我が郷は足日木の垂水のほとり

文化芸術から政治経済まで、貧しくなった日本人の紐帯を再構築したいものです

ヘイワ主義の 馬脚

2012年09月30日 | 日記

ご案内 


 藤川優里

 映像・検索

人気ブログランキングへ 最初に ポチとお願いしますm(_ _)m

 

 

 

泣きっ面に蜂 !!

ユダヤの米国における代理人は、Hillary Rodham Clinton

  

世界金融危機で、

ドルの信用は墜落したままだ。

そのうえ、世界の工場・支那への部品供給が、滞りはじめた。

(腰が低くて、愛想笑い。いかにも商人然とした支那が、豹変した。借金は踏み倒すは、暴力愚連隊の本性を現すはでの大騒ぎ。世界の金貸しは、た~いへんなのだ。)

 

 

次期・太子党政権は、「世界経済とか、国際金融なんか知るものか」の、大馬鹿の集まりだ。

このうえ、韓国がコケたならば、日本をコントロールする梃子( てこ = 特ア・反日の支那と朝鮮)を失ってしまう。 

                               

 

 つまり、日本が支那と韓国と、両国と対立して自立してしまえば、、これからアメリカは直接日本に注文をつけねばならなくなる。

 こうなれば、厚化粧で着飾った擬態がばれる。そこで、TPP。ガバッと丸呑みすれば、日本経済がでかすぎて、重すぎて 自らは井戸に落ちる定めがまっている。

 

 やはり赤頭巾チャン、気をつけて。というか、日本はマッチョになって、群がる狼どもはぶちのめすしかない。

 

 

竹島「冷静な対応を」米国務長官が日韓に要請  【読売】

 【ニューヨーク=中島健太郎】玄葉外相は28日午前(日本時間29日未明)、ニューヨーク市内でクリントン米国務長官、金星煥(キムソンファン)韓国外交通商相と約45分間会談した。米国務省によると、クリントン氏は島根県・竹島の領有権を巡る日本と韓国の対立について、「(米国の)同盟国である日韓両国は対話を続けてほしい。冷静な思考で、海をめぐる対立を静めてほしい」と述べ、双方に冷静な対応を求めた。

 さらに、クリントン氏は尖閣諸島(沖縄県石垣市)をめぐる日中間の対立なども含め、「対立は関係国の直接対話で解消されるべきだ」と強調した。

 日米韓3か国の外相会談は、今年8月の李明博(イミョンバク)韓国大統領による竹島上陸後、初めて。会談はクリントン氏の呼びかけで行われた。北朝鮮問題などに対する日米韓の連携重視の立場から、米国が日韓関係の修復を働きかけた形だ。

 これに先立ち、玄葉氏は同日、クリントン氏と約20分間会談し、尖閣問題について「譲れないものは譲れないが、創意と工夫を持ち、日中関係の大局的観点を見失うことなく、冷静に対応する」と説明した。クリントン氏は、対中外交で日本が「注意深く、慎重かつ効果的に」行動するよう求めたという。27日の米中外相会談で同様の考えを中国に示したことも伝えた。

 また、玄葉氏はクリントン氏に対し、沖縄県に配備される米海兵隊の新型輸送機MV22オスプレイに関し、引き続き安全に最大限の配慮を行うよう要請した。

(2012年9月29日11時40分  読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120929-OYT1T00449.htm?from=ylist

 

 

 上の写真は米軍基地の町、沖縄の謂わば、「 ローレライのサイレン嬢 」 のおみ足だけが見えている。

 チョットばかり品がない話ですまぬ。まあ今日は日曜でもあるし、許されよ。 (わが郷は成人指定で、子供には理解出来ない、大人の話が多いのです。ちょっと確認したい方は、こちら をクリックしてサイレンの何たるかを見てきてくだされ。)

 

 玄葉光一郎外相が言うように、「日中関係の大局的観点を見失うことなく、冷静に対応する」つまり、尖閣も竹島も問題解決は先送り、現状固定で誤魔化してしまえ。となるのだろう。なんてったって、民主党のご家族達は、サイレン嬢たちご本人や、その用心棒だ。つまり売春色町の、地回りヤクザが本家のシノギなので、ことは荒立てないサヨクのヘイワ主義なのだ。

 

人気ブログランキングへ サヨクなんてぇのは、色町のチンピラだ   ポチとお願いします

 

 

 

 今朝の読売朝刊によれば、この薄煕来・前重慶市党委書記というのは、敵対する勢力を、20人ばかり生物学的に粛正してしまった。つまり死刑にしてしまったらしい。それでそのもの達の財産を没収した。わが郷・左近尉が以前から指摘しているように、支那狂惨党は軍服を着た強盗(最近は背広を着て、表面は政治家のナリをしている) なのだ。今の胡錦涛政権なんぞは、「日本は尖閣諸島を盗んだ」とかわめき散らすぐらいで、まだまだ可愛いもんだ。それに対して、毛沢東簒奪軍の血脈を引き継ぐ太子党は、手当たり次第に殺しまくる。日本の進出企業の責任者は、重慶で殺された英国人経営者の二の舞にならぬよう。とっとと、財産をなげ棄てて日本に戻らねば大変なことになる。いかなゴロツキ太子党でも、日支関係を配慮すれば、「死刑」にはならぬまでも、「事故」とか「自殺」でかたづけられる可能性はゼロではない。

 

 

 毛沢東万歳。略奪万々歳。 毛沢東万歳。略奪万々歳。

 


胡派、報復恐れ薄氏“抹殺” 習氏の外交強硬策と取り引きか 党籍剥奪決定 【産経】

   2012.9.29 01:00

 【北京=矢板明夫】28日に北京で開かれた中国共産党中央政治局会議で、薄煕来・前重慶市党委書記の党籍剥奪、司法機関送致が決定した。調整が難航していた第18回党大会の開催日も11月8日からと決めた。次期最高指導部である政治局常務委員や軍事委員会のメンバーも同会議で決定したとみられる。党大会を前に党内で展開された激しい派閥抗争が一段落したといえる。薄氏の厳しい処分が決定されるまで、党内の各勢力間でギリギリの調整が行われたとみられる。

 薄氏と胡錦濤国家主席派との対立は数年前から香港メディアなどに伝えられてきた。しかし、薄氏は江沢民前国家主席から深い信頼を得ており、次期党総書記に内定している習近平国家副主席と同じ太子党(元高級幹部子弟で構成)に所属し、党内で大きな影響力を持っていた。

