我が郷は足日木の垂水のほとり

文化芸術から政治経済まで、貧しくなった日本人の紐帯を再構築したいものです

大英帝国の植民地

2019年02月28日 | 歴史

ご案内 

2019 02 28 大英帝国の植民地【わが郷】
ベナジル・ブット Benazir Bhutto

 映像・検索

  最初に ポチとお願いしますm(_ _)m

 

インドとパキスタンが、核武装を実現して。

紛争の発生は、少なくなった。

 

北朝鮮が核武装を達成した。

米国原子力空母艦隊が、朝鮮周辺海域で演習をやれば、

北の黒電話氏は、何かと罵詈雑言の連射をせねばならなくなる。

 

ならば、アメリカ国民は、北の核ミサイルが本土を直撃。

この悪夢に、戸惑うこととなる。 

 

 

インドで核弾頭搭載可能なミサイルの発射実験が実施

   20181007日  1855

 インドが核弾頭搭載可能なミサイル「プリトビⅡ」の発射実験に成功しました。

 中国・新華社通信によりますと、射程距離350キロのこのミサイルは、6日土曜夜、インド東部オリッサ州のチャンディプルで発射実験が行われました。

2018 10 07 インドで核弾頭搭載可能なミサイルの発射実験が実施【保管記事】

 このミサイルは500キロから1トンの核弾頭が搭載可能だとされています。

 インドは最近にも、核弾頭搭載可能な地対地弾道ミサイルの発射実験に成功しています。

 南アジアで核の競争を行っているとされるインド軍とパキスタン軍は、いずれも核弾頭可能な各種のミサイルの発射実験を行っています。

 ラジオ日本語のフェイスブックやユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。
https://blog.goo.ne.jp/zendagisexorogy/e/7440c2318e9e6c68008886d4b4fa43d2

 

キムチ・マスコミは、核兵器 保有国だとか、国際社会(つまり、国際巨大金融)のまわし者。 

なので日本国の国益よりも、米穀だとか支那畜の利益の為に、あらゆる情報攪乱に奔走する。米朝会談のテーマは、北朝鮮の非核化だとか。せっかく手に入れた、戦略的防衛装備=核ICBMを北朝鮮が手放す、ハズもない。でも、非核化がメーンテーマの論調を、執拗に繰りかえす。その目的は、『核武装は、いけない事。』 との間違った考え=いつまでも日本は米欧核クラブ諸国の、奴隷でいるべきだ。この米欧支配層の、利益をサポートする。こうした日本国弱体化の策謀・偽情報の海の中で、日本国民は 「どんどんヘイワ主義」 に傾斜させられてきた。

   左近尉  平和時こそ思想のトレンチは深く掘れ

印パが核武装すれば、英米などは南アジアに軍事力での、干渉が困難になる。ならば、印パの国境紛争は、白人支配が残した、印パの間に刺さった棘。まるで、日朝間の竹島問題と、相似形なのだ。そして日本の上部構造には、特ア・朝鮮系が、もうウンザリするほどに増殖してしまっている。これと似たことと想像出来る。つまり、印パの現支配階級には、大英帝国主義の、貴族階級の栄華が残照の様に、美しく輝いている。この消せない夢よもう一度。そうしたオカネもち倶楽部の旦那だとか、女将衆には、危ない使用人が仕えていたりする。それで、多くの政治家等が、このテロリストの毒牙。その犠牲者となってもいる。核の恐怖による、国際政治の均衡。そして、この裏側には、テロリストなどによる、攪乱。あるいは、巨大金融による、攻撃などがある。日本の保守は、是に対する防御が、あまりにも貧しすぎた。

庶民と、オカネもち倶楽部。この間には、超えがたい溝がある。

ならば、支配権力を護身する。その最大のツールが、核ミサイルだ。でも、是って庶民の生活とは、まったくもって無縁に見えてしまう。

なので、日本の庶民も、ヘイワ主義で非核は結構毛だらけ。

それが、特ア・朝鮮系利権の盗人宿=サヨク各党の存在を支えてきた。

 

ところが、野田豚泥鰌政権になって、サヨクの恥知らず。泥まみれの汚い野望を見てしまった。

再生可能エネルギー政策だとか、消費税増税政策への、呆れるほどの執着は。アレは何だったのか。

チャンリン【岩淸水・言葉の説明】 チャンリン

何だ神田と言ってはみても、チャラチャラ流れる神田川。粋なネエチャン、何とやら。とにかく、既存支配層の利益に、何だカンダと結びつける。ベトナムはハノイでの会談は、北に経済だとかの恩恵を与える。これって、金丸だとかが、金塊を北からゲットした。その構図と、ダブって見えてしまう。まあ、その程度の事なのだろう。

