我が郷は足日木の垂水のほとり

文化芸術から政治経済まで、貧しくなった日本人の紐帯を再構築したいものです

オマーンでもデモ

2011年02月28日 | 歴史

ご案内 


 plane crashes into Arabian Sea

 

 

 

 北アフリカのチュニジアからおこったデモの嵐は、

ついにアラビア半島の南端にまで波及した。

 オマーンはやはり原油生産が国家の主要産業だ。日本の原油輸入量の、10%がこのオマーンからである。

 政変の発端は欧州の産業の強い影響下にある、北アフリカのチュニジアでおこった。不満の原因は、多すぎる失業と、物価高騰による生活苦である。イタリアやフランスからの観光や、それらの国の下請け産業に従事すれば、一定の生活の安定はある。しかしほとんどのチュニジア国民は、観光や下請け産業の恩恵には浴していない。くわえて社会主義やアラブ民族主義は弾圧されてきたという。世界金融危機からの脱出策として、世界金融は多くの紙幣を印刷したがそれは、チュニジア一般国民には届くはずもない。観光と貿易産業にかたよって紙幣がまわってくれば、物価は高騰する。この生活できない不満と、政治活動に対する取り締まりへの反発が爆発した。

 エジプトも似たような問題を抱えていた。失業は多く、ムバラク政権はアラブで唯一のイスラエルと国交をもつ国だった。そのムバラクはアラブを裏切ることで、アメリカから兵器や援助を受けて長期の政権を維持してきた。アメリカの資本より新聞などでは報道されることはないが、これら一連のアラブ社会のデモなどの激化は、その原因がアメリカの対外政策の劣化にある。世界金融危機により、アメリカを中心にまわっていた金融は信用を失った。アメリカに還流していた余剰資金は、アメリカに戻ってこなくなった。アメリカとて無い袖はふれない。それでも無理をしてドルを印刷すれば、ドルの価値はいっそう下がってしまう。そのうえ、構造改革キャンペーンで、儲けることは美徳と教えられた経営者は、経費・人件費を削るのにつとめてきている。これでは産業には資金が充分には流通しなくなる。ましてや失業者には厳しい物価高で、生存そのものをおびやかす。

 エジプトのムバラク退陣はこの様な、閉塞感を打開するようにも、民衆には見えたのだろう。

 この混乱は、民主主義を招来すると、期待することもできる。また、欧米の政治支配力の途絶も同時に危惧される。脳天気にも見える、オバマ米大統領の『民主化支持』は、アメリカの国威低下そのものでもある。

 

無能なのは日本の民主党ばかりではない。アメリカの民主党も楽天すぎる。
人気ブログランキングへ ポチっとお願いします。

 

 つよい支配力と秩序の維持が世界を安定させてきた。

 世界の不安定はある意味、下層階級にとっては希望の激動にも見える。しかしそれが、本当に豊かな明日を実現するかどうかは、5年10年そして20年も経たなければ分からない。インドシナ半島のタイやベトナムそしてカンボジアは、アメリカや支那そしてソ連の思惑に翻弄されてきた。アメリカのベトナムからの撤退、そしてカンボジアからの支那の影響力の排除、これらのあとに本当の民族自決がやってきた。それでもタイやマレーシアなどでは、アメリカを根城とする国際金融の『アジア通貨危機演出』により、その経済が大いに翻弄された。

 大東亜戦争当時の対立構造は、いまでもあとを引きずっている。

 強権による国家統制は、軍事的なものから、金融的なものへと変容はしているかにも見える。

 

 これは『平和憲法(嗤)』や『憲法九条』からながめた、きわめて脳天気な偏見なのではある。

 いまでも世界の秩序は、金融資本と強大な軍事力によつて、維持されている。

 

 アメリカの軍事支出は全世界のそれの、半分にも達する勢いがあった。

 しかし、これを維持する経済力はアメリカには、あろうハズもない。産業の空洞化。これをもたらしたのは、皮肉にも、資金還流のために構築した、世界金融システムであった。これによりアメリカの産業は、日本産業に打ち負かされた。そしていま不遜にも支那の強権政治が、日本国の経済的中枢性を奪い取ろうと、画策している。日本の能なし世襲のボンクラ跡継ぎや、アメポチ、支那ポチの官僚天下りの大企業管理者が、売国をつづけている。

