我が郷は足日木の垂水のほとり

文化芸術から政治経済まで、貧しくなった日本人の紐帯を再構築したいものです

医者にかかれば 病気が重くなる

2011年08月31日 | 医療

ご案内 

医者にかかれば 病気が重くなる【医療】 医者にかかれば 病気が重くなる 医療記
 医療と健康管理

 映像・検索

人気ブログランキングへ 最初に ポチとお願いしますm(_ _)m

 

 

一昨年の記事で古い話なのだが、産経新聞が捏造報道をした。

産経紙にはたびたび引用させて貰って、世話になっている。だが、それは是々非々でマズイものはマズイ、駄目だと書く。 

 温泉で美人と出会う 【わが郷】を読めばちょっと詳しいが、ざっと説明すると、「日米合意を覆して、辺野古案が実現化に向かって進んでいない。それで」ルース米大使 激怒という、産経の記事となった。だがこれは、ほかの各紙は一社も報道していなかった。つまりアメリカとりわけ米軍の威光にそった記事を、よく書いている産経がルース駐日大使の、大きな怒りにことよせて、辺野古合意の大切さを強調したかったのだろう。でもネ、嘘書いちゃ駄目だよね。

 

  最近の気になった記事では、東海テレビ「合理化急ぎ問題誘発」 不適切テロップで報告書  【日経】の記事がある。

 例の 「 怪しいお米 セシュウムさん 」 とかの農家と言おうか、スポンサー関係を莫迦にしたテロップの、視聴者をも莫迦にした一件の顛末である。

東海テレビのふざけたテロップ 「怪しいお米セシウムさん」 【放送事故】

これは事故などではなく、フジテレビなどに巣くっている、朝鮮キムチ族の汚い本音が、ポロリと出ただけなのだろう。

 

 [効率化のため番組制作費や従業員の削減を進めた結果、「番組の品質管理がおろそかになる危険をはらんでいた」と構造的な問題点を指摘し、経営計画の見直しを求めた。]

 業務を下請けに出すのは、番組の制作費を削減刷るためだ、人件費も少なくすませるためだとか、もっともらしく書いてはいるが是は嘘だ。たとえば世間の監視が厳しい株式会社などんらは、大きなぼろい利益を抜き取ることは難しい。そこで小さな得体の知れない業者に一部の仕事を投げる。その委託費用は自社でやるより、はるかにコストがかかる。しかし財務諸表なんぞ適当で、そもそも公表する義務もない事業所に投げてしまえば、費用の適正不適正を判断する材料が無くなってしまう。このような、「儲けの飛ばし」はよくあることだ。NHKなんぞを見ていると、あまりにもえげつないので気分が悪くなる。今回の倒壊テレビの顛末でも、事件に関わっていた者が、懲戒解雇とか書かれているが、真実は見えていない。東海テレビの社員が、「それはマズイ」とか言ったのに、その不適切な「セシュウム米云々」と書かれたフリップを引っ込めなかった下請けの男というのが、状況から見れば、ズンと格上に見える。

 

人気ブログランキングへ 日本人を舐めたらいかんよ  ポチとお願いします

 

  当ブログの管理者は、永年医療業界で働いてきた。

 病院の中ではおもに財務などを見ていた。そのほかに検査関係の事業所を、自分が中心になって立ち上げて株式会社の経営も行った。なので病院は幾つも見ている。患者さんの立場で見るのと、病院経営の算盤のすき間から「医療」を眺めるのとでは、まったく違った景色になる。喉が腫れて咳が出る。鼻水も止まらない。これは冬場とかの寒くて乾燥した空気の季節に起こる、ひとつの人間の適用症状である。昔は風邪で医者に診てもらうことなど、ほとんど無かった。それが手軽に診てもらえるので、みんなこぞって医者に行くようになった。一時は老人は全て無料の時もあり、『あのお婆さん今日は来ていないね。よっぽど調子が悪いんだね。』とか病院の待合とか、リハビリなどの隣どおしの会話が、まことしやかに語られもした。


 よくマスコミが言うことに、『 医者が不足している』 との、インチキがある。

 たぶん現実を知らないで、どこかの医療とか福利厚生の役人などの、受け売りを流しているだけなのだろう。はっきり言って、『医者はあまっている』そして、それ以上に言えることは、『病院が剰っている』この事である。

 風邪で病院に行くゆかない。これぐらいなら、それほど問題にすることもない。

 

お上は国民の健康を守ってくれない【日本を守るのに右も左もない】


 医療を知らない人に知って欲しいのが、病院に行くと却って悪くなる病気が多い。

 この事である。

 とくに癌は要注意だ。三大治療等というのは、良いことなどあまりない。今回は癌がテーマではないので於くが、興味のある方は<ガンの三大治療法>を見て欲しい。

 

 問題にしたいのは、必要でもない予防注射の弊害である。

 昨日、野田佳彦首相が選出されて、まだ始動していない。それで今日は医療関係の記事を書いている。桝添という男はトンデモなヤツで、医療事故に対しての『免責』を与えた上で、新型インフルエンザの、ワクチンとか云う代物を大量に輸入しようとしていた。これは心ある医療関係者などの、精力的な阻止行動により大きな事故は報告されていない。そして危険なワクチンは大量に残った。自民党が下野して、桝添は力をなくした。結構なことである。自民党の支持者でも、命に関わることなので、桝添などと言う危ない人間を置いておいた自民党は、これで嫌いになりかねない。

民主党の無様な政権運用にも関わらず、自民党の支持が伸びない原因のひとつが此だ。

自民党には首相経験者が何人も現役議員でいる。永田町の情勢にも詳しいだろう。老獪な秘書とかに、このような医療行政のチェックをさせるとか、地道な活動で危険な利権体質を変えねばならない。

人気ブログランキングへ自民党は医療もちゃんとチェックすべし  ポチとお願いします

 

 

 人間、歳を取れば当然のこと、死期が近くなる。

 それで耄碌すると云おうか、他人の死にも頓着が薄くなるのか。

 それとも年齢に関係なく、人を騙して従わせるような、危ない指導者とくにカルトとか言われる集団のトップには、人の死を、人間の生命を、弄ぶ傾向があるのか。

 公明党は政権からはなれたが、地方の場面で精力的に、危ないワクチンを売りつけて地方財政を盗んでいる。宗教の教条で目眩ましをされては、人は正常な科学的判断を失う場合が多くなるのだろう。ありていに言えば、医療の何たるか科学の本質を知らない、小母ちゃん達が布教のノリで、ワクチン接種の運動をしている。