そして、従米・非核日本支配のまわし者。

キムチ・マスコミだとか、従米で日本国内の石投げ要員。ネトウヨの従米チンピラ連は、北の非核化をあくまでも主要テーマと、大騒ぎする。おい、おい。こうした気分の中で、日本国の核武装の必要性。これを埋没させて、それで良いのかい。 

 

とにかく日本は、実質的には核武装国。このリアリティを高めるのが、本当の保守層の役目なハズ。

庶民目線で、平和主義に流されれば、…… ……。

   やっぱり、日本の為には ならない。   ポチとお願いします

 

まあ、蛇足を書けば、明治時代は

大英金融帝國の殖民地だった。 ナンテね。 

 

 

 

 

(当ブログでは記事内容の重複を避けて、投稿記事をシンプルにするために、紺色 の文字で書かれた部分は、その関連記事にリンクするようになっています。クリックすれば、その記事が開きます。画像もクリックすれば、関連記事が開きます。開かない映像もあります。それはまだ、準備中ということで、なるべく早く整備したいと思っています。本日の記事に帰る場合には、一番下にあるHOME の部分をクリックすれば、戻ってこられます。)

   宜しかったら、この辺りで   ポチとお願いします

 

 

  岩淸水映像での案内 かぐや編【記事索引】

 

本日の話題の記事 

2018 10 07  インドで核弾頭搭載可能なミサイルの発射実験が実施 parstoday.com

 

 

   本日は 32位です。 m(_ _)m  => ランキングを見る 

アクセスの記録  2019.02.27 (水)    2568  PV      933  IP      407 位  /  2857422ブログ

 

 

 

 2019年 02月【我が郷の顔】 わが郷の顔  201902 その他

 

映像による 記事検索

 

 

東京都尖閣諸島寄附金 受付状況 は、
こちら にサイトが設けてあります。
 

 

わたしの里の美術館【索引】我が郷は足日木の垂水のほとり【HOME】岩淸水
わたしの里 美術館       わが郷 HOME

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   

コメント

核を放棄する。

2019年02月27日 | 政治

ご案内 

2019 02 27 核を放棄する【わが郷】
 金 正恩 北朝鮮

 映像・検索

  最初に ポチとお願いしますm(_ _)m

 

米国の戦争屋。

軍事産業だとか、軍の世界的な運用で、

多大な利益を得る者たち。

 

自ら核爆弾を開発して、「米国の仇役を買って出る。」 ナンテ

絶好の、お相手だ。

 

 2018 04 04 それぞれの正義。【わが郷・歴史】 それぞれの正義。  わが郷

朝鮮半島を分断したのは、ソ連=支那のスターリン主義と、米穀戦争屋に壟断されたアメリカである。自分らの私的利益構造。是を守るためには、外で戦争をするのが、一番都合がよい。その犠牲者になったのが、日本の次は朝鮮半島や台湾であった。米穀のゴロツキ軍と、支那凶惨党の乞食軍団。これらが、極東に戦争の炎や熾火を、保持しつづけた。
https://blog.goo.ne.jp/wagasato/e/eef67aa6ce0b5ae3d76b9412222dff22

 アメリカの殿戦【経済】 2014 03 06 日本は静観 日本は静観 わが郷

 知らないのは、というかそれほど上等な脳みそをもっていないのが、湯田屋の地獄の狗たちなのだ。

そして、日本のサヨクが、どういうワケか、雨ちゃんタラぎっちょん、チョンで、クルクルパー。

雨の威を借りて、支離滅裂を云っている。
https://blog.goo.ne.jp/wagasato/e/ad64b591383746f7b4056ea87fd0f6b5

アメリカ経済が疲弊したのは、軍産複合が予算を使いすぎた。私的金融支配システム。FRB が刷り散らかす、米国債を担保にしたドルが、実質は紙クズになる。これを押しとどめてきたのが、『圧倒的』と云われた米軍の巨大さだった。米軍麾下に連なる。欧州や東亜の国々では、米国内にドルで蓄財をする。つまり、各中小国から、各国通貨が寄ってくる。これで米国の国際貿易資金は、金の湧く泉を幾つも持つようになっている。