 支那にジャスミン革命が起こらないのは、このようなニホンの売国が支那の産業と政治のつっかえ棒となつているからである。

 尖閣諸島を奪われんとして、それでも対支那経済制裁を検討もできないテイタラク。あまつさえ、背後から闇討ちにあって、奪われた千島全島と樺太の南半分。これらの返還も言えない、意気地なしで売国の政治家群。戦争で奪われたものは、実力で奪い返すしかない。戦後の見せかけの平和に甘んじてきたニホン国民一般には、強固な矜恃のもとでの、本当の国家再建が見えていない。

 北アフリカや中東諸国で起きている、デモや集会による戦いの人々には、おのれの敵が誰であるか知っている。

 

 しかしニホンの戦後支配のレジーム報道は、真実の姿は報道できない。つねに民族主義や宗教のフィルターをかけて報道する。ムバラクや、オマーン国王のその上に君臨するものは、米英欧の金融世界資本である。日本国にあっては、竹島や千島・南樺太に日本国民の思いを致させないのが、日本国内の国際金融なのだ。われらの本当の敵は、自民党や民主党のデク人形ばかりではない。この二大政党の立ち振る舞いをみれば、これらは攻撃をそらすための隠れ蓑にすぎない。こちろんのことこれらの、隠れ蓑は焼き捨てるべきではある。そして真実の敵、国際金融の醜い欲望をしるべきである。

アラブの敵は、われら日本人の敵でもある。
人気ブログランキングへ ポチっとお願いします。

 

 

 

本日の話題の記事

 2011 02 28  オマーン デモ参加者2人死亡 【NHK】


 Sultanate of Oman オマーン

2011 02 28   前リビア法相、暫定政府樹立に着手=3カ月以内に選挙、国土一体性維持 【時事】

2011 02 27  リビア首都で市街戦準備 カダフィ氏、市民に武器 【中日新聞】 

リビア ( 各国・地域情勢 )

2011 02 28  中国当局 集会封じ 23都市に拡大、数人連行 【東京新聞】

支那 (各国・地域情勢)

  

人気ブログランキングへ  本日は 78位です。m(_ _)m  => ランキングを見る 

アクセスの記録  2011.02.27(日)    1283  PV     549  IP     1042 位  /  1543717ブログ

 


わたしの里 美術館

 は、我が郷は足日木の垂水のほとり
 の関連ブログです。

 

 

 

 

 過去記事などの ご紹介 

わが郷 HOME

☆ 

コメント

比例当選議員に危険票をもたせる

2011年02月27日 | 政治

ご案内 


 ヒカンザクラ

 

 

 早期解散あり得る=民主・小沢氏 【wsj.jp】

 

 いま衆議院を解散して選挙ともなれば、

民主党の議席は、 3分の1に減る との読みもある。

 

 民主党の味方をして贔屓目に見ても、現職議員の半数は落選するだろう。

 

 小沢一郎が、『 早期解散もあり得る 』 などと発現する真意はなにか。常識人ならこのように訝るのは当然のこと。しかし彼ら民主党に寄せ集まっている、『 サヨク 』 はかわり花の色違い。深く考えるだけ、ムダってなもんだ。

 とにかく喧嘩好きなのだと、了すればよいだけのこと。

 

衆議院で小沢シンパは、予算案議決には加わらない。 つまり菅政権は座礁が不可避だ。
人気ブログランキングへ ポチっとお願いします。

 

 

 


 女賭博師 壺くらべ

 

どのみち政権中枢からは、追われて訴追の石礫うける身ならば、只では済まぬ三度笠。

カンカラカンの親米ポチも曳きつれて、死出への旅の道連れだ。

 

カネと命が尽きる前に、一か八かの大勝負、

ならば早いほうが良いに決まっている。

 

つまらぬ三文芝居を見せつけられるより、われら国民も さっさと選挙でけりをつけたい
人気ブログランキングへ ポチっとお願いします。

 

 

 

 

