春. 夏. 秋. 冬. 河童の散歩

大叔父・太田節三の慕情を新装しました・・・。

大山寺から阿夫利神社散歩③-③ 神奈川県伊勢原市。

2021-02-09 21:01:36 | 関口文治郎/神社仏閣

縁石の縁につまづいて、手を伸べた女性の顔を見たとき、
「記憶袋」がバシャッと音がしたような気がした。
池に落ちたかもしれない。
確かに音がした。
ケーブカーの自販機に硬貨を入れるまで、
「記憶を入れた袋」は、見つからず、
改札でアメリカ人が、日本語で、
丁寧な表現で、質問をしているを聞いて、
新鮮な気持ちになった。
とたん、「記憶の入った袋」を探す努力はやめて、
手を伸べた女性の心配から、
笑顔に変わった、何処の方か知らない、
記憶を、
真新しい絹地の袋に入れりぁ~いい・と。

👇 大山寺、こま参道、金平糖を買って、独楽を買って、


👇大山1252mの中腹、山号・雨降あぶり山大山寺、
真言宗大覚寺派、山岳信仰のお寺を拝観し、


👇「波の伊八」を彷彿させる彫りを見て


👇大山阿夫利神社、下社の拝殿へ。



















👇 ここから頂上の上社へ、
登れるのですが、足の古傷と相談して、
ケーブルカーの最終に間に合うか・・と。
断念です。


👇いい景色でした。
中央ポツンと、江ノ島、
左に三浦半島、奥に房総半島です。







👇帰りは、164センチの寄木造りの釈迦涅槃像がある、
茶湯寺ですが、見れませんでした。




ブログ、パソコンと携帯が緻密に連携できてない、
どうしてでしょうか!ちょっと、大変・残念です。

コメント

小腹用の卵を茹でて・・大山寺 ② 神奈川県伊勢原市。

2021-02-07 12:44:44 | 関口文治郎/神社仏閣

くしゃみ3度に、
顔を拭きふき参拝した大山寺。
宿坊、伊勢原市の名産、独楽に、
軍鶏、地卵の湯葉を取り合わせた、湯葉丼。
丹沢山系の清水に、にがりを効かせた豆腐料理の看板が、
狭い参道のあちこちの誘いの提灯に、
足の向きを迷わせ・・・。



日本遺産、幟の絵柄も江戸の頃、
訪れた人気の職、鳶職人が伊勢原界隈を、
活気のある町にしてた様子が浮かんできます。










大山講15700講、
千葉、栃木、長野、静岡、神奈川、山梨、茨城の、
檀家・70万軒の人気ぶりが・・・。



👇青銅宝篋ほうきょう印塔 1795年の青銅。
 御鋳物師 西村和泉守 藤原政時
・・所願の意だけに任せ、満足しないで、
香花を添えて、右回り3度、天下無双の霊塔に、
禮拝すれば、善男善女、
「一切の幸せの日々を送れる・・・」と。
関東大震災で上部が欠落倒壊し、
大正13年に、修復再建の歴史。









👇滝行している 、
開山した良弁僧正のすさまじい形相。



👇 右足の裏の母指球・指尖球 ・小指球 に、
年輪をうまく施している彫り物師のセンスに、
ほっこりしてしまいます。



👇 大山寺を語れる、貴重な印。


👇 大山寺は、1850年代の、
全国を襲った大地震の、大火で焼失し、
再建された本堂、その時の宮大工棟梁が、
「手中明王太郎影元」さん
室町時代から続く、宮大工。



👇その、お父っつあんが、
八王子市高尾山の、薬王院の山門を手掛けてた。
晴天の霹靂。

晴れた日曜日、改めて車で7分、
高尾山に登ってみようかと、
小腹用、卵を茹でた、ところです・・・が・・。


コメント (2)

男の詣り寺、大山寺。① 神奈川県伊勢原市。

2021-02-05 21:56:51 | 関口文治郎/神社仏閣

もそ~っと伸びた紅要の垣根に、
小さい梅の花と花、気づかず
取りつかれた仕事も、
ほどほどでいい‥
花たちは、今か今かと寒い中、
美貌の披露目日を首を長くしてたのだから。