 薄氏の腹心の王立軍・重慶市副市長が米総領事館に駆け込み、妻の谷開来氏が英国人実業家を殺害したことが2月以降、明らかになったことで、江氏らは薄氏を失脚させることに渋々同意したが、刑事責任を問うことには反対したとされる。


 これまでに失脚した他の共産党高官と比べて、薄氏が特別な扱いを受けていたのは明らかだった。2006年に上海市党委書記を解任された陳良宇氏の場合などは、中国メディアはすぐにその経済問題や女性スキャンダルを大きく報じイメージ低下を狙った。しかし、薄氏は失脚から約半年間、本人の不祥事について一切報じられなかった。江氏に近い党中央宣伝部が厳しい報道規制を敷いたことが原因とみられる。

 1989年6月の天安門事件で失脚した趙紫陽元党総書記と同じように、薄氏の党籍は残すべきだとの意見が一時党内で強くなったとの情報も流れた。しかし、薄氏の党籍を残せば政治的に復活する可能性もあり、報復を恐れる胡錦濤派は焦りを募らせたという。

 最近、尖閣諸島や南シナ海の問題で習副主席による積極的な発言が注目され、習派が外交問題で主導権を握っていることを印象づけた。党内の取引で、胡派が政策面で習氏の主張に譲歩するかわりに、薄氏を厳しく処分することへの同意を取り付けた可能性もある。

 5年に1度開かれる共産党大会の日程は8月に発表されるのが通例だが、今回9月末にずれ込んだのは、党内の調整が難航したことを物語っている。

http://sankei.jp.msn.com/world/news/120929/chn12092901020000-n2.htm

 

 支那だって日本と同様、いやそれ以上に権力者に不都合な事件は、報道されないと想像すべし。

 ならば生きて日本の地を踏まねば、どうなってしまうのか判らない。

 

人気ブログランキングへ ヘイワ主義の念仏も、支那では効用がない   ポチとお願いします

 

 我が郷は足日木の垂水のほとり - ダモアブログ

 

 

  映像での案内 かぐや編

 

本日の話題の記事

☆☆ 

 

 

人気ブログランキングへ  本日は 29位です。m(_ _)m  => ランキングを見る 

アクセスの記録  2012.09.29 (土)    5,016  PV    1,983  IP     110 位  /  1768557ブログ

 

 

   逆回転をし始めた歴史の歯車 逆転をはじめた歴史の歯車 【T.T

 

 

 


 わが郷の秋です。画像か表題をクリックして下されば、ギャラリーが開きます。
  (気に入って下さったならば、自由にお使い下さい。 m(_ _)m )
 
 
 

 

東京都尖閣諸島寄附金 受付状況 は、こちら にサイトが設けてあります。 

   わが郷
わたしの里 美術館        わが郷 HOME

 

 

 

 

   

コメント (2)

頭がカブの 殺し屋

2012年09月29日 | 日記

ご案内 


 安倍晋三 元首相

 映像・検索

人気ブログランキングへ 最初に ポチとお願いしますm(_ _)m

 

 

 

 当ブログでは、2011年 08月 19日   古いヤツの 話 【わが郷でも書いたように、小渕恵三 首相は、暗殺とか謀殺されたとの見方をとっている。これは、ここだけのことではなく、この見解は、ネットを潜ればおおく見いだせる。

 愛媛丸の沈没は、潜水艦との衝突が原因だが、それを「事故」と観るか、「恣意」と見るかで大きな差が出る。平和を享受したい良民ならば、事故と見るべきであろう。しかし国の守りを、その一端をになわんとする、おのこならば、「 某国の国家意志の表れ 」 と捉え置き、不測の事態に備えるのが肝要だ

 

 小渕氏が亡くなったのは、2000年の五月のこと、当時と今とでは情報のあり方が激変している。

 ただ今回の自民党総裁選で、やはり党員大衆がマスコミの扇動に乗せられた。このことは、押さえておかねばならない。というよりか、より穿ってみれば、わざわざコストをかけて党員になっている人たちは、朝鮮系の土建・建設関係とか、その他の政治利権関係者が多いのだ、とかも云えば言える。

 

 当ブログでは何度か書いてきたが、日本国は上層一割の特権階層のものであってはならない。

 

 とくに安倍晋三・元総理もじんわりと指摘しているように、戦後支配の代理人、これは多くが朝鮮系のニホン人が、政治だけではなく、文化や科学そして、官僚システムを壟断している。 

 

 安倍氏とその同志たちは、これを粉砕するといっている。

 ならば戦後レジームに依拠して甘い汁を吸っている者たちは気が気ではない。

 

 そこでなんとかして、安倍氏の人気を落としたい。

 

カブ頭のバカ旦那、株は売っても 国は売るな

 

 しかしなあ、カブ頭の中味が、真っ白け。

 脳味噌も豆腐アタマじゃ、考えても出てくるのは、だれかが作ったふる~いマニュアルだけだ。

 

 それで、ついつい 「 庶民感覚とは、ズレた… … 。」 とかいう、他愛もない難癖となる。

 

 

 

安倍新総裁、高級カツカレーにネット非難 【日刊スポーツ】

    26日、自民党総裁選の出陣式でカツカレーを食べる安倍元首相(共同)  26日の自民党総裁選直前、都内のホテルで決起集会を行った安倍晋三総裁(58)が、昼食に高級カツカレーを食べていたと一部の情報番組で報道され27日までに、インターネット上で“カツカレー騒動”が勃発している。ツイッターなどでは「(値段が)高すぎる」「既に庶民感覚を失っている」などと安倍氏への非難が出ている。過去にも麻生太郎元首相の都内一流ホテルでの高級バー通いが非難されたことがあり、安倍氏にとっては早速、痛い船出となった。
(全文は、こちら をクリックしてご覧ください。)

 

 