 トランプ【わが郷・政治家】1946~ トランプ アメリカ合衆国

トランブ氏や、彼を支持する知的階層。みんな、こうした米国の腐敗を危惧しているワケなのだが。守旧国際派は、黄金の枯れ葉。是が積み重なった、温る暖かい菌床で、脳みそが茹だっている。 『トランプ氏の、ロシア疑惑』 是を、今でも言い立てている。まるで、日本国内のモリカケ騒動の、おぞましさではある。

 泥沼の、蛙たち。

政治家は、国民に向かって、嘘をつく。

北朝鮮の核ミサイル。この脅威を、消滅させてみせる。

ところが、北の黒電話氏だって、子供の世代には、核を背負わせたくない。

とか、言っているようなのだが。

 

つまり、是。

『自分は絶対に核を放棄しない。』 こう言っているようにも聞こえる。

 

さて、わが日本国の歴代宰相は、「核兵器は作らない。」 と、誰もが異口同音に宣言してきた。

でも、腹の中には、『核兵器を瞬時に作れる、技術と工業環境だけは、確実に保持している。』 とか、強い信念を抱えておく。 (つまり、原発は絶対に廃止しない覚悟がある。) サヨク民主党などは、是を抱けていない。そうした子供だったので、分裂に分裂を重ねてきた。サヨクがその古い殻を脱ぎ捨てて、新生左翼に生まれ変わるには、日本の核武装を高らかに宣言する。その程度の事を、してのけねばならぬのだ。

心の底では、北朝鮮の金委員長を尊敬している。

でも、温湯で脳みそが、茹だってしまった。

サヨク諸君には、日本の核武装を言い立てる。

こうした清冽な気概など、どだい。 求めるのが間違っていてるのだろう。 

   核をもたない者が、核の放棄を宣言。なんて、馬鹿でも簡単にできることだ。  ポチとお願いします

 

政権を実際に担っている、金委員長。たいして、もう政権を担うことは、絶対に無い。ニホンのサヨク。 

 

 

 

 

金正恩氏、狙いは米国の 「核の傘」 撤去か 首脳再会談

     2019.2.25 23:05|

  目前に迫った米朝首脳再会談で隠れた最大の争点は、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の「非核化意思は本物か」ということだ。国際社会で懐疑論が根深い中、金氏は米韓の高官らに非核化への思いを語り、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領らがそれを擁護してきた。懐疑と擁護という乖離(かいり)を生んだ金氏の言動を改めて検証した。(ハノイ 桜井紀雄)

 

           2019 02 25 金正恩氏、狙いは米国の「核の傘」撤去か 首脳再会談【保管記事】 

 

 「私は父であり、子供がいる。自分の子供たちが生涯、核を背負って暮らしていくことは望んでいない」

 

  米中央情報局(CIA)長官だったポンペオ国務長官が昨年4月、初訪朝した際、非核化の意向を問う質問に金氏はこう答えた。同行したCIA前コリアミッションセンター長のアンドリュー・キム氏が22日、米大学の講演で説明した。
(記事の全文は、こちら をクリックしてご覧ください。)

 

 

(当ブログでは記事内容の重複を避けて、投稿記事をシンプルにするために、紺色 の文字で書かれた部分は、その関連記事にリンクするようになっています。クリックすれば、その記事が開きます。画像もクリックすれば、関連記事が開きます。開かない映像もあります。それはまだ、準備中ということで、なるべく早く整備したいと思っています。本日の記事に帰る場合には、一番下にあるHOME の部分をクリックすれば、戻ってこられます。)

   宜しかったら、この辺りで   ポチとお願いします

 

 

  岩淸水映像での案内 かぐや編【記事索引】

 

本日の話題の記事

☆☆ 

 

 

   本日は 41位です。 m(_ _)m  => ランキングを見る 

アクセスの記録  2019.02.26 (火)    2985  PV     1008  IP      370 位  /  2857300ブログ

 

 

 

 

 2019年 02月【我が郷の顔】 わが郷の顔  201902 その他

 

 

映像による 記事検索

 

 

東京都尖閣諸島寄附金 受付状況 は、
こちら にサイトが設けてあります。
 

 

わたしの里の美術館【索引】我が郷は足日木の垂水のほとり【HOME】岩淸水
わたしの里 美術館       わが郷 HOME

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   

コメント

法的拘束力

2019年02月26日 | 軍事

ご案内 

2019 02 26 法的拘束力【わが郷】
地に着いた 実感を味わう。

 映像・検索

  最初に ポチとお願いしますm(_ _)m

 

