ぎんぐの紅茶

紅茶初心者の奮闘記

あれれ

2018年06月16日 | お茶色の日々
「ゆるキャン△」というアニメが面白い、という話を小耳に挟んだ。
女の子達がキャンプを楽しむ感じの絵面に、「男性向きの萌え所がいっぱいのアニメなんだろうな」と思いながらも見てみた。
(Amazonプライムで無料で見ることができたし)

…面白かった。
見る前は、キャンプに全く興味がなかった私だが、見た後はキャンプをやりたくなった。
正確には、外でご飯やおやつを作って、食べてみたくなった。
もっと言えば、山で食べてみたくなった。

山で入れたコーヒーは、とてもおいしいらしい。
紅茶だって、ティーバッグなら可能なはず。
山頂で飲む紅茶。コーヒー。
久しぶりにテンションが上がる!

山でご飯を食べたいなら、山に登らなくてはならない。
山に登るにはどうすればいいんだろう。
登山のことは何も知らないけど、それでも、装備とかマナーやルールがあるような気がする。
調べてみよう。


……
………

どうしてこうなった。



「日本山岳耐久レース(24時間以内)」に申込み完了。
奥多摩の山中71.5キロを、24時間以内に駆け抜けるレース。
私に、トレイルランの経験は(もちろん)ない。

ここに至るまでの思考は、こんな感じ。
山でお茶したい
→登山しなくてはならない
→登山では、道迷いなどの事故に気をつけなくてはならないみたいだ。
→初心者の私に、完璧に事故防止策を取るのは難しそう
→だけど、山に登りたい
→トレランのレースなら、山に登れるし、道迷いの危険はある程度防げるのではないか。
→申し込み

当初のお茶が、途中で消えている。
どうしても「山でお茶」をしたくて、それには山が不可欠で、初心者の私がある程度安全?に山に行くならレースかな、と思ったのだ。
(ハセツネより、高尾山でお茶する方がいいのではという意見はごもっともです…)
ハセツネでお茶はできないけど、いずれ「岳」(山でコーヒーを入れて飲むシーンが頻繁に出る漫画)みたいに、コーヒーや紅茶を山で飲む!

ハセツネ、頑張ります。

西洋骨董洋菓子店(よしながふみ)

2018年04月13日 | お茶が出てくる本&紅茶関係の本レビュー
文庫(新書館)で全3巻。
2巻が、一番ケーキが美味しそうに見えるエピソードがたくさんあると思う。
一番好きな巻だ。

私は、コーヒーの入れ方にこだわりがない。
なので、この2巻29ページで描かれていた「コーヒーの入れ方」で全て入れてる。
以下、抜粋。

-----
ええと……
ええと……

一杯につき、10gの中挽きの豆…
一杯増やすごとに8g足すから
二杯で18g…
-----

私は豆を町のコーヒー屋で買っている。
注文時は、「ペーパードリップ用に挽いてください」と言っている。
こう言うと、ペーパードリップに適した引き具合(というのかな?)にしてくれる。
(中挽きと言っても、同じように挽いてくれるかもしれないけど)
他(ロースト具合?とか)は、すべて「お店のおすすめで」と言って、注文は終了。

ここ何年かは、それで普通においしいコーヒーが飲めてる、と思う。


家庭科の思い出

2018年02月04日 | お茶色の日々
紅茶を入れる度に、いつもどこかにあった苦い思い。
少し暗い話です。

☆☆☆

私は、小中高と家庭科が大の苦手だった。
実技の授業(5〜6人で1班を組み、決められた料理を作る)は特に苦手で、前の日から憂鬱だった。
成績も全教科で一番悪く、受験時は悩みの種だった。

実技では、自然と料理の得意な子(達)がリーダーシップを取る流れになる。
料理の苦手な私は、リーダーと班の空気を読みながら、お皿を洗ったり、手伝っても大丈夫そうな所に手を出す。
自分の動きで料理の流れを阻害しないように、でも作業には参加しなくてはならず、必死で空気を読む。
何より嫌だったのは、実技時に必ず流れる女性独特の微妙なマウンティングだった。

このマウンティングを、一言で言うとこうなる。
「家庭科ができない女子なんて、女子じゃない。女子どころか人間失格だよね。プッ。」

紅茶を入れる度に、家庭科が苦手だったことと、実技の苦い記憶を思い出す。
紅茶に興味を持ち、入れてみたいと思った時、心をよぎったのは「家庭科が苦手な私に、紅茶を入れたり、ましてや、その試行錯誤を記す資格はないんじゃないか」だった。
紅茶を入れ、それをブログに記録していく度に、家庭科の得意な女子(←仮想敵)に「女性なのにそんな事もできないのwww」と言われている気がしていた。