 ちょっと前に、左近尉が、コメント欄に投稿して置いたもの、もう一度コピーしてみれば下のようになる。

 マスコミや芸能そして注意しなければならないのは、警察や公安あるいは多くの政治家に、朝鮮系や葛の葉系の反日勢力が、どれだけ、潜伏していることか。そして、一番反日だと知れてしまうのは、自分ら特アの利益を言いつのる、マスコミである。それが最近は、「国債は国民の借金」などというデタラメでは誤魔化せなくなった。これは正しい社会学的、あるいは経済学的な知見が、ネットにあふれ出してきたから。 (国債の発行残高は、土建屋とか官僚、そして大津市の低脳教師たちなどが、盗んだ公的予算の、その多さを示している。つまり、政治ブログランキング一位のだれそれ某の意見は、そのデタラメさの誤魔化しを、経済学をよそおって為しているだけ。これに対する反撃もするつもりだが、これには財務知識をもった読者が増えねば、無駄なので将来の楽しみとしてとってある。)

 

 キムチ達の利益を冒しかねない、伝統保守派への攻撃は、

印象操作でケチつけ。

 

 ならばこちらも、一般的な 「カウンター・キムチ」 の初歩的な知識を、乗せておく次第だ。まずは、国内に潜んでいる敵を、おおざっぱに特定せねばならない。

 

 間諜の姓名  (左近尉) 2012-09-26 13:26:32 在日の苗字

森のつく名字、加藤とか武田そして木下や黒田の姓で、マスコミに関わっているのは、朝鮮系と観ねばならない。あげればきりがないが

 とりあえず思いつくままに列挙してみる。

 山田、山本、内田、内山、和田、小和田、木村、高木、金子、金田、金森、金本、金原金平、村上、清水、森田、森、森山、藤原、藤本、辻元、辻、沖、山崎、近藤、草薙、岩田、岩本、岩崎、吉澤、大山、松山、徳山、麻原、松本、石田、本多、本田、中谷、谷、大谷


それから名前では、哲夫とかの「哲」の字は、キムチ臭プンプンだ。光、哲、勲、成、庸、

北村、北川、西田、西山、西川、南田、前田、南、秋山、秋田、平野、折原、林、大図、

宮内、高山、宮山、緑川、愛川、咲間、青木、青山、新井、荒井、張本、張、秋野、安田 安本 徳山 徳井 福富 福永、赤井、

これらの姓とか名前は、それほど一般日本人では密度が濃くない。それがテレビのドラマなどで最後とかに流されるスタッフをみれば、ドンドン出てくる。とくに山本、山田、森、そして森田とか金子が特別に多い。それと加藤、武田そして黒田など。これを見れば、朝鮮姓はきわめて同姓が多いので彼ら朝鮮系は気にしないのだろうが、日本人から観ればこの苗字の濃さは極めて異様に見えてしまう。これらのデータの多くは左近尉の交友・交際範囲で認定したものがほとんどだ。それで彼ら彼女らは、ふだんはとても温和しい。というか従順に見える。ところがこれが彼らのガマンを超えることがあると、突然にキレるのだ。それと宗教のことは残念ながら、儂も若い頃は「信教の自由」なんてぇのを尊重していたので、この傾向は調べていない。

 

 注意してテレビなどを観ていれば、是らの姓名が出演者とか、取材対象者の、7割にものぼっている。

 つまり韓流以外のテレビも、実はチョウセン・キムチ族が作っているのだ。

 

 安倍晋三・新総裁は、これを日本から駆逐しようとしている。

 ならば、彼を殺したいゴロツキは、周囲になんぼでもいる。

 

人気ブログランキングへ ほんと、秘密警察 (みたいなもの) で、ガードせねば   ポチとお願いします

 

 

 

 さて今日は、花の土曜日なので、硬いお話はこれくらいにして、

 

 

      

いま話題の、カツカレーの思い出などを書いてみる。

 

 

 

  お彼岸は過ぎたけれど、わが郷ではまだ彼岸花が咲かない。

 なんでも、標高の高い山里では、もう見頃だとか。


 それで今日は、左近尉にしては、季節はずれのカツカレーの話しであった。


 温泉の稿で書いたのが、山都屋のこと。これはかなり有名な老舗で、事情を書けば、憚ることも多いので仮名である。この宿は歴史的な故事があり、その昔やんごとなきお方の仮住まいにもされていた。つまり古代の物言いでならば、御所であった。もし敵が攻めてきたならば、その手前にある湖を決壊させ、その隙に逃げ延びまいらせむ。そのために作られた杣道(そまみち)のような小径もあった。ここは、タラの芽採りの隠されたスポットで、温泉部落の住民も知るものは少ない。

 

      左近尉の謂う、湯田屋は亦べつの里の湯屋である  湯田屋の里

 

 さて十月ともなれば初雪が降る。

 土日は繁忙期であるが、十一月ともなれば客足は遠のく。


 十二月になれば、土曜でも客は来ない。それで暖房の重油代が勿体ないと、せっかくのお客様を断ったりもした。それが、暮れから正月が、突然忙しくなり、年末年始は年越し蕎麦とかで寝られなくなる。しかし、松が取れればまた静かな雪ばかりの郷となる。

 そうしてやっと忙しくなるのが、二月のスキーシーズンのこと。

 これで、ながい前置きが終わって、やっとカツカレーの話しとなる。

 
 温泉のスキー宿は、穴場なのです 【わが郷


 ホテルのスキー客が、昼にはゲレンデから帰ってくる。それで、また食べた後はスキーに行くのだから、とてもせわしない。ならば、カレーが手っ取り早い。しかし、これだけでは、せっかくのホテルでの昼食がちょと寂しい。それで用意されたのが、カツカレーであった。他にもメニューはあるのだが、やはりカツカレーが一番売れた。というよりも、フロアー係が積極的に売ったりもした。ナン品もお盆に用意せねばならない、和食などは面倒だ。それでカレーは温めておく。豚カツを揚げて切るだけ。これは調理場にとって、都合がよい。一人いればこと足りる。それでついつい、オーダーの前に揚げすぎてしまったりする。


 厨房には怖いチーフがいて、この人は笑ったためしがない。

 それでなんとかせねば、とか思っていた。小生は青かったのか、しごとだって楽しくせねばなどと思っていた。しかし、調理場にはいつもおっかない顔をしたチーフが、押し黙っている。それが、チョットしたことで、そのチーフの顔を溶かすことが出来た。

 

 カツを調理場が調子に乗って、十何枚も揚げすぎた。

 これでは、怖いチーフにドヤされる。それで当日の昼当番はオロオロとするばかり。

 


