ふれあいの森自然学校 活動報告

ふれあいの森自然学校が活動している内容を紹介しています。
このブログをご覧の皆さんも気軽に参加してみましょう!

2019年3月17日(日) 「美濃の清水寺と名高い高沢観音と長寿の水を飲もう」 in 高澤観音

2019-03-20 13:57:44 | みのまるかじり講座

                   「仁王門」

昨年の大みそかNHKの「ゆく年くる年」で紹介された、関市下之保の日龍峯寺。通称高沢観音。県道関金山線から細い山道を登ること3キロ。正に「分け入っても、分け入っても、山の中」山頭火の句を思い起こさせる、そんな所に突然現れます。阿吽の金剛力士の仁王門の前です。

                   「雪の中の多宝塔」


朝からの曇り空が春の淡雪になり、何とも幻想的な雰囲気でまさに一期一会の世界でした。この多宝塔は鎌倉尼将軍、北条政子寄進の建物です。国指定重要文化財で一見の価値ありですよ!!

                     「みたらしの霊水」


本堂裏の洞窟から湧き出ていて、眼病、ボケ封じ、子宝、病気平癒に特に効くと云われています。この日も多くの皆さんが訪れていました。「へ~、こんな所から水がでてくるのか~」と、思いました。

                    「御本尊」


岐阜県下最古の寺で、大日山日龍峯寺として美濃西国三十三か所一番札所の観音霊場です。皆さん方は親しみを込めて、「高沢観音」と呼んでいます。その御本尊が千手観音菩薩です。千手観音菩薩は商売繫盛家内安全、安産子授け、などでよく知られています。訪れたこの日、第3日曜日で御開帳の日でしたので、多くの人が参拝にお見えでした。檀家の皆さん方の接待で、温かいお茶とミニ赤飯とお漬物を頂きました。とても美味しく頂きました。ご馳走さまでした!

                     「梵鐘」


皆さん方は家内安全、交通安全、健康祈願、などの思いを込めて突かれたのでしょう~!鐘の音が淡雪の中に余韻を残し山々に響いていました

                       「美濃の清水寺」


この本堂は懸崖入母屋造り、桧皮葺で山頂傾斜地の岩盤に立ち前方は舞台造りで京都の清水寺に似ています。美濃の清水寺として知られています。雪の降る中、見上げる本堂は自然と一体になり幽境の時、。古刹が醸し出す侘び、寂びの世界でした。一言、「京都の清水寺は外国人の皆さん方が押し寄せていますが、美濃の清水寺は落ち着いた古刹ですよ」寺の始まりは仁徳天皇の時代。飛騨の国に両面宿儺という豪族がいました。両面宿儺は顔が二つ、手足が四本ある傑物で、京の都からの帰りにこの地で龍が暴れて近郷の住民が困っていることを聞き、龍を退散させてこの地に寺を開創したと言われています (諸説あり)。両面宿儺、宿儺かぼちゃと覚えると分かりやすいですね。

コメント

9回目・忘れていませんかあの日の事を・・・3・11チャリテイー登山 in 百々ヶ峰

2019-03-11 16:05:22 | 出前講座&特別講座

2011年3月11日午後14時46分14、未曽有の地震が東北地方を襲いました。それに伴って今まで経験したこともないような津波が発生。死者15.897名 行方不明者2.533名の被災者が出ました。NPO法人ふれあいの森自然学校では何かの為になるだろうとチャリテイー登山を続けてきました。今年で9回目です。生憎の雨で参加者の方たちも少ないのですが幾ばくかの浄財を寄付して頂けました。ありがとうございます。模様をアップしました。

                             待ち人来たらず

昨夜来の雨が降り続く中こんな垂れ幕を出して待っていたのですが・・・それでも義援金だけでもと言う方が2組来ていただけました。

頂上目指し

雨が降り続く中頂上目指してひたすら歩みを進めていきます。

雨の日しか見る事が・・・

こんな雨の中にもこの時しか目に出来ない面白い出来ない事が有ります。樹木の根元にこんな泡の塊が出来るんです。樹幹流と言って雨の日にしか見ることが出来ません。しかも降雨量が多すぎても少なすぎても見ることが出来ない特殊なものです。今回見ることが出来たのはとてもラッキーでした。

こんな風景は・・・

泡をアップで写すとこんな感じです。洗剤の泡のように虹色に輝いていて景色を映し出しています。界面活性剤も含まれているのでしょうね・・・雨の日の散策の醍醐味です。

霧に包まれて・・・

 霧に包まれた百々ヶ峰頂上です。2011年から続けています。東北方面向けての黙とうです。

金華山展望

黙とうを終えて暫くたったらほんの少し視界が開けてきました。真ん中奥は金華山です。この辺りは今の所大きな出来事が有りませんのでありがたいのですが、それでも東南海地震は必ず起こるとの予想です。日ごろからしっかりと心構えはしておきたいと思った次第でした。今日参加して頂いた皆さん,また義援金だけ届けていただいた方々ありがとうございました。義援金合計18.000円でした。送り先はまたこのホームページで告知させていただきます。

 

 

コメント

冬なのに寒くない森のようちえん in ふれあいの森 2月24日(日)