玉城知事の沖縄防衛策に、疑念をもっている。

だが、辺野古に米軍のための飛行場を作ることにも、賛成など出来ない。

 

投票に行かなかった。こうした沖縄の人々は、もっと明確に、スジの通る政治的な政策を、本当は期待している。

 

安倍首相、辺野古移設「これ以上先送りできない」 沖縄県民投票

2019.2.25 09:12|政治|政策

 安倍晋三首相は25日午前、24日に投開票された米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾=ぎのわん=市)の名護市辺野古移設を問う県民投票で「反対」が有効投票の7割を超えたことについて「結果を真摯(しんし)に受け止め、これからも基地負担軽減に向けて全力で取り組む。世界で最も危険といわれる普天間基地が固定化されることは絶対に避けなければならない」と述べた。首相官邸で記者団に答えた。

      

 首相は「日米が(平成8年に)普天間基地の全面返還に合意してから20年以上実現されず、これ以上先送りはできない。ご理解いただけるよう全力で県民との対話を続けていきたい」と強調した。
https://www.sankei.com/politics/news/190225/plt1902250010-n1.html

 

わが郷・左近尉が思うに。

政治的な宣言は行わないが。どうも東シナ海あたりに配備されている。潜水艦や、艦艇には『核ミサイル』が、配備されている。らしい。そして、そのスジの人々の口からは、『是は、オフレコだが、……』と、リアルな現実が語られている。

とにかく、今進められている、土星周辺の小惑星を、かなり激しく粉砕して、資料を持ち帰る。この計画には、核の力を使うような。

探査機推進動力には、もちの論のこと核分裂エネルギーを使う。そして 原子力エンジンの関連エネルギーで、小惑星を適宜の大きさに、砕くとか。

まあ、これぐらいの 「言い方」 なら、出来るのでは。 

 

 核兵器【記事分類】 核兵器 記事分類の索引

まあ、現首相の安倍晋三氏には、それほどの責任はないのだろうが。

「投票に行かなかった人は、辺野古移転に賛成だった。」 みたいな、我田引水の曲がった論理を述べたりは、もちろんしていない。あの言い回しからは、玉城知事らの政治的な建設反対運動にもも誠実に向き合う。こうした配慮がにじみ出ている。明確に、ザックリと言い切ってしまえば、「辺野古推進派の、自称ホシュなんて、アメポチの安保利権派」にすぎない。つまり、日本の安全保障政策に、群がって食らいついて甘い汁。そうしたアブラムシだとか、ダニの類なのだろう。こうした、有象無象の為す、政治には有効性だとか、「法的拘束力」をもたせない。つまり、支那へ媚びて、なんらかの見返りを、サヨク運動家だとか、政治屋が受け取る。こうした、事は避けたい。左近尉から見れば、こうした心象風景が、うかがえる。とにかく、左右の利権屋が、ワアワアやっている陰では、本当の日本国安全保障策が確実に進展している。そのような、確実な配慮を安倍氏は進めている。こうした様子がうかがえるので、現政権は多くの国民に、支持だとか。あるいは、諦観の混じった、まあいいか。になっているのだろう。安倍政治が、ウヨク・アンポ利権からは無縁。これを証明するには、玉城知事の政治行動、抗議策にも、親身に向き合う。これで、飛行場建設が遅れたりしても、別に南西諸島防衛には、ほとんど関係ない。大型自衛艦の実質空母化。だとか、敵基地攻撃力の整備。これらを、粛々と進めていればよい。

 

「法的拘束力ない」 宜野湾市長 投票効果に懐疑的 埋め立て「反対」7割超

   2019/02/25 10:06琉球新報

 【宜野湾】米軍普天間飛行場を抱える宜野湾市の松川正則市長は24日、反対が多数を占めた投票結果について「これまでとどう変わるかが見えない。翁長雄志前知事も同様な発信をしていた。法的拘束力もない」と述べ、県民投票の効果に対して懐疑的な見方を示した。

                

 宜野湾市は反対が2万6439票で、賛成の9643票を大きく上回った。ただ松川氏は「投票に行かないという声も多く寄せられた。普天間飛行場を抱えている宜野湾としては『普天間の危険性除去のため』という文言や『容認せざるを得ない』という選択肢があれば、違う結果になったのではないかと思う」と述べ、従来と同様に選択肢の在り方に対し不満を語った。

