我が郷は足日木の垂水のほとり

文化芸術から政治経済まで、貧しくなった日本人の紐帯を再構築したいものです

金の延べ棒。

2019年11月03日 | 政治

ご案内 

2019 11 03 金の延べ棒【わが郷】
愛人 関係。

 

 映像・検索

  最初に ポチとお願いしますm(_ _)m

 

日本の工業経済の

水準がアメリカを追い越した。

それが、1970年の後半から、1980年台の事だった。

 

怒濤の如くも日本車が、アメリカ市場を席巻した。

その劣化したアメリカ工業界、の日本車排斥運動。

 

それをかわすために、米国内で自動車を生産して、米国労働者の

就労を守ったりした。

 

そして、三菱などの企業は、主要部品を韓国に送って、

韓国で自動車を生産し、米国に輸出させた。

 

 

 

なんのための日韓議連か

なんのための日韓議連か 

 慰安婦やレーダー照射には触れず、韓国側も改善策なし

    2019.11.2

 1日に国会内で開かれた日韓・韓日議連の合同総会では、日本政府が日韓関係を根本から覆すいわゆる徴用工判決について対応を求め続けてきたにもかかわらず、韓国側は従来の主張を繰り返した。日本側も慰安婦問題などを取り上げず、関係維持に腐心するあまり、踏み込み不足な面も目立った。

  「首脳会談のことが共同声明に入ったのは大きな特徴だ」。総会後に記者会見した韓日議員連盟の金光琳(キム・グァンリム)幹事長は共同声明に早期の首脳会談を促す内容を盛り込んだことへの手応えをこう話した。李洛淵(イ・ナギョン)首相も祝辞を寄せ、改めて首脳会談の開催に期待をかける姿勢を鮮明にした。

            2019 11 02 なんのための日韓議連か【保管記事】

一方、日本政府は安倍晋三首相の祝辞を出さず、表敬の機会も設けなかった。徴用工訴訟で日本企業に賠償を命じた韓国最高裁判決をめぐり日本政府に譲歩する余地はないからだ。1965年の日韓請求権協定は日本政府や企業の賠償問題が「完全かつ最終的に解決された」と明記しており、「ボールは韓国側にある」というのが基本方針だ。
 https://blog.goo.ne.jp/zendagisexorogy/e/e106f4b16124c35d3b08878d9dcb028e

 

新植民地主義【岩淸水・言葉の説明】 城を守る。 わが郷

日本は非核のまま、殺人テロ国家の歴史を引きずる。米穀の核支配を野放しにして、北朝鮮の核にだけ、狂気のように反応する。これって、当たり前の日本人の為すことだろうか。よらば大樹の陰。これが清から帝国日本。そしてゴロツキ国家の米帝。これらに九回地べたに額をこすりつけて臣従してきた。特ア・朝鮮系などの存在がある。
https://blog.goo.ne.jp/wagasato/e/ebf1dc93e496017f64d6d497b13312ba

構造改革【言葉の説明】 構造改革 ことばの説明 

昨日も書いたが、国際間の問題は、アメリカと日本だとか。日本と韓国だとか。単純な図式で考えては、単純で現実を殆ど説明できない。

アメリカの支配者が、自分の国内では、労働者を安く使えるようにする。それには、高品質だが価格が安い。日本製品が輸入されれば、それとの対抗のために、コストカットを言いつのることが出来る。ましてや、あの韓国製も「高品質」とかいって、さらに、賃金のコストカットを迫る。ユダヤの経営指南を受け入れれば、企業の利益は計られる。しかし、国家経済そのものは、縮小再生産のスパイラル。これで、米国でも。日本でも、経済が荒廃した。この現実が、ユダヤ金融が勧める経済施策では、国家そのものが廃れる。

そして韓国経済は、日米の貿易摩擦の隙間で。まるで、火事場泥棒をする。

その泥棒のために、御店の戸が開かないように。戸締まりの用心棒。この用心棒を、内側から外してしまう。

この泥棒の引き込み役。その盗人宿が、日韓議員連盟なのだ。

金丸信が北朝鮮から貰ったであろう。金の延べ棒は、あまりにも有名なこと。  

 

この恥ずべき火事場泥棒から、キックバックの延べ棒を貰ってきた。マサカのこと、泥棒仲間の瓦版屋が、この秘密を書くことも無い。

 

でも、もう。普通の日本人は、こうした半島系の、カネへの拘り。恥ずべき習性を、何度もなんども、見せつけられてきた。

 

特アの日本に対する難癖付け。まずは慰安婦。それとか南京虐殺の言いがかり。今度は、徴用工の裁判沙汰。

仏の顔も、三度という。

   日本が本当に怒れば、怖いのを思い出すべし。  ポチとお願いします

 

 

 

 

 

 

(当ブログでは記事内容の重複を避けて、投稿記事をシンプルにするために、紺色 の文字で書かれた部分は、その関連記事にリンクするようになっています。クリックすれば、その記事が開きます。画像もクリックすれば、関連記事が開きます。開かない映像もあります。それはまだ、準備中ということで、なるべく早く整備したいと思っています。本日の記事に帰る場合には、一番下にあるHOME の部分をクリックすれば、戻ってこられます。)

 

 

 

  岩淸水映像での案内 かぐや編【記事索引】

 

本日の話題の記事

2019 11 02  なんのための日韓議連か ZAKZAK

 

 

   本日は 33位です。 m(_ _)m  => ランキングを見る 

アクセスの記録 2019 11 03 (日)    2197  PV      630  UU      821位 /  2895134ブログ

 

2019年 11月【わが郷】 わが郷の顔  201911

2019年 10月【わが郷】 わが郷の顔  201910

2019年 09月【わが郷】 わが郷の顔  201909

わが郷の顔 2019年 08月【我が郷の顔】 わが郷の顔  201908その他 

 

 

 

 

 

映像による 記事検索

 

 

東京都尖閣諸島寄附金 受付状況 は、 こちら にサイトが設けてあります。 

 

わたしの里の美術館【索引】我が郷は足日木の垂水のほとり【HOME】岩淸水
わたしの里 美術館       わが郷 HOME

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   

コメント