我が郷は足日木の垂水のほとり

文化芸術から政治経済まで、貧しくなった日本人の紐帯を再構築したいものです

日銀は 盗人やど

2013年03月31日 | 日記

ご案内


 草臥れた 人形

 映像・検索

人気ブログランキングへ 最初にポチとお願いしますm(_ _)m

 

 

 

 

 

日本の戦後支配を陰で操っているのは、

国際金融とその用心棒だということを

忘れてはならない。

 
日本国内でも、毎年20万人の人たちが、ガンという処断を下されて
命を縮めさせられている。
新任の支那大使が謀殺されても知らん顔。

これが湯田屋政治と軍産の最前線なのだ。 

 

わが安倍晋三ちゃんは、

この怒涛荒れ狂う荒波の中で、

「戦後レジームの終焉」を言い放った。

もうこれだけで、彼の役目はあらかた終わった。

 

これからの戦いは別の者たちが、それぞれの持ち場で奮闘せねばならない。

そもそもお公家様やおぼっちゃまに、汚れ仕事なんぞは無理と知らねば。

 

 

さて民主党の崩壊がとまらない。

またしても大臣経験者が、泥舟から逃げ出す。

平野前復興相は農水産省の族議員で、左近尉のウルトラ・電波でスキャンすれば、朝鮮特亜系の東大枠の型にはまったキムチで認定すべき、戦後レジームの人的実体そのものだ。

つまり、早く言えば平野なんて性の議員は、朝鮮系できまり。

これが汚沢の自由党から初当選して、キムチにありがちな右往左往の後で、民主党に入っていた。それが民主党の化けの皮がはがれて、まともな日本人には相手にされなくなった。それで今度は汚れきって草臥れた汚沢一派に戻るにも、もどれず無所属となる。

 

これは、別の本質的な言い方からすれば、

戦後レジームの崩壊過程のひとつ

このように理解すべき。

 

 

 

平野前復興相が民主離党へ 参院選、無所属で出馬の意向 【朝日】
 
 民主党参院議員の平野達男・前復興相(58)=岩手選挙区=は30日、近く同党を離党し、次期参院選は無所属で立候補する意向を同党の岩手県議らに伝えた。平野氏は、民主党公認が内定していたが、県議らによると「民主党のままでは厳しい」などと述べた。平野氏は記者団に「いつかきちんと説明する」と語った。

 平野氏は農林水産省を経て、01年に自由党公認で当選。07年には民主党公認で再選し、現在2期目
http://www.asahi.com/politics/update/0330/TKY201303300143.html

 

 

さてお次は、国際金融の番頭が

盗人だということの、その悪あがきの

一幕がはじまったという、馬鹿馬鹿しいお話です。

 

一般の人には理解が困難かも

しかし、わが郷の読者ならば、ピンと来る はず。

 

リスク金融商品といえばおなじみ、サブプライム・ローンのでたらめから始まった。

そしてこの後始末を、キムチ金融官僚の黒田番頭が、どさくさに紛れてやっちまおうという、詐欺金融行政の一幕です

上場投資信託(ETF)や不動産投資信託(REIT)などと謂えば、一般の人はなんのことやらチンプンカンプン。ところが、たとえば乱暴な比喩だが、サブプライムローンの不良債権を、ETFとかREITなどのレッテルに貼り換えて日銀に買い取らせてしまえ。というトンデモな、盗人行為のこと。さてここで、岩田 規久男氏など脇役のキムチ一座がどのような振り付けで踊るのかが見ものとなる。

 

借金の塩漬け 借金の塩漬け わが郷

 

日銀、リスク資産買い増し検討 金融緩和拡大で 【共同】

 日銀が金融緩和を拡大する一環として、上場投資信託(ETF)や不動産投資信託(REIT)などリスク性資産の買い入れを増やす検討に入ったことが30日分かった。現在、日銀は国債を中心に購入し、市場に大量のお金を供給しているが、ETFなども買い増して緩和に多様性を持たせる。4月3~4日の金融政策決定会合で本格的に議論し、デフレ脱却に向けた2%の物価上昇目標の達成を急ぐ。

 日銀がETFやREITを買い増すと、株や不動産価格が上昇し、企業がこれらを担保にした資金の借り入れがしやすくなる。個人投資家の消費を増やす効果も期待できる。
2013/03/30 11:58   【共同通信】
http://www.47news.jp/CN/201303/CN2013033001001491.html

 

 ギブミー チョコレート 進駐軍が銀座をパレード 1948年
(是がゼウス様というか、サムソンの髪の毛の一本いっぽんな訳で。)

 

 

衆議院の選挙が無効であるとの

判決が続々と出てきた。

 

そもそも戦後、

進駐軍が押し付けた憲法がインチキなのだから、

その縛りのなかで行われる選挙がデタラメなのは知れたこと。

 

 

それが汚沢一郎が旗振りをして、小選挙区制に いっそう改悪された。

こうなれば選挙区は小さくなって、地方の過疎農村・漁村地帯に行けばゆくほど、一票の重みが増す。

そして農林漁業が寂れればさびれるほど、ここで生まれた子弟は都会に流れて行ってしまう。こうして地方が過疎化して、大都会とか臨海工業地帯が人口稠密になってきた。これこそが国際金融が望んだ、日本国民の奴隷化政策だった。いま欧州で話題になっている、地中海沿岸諸国の過疎化とて同じことだ。ユダヤの詐欺師どもとかその手下のお調子者たちが、ラテン系はギリシャなどの人たちと同じように陽気だが怠け者などと、事態の本質を隠している。ホントはこの地域に資本投下をしなかったから、こうなったワケで。ドイツの上部構造社会に、ユダヤ系統の者たちをべったりと貼り付けて、金融投資を集中的に行った。これでドイツが欧州経済の中心として隆盛した。一方東洋では朝鮮キムチを日本に貼り付けて、集中的に投資をした。

 

 

Danae ダナエ
(これを極東の日本に当てはめれば、ダナエが朝鮮キムチの売女姫となのか。)

 

ならばその黄金の雨が降らなかった、スペインとかギリシャは日照りで砂漠化した。

ただこれだけのこと。 

 

金融と経済の本稿テーマからちょっと逸れるが、一票の格差をなくすには元の中選挙区制にもどせばよい。

自民党も民主も、そして弱小政党の日本共産党だって、皆がみんな生きている。生きているからゴネるんだ。手のひらを太陽に透かして見れば、自分の党利党略が見えてくる。

貧すれば貪する。

 

 

  サンフランシスコ講和条約 サンフランシスコ講和条約

 

男気が乏しくて、カネとか名誉欲への欲求ばかり強い。そのようなDNAの者たちが煮詰まってできているのが今の日本の「戦後民主主義」というフィクションの世界だ。

 

 古いヤツの 話 古いヤツの 話

真に戦う戦士たちは、今は靖国の桜となっている。

東京裁判などで粛清されなかった、ひよわな奴バラばかりで 「虚ろな民主政治」 のあだ花が咲いている。

 

 

その実態を透かして見れば、政治家は議席にしがみつき。財界と金融の複合組織は、金融行政で盗む ぬすむ。どんどん盗む。この盗泉おっと違った盗銭をネズミ小僧のように、庶民に分け与えればそれでよし。ところが黒田などのキムチ一座は、戦後レジームの内部で 『ごっつぉうは小勢』 を決め込んでいる。

 

戦後レジームの盗人どもを懲らしめるのは、安倍ちゃんには荷が重すぎる。

また腹痛をおこしたならば、元も子もない。

 

人気ブログランキングへ 戦後レジーム粉砕がわれらの、錦の御旗だ  ポチとお願いします

 

 

 

 

 付録です。 (^_^.)