 一度は県民投票への不参加を決めた松川氏だが、23日に期日前投票をした。投票先の明言は避けた。
https://news.nicovideo.jp/watch/nw4886149

 

 

 

利権屋どうしの、醜い争いに辟易。

自民党全体を見れば、沖縄のアンポンタン防衛利権に、そうとう酷く汚染されている。こうした現実に辟易している。なので、今回の投票には行かなかった。そのような人が、相当 いた のだと、左近尉は推測している。

 

 

 

 

アメリカとは戦わない。

でも、言いなりになる

と言うことではない。

 敵地攻撃力【岩淸水・言葉の説明】 敵地攻撃力 世界の軍装備

支那の軍事膨張に対抗する。とかの、理由づけで、日本が軍事力を一定程度、補強する。これは、結果としては日本周辺での、最強の軍事力を保持する。つまり、貧相になった、極東米軍の戦力を、結果として凌駕する。でも、政治的には、このような「おごり」を見せてはならない。 

法的拘束力などといふ。訳知り顔の言説は、たかがサヨだとか、ウヨの空疎な奢りでしかない。日本国の安全保障は、政治屋勢力だとか、政治に無関心な諦観。これに充ち満ちた大衆とは、まったく別の地平で粛々と進められている。美人さんだとか、カッコ良い男子の言説。マスコミの垂れ流す、風説なんぞは、薄っぺらで頼りない。そもそも、魑魅魍魎の跋扈する。国際政治の世界で、効果のある政策とは、その本態が透けて見えるようでは、力をもたない。 ナンマンダブ。ナンマンダブ。有り難い仏様の、鼻の穴をほじくりすぎた。米粒は出なくなった。今では、ミギも、ヒダリも泥まみれ……。

 

2017 01 23 地に着いた 実感を味わう。【わが郷・日記】 地に着いた 実感を味わう。 わが郷

民進党の無能さが、自民党の反日政策を助けている。二重国籍の蓮舫を、厳しくは追及しない。この自民党は、わざと蓮舫の罪を見逃して、「蓮舫というかませ犬」 (つまり蓮舫の民進党があまりにもみすぼらしいので、やはり三流の自民党だが、比較すれば立派に見える。) を放置していたいのだろう。今の自民党には、まともな改憲なんて出来ないし、やはり特アまみれの自民党にも、まともな国家観なんて無い。自民党を勝たせすぎた。しかし、蓮舫の民進党なんぞは、消えて無くなればよい。ならば、まずは政策の何処が良くて、何処が悪いのか。これを、ブログ目線で徹底的に検証せねばならない。
https://blog.goo.ne.jp/wagasato/e/be8ea1afe49e5ea3231163767c7630b8

 

進駐米軍の敷いた、日本分断支配策。

日本国内に、サヨク親共産独裁政治派。それとアメポチ自由主義経済派。これをデッチあげて、ワアワアやらせておけば、日本国が再統一して、世界有数の政治や軍事力をもつことはない。なんて、米穀政治が効を奏した。でも今となっては、米国そのものが、ユダヤ米国にはらわたを食い荒らされて、ボロボロになってしまった。日本国内のサヨクとウヨクは、日本経済が大きく発展したので、アブラムシとか壁蝨のよう。これが、まるまると肥え太っている。

とくに、今は。サヨク利権政治の醜さ。これが露呈したので、民主党は民進党に党名を変えても、駄目だった。幾つかに分裂して、砕け散った。そして、サヨク・マスコミは、この実に哀れな姿を、正確には報道していない。 

   でも、多くの国民は、ヘンテコな現実を実感している。  ポチとお願いします

 

 

 

 

 

 

(当ブログでは記事内容の重複を避けて、投稿記事をシンプルにするために、紺色 の文字で書かれた部分は、その関連記事にリンクするようになっています。クリックすれば、その記事が開きます。画像もクリックすれば、関連記事が開きます。開かない映像もあります。それはまだ、準備中ということで、なるべく早く整備したいと思っています。本日の記事に帰る場合には、一番下にあるHOME の部分をクリックすれば、戻ってこられます。)

   宜しかったら、この辺りで   ポチとお願いします

 

 

  岩淸水映像での案内 かぐや編【記事索引】

 

 

 

   本日は 36位です。 m(_ _)m  => ランキングを見る 

アクセスの記録  2019.02.25 (月)    2466  PV      849  IP      431 位  /  2857178ブログ

 

