ふれあいの森自然学校 活動報告

ふれあいの森自然学校が活動している内容を紹介しています。
このブログをご覧の皆さんも気軽に参加してみましょう!

2021年4月14日(水)「インスタ映えする、送りたくなる写真の撮り方」in百年公園

2021-04-16 14:35:57 | ワンコイン散策

「これから歩きましょう」  

コロナ禍で1年1か月ぶりの散策会はコロナ対策として手指消毒、健康チェックシート、マスク着用、大きな声を出さないようにマイクを使って開催しました。前日は夜半までかなりの雨が降っていましたが、朝には雨も上がり新緑の木々に包まれて久しぶりの再会に私も皆さんもテンション高めでしたね!

 

「撮りますよ」

  

写真の撮り方の説明後、皆さんスマホやカメラで木、葉、草、花、地面にスマホを付けてインスタ映えする写真を撮っていました。

 

「撮りました」  

 

小道具を使ってこんなのも撮りました。

 

「男と女」  

百年公園には色々な散策コースが有ります。今回は谷筋から尾根へそして反対側の谷筋へのコースです。谷筋でゼンマイの説明をしました。胞子葉を男ゼンマイ、栄養葉を女ゼンマイと言われます。説明後歩く道々「男ゼンマイ」「おんなゼンマイ」「女ゼンマイ」「男」」「女」と声が上がっていました

ここは公園です、採取禁止です!!

 

「サワオグルマ」  

百年公園東側のラクウショウとメタセコイアの所の東屋の右側の湿地にサワオグルマの黄色い花が多数咲いています。キク科の植物で舌状花と筒状花の説明を聞きました。

 

「カラスノエンドウ」  

標準和名「ヤハズエンドウ」一般名「カラスノエンドウ」熟した実が黒いのでカラスに見立てました。(諸説ありますが)子どもの頃からのシービービに一番馴染みが有ります。カラスノエンドウの緑色の実を見つけると中の種を取って笛にします。大人になった今でもビービー鳴らしていますよ!皆さん方、鳴らせますか?

コメント

3.11チャリティー登山 in 百々ヶ峰

2021-03-12 06:19:38 | 出前講座&特別講座

ふれあいの森駐車場10時発、アカシデが雄花を垂下げて出迎えてくれる中、参加メンバー8人で一路頂上を目指します。

思い返せばNPOを立上げたのが2010年です。翌年の2011年3月11日14:46分に発生。

その翌月4月13日に森の案内人と行く「3・11チャリティー登山」を行いました。一番の願いは牛舎の壁の板に書いた「原発さえなければ・・・」の文字を残して自らの命を絶たれた方の願いです。

今現在でもその願いは叶っていないと思っています。原発さえなければ・・・もっと早く復興も果たせたでしょうし応援もしっかりと出来たでしょう。これからも百々ヶ峰の頂上へ行ける内は続けたいと思っている次第です。

 

ジロボウエンゴサクももう咲いています。

12時百々ヶ峰頂上到着。昼食途中の一般の方も黙祷できる方には参加してくださいとの呼びかけで快く黙祷してくださる方もいらっしゃいました。東北方面向けて1分間の黙とうです。

心から原発の汚染の心配のない世界が来るように願っている次第です。

コメント

飛騨の森ガイド協会主催 スキルアップ講座 in 高山市城山公園 2020年12月13日

2020-12-15 08:37:22 | 出前講座&特別講座

 

野鳥講座

先月は案内人を目指す方々への野鳥講座を行いましたが、今回はすでに案内人をされている方対象の講座です。プロ相手ということでちょっと気合が入ります。午前中は座学で案内人の心得、野鳥についての講義を行いました。

 

野鳥探し

午後はお待ちかねのフィールドワークです。天気が心配されましたが雨に降られることはなく一安心。ですが寒い曇り空の下、鳥の姿は見られません。鳥を探すには、まず鳥が食べるものを知ること。その場所で待っていると鳥がやってきてくれます。

 

ゴジュウカラ

鳥の姿がなくて心配しましたが、とりあえずヤマガラが出てきてくれました。その中にちょっと動きが違う鳥を発見!ゴジュウカラです。キツツキ類のように木の幹に垂直にとまれます。

 

鳥の体重

当自然学校恒例の「鳥の体重当て」。スズメやハトの体重と同じぐらいの石や枝を拾うものです。普通、実際の鳥よりも重いものを選ぶ傾向がありますが、今回は同じぐらいか軽いものを選ぶ人が多く、さすがプロ!と感心しました。

 