 

 

 

 子宮頸ガンワクチンのいかがわしさは、

特別レポート HPV(子宮頸癌)ワクチンの大インチキを暴く
  (この情報↑は「必見」です。ガンの予防や治療を決意する前に読んでみて下さい)

上の記事を見て欲しい。


 今でも自民党の中に、女性議員がこれらの、インチキで危ない運動に関わっている。何度も書くが、是が自民党不人気の大きな要因なのだ。そして野田佳彦政権の閣僚が決まれば、たぶん危ないワクチンとか健診の動きが加速されるのだろう。経済のことは判らない国会議員がほとんどだと、わが郷では観てとってきた。同じように、医療のことも知らない御仁がほとんど全部の議員なのだ。ならば温和しくじっとしておればよい。医療のことは命に関わる。死なないまでも、一生にわたって障害を引きずる場合も、けっして少なくはない。しかしなあ、政治家はカネとか、大学の教授とかの権威に弱い。


 当ブログ管理者の左近尉は、いい加減でデタラメな大学教授なんぞは、掃いて捨てるほど見てきた。病院の経営を見ても、患者本位の部分はほとんどない。あるのはカネ儲けである。医療にカネをかけようと思えば、天井知らずだ。検査機械や試薬の値段は、普通の町工場の機械に比べれば、重量比ではたぶん十倍以上する。例えば医療の現場では、ハサミなどの機具を「機械」と呼ぶ。そして此のハサミの値段が、なんと十万円以上するのだ。大きさは百円ショップで売っているものと変わらない。違いは素材が特殊な金属で出来ている。勿論精密な作りもあって、百円のと比較するのは無理がある。だが言いたいのは、医療にはカネがかかる。そして是がポイントなのだが、医療保険料つまり病院などが保険の機構から受け取る治療費は、出来高払いが原則なのだ。つまり治っても治らなくとも、例えば死んでしまっても、『治療費』が貰えてしまうのだ。大工さんが雨漏りする、あるいは戸が閉まらない、こんな家を建てたならばお金は貰えない。ところが医療は別なのだ。過激な言い方だが、殺しても貰えるのだ。

 

 ならば資金繰りに困った医療機関の院長は、なるべくカネになる医療行為を選んでしまう。肉ばかり喰うな。野菜を食え。これでは病院経営が出来なくなる。


 タミフルを飲むように

 


 食事のバランスの良くない人によく起こる病気に、口の粘膜が爛れる口内炎がある。

医療と健康管理
 これには、いまはどうだか確認していないが、「ケナログ」を使った。痛くて沁みる荒れた患部を覆うための薬剤である。これは沁みなくするだけで、治療効果ははっきり言って無い。治すには、レバーを適当に食べれば良い。あるいは市販のビタミンBの何種類か入った薬を飲めばよい。軽症ならば、2~3日で治る。重くても、気長に食事を整えてゆけば、そのうち治る。ところで大抵の医者は、この当たり前の、食事とビタミン剤の話はしない。なぜか。答えは「カネにならない」からやらない。やっても時間ばかりかかって、つまらない。医者や病院にしてみれば、なかなか治らずに通院とか何回もしてくれれば助かる。何が助かるかと言えば、病院経営が助かるのである。患者さんは言い面の皮である。

 


 つまり医者も足りている。病院もホントは剰(あま)っている。

 足りないのは、

 厚労相官僚の良心である。

 『 医師不足 』 なんて左近尉や、知人の病院長に言わせれば、真っ赤な嘘なのだ。


 それから、一般の日本国民が、この危ない現実を知らない。

 医師は余っている、病院もヒマなのだ。だから怪しげなワクチンを流行らせたい。例え、副作用が出ても、医療業界全体を考えれば 『 仕事 』 が増えることとなる。


 日本における一番危険な、利権構造が、出来高払いの医療制度なのだ。

 はたして野田政権は、どのような医療行政を行うのか。 

 

 

 

 

本日の話題の記事

2011 08 30   急性白血病で作業員死亡 【共同

2011 08 31  東海テレビ「合理化急ぎ問題誘発」 不適切テロップで報告書  【日経】

人気ブログランキングへ  本日は 60位です。m(_ _)m  => ランキングを見る 

アクセスの記録  2011.08.30(火)    3209  PV     626  IP      753 位  /  1626154ブログ

 

 

医療記事の画像検索 
 医療記事の画像検索

 

 

 

わたしの里 美術館「索引」 我が郷は足日木の垂水のほとり【HOME】 岩水
わたしの里 美術館       わが郷 HOME

 

 

 

 

コメント

日本人の財産が奪われている

2011年08月30日 | 日記

ご案内 


真の 核武装 論   映像・検索

人気ブログランキングへ 最初に ポチとお願いしますm(_ _)m

 

 

  日本政治の目的は、経済の再生なのだが、それが一向に進んでいない。

  安倍晋三氏のときから、日本の総理大臣は、ほぼ一年で交代してきた。理想を云えば長期政権が、望ましいのはタラレバのお話しで、日本にはそれを可能にする、前提条件が損なわれている。前の何度かの選挙で明らかになったこと。マスコミの論調が、選挙の勝敗を左右する。

 福田康夫氏は幸運な宰相であった、洞爺湖サミットを無難にこなした。北京オリンピックが終わって、金融危機が襲ったが、彼は世界金融スジの邪な要求に、『私はあなた達とは違うんです。』とこう言い於いて、さっさと辞めてしまった。ある意味「サミット」と「オリンピック」が、世界金融から預かっていた、『 質 』だったのかも知れぬ。

 麻生殿下は1,000億ドルの資金提供を、IMFに行って日本は世界金融の親だと宣言した。しかし僚友の中川昭一財務相が、敵側のくのいちが放った接触機雷に触れて、大破した。