 ごっつおう (ご馳走) は小勢 ごっつおう (ご馳走) は小勢

 

日本の場合は、

通貨発行管理権

つまり、お金を 「印刷」 する権利は、日銀というよりも、

 

ホントは、市中の銀行など金融業者が占有している。

失われた、20年の 「金融改革」 の前までは、貸し剥がしなんぞはなかった。

それで、企業経営者は銀行などから金を借りて、どんどん事業を盛んに盛り上げていた。

 

銀行は無い金を貸すことができる。

このことを経済用語では、「信用創造」というのだが、早い話が「金銭消費貸借契約書」を取り交わして、銀行が借り手の口座に当該金額を振り込む。そして銀行は自分の貸付金勘定の台帳に、「誰それへの貸金いくらいくら」とか記帳すれば、あら不思議、実物経済に流通すべきお金を、「印刷」したことになる。そして本当に人の手から手へと渡って流通する現金が足りなくなれば、日銀が指示して現金が増刷される。なので本質的な言い方では、お金を「印刷」しているその主体は市中銀行である。

その市中銀行が一般の実経済の事業者にお金を貸して、実物経済の資金量を増やすことが、経済発展には欠かせない。

 

それを今回【共同】の記事で紹介したように、金融のリスク商品を日銀が買い入れるというのは、アベノミクスの趣旨から逸脱している。

つまり親父が自分の娘に手を出して孕ませる。

これって明らかなる、ルール違反です。

 

これでは日本の富の偏在はますます大きくなる。

どんどん倫理を逸脱した、金融だけのそして、その邪な欲望を満たすために、国際貿易でインチキをする。この風潮はどんどん膨らんで、やがてこの日本もソドムのような悪の街に徹底的に堕してゆく。日本人はすべて、御上の赤子であり、あまねく金融資金を現場、現場へと行き渡らせねばなりませぬ。

 

人気ブログランキングへ 金融のつまみ食いは、駄目だと思ったら  ポチとお願いします

 

 

  映像での案内 かぐや編

 

本日の話題の記事

 

 背筋の寒くなる、「狂人日記」ですね 背筋の寒くなる、「狂人日記」ですね

 

2013 03 30  西村修平氏からのメール: 「主権回復の日」に対する怒り 【WJFプロジェクト】 

 

 

人気ブログランキングへ 本日は 37位です。 m(_ _)m  => ランキングを見る

アクセスの記録  2013.03.30 (土)    3,280  PV    1,395  IP      232 位  /  1,849,105ブログ

 

一票の格差云々の前に、日本国憲法そのものが無効です
一票の格差云々の前に、日本国憲法そのものが無効です

 

 

 

 

我が郷は足日木の垂水のほとり - ダモアブログ

 

東京都尖閣諸島寄附金 受付状況 は、
こちら にサイトが設けてあります。

わたしの里 美術館「索引」 固定翼機が運用できる大型の正規空母建造も 映像による 記事検索
わたしの里 美術館  わが郷 HOME

 

 

 

 

 

コメント

日本の軍神は

2013年03月30日 | 政治

ご案内

 映像・検索

人気ブログランキングへ 最初にポチとお願いしますm(_ _)m

 

 

 

 

 

沖縄は日本のこめかみに、突き付けられた拳銃だ。

尖閣はヘイワのお花畑でまどろむ東洋の巨人の枕ともいえる。
お馬鹿な支那の無能党官僚たちが、この枕を蹴飛ばし続けている。

 

 

此れでは如何な鷹揚な巨人でさえも、いつまでも気持ちよく春眠をむさぼり続けるわけにはいかない。

 

 

本日は 「権力」 について考えてみたいと思う。

日本語は便利なもので、この二つの漢字で政治的な強制力 (Political compelling force) を言い表すことができる。 

 

 

日本の元首は、しいていえば内閣総理大臣でしょうなあ」。
とか宮沢喜一とかいうアンポンタンがのたまわったそうな。 (※1)
日本の国家元首と言えば、恐れ多くも天皇陛下のほかに居られるハズもない。
それを、陛下の使われ人でしかない首相を、それと取り違える。

 

そもそも現在の日本国内閣は、国際法的に違法な占領憲法の下で、でっち上げられているに過ぎない。テレビや新聞は占領軍の作った残地諜者により構成された、デマゴギー宣伝組織である。これに惑わされて、悲しいかな我が日本国民が正しい選択などできようか。それは小泉郵政選挙と、民主党による政権交代選挙により、明々白々の歴史的な事実となっている。これからの反省で、われらは安倍晋三政権を選んだ。これとても、TPPにまつわる歯切れの悪い、現政権の対応を見れば、「やはり此れが、ベストの選択だったのか。」との覚醒した日本国民は感じている。

 

わが郷の感覚からすれば、安倍政権は左寄りのヘタレである。

しかし、今の日本にはこれより右側の政党はない。石原慎太郎氏とか太陽の党に所属していた政治家は、もっと右とも言えなくもないが、あまりにもその人々の数は少なすぎる。そして石原氏のトリッキーな言動にはついていけない人々も多かった。

 

 日本をとりもどすわが郷

 

 

主権回復の日「心踏みにじる」 沖縄県議会が抗議決議 【河北新報】
 
 沖縄県議会は29日の本会議で、4月28日に政府が開く「主権回復の日」式典について「県民の心を踏みにじり、2度目の沖縄切り捨てを行うもので到底許されるものではない」とする抗議決議を、全会一致で可決した。
 決議では、1952年のサンフランシスコ講和条約発効で米施政権下に置かれた沖縄は日本から切り離されたとして「4月28日は沖縄の人々にとって『屈辱の日』にほかならない」と強調。
 米施政権下の「銃剣とブルドーザー」による強制収用で米軍基地が拡大し県民は今もなお苦しめられており、政府は過重な基地負担を国民に知ってもらい解消すべきだ、としている。

2013年03月29日金曜日
http://www.kahoku.co.jp/news/2013/03/2013032901002481.htm

 

 

サンフランシスコ講和条約 サンフランシスコ講和条約

サンフランシスコ講和条約は大日本帝国の分割瓦解を決めて日本に押し付けた条約で、東京・大阪などへの大空襲と、二発の原爆投下という、恐喝・暴行の蛮行によって成立した。当然のことながら、日本の常識的な法理論から謂えば、脅迫とか偽計によって為されたもので無効である。ところが現在の日本は、この不条理を言い立てるべき 『 Political compelling force 』 を十全に用いていない。安倍政権も仮の政権である。日本国の本当の政権は、これから我らがつくる。

 

権力は軍隊などの強制力があって、

はじめて正常に機能する。

 