 左近尉にすれば、ナンの事はない。

 学生時代に取った杵柄がある。キャバレーのボーイを遣ったことがある。その際、引き込み役が面白かった。客は入ろかどうか、躊躇している。それを遠くからじっと待ち受けて、説き伏せて、惹き込もうとするから、用心して逃げの構えを、されてしまう。まずは、相手が通り過ぎてしまう、かな、とかのその瞬間に、ガラスのドアをさっと開る。……なあんだ、声をかけてくれない……とか思って通り過ぎるその瞬間に、突然ドアをあけるのだ。そうすると吸い込まれるように、お客は入って来て仕舞う。

 この要領で、お客をフロアーから、カフェテリアへと招き入れた。

 「カツカレーならば、すぐにご用意できます。」

 これが、カレーではよくない。お客はなんだか、馬鹿にされたような気分になる。

 ところが、それにカツフライが載っていれば、ご馳走なのだ。

 ……値段だって、それほど高くはないだろう……

 さて、それで、くだんの余りフライは、売り切った。それから、調理場のチーフとは仲良くなった。


     

 それで、マスコミは、3,500円だかの、カツカレーが高いとか書いたりして、ネットに馬鹿にされている。なんだか、反対にカレー専門店の株まで、揚がっているのだとか。

 

人気ブログランキングへ カツカレーが好きな方   ポチとお願いします

 

 

  映像での案内 かぐや編

 

本日の話題の記事

2012 09 28  安倍新総裁、高級カツカレーにネット非難 【日刊スポーツ】

 

 ひとときの団居昼餉のその時、アメリカ軍の爆撃で死んだカンボジア農民には、神はいなかった。どの神が一般農民を殺せと命じたのか

 

 

 

 

居酒屋 ちあきなおみ 居酒屋 ちあきなおみ

人気ブログランキングへ  本日は 29位です。m(_ _)m  => ランキングを見る 

アクセスの記録 2012.09.28 (金)    6,111  PV    2,602  IP     84 位  /  1,768,266ブログ

 

 2012 09 29 頭がカブの 殺し屋【わが郷】

 ところで、これが儂が作ったカツカレーじゃ。

 さっき喰ったが、美味かったぞ。 (コピーフリーじゃ、どんどん喰って、いや使ってくれ。)

 

 

 

 

 

 

 

 わが郷  アレチウリ
わたしの里 美術館     わが郷 HOME

 

 

 

 

   

コメント (2)

母屋に居着いた 朝鮮族

2012年09月28日 | 経済

ご案内 


 石破 茂

 映像・検索

人気ブログランキングへ 最初に ポチとお願いしますm(_ _)m

 

 

 

 

 日産がそしてホンダが、トヨタも北米に工場を建てて、

それからが日本の失われた 20年がはじまった。

 

                     ケンとメリー

 

 

 新しい商品の開拓を忘れて、家電業界は昔日の見る影もなくなった。

 (再投資を忘れて、利益追求をしすぎれば、会社が細るのは当たり前。技術や商品開発力は、決算書に載らないのが普通の会計基準なのだ。なのでこれが痩せても、学校で簿記を習っただけのにわか経営者には、これが見えない。) 

 

 この責任を、国民や政治家に求めても、情報がないものには何も出来ない。

 無借金経営のはずが、今では株式を大売り出しした所為で、トヨタの株主には日本人の顔をした朝鮮人が跋扈している。

 

 安倍晋三新総裁は途中降板を反省して、

あらたな戦いに決起した。

 消費税引き上げ時期を間違えると結果として経済の腰を折る。デフレが続いている間は、上げるべきではない」と主張。

 

 日本国の現役経済人の責任は、どのように果たせばよいのか。豊田 章男社長は、国内生産の相当程度の維持を約束している。それは、トヨタ自動車が日本国あっての会社だから。先のプリウス・ブレーキ騒動で、世界自由経済が幻想であると思い知らされた。アメリカはそれでも未だに、自由経済社会の看板は下ろしていない

 ところが支那では、その看板がかたむいて、いまにも落っこちそうだ。

  キムチの 特捜部

 

 


自民幹事長に石破氏 安倍氏、副総裁設置も検討  【共同通信】

 自民党の安倍晋三新総裁(58)は27日、石破茂前政調会長(55)を幹事長に充てる人事を決めた。同日午前、石破氏に電話で就任を要請、石破氏が受諾した。次期衆院選に向け挙党態勢をつくるため、総裁選で地方票の過半数を獲得した石破氏の起用が不可欠と判断した。また衆院選をにらみ強力な布陣にするため、谷垣禎一前総裁と同様に副総裁を置く方向で検討する。

 石破氏は27日午前、記者団に安倍氏から要請の電話があったことを明らかにした上で「次期衆院選に勝てる態勢をつくるため(幹事長以外の)党役員人事について(総裁と)相談させていただきたい」と、幹事長就任への意欲を示した。
2012/09/27 12:12  
http://www.47news.jp/CN/201209/CN2012092701000821.html

 

 帝國陸戦隊

 

 南京虐殺はあっただとか、従軍慰安婦がどうのと、遠い昔の為にする言いがかり。

 これを認めれば、日本国の産業は国際社会で不当な取引を強いられる。そのうえわが国の最高権威である皇室を辱められる。それでもなお、韓国にもどるアテのないカネを都合する。通貨スワップや韓国国債の買い入れ。このような馬鹿げた自虐が、ヤクザもどきのチンピラの脅しに屈することから始まっている。

 石破 茂などはその朝鮮ヤクザの引き込み役なのだ。

 

朝鮮や台湾、あるいは支那のチンピラの、因縁にいちいち付き合っていては、自由貿易こそ成り立たない。失われた 20年というか、ボロボロに蚕食された自民党は、これが偽らざる真の姿なのだ。石破を幹事長にすえれば、売国朝鮮人の倅・小泉進次郎までしゃしゃり出てくる。こういう生意気な馬鹿は、尖閣での戦いの全面にすえて、楯にでも使えばよい。

    小堀鞆音 「武士」 明治30

 

 新自由貿易なんぞは、たんなる国際金融の為にする、いい加減な宣伝文句にすぎぬ。

 日本産業の進出先の各国では、日本企業のことを上の白黒写真の、

帝國陸戦隊」を見るかのような目でみているのだ。

 

 日本産業は外国に行けば、その国の産業を討伐する、敵国の軍隊に見えてしまうのだ。

 