本日の話題の記事

2011 02 26  早期解散あり得る=民主・小沢 【wsj.jp】 

2011 02 27  リビア首都で市街戦準備 カダフィ氏、市民に武器 【中日新聞】 

2011 02 27  小向容疑者「密売イラン人は以前から知り合い」 【テレ朝】 

2011 02 23  自民、衆院解散にらみ経団連に秋 【読売】 

 

   上妻宏光 "津軽じょんがら節"

人気ブログランキングへ  本日は 77位です。m(_ _)m  => ランキングを見る 

アクセスの記録  2011.02.26(土)    1420  PV     591  IP      831 位  /  1543173ブログ

 

わたしの里の美術館【索引】我が郷は足日木の垂水のほとり【HOME】岩水
わたしの里 美術館       わが郷 HOME

 

 

 

 

 

 

コメント

民主党も財界も 終わってる

2011年02月26日 | 歴史

ご案内 



 映像・検索

  最初に ポチとお願いしますm(_ _)m

 

 

 

前原G、衆院選準備を指示/早期解散へ臨戦態勢 【四国新聞】

2011/02/26 02:02

 民主党の前原誠司外相を中心とする議員グループ「凌雲会」(約40人)の有力幹部が早期の衆院解散・総選挙に備え、グループ若手議員に準備を詳細に指示していたことが25日、分かった。複数の関係筋が明らかにした。2011年度予算関連法案をめぐる与野党攻防の展開によっては衆院選が近く行われるとの見方が具体化した動きで、民主党内外に波紋が広がりそうだ。

 前原グループは枝野幸男官房長官や仙谷由人代表代行らが政府与党の枢要なポストを占め、党内基盤の弱い菅直人首相を支える主流派の役割を担う。一方、参院で与党が過半数割れの「ねじれ国会」で予算関連法案の成立めどが立たず、菅政権の3月以降の行き詰まりは現実味を帯びている。

 

 解散風をテメエラでふかせるったあ、どんな了見なんだぁ。

 原則主義者であるが、お先走りで、永田メール問題では大失態だった。しかしまあ、民主党の一刻も早い自滅を望むわが郷にしてみれば、衆議院解散・総選挙に向けてどんどん走ってもらいたい。

 どんなにイカレたリーダーでもみんなで護れば、外見にはそれなりに格好よく見えるもの。それを日本人の悪い癖、とくにサヨクにはそれが著しいのだが、小さな自分たちの縄張りだけ見てしまう。民主党がやらなければならない事は、党代表のもとに結束して難局を乗り切ること。内輪もめや先駆けなどしていては、党が分解する。国民に約束した政治の実現なんてぇのは、鳩山由紀夫の時代からなにもやってなかった。

 ただ不細工な民主党政治を国民から見て分かったことがある。

 アメリカ特に極東米軍の支配力が、日本政府を覆い尽くしていると言うこと。

 アメポチ・松下政経塾ならば、雨の絶対的支持があると、前原は信じての暴走なのだろう。

 

前原はテメェ が総理になりたい一心なんだろう。 松下政経塾出は国民を見ずに、売国スポンサーばかり見ている。
人気ブログランキングへ そうは問屋が卸さない ポチっとお願いします。

 

 

射程から言ったら、たぶん是か

 北方領土を武力で奪還するなどと、日本政府は一度も言ったことがない。 しかしロシアは国後・択捉にミサイル高射砲部隊を配備するという。これは日本の北方領土奪還の世論に反応したものだろう。国際政治は力がものを言う。不法で卑怯な千島や樺太南部の支配は許せぬ。しかし戦争で取ったものは、卑怯であっても、国際信義に背いても、これを断固護るという態度は普通のことなのだろう。戦争で奪われたものは、実力で取り返すしかない。日本政府はヘタレの構造部材でできているが、日本人の鋼の心を見くびってはいけない。