神奈川県、社寺の数では、
小田原市、横須賀市、鎌倉市に次いの、
70社寺は八王子から一時間ばかりところに、
ひしめいていて、
にわか
大山寺は、奈良時代からの古刹で、
昔は大荒れた建物を、
徳川時代になって、再建し、
春日局は2度もお参りしたのだそうで、
1750年代は、
江戸100万人口のうち20万人が、
大山詣りと称して伊勢原を賑わせたといいます。

女性禁制の山で、鳶や職人、博徒には特に、
人気があったといいます。
ちょっと興味が、他県とは云え、
八王子市から1時間ばかりところ、
都心に出るよりは近いと・・
久しぶりに朝早く、出かけた1月29日です。


大山は独楽が名産、
こま参道、ケーブルカー乗り場までの、
380段の石段には、独楽の数のタイルで、
疲れ具合を知らせてくれます。


















👇2016年グットデザイン賞のケーブルカー。





👇3分の乗車で大山寺






コメント

艶態に揺さぶられて、さざえ堂。③-③ 新生フォ~☆シーズン

2021-02-02 20:46:35 | 関口文治郎/神社仏閣


京都新聞・びっくりしました。
京都世界遺産に登録された13、14、16?社寺の、
醍醐寺が、2年後の衛星に本尊や曼荼羅、
仏教の教えを象徴するものを搭載し、打ち上げる・・と。

宇宙での寺の名を「浄天院劫蘊(ごううん)」と付けるといい、
京都の人工衛星開発企業と協力しあい、
2023年の打ち上げ後は、
宇宙からの画像を見ながら、
法要を執り行い、祈りの世界を具現化したいという。

感想は書かなければならないのでしょうか・・・。
空に手を合わせる、朝・夕のほんのりとした明るさに、
お寺が、ゆっくり地球を見下ろして飛んでる・・。
5円、15円、時には100円の、

浄財はどこに投げたらいいのでしょう!








男の煩悩、
歳をとっても消えず、
腹を見せて誘う姿は、よそ者かぁ~と、
座った眼で近寄ってきた、
曹源寺で日なたぼこをしてた猫。
眼が合ってからひと時も離れずの行動に、
つい、ほだされて・・


本堂見学から出ると、
相手にされなかったわずかを、すねて・・


住職に聞けば、家なき猫です・・と。


帰る気配に、「連れて・け」と・・
けど、私にも事情があって・・なッ !


父を探して心は三千里、
はかなく今日も夢は破れる、のか・・・


女の意地、最後の作戦・・。
行かせない!

紫陽花が咲く寺、今年の紫陽花の写真は、
曹源寺と猫。
いたら、今度は迷わず猫の住民票は八王子。




いつか訪れ見てみたい、福島県会津若松市の栄螺堂。
手首、投影できない箇所の骨折に、
不自由な生活を送ってらっしゃる、
小粒山椒、小気味のいい気概を持ち、
私にはない感性で・・・、
👇枠内をポチッ

コメント (2)

あの猫は、と想って栄螺堂曹源寺。③--② 群馬県太田市。

2021-01-31 21:36:22 | 関口文治郎/神社仏閣


関東から東北で見られるさざえ堂ですが、
この螺旋は、古くは、レオナルド・ダヴィンチが、
スケッチに残しているという。
さざえ堂は、
福島県、会津若松の、
社寺建築の特異なフォルムのお堂に、
埼玉県、本庄市の、
浅間山噴火で亡くなった人々を、偲ぶお堂に、
太田市、曹源寺、
新田義正の幼女、祥寿姫の菩提寺として、
東京目黒の天恩山 五百羅漢寺 、
536羅漢を拝観でき、
茨木県取手市、平将門が開基した長禅寺と、
五大さざえ堂として、
趣の違う、それぞれの回廊に心を置き、
仏像に手を合わせる時間があってもいいのでしょう!










