ふれあいの森自然学校 活動報告

ふれあいの森自然学校が活動している内容を紹介しています。
このブログをご覧の皆さんも気軽に参加してみましょう!

2018年7月11日(水)百年公園ワンコイン散策会 「虫の知らせの虫って、どんな虫?」

2018-07-12 18:25:27 | ワンコイン散策

関西より西の方は集中豪雨でかなりの被害がるようですが・・・一日も早い復興を願っています。当県でも上之保・下之保辺りが床上浸水したとか、心よりお見舞い申し上げます。

              アサマイチモンジ

 

黒字に白い模様が美しいタテハチョウの仲間です。5月から9月に見られ国外にはいないチョウが百年公園で見られた事はうれしいことでした。

                      アメンボ

空を飛び、地上を走り、そして水面も走る。そうですそれはスーパー昆虫アメンボです!!名前の由来は飴のような匂いをだすことからの命名です。アメンボには柑橘系や香水の匂いのする仲間もいるそうです。皆さんも一度匂いを試して下さい。

                   エントツドロバチ

道路横の斜面のブロックの水抜きパイプを利用していました。エントツのような入り口が個性的な住み家ですね。日本でこのオスはまだ確認されていないとの事です。もしオスが確認出来たら有名人になれるかな~?

 

                   キバネオオベッコウ

 

クモを狩り幼虫の餌にするハチです。ちょうどハチがクモを狩っている所に遭遇しました。ハチとクモの戦いを5分位見る事が出来ました。ハチが勝ちクモを仮死状態にして後ろ向きに地面の上を巣えと引きずって行きました。なかなか見る事の出来ない壮絶な戦いでした。

                      サトクダマキモドキ

まだ幼虫です。触角を見て下さい。何とも長く仙人の髭のようです。和名のクダマキとはクツワムシの別名で里に棲むクツワムシに似ているという事からの由来です。元気で成虫になった姿を見せて下さい。再会を楽しみにしています

                    いざ!虫取りへ


今月は皆さんに虫取り網、昆虫図鑑、虫かごを各自に持ってもらいました。そして捕まえたものを調べてもらい、皆さんに披露してからリリースする企画にしました。初めは「まあ~、やりますか」の感じでしたが、途中からは獲物を狙う動物の目に皆さんなっていましたよ。「子どもの頃を思い出しました」「楽しい」「なかなか捕れない」「面白く、楽しい」の声も多く聞きかれました。途中で2回もマムシとの出会いもあり、皆さん主役の今回の企画は大いに盛り上がり大成功だと思いました。

コメント

6月24日(日)梅雨時の森のようちえん

2018-06-26 04:10:26 | 森のようちえん

梅雨の真っ只中。天気を心配していましたが、良いお天気に恵まれました。朝の会の前からみんな走り回っていて、始まるころにはすでに汗だくの子もいました。

                                                 森のケーキ


朝の会のときに、アジサイやアザミの花を見つけました。女の子数人がその花を使って森のケーキづくりに挑戦。ケーキのスポンジは森にある石です。シロツメクサの白色、カタバミの黄色も加わり、カラフルなケーキが出来上がりました。どうですか、おいしそうでしょ♪

                     チャンバラ


子供たちはなぜか、長い棒が好き。森に落ちている木の枝があると拾って持ち歩きたがります。普段の生活では危ないからといって棒を振り回す許可がおりないこともありますが、森の中では思いっきり遊べます。でも熱が入りすぎるとちょっとしたケンカに発展することも。ケンカになったときにどう折り合いをつけるかというのも社会勉強のひとつになります。

                     草相撲


オオバコが一面に生えている場所で、オオバコの草相撲が始まりました。初めは普通に1本対1本だったのが誰かがズルをして2本で始めたことを皮切りに、どんどん本数が増えていき、最後は何十本の束どうしの草相撲に発展!これでは勝負がつかずにまるで綱引きです。でもみんなとっても楽しそうでした。

コメント

2018年6月17日(日)コケ玉作り講座 in メモリアルセンター

2018-06-18 12:34:34 | 出前講座&特別講座

               「作品見本」


色々な植物で苔玉を楽しんでいます。手のひらに載る物からハンドボール位の大きさまでのコケ玉です。

                「準備中です」


植える苗(植物)ユキノシタ・イロハモミジ、を脇に置き、用土を準備をしています。レジ袋の中でケト土(7)と赤玉土(3)を混ぜています。*注 ケト土=湿地のヨシ(アシ)などが堆積してできた土で、粘土状なので形が作りやすい。

               「ドロ団子」


見事なドロ団子です。手のひらに載るサイズが扱いやすく、耳たぶ位の柔らかさが最高です。お一人2個作りました。ユキノシタ・モミジ用です。さすがにお母さんたち、見事な真っ黒のおにぎり作り完成です。

                「植込みです」


泥遊びは子供の専売特許?女の子の泥団子は見事でした(いい仕事してますね~)。団子の一部を取り素材を乗せ根を広げ、取った土を根の上に薄く載せていきます。

                「苔の貼り付け」


完成まであと一歩。今回利用したのは這うタイプのハイゴケです。片手に団子を乗せ、片手に糸を持ち、苔を糸で押さえながら張りますので皆さん悪戦苦闘のようでした。

               「全員そろって」


手のひらに載る大きさのコケ玉が出来ました。丸い形の姿が何とも言えない、見ているだけで和みます。皆さんの作品を前に全員そろって記念写真。はい!チーズ!!