 そしてサヨク・キムチ報道陣の一斉制射で援護された民主党が、わが日本の政権を、ある意味でダマし取ったのだ。御母堂印の不正燃料でヨタ与太と跳んだのが、友愛の宇宙船だった。普天間基地は国外への選挙民の思惑を、まともに受けて突っ走れば、安倍氏のように暗礁に乗り上げかねない。それで沖縄県外基地をさがして、受け入れ拒否の確認を行う行脚の旅に出た。


 ここの所はわがさと左近尉は、かなりそれなりに評価している。

平和の船
 平和の船 22DDH

 白人支配を打ち破ったのが、わが帝国軍隊兵士の奮戦であった。そして日米安保が錦の御旗ではない。このことを斃 (たお) れながらも、日本国民に示したのが鳩山元首相である。日本の銀行へ押し入った強盗も、もはや半世紀以上も立て籠もったままだ。これに人質にされた人々は、犯人に心を通わせているものも多くなった。ましてや食糧や水の、運搬人をさせられて、強盗犯人から、美味しいキックバックももらえれば、極悪非道の人殺しも神様のように見えてくる。この病状をストックホルム症候群と言うのだそうな。しかし鳩山ルーピーとか謂われながらも、「アメリカ軍の要求は天の声」とかの思い込みを、そうではないと思わせた効果は大きい。それからキムチ・マスコミは大きく伝えることはなかったが、22DDHの予算はなにげに通して、ジャマなどしなかった。

 

人気ブログランキングへ ルーピーも国士のひとりだったような  ポチとお願いします

 

 選別と排除そして抑圧が、米欧支配勢力のやり口なのだ

 前の大戦以来日本国の軍隊は、出動した試しがなかった。ところが小泉政権は世の習いを破って、雨の軍隊に尻尾を振った。イラクに自衛隊を出して、かわりに長期政権を保障して貰った。これで失われたわが郷の兵士の命は、その重さを知るもののみ知る。

 

 

 

 一年で交代する総理大臣

 八岐大蛇に人身御供を出さねば、軍隊の出動剣を奪われた、わが政府は短期政権となる。


 成果が出せないからとは、酷な言い方で

 短命政権の訳をもうちょっと同情的に言えば、日本国民の心の紐帯が、バラバラに断ち切られてしまったから。男の子が男の子として生きる縁 (よすが) は、おのれ等の一族一党そして我が国を守ること。女が守るものは、わが同族の命を慈しみ育てる事である。理屈はどうとでも付けるがよい。とにかく日本人は、日本人として豊に安全に暮らせねばならぬ。


 谷垣自民党が支持を広げられない原因は、前の条件のために決して戦わない所にある

 世界構造改革真理教、これを今でも信じているのか。

 自民党支持の国民のほとんどが、

かなり変だよねと思っている。

 

人気ブログランキングへ 独自防衛がキーワード  ポチとお願いします

 

 

 

野田政治を予測する。

とか、書いてみたが、これが全然わからない。


それで全く、アサッテの事を書く。

 


民事不介入と言うのがある
左近尉の知人に警察務めがいて、その警察署長が言ったものだ。
警察は民事事件には介入しない。しかしその額が、1億円を越えるような大金ともなれば、訴えられれば動く場合がある。


何其れと思うこと。
これを解釈、説明すれば、こうなる。

一件が一億円以下の詐欺ならば、やっても警察は動かないのでヤリ得だ

この事である。

 

安愚楽牧場がとうとう倒産した。

その負債額が、ナント。4,000億円である。
民事不介入のつもり貯金も、貯まれば是だけデカくなる。
此のツケは、だれも払わない。

つまり騙されたものが、負けである。
詐欺罪とかの刑法はあるが、これは見事なザル法であったげな。
4,000億円の大罪も、天網恢々破れた網には、かからない。
小沢一郎真理教徒のさまを見れば、彼らには法理などあって無きがごとき。

警察や司法には、キムチ族が跋扈している。わが郷郡は、いま其と戦っている。


これから先は、ウワサ話である。
フジテレビへの抗議デモのように、朝鮮族に支配されたマスコミは、真実を報道しない。とくに自分たち在日やその系統が、絡めば絶対に報道しない。刑事事件でも通名で、あたかも日本人がやったかのように誤魔化す。

たぶん闇のルートを通じて、箝口令がいっせいに敷かれるのだろう。それで安愚楽牧場関係が感染の原発地とされる、あの宮崎口蹄疫の被害は、見る間に大きくなった。


今回の野田佳彦氏の代表選勝利が予測出来なかったのも、野田氏がキムチ族では無かったので、報道が少なかったからなのか。 

 

われら大和民族の強みは、日本人全てが和すことだった。右と左の翼があって、はじめて鵬は空を飛べる。

 

 

 

本日の話題の記事 

2011 08 30  野田氏に注文山積 【読売】

2011 08 30  野田佳彦氏の素顔 【朝鮮日報】

2011 08 29  安愚楽牧場被害対策の県弁護団 刑事告訴も検討へ 【東京新聞】

人気ブログランキングへ  本日は 61位です。m(_ _)m  => ランキングを見る 

アクセスの記録  2011.08.29(月)    3264  PV     669  IP      719 位  /  1626154ブログ

 

 

 

 

 

 

 

   わが郷
わたしの里 美術館         わが郷 HOME   

コメント

野田佳彦財務相が 新しい総理大臣へ

2011年08月29日 | 政治

ご案内 


    野田佳彦 政治家の索引 )

  映像・検索

人気ブログランキングへ 最初に ポチとお願いしますm(_ _)m

 

 

 『 カーデザイナー田中徹の社長BLOG 』 さんは政治問題の根底には、会社の経営や経済政策とりわけ金融政策が深く関わっていることを、しっかりと見つめておられる。

  世界を支配したい連中にとって、これほど目障りな日本は無い。田中徹氏のおっしゃるように、彼らは日本を 「 かたわ 」 の儘にしておきたい。その為に支配欲に駆られた者達は、日本の知的なリーダー達をなるべく、表舞台から遠ざけようとしている。


 本日は与党・民主党の代表選です。

 自分の足では、世界に押し出して行けない日本。

 いつもアメリカのケイサツ権の範囲の中でしか、行動を許されていないのが戦後の日本だった。9.11のあの全世界に配信された画像は、ビルの倒壊が制御解体で為されたことを、雄弁に物語っていた。しかし是を公で語ることは、憚れる空気が日本にも満ちている。