ところが日本の自衛隊には、特亜の残地諜者などにより構成された 「背広組」 という抑圧機関があって、国権の発動をじゃましている。

軍隊には謀略機関がつきもので、これには現地調達の暴力団とかマフィアと呼ばれる、カネなどで雇われた暗殺などの実行組織がいる。日本軍たる自衛隊には、このような部隊はない。というか、無いことになっている。それで日本はサンフランシスコ講和以後も、朝鮮進駐軍あたらめ暴力団が、政治家の命をいつも付け狙っている。そして警察も、ケーサツであり、何度か書いてきたが、この組織も日本の国家警察ではなく、歴史的には不当な東京裁判の被告たちを強引に拘引するために、朝鮮進駐軍とか反日思想のゴロツキなどによってでっち上げられたものだ。

 

その反日で粗暴極まりない性格は、大津市の中学生 『自殺』 とか、尼崎市での大量不審死事件でも、いかんなく発揮されている。

 

 

 

明治の時代でも右翼は、ウヨクでしかなかった。
日本の本当の右翼は、

江戸幕府を興した徳川家康まで遡らねばならない。

徳川末期の幕府は平安の夢をむさぼった、そのつけを慶喜などの無様な戦闘指揮で、後世に汚名を遺すこととなった。

 

日本国の真の独立には 『軍隊の再建』 が不可欠だ。

TPP問題では評価を下げつつある、わが安倍晋三内閣ではあるが、首相は自衛隊の軍隊化を明言している。これは日本国の真に独立を願う声を代言しているともいえる。しかし、真の軍隊を持たない現職の総理大臣が言える言葉は少ない。

 

沖縄の施政権が米軍に移管される。

これを決定したサンフランシスコ講和条約発効の、4月28日は沖縄にとってばかりではなく、われら日本人すべてにとって屈辱の日である。

この日を「主権回復の日」として祝祭典を行うなんぞは、悪い冗談である。

 

 

新南群島【南沙諸島】クリックすれば拡大します。 南シナ海の管轄権も奪われた。

 

サンフランシスコ講和条約の内容


日本と連合国との戦争状態の終了(第1条(a))
日本国民の主権の回復(第1条(b))

領土の放棄または信託統治への移管 [編集]
朝鮮の独立を承認。朝鮮に対する全ての権利、権原及び請求権の放棄(第2条(a))
台湾・澎湖諸島の権利、権原及び請求権の放棄(第2条(b))
千島列島・南樺太の権利、権原及び請求権の放棄(第2条(c))
国際連盟からの委任統治領であった南洋諸島の権利、権原及び請求権の放棄。同諸島を国際連合の信託統治領とする1947年4月2日の国際連合安全保障理事会決議を承認(第2条(d))
南極(大和雪原など)の権利、権原及び請求権の放棄(第2条(e))
新南群島(スプラトリー諸島)・西沙群島(パラセル諸島)の権利、権原及び請求権の放棄(第2条(f))
南西諸島(北緯29度以南。琉球諸島・大東諸島など)・南方諸島(孀婦岩より南。小笠原諸島・西之島・火山列島)・沖ノ鳥島・南鳥島をアメリカ合衆国の信託統治領とする同国の提案に同意(第3条)
http://blog.goo.ne.jp/zendagisexorogy/e/399b6dd48d242cd2ef6726bcf1738686

 

この講和条約を読めば、あの戦争が日本国を蹂躙して、わが国土を奪うための侵略戦争であったことが、明々白々の歴史的な史実と理解できる。

 

ノーベル平和賞

それら奪われた日本国土を、左翼が奪い返した。

この時、自称右翼』 諸君はいったい何をしていたのか。

いちどその様子を正確に話してほしいものだ。

(ウヨクなんぞは通謀アンポンタンのスパイにすぎない。偽のサヨク民青などは、沖縄返還闘争を肉体的に担ってきた『過激派・極左』を「政府自民党遊泳隊」とかおちょくっていたが、ある意味言い得て妙とも思える。頭にはサヨクのヘルメットで偽装はしていたが、うえの写真の部隊こそが本当の、右翼活動家だった。)

 

 

ニホンのウヨク諸君の多くは、朝鮮特亜の成りすましが、欺瞞工作を為している。あるいはそれに眩惑された情報薄弱なのだろう。

胸を張ってわれこそは日本を右翼の陣で守るものと謂うのならば、「辺野古に侵略米軍の基地を作って、特亜工作員の現実的利益(土建屋利権)と、日本が真に独立した場合の日本脱出基地となせ」 などと恥知らずなことは言わぬがよい

南西諸島海域には固定翼機を乗せた航空母艦を配備すべし。それと核装備を制式化した潜水艦隊をも充実させねばならない。

 

人気ブログランキングへ 日本にだって、陰の部隊はある ポチとお願いします

 

 

 

 

 

Mars Being Disarmed by Venus 軍装を解かれる軍神マルス

 

 

人気ブログランキングへ ポチとお願いします

 

頭がカブの 殺し屋 頭がカブの 殺し屋

やっぱり食うなら、カツカレーだ。

ところで上の写真は、料理を作ったのも、撮影したのも当ブログの管理人・左近尉だ。

なので、著作権なんてぇ野暮は言わない。どんどん使ってくれたならば嬉しい。

なんたって儂はある老舗有名ホテルで、カメラマンをしたこともある。とあるやんごとなきお方の、ご尊影を撮影させていただく栄誉を、おし頂いたこともある。なにを隠そう、ご○室御用達の写真家なるぞ。

 

 

  映像での案内 かぐや編

 

本日の話題の記事

 

国賊チャンネル桜: 本当に守るべきものは何か 【WJFプロジェクト

 (※1)  日本の教育における負の遺産 ~ 宮澤談話・近隣諸国条項

 

人気ブログランキングへ 本日は 36位です。 m(_ _)m  => ランキングを見る

アクセスの記録  2013.03.29 (金)    3,234  PV    1,395  IP      229 位  /  1,848,591ブログ

 

 

 

 

  細野君、君はそれでも日本人か

 カーデザイナー田中徹の社長 BLOG 

本当にアジア太平洋地域の為になるには、日本は全ての面で独立した立場を貫くべきです。これは排外主義ではありません。開かれた国益(?)何の話でしょうか。とっくに開かれているし、それによる発展も果たしました。これ以上何を開けというのか理解に苦しみます。

国益を守るというのであれば、むしろ閉じるべきです。犠牲になってまで開く必要はありません。それよりも、自然と共生する持続可能で豊かな社会の雛形を日本で作り、それを伝播していく事が一番ではないでしょうか。もちろん安全保障を念頭に、親日国を中心に連携の弧を作るべきである事は論を俟ちません。

保守に名を借り、ロジックのすり替えで売国を進めようとする民主党と民主党議員に明日はありません。細野君、君は本当に日本人か(?)ほんなこつ、なさけなか〜。

(記事の全文は、こちら をクリックしてご覧ください。) 

 

我が郷は足日木の垂水のほとり - ダモアブログ

 