 グリーンインテリアとしても人気の高いコケ玉を楽しんで下さい・・・皆さんにお願いします、今回作られたコケ玉、長く育ててください。日々愛着が湧いてきますから!(^^)!


コメント

2018年6月13日(水) アロマ~!森の香りってステキ!  in 百年公園

2018-06-15 10:03:35 | ワンコイン散策

梅雨が始まったばかりなのに嘘のような気持のいい天気に恵まれました。空気は乾燥しているし時折吹き抜ける風はかすかな花の香りも含んでいて、参加者皆さんの日ごろの行いの賜物かも・・・

               ヒノキの葉

    葉の裏の白い気孔帯が Y字型に見えます。ヒノキの葉はこの気孔帯で水分の蒸発や、二酸化炭素の取り入れを行います。

               ムラサキシキブの花


    この植物が一番輝いて人目を引くのは、枝に紫色の実をたくさん付ける秋です。花の時期は森の中であまり目立ちません。でも、とても美しく上品です。

               カノコガ


参加した4歳の女の子が見つけました。とても「ガ」とは思えません。「ハチ」の様な姿ですね。翅の鹿の子模様が名前の由来です。次の世代に命をつなげるための大切な営みです。

               花ショウブ園

                    

この日は花ショウブ祭りの期間で、何種類ものハナショウブが見ごろを迎えていました。水辺を好むハナショウブには、今日の日射より雨の方がお似合いかもしれませんね。

               アカメガシワの雌花


アカメガシワは雌雄異株です。雌株の雌花には花弁はありませんが、雌蕊の柱頭が三つに分かれて紅色になります。花弁に代わって虫を引き寄せ、花粉の運び屋さんになってもらいます。そして種を実らせて次の世代に命をつないでいきます。

               森のり香を聞く

                        

袋の中に葉っぱや花、そこに少しの水を加えて揉んで香りを出して香水を作りました。「自分の香水が一番良い香りと思う人は?」皆さん一斉に「はーい!(*^^*) 

   梅雨の晴れ間、森の木陰に吹く爽やかな風と、参加された皆さんの笑顔がありがたい散策会でした。 

コメント

みのまるかじり講座 貴方はキリギリスタイプ?それともアリタイプ? 2018-6-10

2018-06-13 16:04:11 | みのまるかじり講座

               座学にちょっと緊張して・・・


今回は木野村先生にお願いして、アリにスポットライトを当てた講座です。アリは子供の頃から目にしていて、一番身近な昆虫ではないでしょうか。アリには胸部と腹部の間に腹柄節(ふくへいせつ)がアリます。アリの姿に擬態した昆虫もいますが、腹柄節がありません。

              シロアリのサーカス??


油性のボールペンで書いた線に沿ってヤマトシロアリが歩きます。シロアリなのにかわいいです。日本全国で見られるヤマトシロアリは自然の中では倒木などにいるのですが、家に入り込んでしまうと大慌てで駆除となります。この子たちの道しるべフェロモンと同じ成分がボールペンのインクに含まれているので、線に沿ってヤマトシロアリが歩いてしまうのです。

              クロオオアリ

日本で最大のクロオオアリ(17㎜)です。石膏を流しいれたケースで先生が飼育してみえるので巣の様子が一目で分かりますね!いろいろな大きさの幼虫と幼虫の世話をするアリが見えます。

              トビイロシワアリ


家の周囲や公園などに見られるアリを紹介してもらえました。これはトビイロシワアリ。頭にシワがあるんですって!シワはなかなか見れないですよね( Д)

               オオハリアリ


オオハリアリも身近で見られるアリなのですが、刺されると相当痛いそうです。アリの仲間の半数は針はないのですが、残りの半数はお尻に針を持っていて刺します(>_<)

               マダニ


マダニの話にもなりました。マダニは地上20~30㎝の葉の上で動物が来るのを待っていて、来たらパッと飛びついてきます。

 先生のお話に笑い続けているうちにアリの世界にどんどんと引き込まれていきました。参加された方々は皆さんとっても楽しかったと笑顔で帰って行かれました。あいにくの雨で外にアリを探しに行けず残念でしたが、またの機会があるといいですねぇ!

コメント