家庭科が苦手でも、紅茶を入れるのを好きになるのは自由だ。
だけど、学生時代の成績の悪さとそれにまつわる経験は、呪いのようについて回る。
体育の場合は、市民ランナーや自転車乗りに、学生時代は体育が苦手だった人が結構いる。
彼らも最初は「体育ができなかったけど、できるかな」と思うらしいけど、始めるとすごく上達する。
だから、家庭科ができなくても、紅茶を入れるのが好きで問題ない。
そして、紅茶をいれるのが好きな私は、紅茶に限っては、きっと普通に入れられている。

…と、自分を言い聞かせているのでした。


カフェインの効果

2018年01月02日 | お茶色の日々
明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

カフェインの効果について、初めて感動したのでメモ。

紅茶やコーヒーに多く含まれるカフェインは、眠気覚ましに効く。
だけど、あくまで一般的なものであり、私には眠気覚ましとしての効果はない。
だけど、私にもカフェインは効く。
紅茶もコーヒーも3杯以上飲むと、頭痛や胃もたれを起こすからorz
(これもカフェインの効果かと)

カフェインの良い恩恵を受けず、嬉しくない恩恵(?)だけを受けてきた私だけど、先日、ようやく「カフェインの嬉しい恩恵」を受けることができた。

それは、フルマラソン時のカフェイン摂取。
具体的には、30キロ地点でのショッツ(カフェイン量85mg)の摂取。
(ショッツとは、スポーツ中にカフェインなどを効率よく摂取するジェル。"ショッツ カフェイン"などで検索してみてください)
100ml中に含まれるコーヒーのカフェインが90mg、紅茶が30mgなので(https://athtrition.com/170330/)、期待せずに気休めとして飲んだのだけど。

飲んでから5分ほどして、びっくり。
うおお、何これ!
足が回る!
回りすぎて心肺がちょっとついて行かない!

初めてのフルマラソンだったけど、ショッツのカフェインのおかげで、4時間半を切ることができた。
(ショッツを飲むまで、ペースを抑えて走っていたからかもしれないけど)
ありがとう、ショッツ。

睡魔との戦い〜最終章(多分)

2017年12月23日 | お茶色の日々
私は、睡魔と何年にも渡って激しい戦いを繰り広げてきた。
(戦いの記録はこちら)
戦いは「昼食の炭水化物をカットする」で収束したかに見えたが、私の睡魔は甘くなかった。

炭水化物をカットしても、昼食をなくしても、13時15分〜15時の激しい眠気は消えなかった。
ただ、炭水化物や昼食をカットすることで、16時過ぎまであった眠気が15時に短縮された。

私の眠気は、意識を刈り取られるような強烈なもので、気合いではどうにもならない。
1日がかりの試験中に、意識が飛んだことがあるくらいだ。
絶食しても眠いなんて、もう手がない。
できることは全てやった。

半泣きでネットを調べ続けていたところ、「コーヒーとラムネがいい」というツイートを見つけた。
(https://togetter.com/li/854735)
ラムネは、あの有名な森永のラムネだ。
10粒ほど食べるといいらしい。
仕事柄、ラムネを一度に10粒も食べるのは厳しいので、藁にもすがる思いで、ブドウ糖を食べることにした。

これは、本当に効果があった。
ただ、効果がでるまでに、ブドウ糖を食べてから10〜20分かかる。
眠くなってから食べると手遅れだ。
眠くなる前の予兆(私の場合は、目の焦点が時々合わなくなる)の時に食べると、眠気が飛ぶ。
なお、体調によってはブドウ糖一粒では足りず、何粒か食べなくてはならない。

そして、ブドウ糖と一緒にブラックのコーヒーが飲めるとなおいい。
(この組み合わせは、栄養ドリンクと同じ効果があるとか)
私にとってはブドウ糖単体で食べるより、更に効きが良かった。

この1ヶ月、炭水化物抜きの昼食+ブドウ糖とコーヒーの組み合わせで眠気を乗り切った。
まだ、ブドウ糖の摂取タイミングと量が掴めずにがくっとくることがあるけど、劇的に改善された。
何をしても異常な眠気が改善されない人は試してみてください。
(なお、糖分や各種眠気対策で改善されなかった場合、病院に行こうと思ってました)