 今でも日本では、例えば政権から一番遠いところにいる、日本共産党でもこれを語らない。この不思議な現象は、自民党はもとより、旧社会党から日本共産党に至まで、これら全ての政党が、米国の進駐軍に依って作られた事に、歴史的な理由がある。日本共産党の初代書記長である徳田球一は連合軍を「解放軍」と歓喜をもって絶賛した。

 資本主義国のアメリカ政府と、文字通り共産主義を標榜する日本共産党は、「敵どおしであるべき」このように、普通の日本人は思ってしまう。しかし本当はアメリカ進駐軍が、
作ったのが日本共産党のだ。日本統治の「安全弁」として、資本家の軍隊は日本共産党を作った。


 松下政経塾もアメリカが作った、スパイの養成所のようなもの。

 これを解き明かすには、世界貿易が日本にもたらす、大きな弊害を論じなければならない。それを煎じ詰めて、言い切ってしまえば、『 儲けが出るのは相手国に、日本に必要な物質がないから 』 といえる。かわりにドルを貰っているわけだが、これはアメリカの中央銀行的な存在の、FRBがナンボでも印刷出来るシロモノである。

 

 そして是の価値を減じないために、日本も怪しげな金融スジに、円を刷り流していたご当人が野田佳彦財務相、今度の総理大臣に明日なるであろう、漢 (おとこ) なのだ。

雉は国鳥で、日本国を象徴する鳥なんですね。

アメリカは白頭鷲で、日本が雉なんですね。これって「日本はいつまでも、アメリカに毟られる」の隠喩なんでしょうか。

 

人気ブログランキングへ 金融・為替を解き明かすのは難しい。でも頑張るしかない  ポチとお願いします

 

 二年前、2009年夏の衆議院選挙で、民主党を圧勝させたものは、マスコミの吹かせた風だった。その前の小泉郵政選挙で、自民党を絶対過半数にしたのも、マスコミの風だった。ならば政治家はマスコミには逆らえない。此処に日本国が自立しているようで、そうではない被虐の現実が隠されている。韓流が多すぎるとフジテレビを批判しただけで、高岡蒼甫さんは、芸能事務所を解雇されてしまった。タカが絆創膏の事や、漢字の読み違いで徹底的にケチを付ける。これが、カネにまつわる不思議な事でもあろうモノならば、まるでハイエナのように付きまとって離れない。終には闇の中から見えない手が伸びてくる。政治家の自殺とは、信じがたい結末もあったりする。因縁ケチ付け、脅しにすかし、様々に神経を傷つける攻撃がなされる。


2009 09 12  恒星間飛行 【わが郷】 

 ふだん人は警察のことは知らない。知っている人は、交通違反のもみ消しとかが、頼める極少数の者のみだ。最近はネットの広がりで、パチンコ業界への警察官僚が天下ることが、やっと知られるようになった。ところが警察職員そのものが、家系的にヤクザ暴力団の温床である在日や部落関係者と、深く交雑していることを知る人は少ない。警察職員の甥っ子がチンピラ・暴力団で捜査が、困難になり結果として死人まで出た事案もある。同じ交番で、続けて若い警察が、「自殺した」とされる事案もある。さすがに連続は希だが、単独での警察官の、「拳銃自殺」など山ほどある。監獄の囚人のほうが刑務所職員より威張っているケースもある。なので、「刑務所の中で、自殺」などとされてしまう、不審死も結構多い。

 一般の善良なる日本人は、この事をほとんど知らない。

 アメリカのツインタワーが内部に勤務する生きた人間ごと、爆破されて大勢の人々が殺された。アメリカ政府が発表するのだから、日本人は 『 アルカイダによる、連続テロ 』 と信じてしまう。なぜかと言えば、要らなくなった廃ビルの爆薬による制御解体と、飛行機衝突によるビルの崩壊を咄嗟に結びつけられる、『疑り深い人々』は日本人には非常に少ない。


 まさかにも、民主党が外国勢力が寄ってたかって作った、売国反日の政党だなんて、普通の日本人は知るよしも無い。今回の代表選で代表になった、野田佳彦氏も外国人から違法な献金があったという情報も確かあったような気がする。 

 

人気ブログランキングへ あとでもうチョット、調べてアップします (^_^;)  ポチとお願いします

 

 

    尖閣諸島での対応で日本を蝕む者は、日本がカタワであり続けるように、画策してきた。国際的に自立した国家の対応が、領海侵犯に対して慣例として定められている。ましてや巡視船に体当たりするなどの、破壊暴力活動を行えば、船体射撃は当然の警察権行使であった。これが出来ないのは、社民党や共産党おまけに公明党あたりまでもが、『人権に配慮すべし』と騒ぎまくるからだ。

 

日本の船を護らない政府
日本の船を護らない政府

 国家の安全と秩序の維持の前には、個人の生存権は絶対ではない。社会の安全を脅かす者は、その生命をもって、罪を償わせる場合もある。死刑制度の廃止が何をもたらすかは、ノルウェーの大量殺人事件が、驚愕の警鐘を鳴らした。日本国の矜恃を完膚無きまでに踏みにじるハルノートを突きつけた。そのアメリカや連合国側の意図は、日本を暴発させて戦争に追い込むことだった。世の中には、命を的にして守らねばならぬ、絶対の価値がある。個々の人の立場からすれば、良心の自由がそのひとつだ。国家にしてみれば、『独立国家としての矜恃』が是にあたるのだろう。

 (なお公権力の行使を目的に運用されている、各国の巡視船とか、例えば支那の漁業監視船に、制圧目的の銃撃は出来ません。これは国際的な慣例で、いわば国際法では「公船」には銃撃は出来ないと認識しておかねばなりません。度重なる支那の漁業監視船による、接続水域への侵入や、領海への侵犯は外交で解決しなければなりません。ですから度重なる支那の挑発には、貿易や人的交流の制限とかの実効ある制裁が必要となります。)