いもむし作り

いもむし

最後に「明日使えるネタ」をプレゼント。ヒマラヤスギの実でシダーローズとよばれる松ぼっくり、ムクロジの実。そして講座の中でも使ったどんぐりの殻斗(ぼうしの部分)でできた「いもむし」を作ってもらいました。

 

プロとして活動しながら、学び続けるってすごいですよね。今度は皆さんのフィールドでお会いできるのを楽しみにしております。ありがとうございました。

コメント

飛騨市観光協会主催 案内人養成講座 in 高山市城山公園 2020年11月14日

2020-11-15 09:13:13 | 出前講座&特別講座

案内人養成講座「野鳥編」

飛騨市観光協会主催の養成講座の依頼を受けていましたので今日行ってきました。

若い方が中心の案内人でとても楽しみです。先ずは物差し鳥の基本「スズメ」を書いてもらいましたが結構知っているようで視ていないって事がはっきり分かる色付けになります。

野鳥探しの目ならし

基本的に野鳥の場合は体全部が隠れるのに適している色合いになっているものです。そのカモフラージュされたものを見つける目を養ってもらうために人工物探しをしてもらいました。全部で12個置いてあるのですが2回目には16個見つけたという方もいてなかなか面白いゲームです。

城山公園の錦秋

ほんの少し紅葉になりましたがそれでも十分綺麗な散策道を堪能できました。こんな景色を見ていると一日でも早いコロナの終息を願うばかりです。

物差し鳥重さ当て

スズメの重さ・キジバトの重さ・はたまたカラスの重さそれぞれを自分で探し当てた石や樹木で感じてもらうプログラムです。当NPOの野鳥講座では必ずやる催しです・・・

 

ヤマガラ

野鳥講座ですがとりが全然見えないことがあります。今回も前半はなかなか見えなかったのですが後半に入りシジュウガラやヤマガラを見ることが出来ました。特筆ものはルリビタキの綺麗なオスが出てくれたことです。案内人の方たちにもお願いしておいたのですが「野鳥が見えないと思って下見は他のネタも考えておくように」と・・・又来月も依頼されているので再度プログラムを考え直さないとと思っている所です。今日ご参加いただいた皆さんお疲れさまでした。楽しい時間、ありがとうございました。

コメント

NPO法人「生活楽校学びの杜」委託 横蔵寺~華厳寺ハイキングPART2 2020年11月6日(金)

2020-11-09 15:00:54 | 出前講座&特別講座

1018日に行われたパート1に続いて、同じコースを歩くパート2のハイキングです。紅葉が色づき始める時期となりました。スタート時はしっかり雲に覆われて肌寒かったです。

 

がんばるぞー!!

 

これから行く道は修験道の道です。僧侶の修行の場となっていました。皆さんが持ってみえる杖は徳島県の方が作られた物で、竹が出はじめた時に縛って持ち手にしてあるそうです。

 

 

横蔵寺

 

横蔵寺境内に入ります。赤黄緑に彩られたモミジを抜けて進みます。葉っぱの小さいイロハモミジとヤマモミジです。

 

生まれた時から死ぬ時までお世話になる木たちです。

 

子供のお宮参りの神社に使うサカキ、そして葬儀ではシキミ(シキビとも呼ばれます)、仏壇やお墓に供えるヒサカキ(ビシャとも呼ばれます)。3種の木がひとまとめに見られたので比べてもらいました。人里近い山には生活に必要な木がちゃんとあるのですね。

 

ナニコレ?

 

登山道脇から飛び出るようにあった真っ赤なツブツブ!!マムシグサの実です!「気持ち悪~い!」と言われる方もありました。茎の様な所がまだら模様でマムシに似ているということで名付けられました。初夏に咲く花の形も変わっていますが、この実も一度見たら忘れられませんよね!ちなみに、絶対食べてはいけません。猛毒です!!

 

キビシイ道が続きます汗

 

稜線を行く東海自然歩道は厳しいアップダウンを繰り返して続きます。上りはハーハーと苦しんで、下りが現れると助かったとうれしく思えるのですが、また上らなくてはならなくなります。「せっかく上ったのに下りたくない~」となりました。頑張って上っていると先頭が「うれしいお知らせです!この先また下りで~す!」「え~~!また~~!!」

 

味噌があればいいんだけど・・

 

ホウノキの葉がたくさん落ちています。葉裏が白いので光の加減で雪が積もったように見えました。ここを歩くとガッサガッサすごい音です。

 

光り輝く黄葉

 

シロモジが真っ黄色です。シンドイ山道でしばし立ち止まって癒されます。

 

 

ショートコースの方も全コース踏破の方も無事帰ってこれました。皆さんお疲れ様でした。筋肉痛をお大事に!!

 

コメント (2)