 なので今のような戦えない日本では、充分に引き入れて、その後に包囲殲滅させられるのが、オチなのだ。

 習近平の支那になれば、苛斂誅求と云う言葉がピッタリの、略奪がはじまる。尖閣への公船の派遣は、その序章にすぎない。これからは、支那進出企業の財産は、さまざまな言いがかりで、接収されるのだろう。

 

人気ブログランキングへ 撤収戦は迅速果敢なるが、本隊を護る唯一の道だ    ポチとお願いします

 

 

 

ミクロ経済と、その個別企業の儲け主義に、

引きずり回される、無能な政治

 

経済発展には、成長に見合った資金増加が必要なのだ。

日本経済を25兆円成長させるには、最低でも同額の投資が欠かせない。

たとえば支那でさえも、自国の情報機器産業育成のために、パソコン補助金を出している。

 

 ルーズベルト大統領の急死 の後を襲った臨時大統領は、東京大空襲のまさにその、市民大虐殺のその中でアメリカ軍の最高指揮官に就任している。ルーズベルトは4月12日に突然死を遂げた。東京空襲は前年の11月から行われていたが、大統領の死をはさんで、3月10日、4月13日、4月15日そして5月25日に焼夷弾攻撃を中心に、民間人を焼き殺す暴挙として敢行された。 ここから想像出来ることは、ルーズベルトの突然の死は、「人類の歴史への挑戦=大虐殺」を躊躇した為にコロされた。

 消費税増税は、反対に市場からお金を奪うこととなり、経済はそのぶん冷え込む。わが郷の古くからの読者ならば、よくご存じのことだが、巨大金融は経済が活況を呈することを望んでいない。彼らの一番の望みは、戦争による破壊である。日本の沿岸工業地帯は、米軍の攻撃により荒廃した。これを1970年代までにより高度に再構築したのだが、これを領導したのは巨大金融であった。つまり日本の重化学工業は、当時大銀行の支配下にあったと言ってよい。それが、1980年代になれば、おおよその企業はその金融支配から脱しつつあった。この金融離れを食い止めるべく為された銀行や証券からの攻撃が、貿易や金融のいっそうの自由化であった。 

 企業の利益は、その企業自体の発展とは、対立する会計事象である。

 企業活動の外へ流れ出てしまう資金が、すなわち会社にたかるダニたちの儲けなのだ。

 

 自営でとりわけ創業者の社長などは、自分の懐にカネを入れることを嫌う。
(そりゃあ当たり前だ、創業者は自分を犠牲にして、事業の発展に尽くすものだ。)

 ところが苦労知らずの世襲とか、天下りの経営者は自分の役員報酬とか、株式配当ばかりに関心がある。

 経営者、つまり役員などの報酬が多すぎれば、会社本体を動かす資金が少なくなる。たとえばオリンパスなどは、多額な役員報酬の他に、金融ギャンブルに会社資金を流用されてしまった。その総額は会社の営業収入の、1割をはるかに超える、1兆円と左近尉は見立てている。それで結果は、会社の運転資金にも事欠く有様。ついには、ソニーなどの国際金融の玩具の、その亦オモチャにされようとしている。国際金融は狡猾だ。なので自分らは、全面には出ない。かわってソニーやパナソニックなどの企業を使う。

(田中角栄の時代は良かった。はたしてそうか。たしかにあの時代は、日本の富が外国へは流れ出ていなかった。しかし日中国交回復で、あれ以降、怒濤の如く富と技術が流出してしまった。1980年代からの税制改悪からは、企業役員などの倫理が壊れた。たまるほど汚くなるのは痰壺とカネだとはよくいったもの。それまでは会社のトップの報酬は、従業員の10倍までという不文律があった。それが今では、100倍でも足りなさそうな顔をする。消費税で庶民を泣かして、自分らは消費税戻しばかりか、省エネ補助金までだまし取る。)

  

 庶民の家系は、真っ赤な赤字の火の車。しかし、九電力などの役員や、保安院などの能なしの給与は多いので、シェルターの中で、貧乏人が苦しむのを涼しい顔で、見物できる。グローバリゼーションとは、世界経済を席捲しつつあった日本経済に向けられた、ユダヤ金融からの反撃だった。それに呼応して反乱を起こしたのが、三菱などの金融屋ども。彼らは大都市を燃やし尽くした焼夷弾爆撃のように、消費税爆弾を投下して、日本の消費市場を焼き尽くそうとしている。

 

 

 尖閣問題はある意味で国際金融の誤算だった。

 また、もっと大きな観点からは、
それでも良い誤算だったのだ。

 どのみち国際金融は古い市場を荒廃させて、新しい市場つまり国家や地域を繁栄させる。 (イタリアからイベリア半島のスペインやポルトガルへと富と産業は移動した。その後はイギリスやネーデルランドへと、産業が移っていった。それで今は米国や日本の経済を壊して、支那なのかと思いきや、ここでは誤算が生じている。スターリニズムが支那ではマオ・イズムとして現出している。とくに次期・習近平政権ではそれがいっそう過激になるのだろう。イデオロギーが経済と対立する。ならば支那を棄ててインドに行けるのか。インドはキリスト教の國ではない。あそこは多神教の地域で、経済のユダヤ的原理主義は立ち往生するのでは。) 日本は、1980年代から潰すべき市場国家として認定された

 その契機のひとつが沖縄の施政権返還であった。これは、サンフランシスコ講和体制の転換であった。つまり日本国が政財ばかりか、国際政治でも力を増大させて、連合国支配を突き崩しはじめた。このことに一番の危機感を持ったのが、ユダヤをはじめとする、第二次大戦の金融勢力であった。先の大戦の原因を突き詰めれば、ヒトラーやムッソリーニの国家権力と、ユダヤなどの国際金融との対立であった。通貨発行とその管理権。これをヒトラーはユダヤ金融から取りあげた。大日本帝國も通貨管理権を、法律によって明確に国家権力の支配下に置いた。そのように観てくれば、たとえば日本の三菱などが、どちらの立場だったのかが判ろうというものだ。

 ルーベンスの時代

 

 

 はたして此の認識が、日本国の、

今の政治家にあるのだろうか。

 もしあるとするのならば、郵政民営化に反対した亀井氏等の人たちぐらいだろう。

 