梅雨の季節、紫陽花が境内に美しく、
七福神、紫陽花の寺として、
聞けば
目やに、の猫は家なき猫なんだと・・。
紫陽花ごろ訪れて、まだ猫がいたなら、
さっさと、連れてこようかと・・・。




















コメント

用心棒、猫に威嚇されて曹源寺。① 群馬県太田市。

2021-01-29 07:04:09 | 関口文治郎/神社仏閣


新田義貞さんの祖、新田義重さんの若くして亡くなった、
養女の菩提を弔うために、
1335年備前の天真祖英禅師に開山させて、
以来、新田氏歴代の祈願所となった、
群馬県太田市の曹源寺。

2度の焼失のあと、
1852年、本尊を魚藍観世音菩薩にして、本堂とし、
秩父34間観音、坂東33観音、西国33観音の
100観音を、さざえの壺のように螺旋して、
拝観できる、当時としては斬新な建築様式の、👆本堂。

👇七福神めぐりの団体さんに気後れして、
まごまごし、よそ者と察したか、
座った眼の猫が、雇われ用心棒か・・・、

威嚇のほふくで、のた~り。


















コメント

浮いた話は聞けなかった金龍寺②--② 群馬県太田市。

2021-01-27 11:32:40 | 関口文治郎/神社仏閣

群馬県太田市の金龍寺は、
新田義貞さんが1321年、
天真自性和尚を招いて開山したお寺。

軍事才能に優れた新田さんが亡くなったのは、
越前・福井市を流れる、九頭竜川の傍。
50数騎余りで藤島城に籠る足利氏を、
攻める軍に加勢するのに出向いた折、
15キロばかりところの黒丸城から、
出向いた、得江頼員が率いる、
300の兵が放った
で38才の生涯を終えます。
1338年。

もったいない短い生涯、
忠誠を信条として、生きた37年。
今も福井県には新田義貞の
が発見された、
地を新田塚と呼んで、
祠を建て新田さんを偲んでいるのは、
新田さんの人間性によるのかもしれません。

1338年庇護者を無くし、
一時衰退していた金龍寺を再建したしたのは、
義貞三男・新田義宗の子。
1417年遺骨の一部を譲り受け、
境内に埋葬し、1637年、
義貞300回忌法要の際、建立された、
総高246Cm、安山岩製の供養塔 👇・・。


赤城おろし、利根川を泳ぎで鍛え、
強靭に育って、戦いばかり、
少しは浮いた話はなかったのでしょうかと、
問いても返えす、言葉は聞けず・・。

















👇 私には一人、
水子がいるので、手を合わせます。








コメント

雨の日、想う金龍寺 ① 群馬県太田市。

2021-01-24 18:30:51 | 関口文治郎/神社仏閣

行動範囲が狭い今、
想像力、貧困の極みに駆け込むお寺もなく、
ただ、ただ茫然と蜘蛛の巣が一本の天井を見て、
お寺ばかりの記事に、
少しは雪の景色をと思ってたのに、八王子、
稜線を隠して雨ばかり。
タバコ一日6~7本に減らして鏡、
朝と晩、変わらない腹の出っ張りに、
体を捻じり相撲力士の腹と見比べ、
霞んでる町の灯に、
明日はきりっとした顔で、出かけようかと・・。

太田市の寺院は、
群馬県で高崎市の189ヵ寺に次いで124ヵ寺、
あちこちで寺院の看板を見かけます。

新田義貞さんの菩提寺、金龍寺を尋ねました。
金龍寺の名まえの寺院は宗派を違えて、
全国に47寺院があるのだそうです。







金山城址の山麓の七福神巡りでは、
毘沙門天さんで、七草寺には桔梗。
息切らして登れば、桔梗がぱっと・・、
粋な石碑にほっこりです。







寺院は檀家さんがいるので、
断りなく本堂に入るのは、ためらいます。
ながら、この日は扉の隙間から、
見えた欄間の彫刻に誘われて、
つい、ガラリと扉の音に手を合わせて・・。








👇羅漢・・無断侵入に付き、
彫像の詳しいことを聞けなかった・・。









自宅で過ごしている皆様、体調を崩しませんよう!
コメント (4)

新田神社・御嶽神社。コートを脱いだ群馬県太田市 ③--③

2021-01-22 11:01:25 | 関口文治郎/神社仏閣


新田義貞公・拝借ファイル

1338年、38才で亡くなった新田義貞さん。
新田神社の創設は明治になってから、
日本の歴史に刻んだ、義貞さんの遺徳を偲んで、
新田地区に住む新田の支族がもので、
地区の鎮守として、金山城本丸跡地に建てたもの。
訪れた日には、
金山山麓には、中島飛行製作所跡の、