 国家国民の安寧と秩序の維持には、国家は警察権を行使する。

 武器を持って立ち向かってくる敵には、当然のこと銃器も使用する選択がある。

 それが出来ないのが、間諜のサヨクによって歪められた、カタワの日本であった。


 しかし日本国民の自立への戦いは、確実にその歩を進めている。

2011 08 26  海保が海上警察権強化で方針 法改正も検討 【産経】

  菅直人が降りて、与党民主党は政局の真っ直中だ。この空白を見透かしたように、海上警察権の強化が検討され、新聞等にいっせいに頼もしい海保から提案されている。海上保安官には強制的な調査権限をもたせねばならない。これに反対するサヨク社民等の汚い腹の内には、竹島等の不法占拠を解決する事案に、銃器などを使わせない黒い思惑があるからだ。江田五月は法務大臣であるにも関わらず、死刑執行の判を押さない。サヨク民主党の支持母体は、犯罪者がとくに多い半島系在日やその系統である。なので 『 人権 』 に言寄せて、実は犯罪集団の係累に媚を売っているのだ。

 

 

本日の話題の記事

海上警備

 

 

 

人気ブログランキングへ  本日は 61位です。m(_ _)m  => ランキングを見る 

アクセスの記録  2011.08.28(日)    2262  PV     472  IP     1129 位  /  1625793ブログ

 

 海上保安庁の装備
  海上保安庁の装備

 


   戦艦大和

 5月4日の記事「固定翼機が運用できる大型の正規空母建造も」で、ほんの少しだけ本格的空母に関して書きました。

日本経済は戦艦大和の様に最大の陣容で、その勇姿を誇っていましたが、戦果は芳しくありませんでした。世界最大で最強であるはずの、金融船団もアメリカの「改革攻撃」に遇ってはイチコロでした。バンカーがアホだったと言ってしまえばそれまでです。しかし、実際は彼らは「国際政治」という暴力に負けたのです。日本の政府が湯田菌の「国際政治」の一部として取り込まれてしまっては、いいなりになるしかありませんでした。見せしめに幾つかの銀行や証券会社が潰されました。

これに対抗するには、自立した政府を持つしかありません。 (つづきは、したの表題部をクリックしてお読み下さい。)

自国の航路は、自国艦船で守るのが あたりまえ

 

 

 

   わが郷
わたしの里 美術館         わが郷 HOME   

コメント

小沢一郎 万歳

2011年08月27日 | 日記

ご案内 


 小沢一郎 

 映像・検索

人気ブログランキングへ 最初に ポチとお願いしますm(_ _)m

 

 

 日本人のほとんど全部が

民主党の代表選挙に、まったく期待していない。

だれが総理大臣になっても日本経済を、良くすることなど出来ない。


その理由は、一般国民は経済学も金融論も、勉強などしていないのでわからない。


ならば、国会議員の諸先生がわかるのかと、考えて見た。

…… ……

今日は全然気分が乗らない。

だってなあ、喰おうと思っても、何にもない。

 

それで

雪見屋本舗 雪見酒 』  さんを見たら。

ランキングがアップしてなさる。

それでわが郷も、ちょっくらその幸運をお借りした。

 

 

このあと、金色文字の部分と、映像がお借りした部分です。

 


自民党から女性総理とか、オレら大賛成なんだけどなー。

 どうあれ、担ぐには良いと思うけどな。 


この担ぐと、 「真の目標は小沢首相」 とが響き合って、
好い味出してますネ。

人気ブログランキングへ ホントだねと思ったら  ポチとお願いします

 

 

 

日本の邪魔をする中央銀行なら、いらない。

 【カーデザイナー田中徹の社長BLOG

 うえの記事が素晴らしい。


 誰かが塞き止めている事もあるのではないでしょうか。(笑)いや、笑い事ではなく、本当にお金を廻らなくしているとしか思えないのです。震災からの復興だって満足に行かない訳ですから、意識的に資金の流れを抑えていると見るべきかもしれません。
  http://ust.cocolog-nifty.com/blog/2011/08/post-af7c.html
(是非にも全文をお読み下さい。日本のすばらしさが天こ盛りです)

 

 

 

小沢一郎への郷愁に縛られている人たち

 公共事業が出来たのは、財源があったから。それが国際金融のしかけた、税制改革つまり日本産業の成果を租税として国庫などに納めさせずに、海外の金融が高い利を謳って騙し獲ってしまったのだ。その額なんと、アメリカ国債だけで、その累計が700兆円である。

 

 全然経済とか、国際社会が見えていない。

 今の日本に必要なのは、この古い土木利権政治の狭い世界しか知らない、人々に教育を授けることだ。もうひとつは当然のことながら、自衛隊の装備の充実である。田母神氏が言うように、大国間での戦争が起こる可能性はほとんどない。しかし、日本人が国土防衛に自信がもてるような、矜恃を鼓舞するような超高級のハイテク兵器の誇示は、やらねばならない。明治維新の動乱と前の大戦の国難は、装備の劣勢が招いた。

 日本は世界の政治と、出来るだけ早く軍事に於いても、リーダーシップを発揮すべき。北アフリカから中東にかけての、欧州湯田菌の侵略や干渉は、非難されるべきだ。反体制派とは、フランスやイタリアそれとご存じ米英等の、ゴロツキ工作員なのだ。これと似たものが、わが国にも沢山うごめいている。東京では六本木は麻布あたりで、ふだんは薬物でまどろんでいる。いざともなれば、政治家を後ろからピストルで撃ったりもする。あるいは便所へ連れ込んでネクタイで絞め殺す。日本の法秩序を無視した工作員、殺し屋の温床がヤクザ・暴力団なのだ。保険屋とケーサツは、これを自殺として処理をする。生保とか損保にも、『反体制派』の工作員が多数潜んでいる。

 こちらは小泉・飯島が降りてからは、ずいぶんと掃除が進んでいる

人気ブログランキングへ 警察庁や警視庁は、ケーサツではなく警察に戻っています ポチとお願いします

 

 

 新聞の下馬評は、各紙によってまちまちだ。

 政治手腕はにわか政権与党の民主党議員に期待するのが無理だ。

 だれが成っても、自民党や公明あるいは、みんなの党と協調など出来はしない。前原誠司がなれば、衆議院解散で自民党との政党再編などという見方もある。しかしなあ、衆議院の多数を捨ててまで、解散をする人間が民主党にいるとは思えない。小泉の時の郵政解散は、自民党内部の統一がとれていた。いまの民主党はバラバラで、政治生命が終わった小沢一郎の怨念まで引きずる、意味のない分裂選挙になっている。


