ぎんぐの紅茶

紅茶初心者の奮闘記

コーヒーミル

2019年01月25日 | お茶が出てくる本&紅茶関係の本レビュー
「カフェでカフィを」(ヨコイエミ)は、コーヒーを巡る人間模様を描いた短編集。

これを読むと、コーヒーが飲みたくなる。
インスタント(粉)じゃなくて、モンカフェみたいなやつ。
モンカフェみたいなやつより、コーヒー屋さんのコーヒー。
できれば引きたて。

「カフェでカフィを」の1巻に収録されている「マリアージュ」は、「自分で引いたコーヒーを飲んでみたい!」、「コーヒーを引くのは簡単そう」と思わせてくれた話。
話のあらすじは、「残業で残った2人がコーヒーを入れて、市販のドーナツと共に飲む」という何でもないものなんだけど。

これを読んで、自分で引いたコーヒーをすごく飲んでみたくなり、棚に眠っていた新品のハリオのコーヒーミル(セラミックスリム)を引っ張り出した。

別記事で、このコーヒーミルを使ってみた感想を書きます。
ハリオのコーヒーミル、すごく簡単だった。
もっと早く使えば良かったな。

まろやかブレンド(犬猫紅茶店)

2019年01月19日 | 他インド、ネパール、中国紅茶等の感想
先日、 久しぶりにいれたミルクティー で使った茶葉。

封を開けると、紅茶らしいいいにおい。
紅茶といえば、大抵の人はこのにおいを連想すると言っても過言じゃないかも。
ミルクティーにしても、味が負けないだろうなと思わせる。

ポットで作るミルクティーでしか飲んでいないけど、美味しい。
ミルクティーで入れているせいもあるけど、茶葉を秤で計らず、ティースプーンでぽんぽんすくって入れられるのもいい。

数日で、50gが既になくなる寸前まできてしまった。
おいしかった。

ティースプーンと秤

2019年01月18日 | お茶色の日々
今まで、0.1gまで計れる秤で茶葉を入れてきた。
お湯もポットの目盛り付き。

不器用な私が、茶葉をティースプーンで計って、ちゃんと入れられると思えなかった。
だって茶葉って形が全く違う。
ダージリンの大きい葉と、セイロン系の細かい葉。
こんなのティースプーンで計っても、絶対重さがちがう。

先日、ふと思った。
私のやっていることは、料理で精密な秤を使い続けるようなものでは?

紅茶は料理と違って、お湯と茶葉のシンプルな組み合わせだから、絶対失敗したくなかった。
お湯の量と茶葉の量をきっちりしないと、不器用な私にはちゃんと入れられないと思ってた。

だけど、実際は秤でずっと入れてきたせいか、目分量で入れざるを得なかった時も、飲めないものが入ったことはない。
茶葉を買いたてのうちは、秤で茶葉を計って大体の量を覚え、あとはティースプーンで計ればいいんだなとようやく腑に落ちた。

でも、お客様が来た時は秤で茶葉を計るだろうなあ。

三連休

2019年01月17日 | お茶色の日々
1年ぶりに紅茶を入れた。
仕事や家事の相棒(お供ではなく相棒)にコーヒーを飲み続けていたため、紅茶のにおいに「休日だなー」と思わせられる。
嗅覚と味覚に、強制的に仕事モード(臨戦態勢)の脳をシャットダウンさせられる感じ。

というわけで、1/12〜14の三連休は、紅茶片手に女神転生(ゲーム)をやっていた。
正確には、紅茶片手に、こたつの上に広げたポテトチップスをポテチトングでつまみつつ、タブレットでゲーム。

贅沢(無駄)に時間を使ってしまった〜

カフェでカフィを(ヨコイエミ)

2019年01月16日 | お茶色の日々
「カフェでカフィを」(ヨコイエミ)は、コーヒーを巡る人間模様を描いた短編集(漫画)。
この中に、「マリアージュ」という話がある。

あらすじは、残業中の男女が、給湯室で豆からコーヒーをひいて入れ、ドーナツ(オールドファッション)と一緒に食べるというだけの話。

だけど、これがめちゃくちゃ美味しそう!
なので、私も豆からひいてコーヒーを入れ、オールドファッションと食べてみた。

これは、美味しい!
ドーナツとコーヒー(カップ2杯)があっというまになくなった。
これ、残業中にやったら沁みるだろうなあ。