 日本が小心者で、商人国家だから、売国商人にゼニをつかませれば何でもできる。このように日本は侮られている。朝鮮戦争で決定的に荒廃した韓国を復興させたのは日本の援助があってのこと。竹島を奪われて、大切な漁業関係者あるいは、海上保安の職員も多数死傷させられた。これでも韓国を支援するマヌケ具合は、三菱などの韓国利権を優先させたからこうなった。その三菱が日本国の防衛産業の重要な部分を占めている。なんと危ういことか。そして現在は、支那とロシアに日本の自動車産業が進出している。尖閣諸島と北方領土問題が正しく解決する道筋を歩んでいないのは、これら売国企業が日本国の国益よりも、醜いガリガリ亡者に経営を壟断されているからだ。支那やロシアで製品生産をおこなえば、それはその国の企業となったと謂わねばならない。日本国の国民と資源を使って、汗水垂らしてできた生産技術や高品位製品の開発力は、日本全体の社会のものである。それを何も苦労知らずの世襲経営者や、能なし官僚の天下りの個人的役員報酬を増やすために、たたき売ってよいものか。

 

 

 
日本の領土問題 Part-2 北方領土【領土の変遷】

 

 日本国とロシアは戦後処理が終わっていない。

 全千島列島と南樺太の領有権 【2月10日の記事】にも書いたが。南樺太と、千島列島全体は、国際法的に日本国の領土である。こう心ある日本人ならば宣言すべきである。このように検案を多くかかえたロシアとは十分な配慮のもとに、経済交流をおこなうべきである。軍事的にも敵対する姿勢 (※1) を見せているいま、日本政府はロシア進出している、あるいは検討している企業には自重を求めるべきである。わが郷はは云う。ロシア進出企業は経済活動を凍結すべきである。当然現地工場や事業所の給与支払いは大きな制限が加えられる。これに対して現地政治権力が敵対するならば、全部撤退もありうる。これがロシアなどのドロボウ国家に進出した、カントリー・リスクというもの。

 ある意味日本国内では大衆車は飽和ぎみ。ならばまともな自動車産業のない各国に進出すれば、企業は容易に儲けが出る。こう考えて、踊らされるのは無理もない。 (まあ是は、アホだからと言わざるをえない)  しかし外国に技術と資本を持ち込めば、それはその国の管理下に入る。やったも同然となる。その国の政治状況が変わればとんでもない目にも遭う。ブレーキの踏み間違いや、間違ったフロアマットの設置でも、外国企業は生け贄にされ、つるし上げられる。そのトヨタがかつて奥田時代に国内でやったこと。日本国内では、一般労働者をガレー船の奴隷のように使い棄てる。こうして搾り取った利益を、外国に流し込む。その外国の工場では日本国内よりはるかに高級で工員を待遇する。これを売国と言わずして、なんという。

 卑怯千万にも千島などを不法占拠しているロスケなんぞは、優秀な日本製自動車に乗りたくば、中古のそのまたお古で充分だ。新車に乗りたくば、国後・択捉はもちろんのこと、千島全島と南樺太を返すべし。これを待たずしてドロボウ国家に、資材と技術そしておめでたいことに、技術者と資本まで持ち込むとは、大マヌケのコンコンチキだ。

 

人気ブログランキングへ ポチっとお願いします。

 

 

本日の話題の記事

2011 02 26  小向美奈子容疑者を逮捕 比から帰国、覚せい剤譲り受け容疑 【中日新聞】

2011 02 17  ロシア:軍検討、北方領土にミサイル配備 射程30~50キロの対空 【毎日】 (※1)

 北方領土 ( 課題分類 )

 

人気ブログランキングへ  本日は 78位です。m(_ _)m  => ランキングを見る 

アクセスの記録  2011.02.25(金)    1747  PV     590  IP      884 位  /  1542737ブログ

 

 

アラブ世界は独自の道を歩み出した。

1970年代あたりから独自の道を歩み出した、ASEANがアラブ諸国が参考にすべきイメージなのだろう。

バランスのとれた産業構造をもたない彼らには、日本のような成熟経済国がバックアップすべきなのだが。

 

しかし、まあ 能なしの政治屋や、無能な経済人がかかわれば、日本が貧しくなる。

いまの日本の政治と軍事の状況では、『やめとけ』 が正解なのだろう。 

 麻生太郎・元首相が提唱した、自由と繁栄の弧構想が実現するのは、日本国独自開発の無人戦闘機や、超々時間潜行潜水艦などか配備された、次世代政治下でのこと。気長にゆくしかないのが、日本のいまの現状だ。