 2019年 02月【我が郷の顔】 わが郷の顔  201902 その他

 

 

 

 

映像による 記事検索

 

 

東京都尖閣諸島寄附金 受付状況 は、
こちら にサイトが設けてあります。
 

 

わたしの里の美術館【索引】我が郷は足日木の垂水のほとり【HOME】岩淸水
わたしの里 美術館       わが郷 HOME

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   

コメント

お金を稼ぐ

2019年02月25日 | 軍事

ご案内 

2019 02 25 お金を稼ぐ【わが郷】
小向美奈子 タレント

 映像・検索

  最初に ポチとお願いしますm(_ _)m

 

カネの為ならば、

なんだって、遣っちゃう。

 

覚醒剤だとかをやって、警察のご厄介にもなった。

これって、個人レベルのことで、

わが郷だって、お話の、ネタにさせてもらってきた。

 

デモネ、

国際政治だとか、経済レベルで好き勝手。

これを放置しておいたので、

日本では、失われた 20年となってしまった。

 

 

F35 は日本の防空に役立つか

 2018/12/24

 【まとめ】

 ・今日の軍事技術ではハイテク戦闘機による「質的優勢」は実現できていない。

 ・ステルス戦闘機はレーダー以外の方法では容易に探知される。

 ・ハイテク戦闘機ほど実戦配備後に墜落するおそれが大きい。

2018 12 24 F35は日本の防空に役立つか【保管記事】

 現代戦の兵器の中で、最も利益になるのはハイテク電子装置である。採用時の価格を高く設定できることに加え、メンテナンスにより導入後も長い年月、兵器メーカーを潤してくれるためである。F35戦闘機はF22よりも電子装備が充実していることがセールスポイントと言われるが、果たしてそれは国防のためのセールスポイントであろうか。現在の空中戦は各操縦士の名人芸ではなく、組織的に行うものである。過剰な電子装備を戦闘機の小さな機体に詰め込む必要は無い。
(記事の全文は、こちら をクリックしてご覧ください。)

 

ゴン太郎は逮捕されて、これから裁判となり、何が何でも有罪となる。

裏から世界を見る。あるいは、とてつもない高みから、有象無象を俯瞰して診る。

ならば、軍事は小臭い金融スジのカネ儲け。その為に仕込まれた、ある意味で壮大極まる。茶番劇だと知れ渡ってきた。オバマ氏は、9.11の共和党。そうした戦争勢力に、飽いた米国民が、アメリカ政治をチェンジしたかった。ユダヤ嫌いのオバマ氏は、F-22戦闘機の欠陥とかに、おもいきり難癖をつけて、製造を中止に追い込んだ。

 

2012 07 15 日本の中の 外国勢力【わが郷・経済】 日本の中の 外国勢力 【わが郷

  どうだい、これならば地域の中小企業経営者は、この 「実力者」 の意向に逆らえない。たとえば、黒を白と言え。この命令に従えば、新たな大金が銀行から融資される。このような餌があれば、ものをましてやカネを廻してくれるのが、ご主人様と思って、「クウン」とか啼きたくもなるのだろう。森山なんてぇ苗字は日本人の全人口からいったら、そう多くはない苗字だ。それが、森山もそうだが、森田とかあるいは単に、とかの苗字がマスコミ、芸能そして政治家に多すぎやしないかい。稲森とか森本なんかもわれらの近くではメッタにお目にかからない。
https://blog.goo.ne.jp/wagasato/e/b7f2c9d9716aae71f85fa1a0d80fecfc

 

アメリカにはユダヤが陰で蠢いている。

わが日本国では、特ア・朝鮮系などが、すべての範疇に蔓延って、陰の利権で肥えてきた。でも、ゴン太郎の逮捕・起訴にも見られる如く。ユダヤ金融の勝手を許せば、特ア・朝鮮系の利権だって、最後には決定的に破壊される。三菱・日産が、仏ルノーの麾下に下れば、ニホン人の役員などは、冷や飯食い。最後には、放逐される可能性だってある。それで、進駐軍残地司法部隊の東京地検特捜部。この力を借りて、アメリカ・ファースト。仏金融勢力が、三社のアライアンスで、アメリカ自動車産業に雪崩れ込む。これを防ぐと、トランプ氏に直訴したのか。その辺りのことは、雀がチュンチュン、気ままに啼くのに任せるとして。とにかく、日本国の利益に背けば、最後には、やっぱり大きなツケが廻ってくる。