 ならば新自民党総裁の安倍晋三・元首相はどうなのだろうか。

 政治は原理原則とか、経済理論を戦わす場ではない。日本の豊かさを取りもどす。若者が希望のもてる、社会を実現する。

 

 つまり失業を減らして、給与は増やす。

 でも、これって巨大金融の利益とは真っ向から対立する。

 最初にも書いたが、国際金融は経済が疲弊気味なのが、嬉しいのだ。左近尉の父たちの頃は、「井戸塀政治」と言う言葉が生きていた。つまり政治家は金持ちが理想を実現するためにするもの。なので自分のカネや財産は、政治活動につぎ込まねばならない。結局は井戸と塀ぐらいしか残らない。これが政治家の理想とされた。さて菅直人はどうなのだ。かれは太陽光発電利権のために、政治をどれだけストップさせたのか。野田豚クンは、惚けた能なし財界の糞ジジイたちの歓心を買うために、党を分裂させて、その将来をメチャメチャにしても、消費税増税に固執した。今はめでたく隠居となった、谷垣くんもおなじ小人であった。どこを探しても、消費税増税の前谷垣総裁に、手柄なんぞはあるものか。自民党を決定的に駄目にしたのが、1970年代後半から国際金融に乗せられてきた、企業減税策だった。この当時は、アメリカ経済の停滞の原因は行き過ぎた、金持ち減税だと日本の識者ならば誰でも理解していた。それがカネに眩めば、これほどまでに政治家や評論家の根性が腐るのだ。

 さて、わが安倍晋三新総裁は、「消費税引き上げ時期を間違えると結果として経済の腰を折る。デフレが続いている間は、上げるべきではない」とのべている。これは会社をいくつか経営して経済のマクロまで見通せた、ローゼン提督麻生太郎とおなじ様な視角である。しかし此の考えは、自公民主との三党合意とは、別のニュアンスがある。「自公民主との三党合意」は、売国の政策である。つまり是を実際の税制で実現すれば、かならずその増税分の経済停滞がおきる。またその税収分の、政治家を含めた公務員倫理の荒廃が、さらに進む。日本国の経済を破壊すればするほど、三菱やその他・国内金融とか、ユダヤ金融の覚えがめでたくなる。つまり安倍新総裁の腹には、消費税増税は棚上げがある。しかし、これを今言えば自民党政策の連続性が損なわれる。このようなものは破棄して当然なのだが、自民党の支持者には、小金持ちで世間知らず。そのうえずるがしこくて、嘘つきが混じっている。これらのさまざまなベクトルで自民党は動く。ならばうかうかと本心は言葉に出せない。「テメエラ、どんだけ馬鹿・虚仮なんだ。ちっとばっかり小銭をもって、それで自分がどんだけ偉いんだ。デレスケ野郎めが、お前ら穀潰しには、利益増大が再投資の減少だという、幼稚園生でもわかる理屈が見えない。穀潰しのトンチキなのだよ。」なんて、絶対に言ってはならないのだ。これを代わって言うのが、左近尉の役目なのかなと思う。

 そしてほとんどの日本人は、情報の過疎地に置かれている。

 そう事務員の仕分け業務の知識程度も持ちあわせていない。つまり財務管理など知るものか。これでは経済は読めない。そして自民党支持の小金持ちも、だいたいこの程度の情報過疎なのだ。それが偉そうに、政治を語るから日本が貧しくなる。 (日本国の実体経済を支えているのが、中小企業の経営者たちだ。彼らは、左近尉もこの一員なのだが、小泉や橋龍などの構造改革に、どれほど痛めつけられただろうか。自民党の支持を本当に回復するには、この支持を取りもどさねばならない。それには石破 茂とか小泉進次は、阻害要因以外のなにものでもない。それほどに自民党は、朝鮮人に庇を貸して母屋に乗り込まれてしまった。支那人に鉈をかして、留山の木を切られてしまった。これからは自民党内ででも、熾烈な戦いが始まる。)

 

 

 

中国、省エネ・デスクトップPCに一台あたり260元の補助金  【サーチナ】

   2012/09/25(火) 15:44

 中国財政部、国家発展改革委員会、工業情報化部は先般、『省エネ製品恵民プロジェクト高効率省エネ・デスクトップパソコン普及推進実施細則』を発表し、高効率省エネ・デスクトップパソコンの補助基準と実施期間を明確にした。25日付中国証券報が伝えた。

 発表によると、高効率省エネ・デスクトップパソコンの普及推進実施期間は2012年10月1日~2013年9月30日で、財政による補助金の支給基準は一台あたり260元となる。(編集担当:陳建民)
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=0925&f=business_0925_147.shtml

 

 

  

 (ペンキで厚化粧しても、鉄くずのガラクタは、海に浮かぶゴミでしかない。わが御門に謁見することで、権威づけようとした、その事で世情知らずを世界に宣伝するようでは、お里が知れる。なんと彼の親族はすでに、みんな外国に逃げ出しているのだとか。)

 

 

 隣国の支那では、もっと、もっと時代遅れの、

スターリン以前の強欲で、能なしが政権トップに就くのだ。

 これは、その顛末を眺めて、楽しまない手はない。

 

 支那の尖閣問題は、炎上中で消えることはない。

 

人気ブログランキングへ さて次は、竹島を燃やそう   ポチとお願いします

 

 

 

 サンフランシスコ体制を打破しないことには、日本に真の豊かさがやってこない。

 竹島も千島列島も奪還するぞ。これに火が付けば、韓国経済は火が消えたようになる。ロシアは、元に戻って、日本からの中古車でがまんすることとなる。 

 

 

本日の話題の記事

2012 09 26  消費増税先送りや日銀圧力増大必至 【朝日】

 

 軍隊小唄 

♪  【陸海軍の四番】
大佐中佐少佐は 老いぼれで
といって大尉にや 妻があり
若い少尉さんにや 金がない
女泣かせの 中尉どの

 

 

人気ブログランキングへ  本日は 28位です。m(_ _)m  => ランキングを見る 

アクセスの記録  2012.09.27 (木)    6,808  PV    2,904  IP     71   /  1,767,888ブログ  

 

 

 

 

 

 

   わが郷
わたしの里 美術館        わが郷 HOME

 

 

 

 

   

コメント (1)

石破 ゲルは、弾避け

2012年09月27日 | 政治

ご案内 


 高市 早苗

 映像・検索

人気ブログランキングへ 最初に ポチとお願いしますm(_ _)m

 