 

 

 

 

わたしの里の美術館【索引】我が郷は足日木の垂水のほとり【HOME】岩淸水
わたしの里 美術館       わが郷 HOME

 

 

 

 

 

☆ 

コメント (2)

金を買い占める

2011年02月25日 | 経済

ご案内 


騙して切り取っても 医療行為ならよいとされる

 映像・検索

人気ブログランキングへ 最初に ポチとお願いしますm(_ _)m

 

 

 


 非常時に強いのは、金なのだそうな。

 それで国際 価格が高騰しているとのこと。だから金を買えという。大根や野菜は、安ければ買う。しかし金は高いとき買うものなのか現在の日本経済はインフレ基調である。ならば現金は預金しておけば、物価は下降するので相対的に円の価値が上がる。

 

 

 国際金融、わが郷いうところの湯田菌の、構造改革は失敗した。


 サブプライム詐欺の詐術がバレて、インベストメント艦隊が撃滅された。日本やアジアの新興産業からの資金環流が途絶して、アメリカは仕方がないので紙幣を印刷してしのごうとした。その額一説によれば、毎月6兆円である。これが産業現場には向かわずに、投機に向かうのがアメリカの宿業であり、駄目なところだ。


 とくに北アフリカから、ペルシャ湾にいたるアラブ世界では、穀物の高騰などにより反政府運動に火が付いてしまった。今はリビアが大炎上である。大衆革命と云うより、内戦の様相が顕著になってきた。

菅政権も崩壊している。 それでも彼は寝ているので、それが解らない。
人気ブログランキングへ ポチっとお願いします。

 

反乱軍、指揮を統一 首都戦闘か カダフィ氏家族脱出図る 【産経】

 カダフィの長女がマルタに飛行機で向かったが、受け入れられずにまた自国リビアに戻ったという。

 このような情報が流れるようでは、この政権の崩壊はもうすぐなのだろう。

 

 

 日本の菅政権も崩壊して、カンカラか~んと足蹴にされて遊ばれているのが、当人は夢遊病者なので分からない。

 国際金融、わが郷いうところの湯田菌の、構造改革も失敗した。

 

 2009 11 20 幻の艦隊【わが郷・投稿記事】日記 幻の艦隊 日記

 

 構造改革とは日本の経済力を削いで、他のアジアへ移植することであった。繊維や食糧などは技術移転に成功したようにも見えたが、あまりにも支那のいいかげんさが、この計画を頓挫させてしまった。メタミドホス混入の毒餃子騒動は、株価テロリストの暗躍と我が郷公安は睨んでいる。

 アラブ諸国は王権独裁や、その他の専政政治にが行われていた。

 石油鉱区の利権は国際メジャーが握っている。しかし第二次世界大戦後の世界史のトレンドは、民族自決であり植民地主義は否定されてしまった。それで米英の湯田菌がとった政策が、あやつり人形政策であった。王権や専政政治を湯田菌のダミーとして、祭り上げ一応民族自決の体裁をつくろったのである。しかし石油の採掘や販売を、実際に行うのは湯田菌である。

 

 シーア派がどうのとかスンニ派はどうだとかの論議は、このような金融・産業によるアラブ支配の構造を隠す、衝立にすぎない。富と権力を占有している 『 民族政権 』 は、実際の権力者=国際金融の姿を隠す隠れ蓑である。

 

 つい最近になって遅れたやってきた、国際金融の富独占を隠す隠れ蓑が、カダフィとその親族による独裁政治であった。独裁政治が新たにユダヤ金融式収奪方法を手に入れれば、その民衆収奪は半端ではなくなる。現在のなりふり構わぬ、軍事力を行使した虐殺行為はその搾り取った富の大きさを、充分に暗示している。 


人気ブログランキングへ ポチっとお願いします。

 

 日本は今、政治・経済においてアメリカから自立するための、夜明け前である。


 サヨク詐欺師の民主党。能なしドモ等は、全部いらない

 

 