それで、軍用機だって最後は、日本製を実現するしかない。

アメリカの利益は、実は米穀軍産とかの、私的な利益でしかなかった。

このことが、トランブ大統領実現で、鮮明になってきた。

 

アメリカ国民も、日本国民も、米穀軍産だとか、小臭い金融に毟られつづけた被害者だった。

この辺りのことが、おいおいと鮮明になってくる。

 

スティルス兵器なんて、それほど素晴らしいものでもない。

こうした当たり前の認識が、だんだんと国民の認識になってくる。

まさかの事、このような事実を日米安保のアンポンタン。日本国政府が言えば角が立つ。

しかし、わが郷・左近尉のような、個人が書けば、日本国には表現の自由がある。かつては、公権力のナンチャラかに、弾圧めいたことも、されたこともある。けれどもめげずに、書かねばならぬ事は。するが堪忍。為すが堪忍では、今はもう流行らない。那須は関東地方では、有数の紅葉の名山だ。などと、お茶らかしている間にも、やっぱりあちこちで、アメポチ万歳の縛りが溶け始めている。

多くの人々が、真実を知ってしまう。

   この事の、力は絶大なのだ。  ポチとお願いします

 

 

 

 

 

 アメリカの飛行機 アメリカの飛行機 【USA 軍装備

(当ブログでは記事内容の重複を避けて、投稿記事をシンプルにするために、紺色 の文字で書かれた部分は、その関連記事にリンクするようになっています。クリックすれば、その記事が開きます。画像もクリックすれば、関連記事が開きます。開かない映像もあります。それはまだ、準備中ということで、なるべく早く整備したいと思っています。本日の記事に帰る場合には、一番下にあるHOME の部分をクリックすれば、戻ってこられます。)

   宜しかったら、この辺りで   ポチとお願いします

 

 

  岩淸水映像での案内 かぐや編【記事索引】

 

本日の話題の記事

2018 12 24  F35 は日本の防空に役立つか japan-indepth

 

 

 

   本日は 35位です。 m(_ _)m  => ランキングを見る 

アクセスの記録  2019.02.24 (日)    2446  PV      797  IP      559 位  /  2857062ブログ

 

2019年 02月【我が郷の顔】 わが郷の顔  201902 その他 

 

 

映像による 記事検索

 

 

東京都尖閣諸島寄附金 受付状況 は、
こちら にサイトが設けてあります。
 

 

わたしの里の美術館【索引】我が郷は足日木の垂水のほとり【HOME】岩淸水
わたしの里 美術館       わが郷 HOME

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   

コメント

乾杯

2019年02月24日 | 軍事

ご案内 

2019 02 24 乾杯【わが郷】
今後の成功に、期待したい。

 映像・検索

  最初に ポチとお願いしますm(_ _)m

 

 

アメリカのアポロ計画は、

まったくの欺瞞だった。

 

つまり、米国の飛行士は月に行っていない。 

 

はやぶさ2、着地成功…生命起源解明へ試料採取

    2019 02 22

  宇宙航空研究開発機構(JAXAジャクサ)は22日、探査機はやぶさ2が、地球から約3億4000万キロ・メートル離れた小惑星リュウグウに着地し、砂や石などの試料を採取できた可能性が高いと発表した。リュウグウには生命の材料となる有機物や水があるとみられ、試料を解析すれば太陽系や生命誕生の起源に迫れると期待されている。

  小惑星の試料採取が最終確認されれば、2005年に小惑星イトカワに着地した初代のはやぶさ以来、世界で2例目の快挙となる。記者会見したはやぶさ2プロジェクトの津田雄一プロジェクトマネージャは「本日、人類の手が新しい小さな星に届いた」と、着地成功を喜んだ。

        2019 02 22 はやぶさ2、着地成功【保管記事】

 はやぶさ2は、着地とほぼ同時に、機体下部にある筒状の試料採取装置から自動的に金属製の弾丸を地表面に撃ち込み、舞い上がった石や砂を機体内部のカプセルに取り込む。弾丸の発射が確認されたことから、試料の採取にも成功した可能性が高いとみられる。

  はやぶさ2は今年7月末までに最大であと2回、試料の採取に挑む。うち1回は、上空から強力な弾丸を撃って地表面にクレーターを作り、風化していない地中の砂を採取する世界初の実験を試みる。今年末にリュウグウを離れ、20年末に地球に試料を持ち帰る予定だ。
(記事の全文は、こちら をクリックしてご覧ください。)