 

 

 

何故、竹島を 60何年もそのままにしておいて

    つまり韓国の支配を許してきたのか。

 

その答えは、安保体制の 欺瞞姓 あると、【わが郷】のいつもの読者なら知っている。

 

 しかし、鳩山政権が日米安保体制を損ねてきた。という認識からは、竹島の解決に、やはり一歩も踏み出せない。

 

 

 

 わが郷の左近尉は、安倍晋三・新総理(はやい話だが)が、日米安保の再構築を言うのは、よしとする。

 しかしこの事の裏には、『 Judith (ユデット) の古い話を腹に含んだ上のことだ

 

 そして、現代は現代で、今なりのやり方が模索されねばならない。

 この具体策は、後半でのべたい。

 

 

自民党の新総裁に安倍氏、決選投票で石破氏を破る  【afp】

   2012年09月26日 16:08 

【9月26日 AFP】自民党は26日、総裁選の投開票を行い、新たな総裁に安倍晋三(Shinzo Abe)元首相を選出した。

 1回目の投票では石破茂(Shigeru Ishiba)前政調会長が1位で安倍氏は2位だったが、国会議員のみで行われた決選投票で石破氏を破り1位となった。

 新総裁に選出された後のあいさつで、安倍氏は「政権奪還は自民党のためではなく、強く豊かな日本をつくっていくためだ。日本に生まれたことを幸せだと思える日本をつくりたい」と抱負を語った。
http://www.afpbb.com/article/politics/2903959/9584997

 

 豊かな日本が貧しくなって、みんなが不幸になり、若い者たちは日本に生まれた喜びを、それほど実感できなくなった。そのことの、ひとつの責任は、自民党の構造改革路線によりもたらされた。

 企業への課税が軽減される事への反論として、『「企業あっての労働者でしょう。企業がだめになったら給料もボーナスも払えないでしょう』などと言った政治家がいた。この程度の認識では、「つよく豊かな日本の再構築」など出来ない。日本型企業の優位さは、利益を企業の所有者が外へ持ち出さずに、企業資産とか人的な蓄積に廻してきたから。つまり、企業課税の軽減は、企業利益の持ち出し。つまり、世襲とか天下りの経営者が、親の残した財産のすねかじり。このことの、重大な意味を知らない。経営に関して、無知である。

 明治維新後の歴史を深く知るものは、欧米の兵力に日本が圧倒されてきた。このことの一貫性を認識している。

 近代兵装に遅れをとっていた。それで産業革命を真っ先に進めていた、大英帝国と日本は結んだ。これはロシアの脅威に対抗するため、このように一定の訳知りの間では、判断されている。日本はアメリカ軍に原爆を投下されて、大都市を無差別に爆撃されて終戦を余儀なくされた。日本がこの様な屈辱を味わったのは、江戸将軍幕府がぬる湯に浸かって、海外の軍備を研究してこなかったが故だった。

 支那ごときになめられるのは、日本国に核武装が完備されていないから。

 

 この真実に目を向けさせずに、3S政策で飼い慣らされた。

 その羊飼いが、朝鮮系などの特アであった。

人気ブログランキングへ 新自由主義貿易は幻想だった   ポチとお願いします

 

 

 

 安倍元総理が「腹痛」になったのが、インド洋給油法の継続問題であった。

 パキスタンを 「原始時代に戻してやる」 といって脅したのが、

   アーミテージ (Richard Lee Armitage)

 上のデブ男であった。

 このことをほとんどの日本人は知らない。ネットの読者は知っている。そして朝鮮系の成りすまし、ネトウヨのアンポ・マンセーは知らんぷり。そしてわが安倍晋三・当時首相はそれこそ、腹が痛くなるほど知っていた。もしあそこで、「米国の軍産はその私的な利益追求のために、米国市民を 犠牲 に献げて、イスラム諸国を侵略した。日本国はこれに協力は出来ない。よってインド洋での給油は停止する。」なんて言ったならば、アメリカの穀潰しどもはメンツがぐちゃりとつぶれる。そしてそれへの報復が、現在の シリア のように、無慈悲に遂行される。

 日本国内の、成りすましのネトウヨとか、成りすましの議員連中は、これらをシカトしておのれ等の利権のみをあさっている。

 インド洋給油に後押しすれば、美味しいキックバックが還ってくる。

 ドサクサ紛れに辺野古に飛行場を作れば、地上げのヤクザと土建屋のアンポンタンが儲かる。

 

 しかし安倍晋三の綺麗な腹は、これを受け付けない。

 もし敢然と戦えば、彼にはテロルによる死がまっている。

 

 そう、統一教会とかと、むかしはかなり濃密な接触が、かれの家系にはあった。つまり周囲には、あまりにも多くの暴力団とか、危ないカルトの凶徒がウヨウヨしている。ほんとうに、洒落にもならない。

  

 さて 戦車は何のためにある。

 

 ありていに 云えば、 ………。…。 (←クリックすれば、判ります。)


 イチマル式戦車には、戦車戦以外の使命がある。

 

 現在の日本では、警察は完全には信頼できない。この中には多くの、サヨク・フラクションが潜んでいる。

 ならばある程度は、別の組織も日本自立の核たる、自民党新総裁をひいては新首相を護らねばならない。しかしなあ、まさか 226でもあるまいし、部隊ごとの単位で動けるはずもない。ならば、影ながらお守りするしかあるまい。

 そして表向きは、キムチの鉄砲弾避けに、石破 ゲル・複合装甲を全面に押し出しておく。

 

砲塔前面の白抜き部分が複合装甲

   誤魔化すことだけ いち人前

 

 

LCAC-2101 LCAC-2101

 上に示した、ホバークラフト型揚陸艇に戦車を乗せることが出来る。しかし、出来ることならば、ヘリで迅速にはこびたい。それが世界を見回しても、米国にも露西亜にもそのような大型の ヘリコプター はない。ならば日本で作ればよい。とりあえずは、40~50人乗りの旅客運送ヘリを開発する。これは各都道府県の都から、もよりの飛行場まで、片道 30分で連絡する。これならば、ヘナチョコ・サヨクに文句など言わせない。これが軌道に乗れば、100人乗りで、この程度なら次には戦車も運べる。日本のすぐれた電子制御技術を使えば、まるで空にレールを敷いたように性格に運行できる。これからは、日本国内が強靱な産業構造で再構成されねばならない。きめ細かで迅速な輸送には、飛行場よりも小面積で済む、ヘリが有効である。軍事的にも、これは極めて有効である。戦車をヘリで運べる軍隊は何処にもない。