  日本は豊かな国だ。

 これを大事にせずに、他国にこの国富を売りわたすがごとき民主党には、日本を束ねられるわけがない。どの候補が首相になっても、期待出来る政治は出来ないだろう。


 重ねて言うが、日本は豊かな国だ。

 ただ、政治とマスコミそして、教育は極めて貧しい。

 日本を法治の国にするために、どれほどの苦難の道を辿ったのか、人々は忘れている。前原誠司が外国人から、違法な献金を受けながら、『なんらやましいことはない』このように言い切れる、法律の軽視は『彼らサヨクが、本当の歴史』これに関して、信じられない程の無知から引き起こされる。四三運動や、朝鮮戦争から逃れて、日本に不法入国した。これがサヨクの出発点なのだ。是では、ホント、ハナから法律無視が、着物を着て立って歩いているようなもの。

 朝鮮脱出組は、済州島などでの共産主義蜂起での、過激な取り締まりを逃れてきたもの。あるいは朝鮮戦争の戦禍の及ばない日本に脱出してきた。自らの国で、国を立て直すために身を挺することを、放棄したものたちだ。だから心底なんにもしない『ヘイワ』が好きなのだ。日本統治時代は本当に、朝鮮半島は平和だった。その平和を壊したのが、ハルノートを突きつけたアメリカでる。これを韓国人や北朝鮮ゆらいの人々は忘れてはならない。そして日本が朝鮮半島からさった後、かれらの故郷にもたらされたものは、アメリカ
軍と、北朝鮮コミンテル軍などの極東アジア侵略戦争であった。戦争を東アジアにもたらしたのは、アメリカに取り憑いた戦争屋、つまりユダヤ金融であった。そして今も、韓国を世界の奴隷工場に貶めているものが、世界金融こと湯田菌なのだ。韓国はユダヤが作った国である。そのシンボルは、ムクゲの華。この花はrose of Sharonシャロンのバラと呼ばれて、イスラエルを象徴する花でもある。

 西と東からカザール・ユダヤの故地、ロシア南部に向かって攻め上がる。その遠大すぎる野望の犠牲にされているのが、今は韓国なのだ。そして北アフリカでは、リビアのカダフィが老境の耄碌故これを許してしまっている。

 しかしなあ、この様なことを言ったとて、サヨクの教条で曇った目には、真実が写らない。彼らは戦争の『解釈は様々に為すが』それでは、あなたは何をするのかと問えば、沈黙してしまう。あるいはデモと集会ぐらいは言うのであろうか。『思想信条を理由にした』高岡蒼甫さんへの、決定的な就業差別といおうか、解雇してしまったわけだが、其れに対する考えも知りたいものだ。


 オオカミが羊の群れを襲うとき、まず群れを分断する。半分に群れが割れれば、亦それを四分に切り裂く。そして群れを離れた、個体を襲って喰らう。これが砂漠の地で、獲物を襲って生きながらえてきた、血を啜る民族の狩のやり方なのだ。

 自民と民主に分断されて、菅直人降りた後の民主は、四分どころか粉々に割かれている。自民党は、なぜか是を見て安堵する。でもなあ、人間は草だけ喰ってる、羊ではなかろうに。自民党にも金色の草に群がる、ヒツジみたいなのが結構いたが、民主党は全部がぜんぶ、哀れなヒツジさんなのか。


 日本を良くするには、仲良く産業の畑を耕すべし。

 日本人は、羊ではない。ましてやオオカミになど成れもしない。

  黒沢監督の『七人の侍』では、百姓は侍を雇って、村を守り抜いた。まことに判りやすく、良い話だ。


 前出の田中氏は、紹介の投稿の最後に、つぎのように書いている。
 
『その為には、まず民主党では駄目だし、今の日銀が差配する金融システムも硬直しています。中央銀行を廃止するくらいの事をしてもいいのではないでしょうか。』

 日本の中央銀行たる、日銀は国有の公的企業なのだ。だが今はあたかも、国家から独立した何か別の権威のある、公的権力のように振る舞っている。小泉時代の『貸し剥がし』は、それこそ小泉政権と日銀は、表裏一体のように動いていた。今から思い返せば、日銀の後ろには、ユダヤ金融のゴロツキが地獄の狗を引き連れて、日銀に暴力的な指図をしていたのだ。小泉純一郎はその地獄の犬たちの、あやつり人形に過ぎなかった。
 
 小沢一郎の支持者たちが言うように、『 国民の生活が 』 本当に大事ならば、彼らは率先して、『 資金の流れを抑えている 』 そのものたちと戦わねばならない。

 ところが三菱金融グループは、日本国内の金融資産を絞り上げて、韓国に気前よく流してくれている。三井・住友グループは、日本国内のヤクザ在日系金融の、大旦那でもある。小沢氏が日本国民から支持されるには、このへんの日本国民の敵と敢然と戦わねばならない。はたして彼に其れが出来るのだろうか。

 列島改造が華やかなりし頃は、累進課税で企業からは余剰の資金を、それなりに適正な配分を行っていた。次三男が都会へ出て、工場などで働く。田舎で農業を守っている、長男が、公共工事で臨時収入を得る。まことに、資金循環が巧く行われていた。この良き税制を壊したのが、ユダヤ金融の構造改革であった。

 それが公共事業の原資である税収が、富裕層や大企業への減税で無くなってしまった。もう年老いて、自分の頭のハエを負うだけでも大変な、小沢翁に頼るのはそろそろ止める頃合いなのだろう。

 

 

 

本日の話題の記事

人気ブログランキングへ  本日は 61位です。m(_ _)m  => ランキングを見る 

アクセスの記録  2011.08.27(土)    3611  PV     571  IP      764 位  /  1625437ブログ

 

 

 

 

   わが郷
わたしの里 美術館         わが郷 HOME   

コメント (1)

誰が成っても、 短命な無能内閣になる

2011年08月27日 | 政治

ご案内 


 海江田万里

 映像・検索

人気ブログランキングへ 最初に ポチとお願いしますm(_ _)m

 

 

号泣する総理大臣って、ありえね

 

人生色々、まさかの坂もある。

アメポチの前原も飽きたし。
でもなあ


怒鳴り散らした後、大泣きする国家の指導者ってありか。


 