東京都尖閣諸島寄附金 受付状況 は、
こちら にサイトが設けてあります。

わたしの里 美術館「索引」 固定翼機が運用できる大型の正規空母建造も 映像による 記事検索
わたしの里 美術館  わが郷 HOME

 

 

 

 

 

コメント (2)

アベノミクスの敵勢力

2013年03月29日 | 政治

ご案内

 映像・検索

人気ブログランキングへ 最初にポチとお願いしますm(_ _)m

 

 

 

 

 

実体経済へ資金がまわらない。

金融緩和の結果が、株高と円安で、庶民の暮らしは変わらない。

というか、ガソリン代は上がるし、電気代もあげられる。

 

 

昨日のコメント欄にのせておいたが、日本の自動車部品メーカーの社員が大勢、アメリカの司法にからめ取られて身体を拘束されている。

左近尉は外車はチェロキーとベンツしか乗ったことがないので、ごく限られたデータでモノを言うわけなのだが、どちらの車も電気関係は駄目だった。ベンツは時おりエンストする。その場合はボンネットを開けて、ダッシュボード寄りのところにある小さな四角の電気関係の箱を引き抜く。それを強く振るとか、コツンと拳固をくれてやる。そうしてそれを戻すとエンジンが掛かるようになった。チェロキーは新車で買って一か月もしないのに、警報の音が唐突に鳴ったりする。一年も経つかたたないうちに、ドアのオートロックが壊れて、手動でなければ作動しなくなった。それを修理に出すと、一か月ほどでまた壊れる。何度か修理を繰り返していたら、そのうち二週間も経たないうちに壊れるようになったので、もう修理するのは諦めた。

ベンツの小さな箱はドイツ製だったのだと思うが、チェロキーの電装はどこの国の製品だかは知らない。

日本の電装部品は世界のシェアの半分は占めているという話もある。

ならばチェロキーの場合は、エンジンと同じく日本製だったのかもしれないが、ボーイング787型機のバッテリーの例もある。その配置設定に邪な考えが入れば、日本製の部品を使ってもトラブルが起きてしまう。

 

 

 

 

 

 

ワイヤーハーネス クルマをつなぐ 製品紹介

  矢崎グループホームページ

矢崎グループは、ワイヤーハーネスの生産を1939年から開始し、現在では国内すべての自動車メーカーに採用され、現在走っているクルマの半数以上の車種に矢崎グループのワイヤーハーネスが使用されています。
また、海外の自動車メーカーにもワイヤ―ハーネスや関連部品を納品しており、世界各国に拠点を置いています。(右図) 日本をはじめとした各国の主要自動車メーカーから高い評価を受け、現在では世界トップクラスのシェアを誇っています。
これからも矢崎グループはクルマと共に進化し、皆さまに安心を提供していきます。
http://www.yazaki-group.com/wireharness/

 

 

 

 

麻生財務相、株高「浮かれている状況にはない」 【日経】

      2013/3/27 9:22

 麻生太郎副総理・財務・金融相は27日午前、臨時閣議後の記者会見で、株式相場の上昇基調について、売買に占める外国人投資家の比率が高い点を挙げ「短期で回している分は利食いですぐ売られる可能性がある」と述べた。そのうえで「日本の経済が間違いなく良くなるということが出れば、短期持ちから中期、長期に変わっていく可能性はあると思っているが、それがはっきりしない限りはなかなか浮かれている状況にはない」と話した。

 債券を買い進む動きも出ているが「金利がどれくらい下がり続けるかという話はなかなか一概には答えられない」と語った。財務相は「こういったものはトレンドとか、一瞬で変わる」と指摘。財政再建に取り組む姿勢の重要性を挙げ「国債に対する信用がなくなればそれはまたそれで別の形でいきなり今度は売られる可能性が十分にある」と述べた。〔日経QUICKニュース(NQN)〕
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFL270C9_X20C13A3000000/

 

 

日本の自動車部品メーカー社員12人が、米国で反トラスト法違反に問われて収監されていた。

これって尖閣海域での支那の工作船だかが、日本の海保の巡視船に体当たりをして船長らが逮捕された。その報復として支那は、日本企業フジタの社員を不当に拘束した。これと同じことをアメリカでもやっていた。ちょっと調べてみれば、日本国内でも自動車部品の電装関係で、独禁法で多くの懲罰が下されている。

カルテルを結んで不当に製品の価格を釣り上げるのはよくない。

しかし、あまり価格を下げさせれば、今の日本経済のように下降スパイラルの景気低迷となってしまう。

 

日本の優秀な部品が無ければ、良い製品は作れない。これは支那でもアメリカでも同じこと。

いま支那からは日本やその他の資本が引き上げている。これが、今度はアメリカにも伝播して、ヘンテコなことになっている。国際金融は実経済をまるで奴隷のように使いまわす。言うことを聞かせるためには、独禁法違反程度で逮捕拘禁までおこなう。結果としては日本の優れた部品が安くなる。これもひとつの「構造改革」ってやつなのか。アホで間抜けな経済界が、TPPを推進して世界経済の自由度を増せると踏んだが、どっこいそうはイカチン。烏賊にはナニが無いように、国際金融には儲ける以外の考えはない。こいつらの勝手を許せば、カネは実体経済にまわらずに、株とか為替取引の金融ばくち場にばかり流れ込む。

  キムチ茸

わが郷では毎度キムチの話で恐縮なのだが、今回も各おもだった部品メーカーの役員名簿を見て、気分が暗澹となった。矢崎グループは株式非上場で、世界金融からの攻撃に備えてはいる。しかしその他多くは上場して、FRBなどのドル紙幣印刷機の大いなる脅威のもとに身を晒している。そしてこのような企業ほど役員の名を見れば、ほんとうにキムチくさいのがづらづらと名を連ねている。彼らの心情は反日なのだろう。それで日本国内からアメリカくんだりまで出かけて行って逮捕拘禁されている。日本の産業技術をアメリカや支那などに売って、自分らの法外な報酬のもとと為してきた。カルテル違反と脅されれば、これにも唯々諾々と従う。日本は先の大戦で侵略されて、軍事とか諜報で自国を守る気概を削がれたまま。とくに特亜系が日本人のフリをして、日本を売りとばしている。

安倍政権は、TPP参加に前向きなのだが、その環太平洋のパートナーシップというのは、その実態が奴隷的な服従を日本に強いるものだと、これらを見れば明白になる。

 

 

アメリカなどから安い穀物を輸入して、日本の農業は食える産業ではなくなった。

それで戦後すぐのころは、日本人の7割以上が農家という、いざとなったならば身を寄せる「まほろば」があったのだが、今はそれが壊された。そうして日本人はほとんどが賃金奴隷となった。TPPに参加すれば、人ばかりか、日本の企業も世界金融の奴隷となる。麻生氏などはグループ企業を経営したことがあるので、経済の実態がわかっている。しかしほとんどの政治家は、会社経営など知らない。政治資金パーティをやれば、そこここの企業から多くの人が来て、パーティ券を買ってくれる。ところがどっこい。すっとこどっこいで、このように政治に関心のありすぎる経営者は、経営が拙いものがほとんどなのを知らねばならない。金融屋は貸金を返してもらうのには、企業利益が至上主義。株での資金確保が目的ならば、やはり企業利益を出させて株の人気を上げねばならない。こうすることは基本として、企業は投資よりも利益を絞り出す。これで産業は縮小均衡型の、下降スパイラル経済へと落ちてゆく。