2009 12 15 現代の感覚からすれば、百兆円である。世界中、いや宇宙中の化け物が、ビックリこいで逃げ出すような予算の気前の良さ。我が郷でアポロの成功を信じる者はいない。あんなガラクタの月着陸船で、再び月の周回軌道まで飛び上がるのは無理である。【グローバル経済とアメリカの富】 アメリカの宇宙開発 【アメリカ合衆国

上の映像にあるような、月着陸船では、月周回軌道を飛んでいる、母船にまで飛び上がることは、絶対に無理。こうした科学技術的な現実があり。日本のハヤブサ計画では、引力の全く微弱な小惑星を、探査の対象としてきた。

アメリカ自動車の神話は、日本の自動車業界に打ち壊された。

ドイツの自動車業界だとか、フランス・ルノーのゴン太郎。この詐欺師ケーエー者に乗っ取られてきた。日産だとか三菱は、省エネ補助金を盗むために、データを改ざんしてきた。

階級社会とは、支配者は神のごとき、絶対の存在だ。

ゼウスは好色で、強欲きわまりない。でも、何をしても絶対神ゼウスは、まったく非難されない。怒るのは褄の、へーラぐらいだ。

 

 

昨日も書いたが、国際政治で相手国の非をあげつらう。ならば、関係は壊れて、行きつく先は戦争である。

  左近尉  平和時こそ思想のトレンチは深く掘れ 

日本国安倍政権が、強権的に憲法を改正する。

すぐさま、核実験を公開して、戦術と戦略核を完成させる。そして潜水艦や、地上発射型ミサイルを、ズラリと制式配備する。こうなれば、国際政治や経済は、蜂の巣を突いたようになる。わが国の軍事や経済の目的は、他国を威嚇して、わが国の優位性を誇示し、確認させる。この事では無い。

ただ、判る者には、『日本を怒らせたならば、行くところまでいってしまう。』この現実を実感して貰えればよい。

アメリカのアポロ計画は、まったくの出鱈目。嘘だった。その事実を、少しは科学的な知見。これをもった人には、理解していただく。その目的の為に、わが郷の、一見はテ゜ンパに見える記事が投稿されてきた。

そして、日本がその気になれば、宇宙空間にミサイルでの攻撃。その基地を造ることも出来る。これを、たとえばお馬鹿な支那とか、韓国にも御理解して頂く。「はやぶさ計画」は、まさに、是が真の目的ではある。そして、子供等の夢をはぐくみたい。ならば、体裁上の目的は、生命の起源を探る。と、まあ。こうなるのだろう。 

 

月や火星など。大きな重力のある。そうした天体に探査機や、宇宙飛行士を送り込む。その為には、核分裂や核融合の、エネルギーを統合制御する。そうした新機軸のエンジン開発が欠かせない。わが郷・左近尉は、これを日本が完成させる。いや、世界に先駆けて完成させねばならない。そう、たびたび書いてきた。これから先、こまかく書けば、実際現場で研究されている。そうした人々に迷惑がかかるかも。なのでこの先は、坊主の丁髷。

   とりあえず、乾杯ではある。  ポチとお願いします

 

 

 

 

 

 

(当ブログでは記事内容の重複を避けて、投稿記事をシンプルにするために、紺色 の文字で書かれた部分は、その関連記事にリンクするようになっています。クリックすれば、その記事が開きます。画像もクリックすれば、関連記事が開きます。開かない映像もあります。それはまだ、準備中ということで、なるべく早く整備したいと思っています。本日の記事に帰る場合には、一番下にあるHOME の部分をクリックすれば、戻ってこられます。)

   宜しかったら、この辺りで   ポチとお願いします

 

 

  岩淸水映像での案内 かぐや編【記事索引】

 

本日の話題の記事

2019 02 22  はやぶさ2、着地成功…生命起源解明へ試料採取 【読売】

 

 

   本日は 37位です。 m(_ _)m  => ランキングを見る 

アクセスの記録   2019.02.23 ()    2964  PV      771  IP      669 位  /  2856950ブログ

 

 

わが郷の顔【わが郷・その他】 わが郷の顔   

 

花暦

 

 

 

映像による 記事検索

 

 

東京都尖閣諸島寄附金 受付状況 は、
こちら にサイトが設けてあります。
 

 

わたしの里の美術館【索引】我が郷は足日木の垂水のほとり【HOME】岩淸水
わたしの里 美術館       わが郷 HOME

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   

コメント