スバル製作所の職員が、安全祈願をするところでした。




神社の前の700年のケヤキは、
金山城の歴史を見てきた、唯一の生き証人で、
出来事を語れるなら、
ぜひ聞きたいものです。





神社境内に、
御嶽神社の名を彫った祠を見つけた二代社掌が、
岩松新田家に祀られていた御嶽大社を請い受け、
愛知県源慶勝公の援助で明治6年に建てたもの・・と。






寺社巡りをして、いつも通る橋の傍で、
いつも叶わない、と、
思う光景に出会う・・、
買い物かごを傍に置いて、
小さな、小さな祠に花を添え、
車から見てしまう、
手を合わせる婦人の横顔。
私には祈祷する婦人の姿を見るとき、
無性に心が洗われる時があります。




コメント

金山城址。群馬県太田市 ③--② ダカールラリー。

2021-01-19 13:04:22 | 関口文治郎/神社仏閣

群馬県太田市の一週間の出張を14日に終え、
まとめ作業で徹夜もあり、
自宅に籠っていましたが、
やたら、キーを打つ指がひきつったり、
就寝中の下肢の痙攣に、
水分不足と、補給しても続くことに、
仕事の大義名分とはいえ、
ここ数か月に無かった多くの人に出会った、
感染症状かと、気に病んで・・・。
同行の仲間は元気に過ごしている情報に、
杞憂であったと胸中、
「気弱になってた」と。
ながら、ここは気弱の心境も大事だからと・・。

サウジアラビアで開催していた、
ダカールラリーの、応援しているトヨタ日野菅原チームが、
10リットル未満では12連覇を達成し、
日野市日野工場で修理に入る時期を、
楽しみにしているところです。

👇金山城址、
平安末期、新田氏が築き、
新田義貞一族が滅亡して廃城になって、
100年後、新田家純が再築した金山城、
不落の城と言われ、
戦国時代以前に、堅牢な石垣を築き、
貯水池を完備していて排水路等、モダンでもあり
1590年、廃城になるまでの120年間、
どのような意匠の城だったか・と、
夢が広がる山城でした。
今は、跡地に新田義貞を祀り
「初志貫徹」の神様として・・
太田市を金山山頂から見守ってます。

























太田市はトヨタ日野工場があって、
全く関係がないわけでして・・。

・・・ 2分32秒のハイライト ・・・




コメント

小春日和の金山城址。群馬県太田市。①

2021-01-16 09:38:21 | 関口文治郎/神社仏閣


群馬県出張が終わって、帰り、
太田市新田の金山城址・新田神社へ・・。
戦国時代、東日本では、
石垣のある城は無く、
上杉謙信や武田勝頼などが、
幾度、攻めても落城しなかったという、
新田一族が君臨した「金山城址」の、
石垣のある土塁、
城跡の新田神社まで、
敵がせめて来たら「エイゃ、エイ」
イメージを膨らませて、
数百メートルを数時間・・で・す。

👇 赤城山を見て、
手前のゴルフ場当たりは八王子山?


訪れたのは14日で春のような天気、
300mばかりの小さい山を、
登るにも、息切れするほどではなく、
史跡看板を見ながらです。







👇 登ってきた敵の侵攻を防ぐのに、
掘った中腹の土塁。






中腹当たりから、石垣が目立ちました。
藪と違って見えない石垣の向こうから、
矢が飛んでくる生死の境目、緊張ですね。









この日、聞こえてきたのは、
圧倒的に多い女性軍たちの声でした。
コロナ渦、晴れた日の健康に弾んで、
鳥のさえずりのハーモニーに、
負けず劣らずでした。





コメント

永保寺・岐阜多治見市 ②--②

2021-01-13 06:52:35 | 関口文治郎/神社仏閣

👆 👇 国宝・開山堂 
永保寺の開祖、
永保寺開創の夢窓国師と、
開山仏徳禅師の頂相が安置されているのですが、
 見ることはできませんでした。






👇無際橋・国の名勝となってますが、
コロナ感染で、人出もなく、
自分も、早く八王子に戻らなければ、と、
思いつつの散策でした。








👇 観音堂 ・ 無際橋




👇 観音堂




👇 六角堂







訪問、2020.3.26
コメント (4)