 民主党と自民党の対立も、実際の日本統治の金融経済構造を隠す、トリックにすぎない。

 いまの日本人の主敵は、株主の営利のみを追求して、日本経済を縮小再生産へ向かわせている、利益第一主義である。 

 

 

本日の話題の記事

2011 02 25  反乱軍、指揮を統一 首都戦闘か カダフィ氏家族脱出図る 【産経】

 

  

人気ブログランキングへ  本日は 76位です。m(_ _)m  => ランキングを見る 

アクセスの記録  2011.02.24(木)    1647  PV     547  IP      981 位  /  1542379ブログ

 

 弁財天
わたしの里 美術館

 

 

 


 ブルネイ

 

 

 

 過去記事などの ご紹介 

12才でセックス・デビューって 可笑しいでしょう

2011年02月15日 | 医療


 Mariah Carey

 ようこそわが郷へ、クリック お願いします。

TPPは、関税ゼロ以上  【jbfa.or.jp】

 TPPは、当初、ブルネイ、チリ、ニュージーランド、シンガポールの間での自由貿易協定から始まった。米国と豪州のような主要農産物輸出国を含む5カ国を加えて、TPPの拡大のための交渉が現在行なわれている。

 このような自由貿易圏構想がブルネイにどうように利益をもたらすか、との質問に対して、APECビジネス諮問委員会(ABAC)メンバーのハスリナ・タイブ氏は、「それは、関税ゼロに向けての動きだけではなく、労働者の移動や消費者バリアといった国境問題の裏側にあるその他の実際問題についての動きにも対応します。」と語った。

 この競艇オットちがった、チョウセン・キムチの紳助の好きな競艇ではなく、菅直人の脅されすかされて喋っている、協定に参加すれば日本には今以上の地獄が出現する。

 看護師ばかりではなく、医師まで域内部のヤクザ・医師が押しかけてくる。三大治療で癌の悪化などは朝飯前。覚せい剤やヘロイン以上の効精神性の薬理作用のある薬などが、バンバン使われて日本人は精神病にされてしまう。日向加奈子が良い例だ。それこそ裸にヒンむかれてストリップ。そのうえ犯罪者に仕立て上げられて、絶大な広告塔となりチョウセン・マスコミの販売拡大の好材料とされている。

 皮肉な見方をすれば米穀 (米国に巣くったゴロツキ&金融) はそれだけ追い詰められている。マレーシアやタイをはじめとした東南アジア諸国は、ゴロツキ米穀とつきあうのはもうこりごりなのだ。それで札付きのインチキ政府の集まりが、お人好しで弱腰の日本に、奉加帳を廻してきた。これ以上みかじめ料を払ってどうするの。

 とにかくヘタレのカンカラ缶は、命を削るカンナの音だ。

 

 彼だって深層心理をフロイド流に解析すれば、『企業減税』が悪いのは百も知っている

 それで国会で、『企業増税』、『企業増税』となんども間違えている。

 

 

わたしの里 美術館
 わが郷
 HOME

 

 

 

 

 

 

コメント

南洋諸島

2011年02月25日 | 課題分類

ご案内

 

日本の南に浮かぶ島嶼一般を指す漠然とした通称 南洋諸島 課題の一覧

 

 

南洋諸島【地理・岩水】 南洋諸島 【離島領有の歴史

南洋諸島(なんようしょとう)は、かつて大日本帝国が国際連盟によって委任統治を託された西太平洋の赤道付近に広がるミクロネシアの島々を指す。現在の北マリアナ諸島・パラオ・マーシャル諸島・ミクロネシア連邦に相当する地域である。

 

 

 

 

 

 

上図の詳細地図は、ここをクリックしてご覧ください。

 

■ マーシャル諸島共和国(マーシャルしょとうきょうわこく)、通称マーシャル諸島は、太平洋上に浮かぶ島国。ミニ国家の一つであり、真珠の首飾りとも呼ばれるマーシャル諸島全域を領土とする。ミクロネシア連邦の東、キリバスの北に位置する。

 

☆☆

 

   わが郷
わたしの里 美術館         わが郷HOME   

 

 

 

 

 

 

コメント