 安倍晋三氏の総裁選勝利のついでに、でっかく法螺を吹けば、潜水式ヘリ空母なんてぇのも、やれば出来ちゃうのが、日本の伝統的な工業技術なのだ。

 


 伊四〇型潜水艦(乙型改1)

 

 ところで最後に核武装のこと。

 これの実験は簡単にできちゃうのだ。なにも核爆発を実際に行って見せることはない。プルトニウム型の原爆模型に、プルトニウムの代わりに、対ショックの温度計と圧力計を仕込む。これに核爆発の限界を越える条件を満たさせる、爆縮を行ってデータを公開してみせれば良いだけのこと。 (この技術は原子炉の管理に役立つ) その小型プルトニウム爆発物は、恒星間飛行用のエンジン燃料装置だとでも言えばよい。このような、トンデモなものを作れるのは、日本国の工業力をおいて他にはない。

 とにかく日本は何でも先駆けて出来る。だが邪魔をするのは、左翼に見せかけた、ヘイワ主義の九条部隊工作員たちなのだ。

人気ブログランキングへ 撃ちてし止まん   ポチとお願いします

 

 

  映像での案内 かぐや編

 

本日の話題の記事

☆☆ 

 

 

人気ブログランキングへ  本日は 29位です。m(_ _)m  => ランキングを見る 

アクセスの記録  2012.09.26 (水)    6,742  PV    3,077  IP     62 位  /  1,767,454ブログ

 

 

 

 

 

 

東京都尖閣諸島寄附金 受付状況 は、こちら にサイトが設けてあります。 

   わが郷
わたしの里 美術館        わが郷 HOME

 

 

 

 

   

コメント

自民党新総裁は 安倍晋三元首相

2012年09月26日 | 政治

ご案内 

 映像・検索

人気ブログランキングへ 最初に ポチとお願いしますm(_ _)m

 

 

 

もっとも首相にしたい国会議員

桝添要一だなどと盛んに、デマ宣伝していたのが、かつてのマスコミだ。 

  source

それが今では、まったく影がうすい。話題に上ることもない。

 

今までマスコミが、地方党員表は石破 茂だとか、提灯記事を書いていたが

あと一年後に彼は、いったいどうなっているのか。

 

さて本日が自民党総裁選の投票開票日である。

新聞のデマは朝鮮系が、きわめて精度の低い希望的な妄想を、憶面もなく宣伝しているにすぎない。

 

わが郷の見立てでは、地方票で安倍氏は党員の過半数以上を、独り占めするのだろう。

そしてその余勢を駆って、議員票でもダントツ一位。

 

まあ、これが左近尉のかなり精度の高い観測じゃ。

 

人気ブログランキングへ そうだよね、と思ったら   ポチとお願いします

 

 

 

領土問題の解決には、武力による状況の変更以外にない。

これが、世界史の常識だ。 

竹島を取りかえす

 

 ただし日韓関係では、あまりにも国力が違いすぎるので、

 経済制裁だけで韓国は自沈してしまう。

 

 ならば、「河野談話を踏襲する 」などと間抜けなことを言っている、韓国の言いなりで謝罪外交の石破 茂になんぞは、竹島を実力で奪い返すことは出来ない。

 

 これとおなじ様に、南京虐殺はあったと騙っている石破 茂は、支那の代弁者である。尖閣問題で、もし彼が党の責任者になるならば、やはりまともに戦うことは出来なくなってしまう。

 

 

 

 この有様を観れば、だれが次の首相に一番ふさわしいのか、だれでも判る。

 

人気ブログランキングへ そうだよねと思ったら   ポチとお願いします

 

 

  映像での案内 かぐや編

 

本日の話題の記事

☆☆ 

 

 

人気ブログランキングへ  本日は 31位です。m(_ _)m  => ランキングを見る 

アクセスの記録  2012.09.25 (火)    4,162  PV    1,720  IP      151 位  /  1,767,058ブログ

 Judith Giorgione Judith 

 韓流ドラマばかりが朝鮮人の作った番組ではない。

 森のつく名字、加藤とか武田そして木下や黒田の姓で、マスコミに関わっているのは、朝鮮系と観ねばならない。あげればきりがないが、テレビ局や大手の新聞は、このような者たちで、7~8割がた占められている。つまり日本人の顔をしているが、出自は朝鮮半島。このような間諜たちが作っているのがテレビの番組や新聞記事なのだ。

 それで韓国とか支那へ媚びる石破 茂を応援している。

 ユデットは敵将に色仕掛けで近寄った。

 油断させて酒を飲ませる。寝込んだ所を襲って、首を刈り取った。

 

 わが郷の読者で 【わたしの里 美術館】 をご覧の方は、西欧人のズルさに触れてそのおぞましさに戦慄されたことと思う。彼らには武士道で正々堂々と戦うなどの倫理はない。サロメもそうだが、狡知あるいはデタラメな言い訳で、ズルをする。これが聖書とりわけユダヤの教典と云われる旧約聖書には、多く描かれている。韓国はユダヤが米国に命じて作った国だ。それで韓国の支配層は、キリスト教徒(実体はユダヤ教)のもので占められている。日本人はお目出度いことに、「信教の自由」などという、ヘイワ主義などとおなじような、イデオロギーのトラップに思考を囚われてしまった人があまりにも多い。秀吉や家康は、耶蘇教を弾圧した。これはごく当たり前のこと。敵方のスパイを捕らえるのは、平時の戦争では主たる戦いなのだ。この感覚を麻痺させる「敵方の作戦」が「信仰の自由」というフレアーで、敵のスパイ活動を見えなくさせる。

 石破 茂は支那・朝鮮の間諜なのだ。

 日本人のほとんどは、生物学的な首は付いているが、政治判断をする脳味噌は、残念ながら洗脳されてしまっている。

 このマインド・コントロールを解くには、やはりネットなどの正しい知識をもたねばならない。

 

 

 

 

東京都尖閣諸島寄附金 受付状況 は、こちら にサイトが設けてあります。 

   わが郷
わたしの里 美術館        わが郷 HOME

 

 

 

 

   

コメント (6)