 

銀行と付き合うには、よほどの覚悟がないとやられてしまう。

自分で会社を興して、人を集めそれなりに事業を拡大してきた経験から言えば、借金を返せない事態ということも、リスク管理として想定しておくべきだ。サヨクの世間知らずは、ヘイワ憲法に保障された基本的人権なんてぇことを言いふらしたりする。ところが会社の経営者には基本的人権なんて認められていない。借入金の返済が滞れば、家屋敷を競売で処分され、そのあとからは背広をちゃんと着て、物腰は柔らかそうな不動産屋が、ときおりヤクザとしての凄みをちらつかせながら立ち退きを迫ってくる。つまり進駐軍憲法に保障された最低限の生活とは、自分の家屋敷なんぞはもてない、乞食みたいな生活のことだ。なので会社を興して銀行と付き合うには、自分の親族に余分な家とかがスペアとして用意されてはじめて、いざというときに担保を手放せる。それから前にもちょっと触れたが、実勢価格の十倍以上は借入を重ねたほうが、とどのつまりは、どっこいドッコイ、すっとこどっこいで、おあいこになる。

 

 

 

                    ケネディ

今回日本の部品メーカーの社員を、報道されている12名も捕まえたのは、アメリカの司法だと勘違いしてはいけない。これを指図したのは、本質的にはアメリカなどの金融なのだと知らねばならない。金融と軍産などやくざ者の戦争政策に協力しなければ大統領でも殺されてしまうのは、ケネディ暗殺で証明されている。この点では日本よりアメリカ大統領のほうが、はるかに危ない仕事だと言える。金融は馬鹿のひとつおぼえで、頭にあるのはプロフィトの、Pばかり。なんてったって軍隊ばかりか、ヤクザ組織とか警察官僚組織そして政治家の主だったものたちはカネで、てなづけてある。なのでこの者たちは、物事を深く考える知恵なんてない。やることは今回の、12名拘禁などと云うように、きわめて乱暴きわまる。

日本経済とかドイツのそれが伸びてきたのは、戦前からの金融のあり方を、現場の経営者が体現してきたからだと思われる。ところが米英などは、ユダヤ式の利益至上主義で経済がボロボロにさせられた。

アメリカは先の大戦で世界の兵器工場のフル操業のころは、このプロフィト至上主義ではなかったはずだ。それが冷戦となって、実戦で兵器が使われなくなった。これから利益至上主義が跋扈してきて、イギリスとかフランスのように、産業が壊れていった。日本はこの轍を踏んではならない。

日本製品の優秀さは、世界の隅々まで知れ渡った。

なにも無法で横暴な海賊とか山賊の末が、政権を担っているような野蛮国まで、のこのこと出かける事はない。

 

人気ブログランキングへ ゴロツキ米穀のやったことは、裏目に出る ポチとお願いします

 

 

 

 

 

日本にだって進駐軍の残した残地諜者の組織がいくつもあります。

警察もそうだし、東京地検とか大阪地検の特捜部は、日本支配のための敵方の司法部隊と見るべきです。

日本を不当に支配しているのは、朝鮮などの特亜ばかりではなく、アメリカに頭をなでられた純粋日本人だって、国際金融と進駐軍のゴロツキの集合体=わが郷で謂うところの「米穀」が司法の法衣をまとってやりたい放題でした。

 

 

 

外来種の雑草は毟ってすてろ 大阪地検 特捜部 事件 佐藤栄佐久

この方たちは其れの被害者です。

敵の過ちを認めさせ、見事復権なさったのは、厚労省の村木厚子・元局長です。

佐藤栄佐久氏は一銭もカネを受け取っていないのに、最高裁で有罪を宣告されています。

黒木昭雄氏はたった一人で防諜活動をなさっていました。その中で練炭自殺に見せかけて殺されています。 

(画像の上でクリックすれば、関連記事が開きます。)

われらは非対称戦を戦い抜かねばならぬ。

人気ブログランキングへ そうだね、と思ったら  ポチとお願いします

 

 

  映像での案内 かぐや編

 

本日の話題の記事

 

2012 05 29 自動車用ワイヤーハーネス等の取引に関する独禁法違反などについて(ご報告) 【株 フジクラ】

2008 10 11 サイパンから移送の直後 因縁の地で最期 【毎日】 

 

人気ブログランキングへ 本日は 37位です。 m(_ _)m  => ランキングを見る

アクセスの記録 2013.03.28 (木)    2,752  PV    1,218  IP      263 位  /  1,848,008ブログ

 

 

 

 

 

我が郷は足日木の垂水のほとり - ダモアブログ

 

東京都尖閣諸島寄附金 受付状況 は、
こちら にサイトが設けてあります。

わたしの里 美術館「索引」 固定翼機が運用できる大型の正規空母建造も 映像による 記事検索
わたしの里 美術館  わが郷 HOME

 

 

 

 

 

コメント

カネへの 走行性

2013年03月28日 | 日記

ご案内


 ベナジル・ブット

 映像・検索

人気ブログランキングへ 最初にポチとお願いしますm(_ _)m

 

 

 

 

 

 

 

ゾウリムシは走光性があるとかいうが、人間個人は高尚であっても、国家とか政府はだいたいに於いて、単細胞生物と変わらない。

プーチンの人気を落とすために、イギリスに逃げ込んできた窮鳥のボリス・ベレゾフスキーを暗殺する。これは左近尉のデンパな見方だが、確証などない。どうしてこのような事を書くのかは、いわゆる西側にあっては、西側つまり銀行屋の通貨発行独り占め達にとっては、プーチンのロシアは邪魔な存在。それで、記事を捏造というか、人殺しだって、なんだって遣るのが、歴史的に見た湯田菌だから。どっちがやったのか、あるいは自殺だったのかは、誰もわからない。というより、自殺ならば本人が一番よく知っているが、死んでしまったのでは、確認できない。死人に口なしだが、もし殺人であったならば、犯人は知っている。是だけのことだが、政治はその他大勢の判断というか、ムードで変わってしまう。

 

     


日本は小泉構造改革のムードに流されて、銀行の信用が吹き飛んだ。

つまり、貸金の貸しはがしや担保処理を強制的に、全国規模で凶行したので、金融に対しての信頼感は消失した。この信用が回復するのには、すくなくとも20年つまり一世代はかかるのだろう。

 

   テメエの銀行はブッつぶす

 

 

小泉時代は養鶏家の老夫婦が殺されて、一緒に吊るされたりもした。

警察もマスコミも此れを「自殺」として発表して、そのようなムードを盛んに醸成した。そしてこの裏では、のり塩事件で証明されたのだが、警察はアッチ側だということ。わが郷の見立てでは、戦後警察は、ABC級「戦犯」を強引に拘引するために、反日で粗暴な連中で構成された。このことは左近尉の仕事柄、多くの事例を見聞きしている。

 

  