とにもかくにも、わが日本国民は 『 民主党 』 なんていう、反国家主義者の徒党を、与党に選んでしまったのだから、『 忍 』 の一字を握りしめるしかない。 

人気ブログランキングへ  ったく、因果なこった  ポチとお願いします

 

 

 

 

人が死ぬ 放射線の脅威

パフォーマンスを止めて、大臣も辞めればよい

 海江田万里経済産業相は手のひらに、『忍』の字を描いて国会に臨んだ。あるいは、ある場面では、泣いても見せた。どれも是も、人気を惹くための、パフォーマンスである。電力政策の長が、経済産業相である。それが、人命を失う恐れがある、作業手順の重大な違反を、『英雄的行為』と褒めそやす。これは彼らが好きな、サヨク・コミンテルンの残渣政権、支那狂惨頭と、おなじだ。是は政治とも言えない、ただの我が儘な政権居座りである。

 朝鮮便衣隊の隊長が小沢一郎であるそうな。

 その間諜部隊のトップが、代表候補は海江田と決めたのだという。

 朝鮮キムチのマスコミが、それをこぞって 嬉々として垂れ流す。

 韓流ドラマも酷いが、この日本人をダマして洗脳する、プロパガンダは許せない

 

 わが郷の来訪者諸氏は、彼がどうしようもない無能な男だと、知っている。

 

現場を判らない能なしが、放水ポンプを焼き付かせて壊してしまった。
2011 03 25  民主党は 吹き飛んだ福島原発の 建屋の残骸とおなじ 【わが郷】

 

 

原発問題の根源的な解決

下請けの多重構造を廃止する。

東芝や日立などの、下請け丸投げ土建屋システムを止めさせる。
熟練した社員が責任と誇りをもって取り組める体制を作るべき。

10年かかっても、たとえば本当に安心して、原子力発電システムを運用出来るようになるには、20年かかってもやることがある。

自動車事故は、死亡事故がとても多かった。その死亡を防ぐ為に、様々な取り組みが為されてきた。壊れやすくて、衝撃を吸収するボンネット、それとかエンジンルーム。室内は柔らかいパッドなどで、覆い尽くした。

 今の日本に必要な政治家は、文化系ではなく理科系だと思う。言葉で巧くすり抜けるのではなく、実際のシステム構築で、問題の根本的な解決をしなければならない。鳴いたり怒ったりで、女子供の関心を惹くことぐらいは、出来たかもしれぬ。しかし世界の大国日本の宰相は、泣き虫では務まらない。おどおどと自信がなく、時には泣いて日本の政治は、アメリカの威圧の本でいじけてきた。

 

どのみち、今回は民主党から首相がでる。衆議員の多数を得ているかぎりは、これが憲法の決まりである。

前原は国土交通相のときに、領海侵犯で破壊活動をした支那工作船の乗組員を逮捕させた。この事の価値は認めねばならない。しかしその後の、飴のクリントンにすがる様は、無様極まりなかった。アメの尖閣に関する、防衛の言質を取るには、別の方法がある。日本は独自に空母打撃群艦隊を、ふたつか、みっつは用意する。そう言えばアメリカは慌てる。日本軍再建を押し込めてある、瓶の蓋がはじけ飛ぶ。それを危惧するアメリカは、『尖閣も日米防衛の範囲』ぐらいは、慌てながら言うにきまっている。そうしたならば、三つは無理でも、空母の一艘ぐらいは、ドサクサに紛れて建造を決めてしまえるのだ。

 キムチとつきあってばかりいると、腰抜け意気地なしのアンポンタン根性が、骨肉にしみこんでしまう。右翼硬派を気取るならば、憲法九条は心の中では無いものとしておかねばならぬ。すでに日本国は、『 軍事力による威嚇 』 を行っている。昨年12月の島嶼奪還軍事演習を忘れてはいけない。

 尖閣諸島に於ける、民間偽装の工作員がわが日本国海域で、強行偵察活動を行った。乗組員逮捕に対して、支那政府のトップは 『 これから起こるすべてのことは、日本政府に責任がある 』 とまあ、呆れたことにこのように脅したのである。これって、マジ 宣戦布告だよね。そのあとアレは船長が酔っていたとか。なんなんだあの、狂惨党は。莫迦じゃネエのとばかりは、言ってもおれぬ。

 それで、日本国は非常時に備えて、軍事訓練を九州にて行った

 
  F-2 攻撃機 自衛隊が離島奪還訓練


 

 

人手もあるし、機材などあまっている、資材の砕石や石灰岩は山を削れば、なんぼでもある。ないのは予算だと言うが、それは印刷すれば済むことだ(災害復興費は、100兆円の日銀引受国債発行で)。それでは無いものは何かと問えば。国際金融には損をする、通常国債価格の下落する政策は、絶対にしたくない。この事である。日本の政治で今やらねばならぬ事は、景気の回復なのだ。震災復興を真面目にやれば、景気が良くなるのは見えている。それでは何故それをやらぬのか。

巨大震災から立ちあがる
 巨大震災から立ちあがる


 これをやれば、日本経済がインフレ傾向になる。

 つまり日本国内の金利が上がる。

 それで世界中から、余剰資金が吸い寄せられてくる。

 それで、負けてはにらじと、ドルやユーロを大増刷する。

 

 その結果が、ドルもユーロも大暴落となる。

 日本の場合は、【実需】があるので、円の価格は下がらない。

 

 それでは何故、このような当たり前に良い政策を、日本の政治家が採れないのか。

 左近尉はその理由を、『 雨の犬 』 だからとか、『 支那畜の狆コロ 』 だからと、見なしてきた。ところがどうやら、是は今の日本の政治家の能力を買いかぶり過ぎていた。実は殆ど全部、亀井氏や石原東京都知事、あるいは自民党の一部の若手政治家以外は、経済のオンチなのだ。その無能力者が、雨や支那の御用学者とか、評論家にサックリと騙されているだけなのだ。ホイチョイと、かあるく乗せられているだけ。

 

 そして民主党には、もっと、もっと程度の悪い、

政治家とも言えない、低能がうようよいる。

 

  粗野でいい加減なアメリカ仕様は駄目だ。

 彼の国は強権国家で、権力による押さえ込みや、事実の隠蔽が可能な国なのだ。それを、アメポチ・マスコミや、提灯学者のいい加減な宣伝を真に受ければ、本当の原発システムの欠陥が見えなくなってしまう。