虎渓山永保寺 岐阜県多治見市 ①

2021-01-10 21:31:11 | 関口文治郎/神社仏閣

コロナ感染の対応に気を張ったのは一瞬だけ、
後は、国への批判やら、なんやら・・。
こっちは11月から、引き籠もり状態だったから、
気落ち、乾燥肌、角質まで固まって、
インラインスケートの車を彫刻できる勢い。

木曽路から南下し、岐阜県多治見市のホテルについて、
耳を疑い、外国の街並みの画面が浮かび、
山賊、野武士、豪放磊落の化けの皮が剥がれ、
小心者を露呈してしまったのは、
コロナ一網打尽を大上段にした小池さんの緊急会見。

南下は、あと3日間を予定していたのに、
多治見市の名所、永保寺で切り上げよう・・と。
3月25日、あの時は、ビリッ・・、
気持ちが引き締まって、
素直になろうと、物わかりのいい男に!
コロナ感染者、23日24日25日の3日で70数名の時。

永保寺の記事は、陽の目を見ず、
開帳一部に、もの足らず、
蔵の中で、埃だらけでしたので・・・。
今回公開。


夢窓疎石 (1275~1351年)1313年開創。
禅僧にして,禅庭、枯山水の完成に、
わび・さび・幽玄な日本の美を形成。
👆虎渓山永保寺、虎渓山専門修験者道場。
多治見市土岐川の流れに時を過ごして・・。





👇本堂、庫裏、大玄関が焼けた2003年、
700年の銀杏もちょっと焼けて・・・。











👇国の名勝・永保寺庭園 
臥龍池に架かる「無際橋」
此岸・煩悩にまみれた世界・・
彼岸・煩悩から解き放たれた世界・・を、
結ぶ橋・・・・・
この年まだ、行って来い、行って来い


コメント

本山慈恩寺。山形市寒河江市。③-③

2021-01-08 18:40:53 | 関口文治郎/神社仏閣

昨年訪れた山形県寒河江市の慈恩寺。
改めてファイルを見ていて、
見せる美の追求ではない
訪れ手を合わせて、心を落ち着かせるという、
古刹の存在が大きく膨らんでました。

天平18年(746)に印度出身の高僧バラモン僧正の開山。
👆仁王門・1736年再建

慈恩寺(じおんじ)
山号:瑞宝山
所在地:寒河江市慈恩寺籍31
宗派:慈恩宗本山

👇薬師堂 1693年建立
薬師如来像、日光月光菩薩、十二神将を安置
2021.1.3 前回投稿の動画


👇 阿弥陀堂 1693年建
木造阿弥陀如来坐像


👇薬師堂と阿弥陀堂


👇釈迦堂 1695年建立
 本尊・釈迦如来


👇1600年伊達政宗の叔父、
山形藩初代藩主・最上家11代最上最上義光は、
関ヶ原の戦いに慈恩寺に対して「立願状」を出して戦勝を祈願し、
1618年
山形藩3代藩主最上家第13代当主最上義俊が寄進。


👇山形城址公園の最上義光像










コメント

慈恩寺・悠遠への散歩。山形市寒河江市。③--②

2021-01-05 20:36:13 | 関口文治郎/神社仏閣

昨年訪れた山形寒河江市の慈恩寺には、
平安時代からの仏像があって、







本堂で300円の拝観料を本堂で支払い見れました。
薄暗い通路は、じっくり拝観している人の前に、
進むのには、かなりの神経がいりました。
何しろ、国が貴重な仏像と銘打っているので、
よろよろと触れることなど‥など・・。

暗闇に不自由な眼ですので、
見た仏像の説明ができません。
この慈恩寺さんの記事は、陽の目を見ないと、
少々、がっかりしてましたが、
素晴らしい画像がありました。
慈恩寺、1200年の私の画像をバックに、
私のファイルに、何十倍もの色付けに・・。
「悠遠なる平安の美仏」
3か月ばかり開帳されていた動画です。
無宗教ですが、
悠遠への散歩の一歩、
うす暗い空間で、鼓動が響き渡って、
この日のうだらせる太陽に、
対峙した記憶がよみがえります。





👇 1683年建立


散歩 2020.9.30
コメント (2)