戦後警察は「民主警察」だとか。トンデモな教えが、儂の居た駅弁大学でも、なされていた。法を守る警察が公正であっては、進駐軍とか反日朝鮮人は、勝手が出来ない。それで警察は都道府県単位に分断された。こうすれば進駐軍よりは大きな 「暴力組織 (つまり戦前のような、当たり前の国家警察では、米穀の手先「朝鮮進駐軍」は徹底的に取り締まられて、鎮圧されてしまう。) 」 になる気づかいはない。反対に反日特亜の暴力団は統合されて、全国的な 「暴力組織 (本当は詐話師とか窃盗団の盗人宿) 」 となっている。民主党はゴロツキの手先、ペテン師の集まりだった。そして民主警察は、特亜のゴロツキが制服を着せられて、いわば悪事の交通整理をしている。特に小泉時代はネットの監視も緩かったので酷かった。

 

人気ブログランキングへ ゾウリムシに政治はできない  ポチとお願いします

 

 

 

パキスタンの近現代史を紐解けば、どれほどの政治家が殺されてきたことか。たぶんムシャラフも暗殺されるのではないか。故国をはなれて遠く異郷のイギリスで亡命生活にも飽いて、望郷の念たえがたく、彼は今再びパキスタンの地に降り立った。米穀軍産の後押しでクーデターを成功させた。そしてムスリムの同朋国アフガニスタンは、アメリカ軍の蹂躙の為すがまま。この一大契機をつくったムシャラフが、只で済むはずもない。

 

 

  
     パキスタン前大統領のムシャラフ氏
      =2011年11月、米ニューヨーク

 

ムシャラフ前大統領が帰国すれば暗殺と過激派 パキスタン 【CNN】

   2013.03.24 Sun posted at 16:48 JST

 (CNN) パキスタンのイスラム過激派「パキスタン・タリバーン運動」(TTP)は23日、海外で事実上の亡命生活を送っていた同国のムシャラフ前大統領が予告通り24日に帰国すれば暗殺すると宣言した。

TTPの報道担当者と名乗る人物がインターネット上のビデオ声明で述べた。前大統領の抹殺を図る「暗殺隊」を送ると表明、暗殺隊の構成員は前大統領に言及し、投降すべきとも語った。

ムシャラフ氏は今月16日の声明で、帰国後に自ら結成した新党「全パキスタン・イスラム教徒連盟」を率いて5月に予定される議会総選挙に臨む考えを明らかにしていた。前大統領は24日、ドバイからの帰国便の搭乗前、TTPの脅迫や帰国後の逮捕の可能性を踏まえながらも母国に向かう考えに変わりはないと述べた。不安は感じていないとしながらも予期せぬ出来事への懸念はあるとも認めた。

ただ、同党のメンバーはムシャラフ氏は帰国に先立ち保釈金を支払い、不逮捕の保証を得たと指摘。前大統領の弁護士は金額が不明の保釈金を23日に納めたとしている。

ムシャラフ氏は民間航空会社の便でパキスタン・カラチに現地時間の24日午後に到着予定で、支持者5万人が参加する集会に出席する見通し。集会には、米国やカナダ、英国、アラブ首長国連邦(UAE)に居住するパキスタン人200人以上も加わるとしている。

同氏は、大統領を退いた2008年以降、ロンドンやドバイで暮らしてきた。07年に発生したブット元首相暗殺事件への関与疑惑が大統領辞任の一因ともなった。ブット氏が当時、多数の脅迫を受けていたにもかかわらず十分な警護を講じなかったとの批判が生まれていた。ムシャラフ氏は事件への関与を否定している。

地元メディアによると、検察当局者などはムシャラフ氏が帰国すれば元首相暗殺事件に絡み即座に逮捕するとの見方を示していた。パキスタン当局は昨年8月、ムシャラフ氏の資産没収や銀行口座凍結の措置にも踏み切っていた。

http://www.cnn.co.jp/world/35029896.html

 

 

 

 日本でもアメリカに事大する者たちが、道州制を騒がしく言い散らしている。TPPは自由貿易に事寄せて、日本国の政府権限を著しく制限する。道州制は日本国を分割解体して、地方に中央の権限が及ばなくする。インドやパキスタンでは、政治指導者を肉体的に抹殺することで、その国家の意思発現を、イギリスとか米国は制限してきた。ブット女史を暗殺したのは、米英勢力ではなく、それら外国の影響力をそぎたい民族派だったというのが有力な説ではある。反対に自ら暗殺しておいて、その咎を民族派になすりつける。こうすることで、モスリム系の前時代的な野蛮さを、ムードとして演出したとの言い方もある。

 日本では長崎市長の伊藤一長氏が、暴力団つまり戦後支配構造のヒットマンの温床、その暴力団山口組系水心会会長代行の城尾哲彌(白正哲) (59)によって銃殺された。白正哲はネットで流れた、本名ということだが、裁判では城尾哲彌として裁かれているようだ。キムチ系のネット情報では、ムキになって城尾哲彌の本名は白正哲なのだ説を否定しているところが興味深い。


日本もアメリカも、環太平洋ブロックのそれぞれの州とする。わが郷で云うところの、湯田菌とかキムチ茸の感覚では、それぞれの国家の法の矩は無い。彼らはカネの力で法を無力化できてしまっているのが、悲しいかな現実だ。

 

 歴史は繰り返す。

 もっと過激に言えば、歴史は復讐する。

 

 なので、日本国をアメリカの一州、あるいは複数の州として、合衆国の属州に加えることはできない。

 日本がアメリカとか英国の海賊の血に染まれば、日本は必ず報復する。その可能性が、より一層高まるだろう。なので、米英のゴロツキたちは、日本を今のままの「ヘイワ国家」のままで措きたい。もちろんアメリカ市民一般が、このような面倒なことなど考えていようはずもない。また経済での成功から政治家にもなったヘーゲル氏などは、当たり前に日本国の核武装化を、自然の成り行きとして想定している。ブット氏が暗殺されて、ムシャラフ氏も暗殺すると公言しいてる組織に狙われている。

パキスタンは地政学的に、9.11の米軍仕返しの根拠地とされた。アフガニスタンを攻撃するには、内陸国の敵地に航空機だけでは無理がある。アメリカ軍産の利益を計るためには、大々的な攻撃部隊の集結地が必要となった。そのために仕立て上げられたのが、軍人のムシャラフであり彼は誘いに乗って、クーデターを成功させた。アフガニスタンを攻めたものは必ず呪いがかけられる。大英帝国は今はみすぼらしい小国になりはてた。ソ連は解体して、やはり小国のロシアとなった。そしてアメリカも亦、産業的には自立できずに、まるで戦前の満州国のように、日本経済の手助けが必要な体たらくとなっている。

 

謀略とか謀殺の案件では、小渕元総理の死とか、竹下元首相のあの行方不明は何だったのかとか、書くべきことはあまりにも多い。

今回は紙面の都合もあり、これらは後にまわすとして、米欧などの支配勢力の侵略パターンを大雑把に眺めてみる。

 

