我が郷は足日木の垂水のほとり

文化芸術から政治経済まで、貧しくなった日本人の紐帯を再構築したいものです

神の意志

2019年11月11日 | 日記

ご案内 

2019 11 11  神の意志【わが郷】
危険が いっぱい

 映像・検索

  最初に ポチとお願いしますm(_ _)m

 

 

即位の礼当日の、

雨が青空に変わり。

 

虹が出て初冠雪の富士山が、三条の雲の上に見えた。

 

エンペラー・ウェザーとか、

世界の人々は、驚異の事象を

どのように、受け止めたのか。

 

 

疾走する米中…遅れとるドイツ経済 「壁」崩壊30年

疾走する米中…遅れとるドイツ経済 「壁」崩壊30年

 2019.11.10 05:00  国際 欧州・ロシア

  【パリ=三井美奈】30年前のベルリンの壁崩壊後、当時の西ドイツ経済は1年足らずで東ドイツを吸収し、再統合を進めるほど強力だった。ところが今年、ドイツは景気後退の瀬戸際に立つ。欧州連合(EU)最強の経済大国は、技術革新で米中に後れをとっている。

2019 11 10 疾走する米中…遅れとるドイツ経済【保管記事】

 しかし、より深刻なのは中国がハイテク産業で力をつけたこと。米IT大手「GAFA」に対してもそうだがドイツは「追う立場」に立たされる。特に電気自動車(EV)開発競争では遅れが著しい。

  旧東独テューリンゲン州では先月、中国のEV用電池大手「寧徳時代新能源科技」(CATL)が新工場建設を始めた。https://blog.goo.ne.jp/zendagisexorogy/e/559025f19068a183a081283e458ae755

 

白根山【岩淸水・言葉の説明】 白根山

上の白根山の絵は、本稿とはあまり関係が無い。

しかし、当日の天候も、素晴らしかったので、ご紹介した。

 

そして、昨日のわが郷の。その天気は、まさに日本晴れ。雲が、一つも無かった。

わが郷・左近の爺にとっては、最高の部類の天気だった。だが、気温が 18度ほどで、小春日和。暖かい。ならば、空にはベーパーが多くあり、遠山を撮影するには、大気の層が鮮明さを、あるていど。遮ってしまう。でも、人々が外に出て、御列に歓喜するには、最高の天気であった。

 

      2019 11 11  神の意志【わが郷】御料車

テレビを見ながら思ったこと。

儂は、トヨタの最高車に乗っているが。まさかのこと、センチュリーには手が届かない。この車は、個人が私用で乗る車ではない。とか思っている。普段私用には、デカすぎる。

でも、テレビを見ていたら、子供にパレードの印象を聞いていた。

ならば、子供は即 『あの車に乗りたい。』と、そう明るく言った。

 

たしかに、この子が大きくなって。頑張れば、こうした最高級車にも、乗れるように成るのだろう。儂は会社を畳んだ、そうした貧乏人だ。でも、相当な古い。そうした中古車ならば、相当安く買うことが出来る。そして、クラウンだとかセルシオクラスならば、めったに壊れることもない。20万㎞ぐらいまで、飽きなければ乗ることが出来る。

話は変わるが、新聞などの経済記事は。株屋の都合で書かれた、提灯記事だと思う。アメリカだとか、支那の株を売りたい。それで。ご紹介の記事になった。

欧州の株を勧めたくない。その、マスコミの思惑は、エイコクなどの EU離脱なのだろう。それで、まさかのこと、英国関連株は、値が上がるとは書けなかったのか。株の筋の者ならば。すでに値下がり前に、そこそこの値で売っている。そして、期日の日には、安値で買い戻したい。こうして、利ざやが出る。左近尉は、マスコミの経済記事など、この程度のモノ。そう思っている。

 

たとえば、日産だとか、VW (フォルクスワーゲン) などが、支那の国内でどれほどの。売り上げだとか、利益があっても。それは、ドイツ国民とか、日本国民とは関係の無いことだ。関係があるとすれば、ドイツや日本国内でもうけた。そうした資金を支那に、投資する。その投資に回す、利益を増大させるために、日本やドイツ国内で、自動車会社が、税金をなるべく払わない。こうした、国際企業のエゴを、推し通す。その施策が、国際構造改革であった。この資金の移動に、最低のコストで済ませる。それが、小臭い金融の自由化であった。つまり、先進工業国の、国民が。小臭い企業に虚仮にされる。

日本人が日本国内で、優秀な車を生産して。それに乗るのが当たり前。日本人の殆どは、韓国製の自動車になんか乗らない。ましてや、支那製のなんて、シャレにも成らない。

あのパレードの、白バイとか、側車を観て。ヤマハだとか、ホンダだとか。あるいは、カワサキなのか。儂は素人だから、その区別は付かない。まさかのこと、ハーレーや、BMWだとかは、混じっていないのだろう。

 

支那人は、たぶん。日本だとか、独逸の車に乗りたいのだろう。

でも、日本車などは、高くて乗れない。

なので、ゴン太郎だとかが。日本人を虚仮にして。日本から技術と資本を、支那に横流ししてきた。そして、新聞やテレビなどは、その実質泥棒の、提灯持ちなのだ。なので、コン太郎のことを、飽きもせず。経営のカリスマだとかと、人々を小馬鹿にした。言説を垂れ流していた。

世界の人々は、それぞれ。

そして日本人も、それぞれではある。

そして昨日の、御列の日の天気は、すべての人々に、日本晴れ。こうした恩寵は、神の意志としか思えない。

 

支那人が、とりわけ支那恐惨党の幹部連が、カネ儲けをするには。日本や米国から、技術と資本を 『盗んで』 来なければならない。その時、なるべく低コストで、盗みたい。その魂胆があればこそ、日本はかつて支那人に酷いことをした。なんて、嘘を信じ込ませたかった。

 

先端工業技術の殆どは、日本が其の中核技術を開発してきた。

このことを、新聞は殆ど報道しない。

支那などを、無駄にヨイショしている。

  日本晴れの日本経済に、雨を降らしたい。そうした勢力がいることを、忘れてはならない。 ポチとお願いします

 

 

 

 

 

 

(当ブログでは記事内容の重複を避けて、投稿記事をシンプルにするために、紺色 の文字で書かれた部分は、その関連記事にリンクするようになっています。クリックすれば、その記事が開きます。画像もクリックすれば、関連記事が開きます。開かない映像もあります。それはまだ、準備中ということで、なるべく早く整備したいと思っています。本日の記事に帰る場合には、一番下にあるHOME の部分をクリックすれば、戻ってこられます。)

 

 

 

  岩淸水映像での案内 かぐや編【記事索引】

 

本日の話題の記事

2019 11 10  疾走する米中…遅れとるドイツ経済 「壁」崩壊30年 【産経】

 

 

   本日は 41位です。 m(_ _)m  => ランキングを見る 

アクセスの記録  2012.06.24 (日)    4983  PV    1352  IP      220 位  /  1732145ブログ

 

2019年 11月【わが郷】 わが郷の顔  201911

2019年 10月【わが郷】 わが郷の顔  201910

2019年 09月【わが郷】 わが郷の顔  201909

わが郷の顔 2019年 08月【我が郷の顔】 わが郷の顔  201908その他 

 

 

 

 

 

映像による 記事検索

 

 

東京都尖閣諸島寄附金 受付状況 は、 こちら にサイトが設けてあります。 

 

わたしの里の美術館【索引】我が郷は足日木の垂水のほとり【HOME】岩淸水
わたしの里 美術館       わが郷 HOME

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   

コメント