2019-02-26 09:52:28 | 森のようちえん

雪遊びが一度もできないまま、今年度の森のようちえんが終わっていきそうです。今日は暖かさを感じるほどでした。

                                                               たき火がお好き

冬は2月まで、持ち寄った野菜でスープを作ります。小学生組は自分たちでたき火をします。でもいつもやりたがるのは決まって一部の男の子たち。スープよりも木を燃やすことに執着しているようです。初めよりも随分、たき火が上手になりました。

                                                                  集めよう

用意した薪以外で森にあるものを少しいただき、落ちている枝も燃やします。子供たちは燃えやすいスギやヒノキを拾い集めてきます。たくさん拾ったのに、歩いている途中で少しずつ落としていることに気づいていない子供に思わず笑ってしまいます。あとからこっそりと拾ってあげました(^_-)-

                                                                     マシュマロ


森のようちえん恒例の焼きマシュマロです。表面がほんのりキツネ色になると中がとろけてちょうどいい感じですが、炎に直接入れてしまって真っ黒になってしまう子供も。逆に炎を怖がってなかなか焼けなかったり、焼いている途中で落としてしまう子も続出。なかなか難しいようです。

コメント

平成30年度岐阜市こどもエコクラブ交流会inふれあいの森

2019-02-17 20:14:06 | 出前講座&特別講座

自然環境課からの依頼でこどもエコクラブの交流会のイベントに参加しました。小学生から高校生までの活動の様子を見せてもらったのですが、感心しきりでした。

                    壁新聞

 

岐阜市のこどもエコクラブに参加している各団体の今年度の活動を発表する交流会が開催されました。様々な壁新聞が所狭しと並べられています。

                  小学生発表

 

柳津イオンチアーズクラブがエネルギーについて調べて発表です。小学生の頃からエネルギーを危惧し目を向けてくれれば将来は様々な問題を解決してくれることでしょう。岐阜工業高校化学研究部はボランティア活動や震災支援活動、光るエコ消しゴム活動の発表がありました。

                  目かくしイモ虫

 体験活動「森と遊ぼう!!」の始まりです。高校生は「目かくしイモ虫」をやりました。目かくししているので他の感覚のアンテナをフル活動させて森の中を歩きます。最初はオッカナビックリでも何か新鮮な感じがしたのではないでしょうか。小学生は「コウモリとガ」です。目かくししたコウモリ役のオニが逃げるガを捕まえます。コウモリは超音波を出してそのはね返りを聞いてガを見つけています。コウモリ役が「バットバット」と言ったら、ガは「モスモス」と返さなくてはいけません。その声を聞いてタッチします。キャーキャー楽しく遊べました。

                カンアオイ花

 

カンアオイの花が咲いていました。室内で話を聞いたので想像を膨らませてきたのでしょう。「これが花なの?」地面にくっついたような地味な花に小学生たちは場所を取り合うようにして覗き込んでいました。

                  クラフト

 

後半は室内に入って、森で拾い集めてきたドングリや木の実、枝、葉っぱなどたくさんの材料で作品作りです。大量の材料で最初はいろいろ迷っていましたが、決まったらグルーガンでくっつけます。子供たちの真剣な表情を見てください。

                 作品

 

制作できたのは短い時間でしたが、出来上がった作品の発表会です。作品にタイトルをつけて発表してもらいました。ミナミメダカ、ミッキーマウス、ウサギのペン立て、クルミなどなど・・・・一人では持てないような大作も!子供たちの柔軟な発想で素晴らしい作品が出来上がりました。

コメント

ワンコイン散策 鳥(チョウ)面白い観察会in百年公園

2019-02-13 19:16:18 | ワンコイン散策

いいお天気に恵まれました。今年初のワンコイン散策です。先ずは今年もよろしくの挨拶から・・・

                                            幸先が良い・・・

ここの散策はリピーターの方が多いので、先ずは復習から・・・当然のことながら初参加の方重点的にですけど。物差し鳥のスズメ・キジバト・カラスの重さからお伝えです。それからフィールドに出てすぐにこの子達がお出迎えです。今シーズンは下見の時も心配していたのですが小鳥たちが極端に少ないのです。そんな歩き始めて5分での出会いでした。

一寸寄り道

ここ百年公園はハナノキが植栽されています。雌雄異株ですが冬芽はどちらもお雛様の形です扇子まで広げているように見えます。

ハナノキ冬芽

どうですか?見えませんか?扇子も広げているでしょう?

ジョウビタキ♀

この子もお出ましです。ヒタキと言うのは火打石の事で鳴き声が火打石を均したように聞こえるからこの名が付きました。

ルリビタキ♀

こちらも同じく火打石を打ち鳴らしたような声で鳴きます。他にコゲラ・シロハラも出てきてくれました。

鵜の目鷹の目

鵜の目鷹の目で探すから小鳥たちも逃げていくのでしょうか!(^^)!でも今日は結構出てきてくれました。他には葉が枯れているのにいつまでも付いたままの状態説明なども加え楽しい2時間を過ごしてもらうことが出来たようです。こんな近くの山なのに色々の小鳥たちが居る事を初めて知ったと参加者の方が仰って見えましたが目が出来ると見えてくるものです。小鳥だけでなく樹木でも草でも目を作る為にまた参加してください。お待ちしています!!

 

 

コメント