もともとの対立構造は、金融の私的占有勢力と、

民主主権に目覚めた国民との対立にある。

たかが銀行屋風情が、富との等価物である紙幣を印刷できる。

正確に言えば、手持ちの資金の十倍以上をも貸したことにできる。このデタラメを国民が知ったならば、必ずこうした銀行屋たちは人々たちから反撃を受ける。この、無い金を貸すマジックを知らなくとも、TPPの策謀はわが日本国民に対する攻撃であると、多くの先進的政治・経済県境者たちは知ってしまっている。世界の銀行連合がベトナムとかインドなどの、経済後進地に(紙幣を印刷して)資本を投下する。それで日本やアメリカなどの真面目な経済人から、様々に富を奪い取る。これが「自由貿易」の真実の姿であった。エルピーダとかルネサスばかりか、パナソニックなどの老舗も湯田菌とキムチ茸の毒にあたった。海外に工場とか事業所を移す。この作業だけでも、どれほどの財貨が盗まれたことか。支那などと謂う、泥棒・強盗のたぐいが作った国に、事業を移すことがどれほど馬鹿げたことなのか、今になってみればまともな日本人役員ならば思い知ったことであろう。それが内部にいるキムチ役員の前では何にも言えなくなるのだろう。伊藤一長氏のように後ろから拳銃で撃たれたのではたまらない。あるいは最近少なくなったとはいえ、「ドアノブで自殺」などという暗殺の手法もまだ遅れた警察のあるところでは活きている。

 

わが郷でも利いた風なことは言えないが、日本人と特亜との対立構造とは、単純化したモデルであり、本当の対立構造は、別に本質がある。

それを通貨発行管理権の占有勢力と、一般の人々との「一般には理解して観ることのできない」対立にある。

 

これを端から書いてもチンプンカンプン。なのでとりあえずは、特亜とか在日を悪役に仕立て上げて、それで矛盾に満ちた日本の現実を解明せんとしてきたわけで。さてこれからは、真実は学究の徒のその真摯さをなるべく前面に出さねば。などと最近は考えている。多くの皆様が参集されて、このような七面倒くさいブログを読んでくださる。そろそろブログの性質を特化させねば。それでまずは、日本国内のことを書くよりも、諸外国の事情を書いてみる。このように外国のことならば、自分の利害とそれほど重ならない。ならばちょっとは客観的に、冷静に物事を分析理解が進むのではないか。

 

宗教対立を煽動する モスリムとヒンドゥー今日の対立図式。
是はすり替えであり、金融勢力と実物経済の対立を見えなくする、いわばフレアーの放出作戦。

 

今の日本では、TPPと消費税
どちらも政治が主体性を喪失したからこそ。しかけられた金融側からの攻撃だ。これにはさすがの安倍晋三首相も、真っ向から対立はできない。

自民党政治は戦後の進駐軍による、正当民族派を肉体的に粛清した、そのあとの言葉は悪いが、「残差物」によって更生復帰させられた、傀儡としての歴史を引きずっている。こんな中で、戦後レジームからの脱却何て言えば、お腹が痛いと言って病院に避難したくなるのも頷けてしまう。

 

明治維新から、日本は金融が国家経営から遊離した存在となっていた。

江戸幕府は軍事政権としての体裁を すべて喪失 徳川慶喜は戦闘の指揮官としての才能は一切なかった。日本の政治もこれに同じ。

 

 

カーデザイナー田中徹の社長 BLOG 
カーデザイナー田中徹の社長 BLOG  

田中徹氏のわかりやすい経済解説によって、日本国経済が実は世界一の質と量を誇っている。

このことに多くの読者諸氏が、ご理解を示してくださってきている。

 

 

 

それでこれからは、近尉的な感想にも加えて、近尉的なお話もくわえねば、日本の経済の現状と将来の軍事的展開の戦略が得てこない。

 

そしてまずは言えること、

そのヒントは、

戦いは外国で為すべし。

日清日露の戦役は日本本土ではなく、外国でなされた。


TPP 農業、医療、保健そして金融はアメリカに根拠地をおく湯田菌がキムチ茸を使役して、日本国内で戦いをおこしている。つまり、日本の政治と経済は、間諜勢力によって混乱させられている。そして海外では、自動車、機械 情報機器とその部品、これが空洞化しては、米欧のたとえば軍事装備などは陳腐化してしまって、ものの役には立たない。象徴的なことだが、ボーイング787の失敗はあまりにも大きい。

それに、F-35型多機能機の後継機は日本でしか造れない。
アメ車は勿論のこと、ドイツ車も電装関係は日本車の足元にもおよばない。

 

CIAがシリアへの膨大な武器密輸を援助をしているのだとか、
ベレゾフスキーはイギリス情報機関によって殺害された?

このような国際政治へと関わってゆくには、民主党のようなカネへの走行性のゾウリムシには、何も期待できない。

自民党の多くも似たようなもの。

人気ブログランキングへ この戦いは時間がかかる  ポチとお願いします

 

 

そして着実に前進している。

 

 

 

  映像での案内 かぐや編

 

本日の話題の記事

☆☆

 

 

人気ブログランキングへ 本日は 37位です。 m(_ _)m  => ランキングを見る

アクセスの記録 2013.03.27 (水)    3,125  PV    1,416  IP      230 位  /  1,847,453ブログ

 

 

 

 

 

我が郷は足日木の垂水のほとり - ダモアブログ

 

東京都尖閣諸島寄附金 受付状況 は、
こちら にサイトが設けてあります。

固定翼機が運用できる大型の正規空母建造も 映像による 記事検索
わたしの里 美術館  わが郷 HOME

 

 

 

 

 

コメント (3)

歴戦の つわもの

2013年03月27日 | 経済

ご案内


 Richard Lee Armitage

 映像・検索

人気ブログランキングへ 最初にポチとお願いしますm(_ _)m

 

 

 

 

 

自由主義者が蛇蝎のごとく嫌ってきたのが、ご存じ共産主義者だった。

東西冷戦構造というのは、今となってみれば日本にとって、メリットのある米ソの対立だった。両国の国民にとっては何の意味もない、核兵器の大量配備などという無駄をしてくれたおかげで、日本は産業構造をどこよりも充実させることに成功した。

 Bikini


自由経済の敵は共産主義だ。

    これが米国を中心とする西側国のスローガン。

スターリンの独裁は、アメリカから見れば、自由のまったくない専制で、前時代の遺物であり、何が何でも排斥しなければならない。それではアメリカなどの自由主義諸国には自由はあるのだろうか。『表現の自由がある』などとよく言われたものだが、これが実現したのは、インターネットが普及してからのことで、「自由主義圏」の報道は、巧妙に統制されてきた。この統制は現在のテレビなどでも行われていて、ためしに朝の各テレビを見てみれば判る。6チャンネルでスポーツの報道の時間には、ほかのチャンネルを回しても、どこでも同じスポーツ選手、たとえば新人の大谷とかがどうしたとか、みんな同じ話題が流されている。チャンネルは幾つもあるが、中身はほとんど同じ。政治や経済でも、これと同じように、ひとつの偏った意見が各局から、それこそ沖縄戦で我が軍民を襲った、艦砲射撃、鉄の雨のように、日本の茶の間に撃ち込まれている。

 

 