人気ブログランキングへ これからは日本の時代  ポチとお願いします

 

 

 

原発メーカーも 5社以上にすべき。

船舶用の原子力エンジンは、是非にも開発を手がけるべき。

優秀な技術者が、自由に競争できるうな環境を作るべきだ。本社の社員の仕事が、説明会などのヤラセでは、仕事への情熱とか、人生を賭けた研究開発なんて出来ない。


 サンフランシスコ講和体制から

 日本は脱皮しなければならない。

 支那に対しては、満州帝國を暴力的に崩壊させた、共産党の違法性も堂々と言えるような、やんちゃな政治家が、今の日本には必要なのだ。政治と経済は物事の表裏である。中身は同じなのだ。経済のなんとかをばかり優先させて、事にあたれば政治は卑屈になる。軍事は危うくなる。そして日本の国民生活は、貧困に貶められた。

 経済の金融機能を知るものならば、設備投資と社員の厚生をないがしろにして、利を浮かす。そしてその、日本国の血と肉を外国それも敵性国家に与えるような、愚かなことな絶対に行わない。

 まあその様な高尚なことは、民主党の代表選の候補者には、高望みと言うものだ。

 

 

 せめて、21日のフジテレビへの抗議デモ、是への感想でも喋ってもらおう。

 キムチの古漬け、民主党ではこれを云っても、まったく無駄なことなのか。

 

やはり民主党は、われらの攻撃目標なのだ。

 

  

 

 

 

 原子力発電のシステムは、アメリカ仕様では駄目なのが判った。

日本独自の創意工夫で、より安全なシステムに磨きあげて行かねばならない。


 いつものアメ車と日本車の比較で済まぬが、チェロキーつまりジープのドアロックは、治しても二週間も経たずに亦壊れる。それがクラウンのドアロックは、22万㎞乗ってやっと変になってきた。つまり10年間以上の年月を、何にも問題なく機能している。東電事故の後処理を観ても、あのやり方はヤクザなアメリカのシステムそのものだ。現場の労働者は、遠くは大阪周辺のドヤ街から素人を拾ってきて、現場に投げ込んでいる。是では使い捨てで、技術の向上どころか、まともなルーチンワークも出来ないだろう。精度か高く、信頼性のある仕事は、プロでないと無理だ。原発の仕事は、土木建設とは違うだろう。例えば薬師寺の五重塔の修復を、ドヤから拾ってきた爺さんに遣らせるようなものだ。其れとも、アメリカ仕様の原発は、全くの素人にも出来る、アバウトなものなのか。

原子力発電は 軍事技術なのだが
原子力発電は 軍事技術なのだが

 

  それにしても、何処までもマスコミは、馬鹿チョンなのか。

 田中角栄が院政を敷けたのは、土木建設などの膨大な利権を、すべて手中にしていたが故である。今は時代が違う。小沢一郎のザマを観てみれば、土木建設の上前を刎ねることは、出来なくなった。かわりに政党助成金の制度が出来たのだ。これを理解できない、飲み込めない、頭の古いノウタリンが小沢真理教の信徒なのだろう。

 小沢一郎や鳩山由紀夫のグループは、それなりに脱講和条約つまり、「駐留無き安保」を目指したのだろう。しかし是には、並々ならぬ覚悟がいる。思いやり予算関連だけでも、毎年、数千億円のカネがアンポンタン族に渡っているのだ。これをどうにかすると言うことは、まさに戦争なのだよ。何かあれば、心臓がどうのとか、風邪を引いてとかの、インチキ・キムチの豪腕なんぞは、屁の役にも立たない。


 辺野古へのV字型飛行場に関して、何も言えぬならば別の方法もあった。

 日本も大型の正式空母を造るぐらいの、覚悟がなければ「駐留無き安保」なんぞは実現しない。小沢豪腕とかの空念仏を唱えるだけのキムチ・マスコミは、所詮は朝鮮半島ゆらいの事大主義者にすぎない。寄らば大樹の陰。あるいは遠くから、夜の闇が深くなって、初めて吼える負け犬にすぎない。

 

 ゼニのない小沢一郎に、付き従うのは其れなりに、おのれの資金集めとかの才覚がある者達だ。その数は極めて少ない。小沢が幹事長時代に仕立て上げた、最近の国会議員なんぞは、バッチをつけた只の素人だ。小沢が幹事長だったから、金と選挙の面倒を見てもらったので、いまは環境がガラリと変わってしまっている。今の幹事長は岡田であり、官房長官は枝野幸男だ。どちらも反小沢で彼らに逆らえば、新人議員は何をされるか判ったものではない。そして小沢一郎は今は単なる年老いた、いち国会議員にすぎない。ましてや刑事被告人でもある。チョウセン便衣隊の司令官は、いまでも小沢一郎なのだろうが、国民はもう欺されない。鳩山由紀夫も小沢もかねまみれ。これだけで愛想がつきる。そのうえ菅直人の無能と、大震災にあたっての無策と言うより、そのジャマぶりはただ只、呆れるばかりであった。それで国民の殆どは、マスコミのことは、マスゴミと言うようになった。


 ではなぜマスコミがこうも、小沢一郎の影響力を過大に、評価してしまうのだろうか。それは単に、マスコミの勉強不足、つまり怠慢だからなのだろう。政治はカネと、国民の人気だ。朝鮮キムチのマスコミは、いまでも国民の支持が小沢一郎にあるものと、勘違いしている。マスコミが言えば、人々はそれを信じるのだと、苦労を知らずにのほほんと生きてきた、報道のウドの大木は、思い込んでいる。

最後までお付き合い、有り難うございます。ポチとお願いします

 

 

  

本日の話題の記事

2011 08 27  新政権で“院政”へ 小沢氏、海江田担ぐ 【スポニチ】 

2011 08 26  海保が海上警察権強化で方針 法改正も検討 【産経】

人気ブログランキングへ  本日は 59位です。m(_ _)m  => ランキングを見る 

アクセスの記録  2011.08.26(金)    3154  PV     713  IP      719 位  /  1625115ブログ

 

 画像で見るアメリカ軍の装備

 

 

   わが郷
わたしの里 美術館         わが郷 HOME   

コメント (2)