】

人には資質と言うモノがあり、社会的な経験がある。

1970年代辺りから、特ア・二世が台頭してきて。米欧の株主絶対主義の信仰者になった。半島から逃れてきて、日本人にどれだけ世話になったのか。これを忘れた。というか、進駐米軍の経済施策に媚びた。豊かな親の庇護で育って、苦労を知らないボンボンになった。たとえば、ホリエモンが、豚も煽てりゃ木に登る。株価騒乱の末に、彼らは逮捕され。なんだか、恥知らずの彼らは、今でもTYの画面を汚したりもしている。

そして、自民党の先生だって。インチキ通貨の、ガクト債。とかと、つるんでいい気の、議員だって混ざっている。これでは、安倍政権だって、過激でシャープなハンドルさばきが出来ない。キビキビ走る運転をすれば、こうした豚児がこぼれ落ちてしまう。

慰安婦論議【岩淸水・言葉の説明】 徴用工【岩淸水・言葉の説明】

強欲で恥知らず。

その韓国人の政治屋だとか、活動家の大先輩

それが、パレスチナ人の土地を、戦車だとか戦闘機、そして攻撃機で蹂躙したのが。カザール辺りに湧いてきた、偽のユダヤ人であった。

米国大統領選を前にして、ユダヤに媚びること尋常ではない。

 

ヨルダン川西岸ばかりではなく、イスラエル国全土が、パレスチナ人の住み暮らす土地であった。

 

これに対して、偽のユダヤ人。カザール辺りで発生した。カザール系ユダヤ人は、ギリシャだとかローマへと進出した。芸術家のパトロンとして有名な、メディチ家なども、この系統なのか。とにかく、ローマから次は、イベリア半島のスペインやポルトガルに取り憑いた。それから英国次はオランダ。第一次、第二次大戦後は、アメリカ大陸に取り憑いた。そこで、決定的に儲かる商売。軍事産業で大もうけ。資金力と強力な軍装備で、平和に暮らしていた、パレスチナの人々を、殺戮しまくった。そしてでっち上げた盗人強盗国家。その盗人宿が、イスラエルなのだ。そのイスラエルが、ヨルダン川西岸を盗み取る。まずは入植者に土地を盗ませる。次には、軍隊を出して元からの農民に、迫害を加える。

たとえて謂えば、シナ共産党は。支那の国土と、住民を強奪した。かの国は、強盗団が支配する国。

今は、香港を支那共産党が、専政支配する。

そうした国に、請求に事を進めている。

 

対して、英国はかつての威光はどこへやら。旧来ならば、空母エリザベス・ナンチャラを香港に派遣すべき。でも、自国内産業も、ユダヤ勢力に蚕食されて。いまは見る影もない。

クイーンエリザベス級航空母艦【岩淸水・英国軍装備】 クイーンエリザベス級航空母艦 イギリス

  是を。香港沖に遊弋させる。名目は、英国系住民の避難用。とか、遣るのが世の常だったが。

今は、EUへの売国の後始末も、そこそこの状況だ。

 

今の香港の惨状を観れば、米国ばかりでは無く。欧州だって、支那への経済制裁を科す。その状況の中で、日本ばかりが、支那豚の習近平を国賓で呼ぶとか。まるっきりの与太を言っている。

追手搦め手という、狩りの作戦もある。

米欧の経済制裁が、いわゆる追手であろうか。

そして、窮地に落ちた習近平の支那を、搦め手の日本が。

文字通り、搦め獲る。

 

中東などの情勢から。

学ぶという事もあるが、

国力の強さが、国家民衆の安全保障の策ではある。

 

日本が工業技術の、対支那禁輸に進む。

さすれば、川下経済の支那など、一ひねりなのだ。

 

こういう、緊迫した世界情勢の中で。

サヨクショ糖、は大甘だ。

季節外れの、お花見をまだ、続けるつもりだ。

   馬鹿に、つける薬はない。  ポチとお願いします

 

 

 

 

 娘とともにソドムから逃げるロト ロト

 2018 07 23 仮想通貨めぐり金融庁に圧力【保管記事】

(当ブログでは記事内容の重複を避けて、投稿記事をシンプルにするために、紺色 の文字で書かれた部分は、その関連記事にリンクするようになっています。クリックすれば、その記事が開きます。画像もクリックすれば、関連記事が開きます。開かない映像もあります。それはまだ、準備中ということで、なるべく早く整備したいと思っています。本日の記事に帰る場合には、一番下にあるHOME の部分をクリックすれば、戻ってこられます。)

 

 

 

  岩淸水映像での案内 かぐや編【記事索引】

 

本日の話題の記事

2019 11 19   米、イスラエルの入植活動容認 中東政策を転換  【日経】

 

 

   本日は 36位です。 m(_ _)m  => ランキングを見る 

アクセスの記録  2019 11 20 (水)    2909  PV      845  UU      543位 /  2897344ブログ

 

2019年 11月【わが郷】 わが郷の顔  201911

 

 

 

 

 

 

 

映像による 記事検索

 

 

東京都尖閣諸島寄附金 受付状況 は、 こちら にサイトが設けてあります。 

 

わたしの里の美術館【索引】我が郷は足日木の垂水のほとり【HOME】岩淸水
わたしの里 美術館       わが郷 HOME

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   

コメント