TPPはアジアの成長を取り込むとか、ステロタイプのデタラメが繰り返される。ほとんどの日本国民は経済のことなんか解らない。構造改革が日本の技術と資本を盗んで、三菱とか三井・住友などが中抜きをする。マスコミであまり報道されないように、情報通信の技術を韓国のサムソンとか台湾のナントカに売り渡す。これらの国際金融が仕立て上げた敵勢力と、日本の企業は競争させられる。これで同じようなものしか作れなければ、人件費などコストの高い日本製品は競争で苦戦を強いられる。

 

  キムチ茸

ここで高コストとか書いたが、実際はオリンパスで見られたように、キムチ系の役員とかが利益をダダ漏れさせていたりして。企業の会計処理には会計公準とかの大雑把なルールはあるが、その細目は企業がかなり勝手にできる。つまり、オリンパスの海外に流された企業利益は、別の見方によっては 「国際的な金融詐欺師に納めねばならぬ、絶対に必要なミカジメ料」 を含んでいる。これなんて一般的な感覚からは、ゼッタイに必要経費の固定的なコストであるわけで。

これと同じように、TPPで中抜きれる「企業利益」には極東米軍の回りに屯 (たむろ) する軍産やゴロツキ、あるいは詐欺師たちの取り分が、前もってキッチリと計算されている。

このように、国際的な詐欺と恐喝に満ちみちた凶行が、TPPという強盗計画なのだ。


  エルピーダ エルピーダ (記事分類)

たとえばすでにその計画は終盤を迎えてはいるが、エルピーダとかルネサスの「篭脱け詐欺」はまずもって、国際的なゴロツキ詐欺集団のフロント企業である、東芝、日立そして三菱などが、出資して先の二社などを立ち上げた。このとき銀行などから借りた巨額の資金は、何度か書いてきたが、「国際金融のコンコン狐様が、枯葉を頭にのせて、エイッどろん」 とやって、つまり信用創造して作った、札束の山 (何百とか何千億円という貸金が瞬時に 「印刷」 されてしまうのだが) ではあったワケで。

そしてこの国際的な詐欺企業に送り込まれてきたのが、わが郷で言うところのキムチ役員たち。彼らは別に経営的な才能があるわけではない。東電の役員のように、たとえば原発事故でその処理の為に浄水器が必要ともなれば、ガラクタのバッタ物、アレバとかアメリカのナンタラから、カタクレを買い入れる。このような厚顔無恥の神経さえあればよい。


 民主党は 朝鮮進駐軍  その弐 

さて、スターリンの起こしたソ連邦は崩壊した。

そして今、国際金融の興した構造改革は、やはり朽ち果ててその大木が倒壊をはじめている。わが日本がこれと同じように、産業の内部を食い荒らされて、朽木倒しに嵌められるのか、あるいは東西冷戦の愚挙をしり目に、世界一の産業構造を作り上げた日本の高度成長。このように、日本が世界一のヘゲモニーを、政治的にも確立できるのかの、ピンチと言ってしまえば悲観主義者の泣き言ではあるが、チャンスといえばドパーミンどっと、ドットの爽患者なのか。経済や軍事の真っ暗闇、この中を真っ先かけて突進するには、パラノイアぐらいが丁度よいと思われる。そして是、政治のことではなくて、経済のことだ。

これから先を書けば、偏執狂のおとぎ話のようで、ハチャメチャになるので今日は、この先書くのは止めておく。驚き桃の木山椒の木。ブリキに狸に洗濯機ってか。なんか左近尉の記憶では、蓄音機 ってやつもあったような。

 

さてスターリンは政治権力ばかりか、金融も当たり前に専制下に於いた。

そして今の自由主義陣営の国際金融も、中小金融を潰したり、あるいはその系列化に組み込んでしまった。つまり此れ、経済を「スターリンのように一極支配のもとに再編」してしまった。つまり、回りくどい言い方は止めにして、一言でいえば 「経済の自由をなくした」 と謂うことだ。

つまり、TPPは米国に巣食っているゴロツキどもが、国際金融の資金力を踊らせて、アメリカのオバマなどを操って、巨大な構造で作ったカラクリ仕掛け。

  この大舞台で大儲けをする。

一般の人々には、新型のメモリーが一個幾らとかしか見えない。熾烈な国際競争などと騙されていてはいけない。

TPPの海賊どもは、

工場とかあるいは経済特区を作って、

丸ごとゴッソリと篭脱け詐欺を目論んでいる。

 

スターリンの顔は見えるが、国際的な詐欺師・ゴロツキの顔はなかなか見えない。

あたっているかどうかは知らないが、ここでふと脳裏に浮かんだのは、

   アーミテージ (Richard Lee Armitage)

この方だった。

パキスタンのムシャラフを脅して、 「原始時代にもどしてやる」 と言ったのは、ネットでは有名な話だ。 

人気ブログランキングへ 知ってる方も、知らなかった方も  ポチとお願いします

 

 

 

   source

 PIIGS(ピーグス英語発音: /pigz/ ピグズ)またはPIGS(ピッグス、英語発音: /pigz/ ピグズ)とは、世界金融危機において金融・財政部門の改善が自国の力のみでは達成出来ない可能性のあるヨーロッパの国をまとめて表現するために、該当する国家群の英語の頭文字からつくられた頭字語であるわけで。

 自国が通貨を発行できなくなった。

 そもそも第二次世界大戦で、国家が通貨を発行管理する枢軸国側は、アメリカ軍にたたきつぶされた。

 

 その自分では経済政策をほとんどできない欧州各国が、EUなどという国家を超える機構を作って、欧州の人々を二重の意味で奴隷にした。

 

 

地中海に面した絵描きの別荘には、一度は行ってみたい。
2011 10 16 だれも買いたくない絵 わが郷

 

地中海沿岸諸国は温暖で、保養地にはもってこい。

それでドイツとか、ベネルクス三国などの寒い地域で、事業に成功した成金たちは、地中海沿岸に別荘地がほしいのだ。経済を貧困化して土地などの資産を暴落させる。この結果として。PIIGS各国は国際金融スジのその下心があったので、投資を制限されてきた。

サルコジなんぞは北アフリカに戦争まで仕掛けた。
(この地中海の対岸も、素晴らしい保養地なのだ。)

  何有荘

 

日本だってうかうかしている間に、狐の葉っぱでどんどん莫迦しとられてしまっている。

日本の有名な京都の庭園などが、外国人に買いあさられている。

 

人気ブログランキングへ 経済なんて狐と狸の馬鹿試合 ポチとお願いします

 

 

  映像での案内 かぐや編

 

本日の話題の記事

 沖縄戦

 

 

人気ブログランキングへ 本日は 37位です。 m(_ _)m  => ランキングを見る

アクセスの記録  2013.03.26 (火)    3047  PV    1425  IP      232 位  /  1846969ブログ

 

 

 

 

 

我が郷は足日木の垂水のほとり - ダモアブログ

 

東京都尖閣諸島寄附金 受付状況 は、
こちら にサイトが設けてあります。

固定翼機が運用できる大型の正規空母建造も 映像による 記事検索
わたしの里 美術館  わが郷 HOME

 

 

 

 

 

コメント