ふれあいの森自然学校 活動報告

ふれあいの森自然学校が活動している内容を紹介しています。
このブログをご覧の皆さんも気軽に参加してみましょう!

2024年2月14日(水)百年公園ワンコイン散策会

2024-02-14 17:14:45 | 百年公園散策会

「より鳥み鳥、この鳥、その鳥、どの鳥!」

 

今年最初の散策会は絶好の散策日和です。暖かで風もなくピーカンでした。野鳥を見るためにまずは双眼鏡の使い方からです。写真で指差しているのは利き目を確かめているのです。目の前の鳥たちを早く見たぁ~い!!

 

少し離れた所の鉄塔にノスリが陣取っていました。動かずジッとしているので、双眼鏡初心者でも見られたことと思います。

 

受付のすぐ目の前にあるナンキンハゼに次から次へと野鳥たちが現れてくれます。シジュウカラにヤマガラ、メジロはずっと実を啄んでいました。ツグミは少し大きいので存在感たっぷりでした。

 

ふれあいの森自然学校ではここ数年巣箱を設置しています。昨年は63%の確率で営巣してくれて、今年も準備が整いました。「もしあなたが鳥なら、どの巣箱に営巣したいですか?」と問いかけて、巣箱を見て回りました。皆さんのお眼鏡にかなったのは1個に集中していました。その理由はそれぞれ違っていましたが・・

 

鳥たちはいろんな飛び方をします。線にしてみるとこうなるんですね!鳥たちは歩き方も色々です。鳥の真似していろんな歩き方をみんなでやってみました。

 

一番身近な鳥と言うと、近年はカラスなのかもしれません。よく見られるカラスには2種類あります。ハシボソガラスとハシブトガラスです。その違いを比べてみました。「ウムウム!分かった~!」その後、頭上の高い所ををカラスが飛んでいきました。あれはどっち?下から見てるので腹側だけしか見えません!「クチバシ見せて!」「オデコ見せて!」「鳴いてー!」なかなか難しいです。

 

今日は思っていたよりたくさんの野鳥が見れたと思います。もっとじっくり見たいというお気持ちもよく分かりますが、鳥たちは動き回ってナカナカじっとしていてはくれません。ましてや、携帯でアップ写真を撮るのはほとんど不可能です。チラッと見られた一瞬を楽しんでいただけたと思います。また、来月お会いしましょう!!

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

第5回案内人養成講座その9「チョウ面白い鳥の話」

2024-02-11 17:17:30 | 案内人養成講座

森の案内人になるためには

森の案内人として活動するときの注意する事柄をお伝えしました。一番大事なことは「先ずは自分が楽しむこと」それでなければ参加者に面白さが伝わりません。更に参加者の「知っている事から知らない事」への話の流し方などなど理解してもらえたと思っているのですが。

 

物差し鳥

物差し鳥のスズメを色付けしてもらいました。なかなか上手くは色を付けられないようです。見ているようで見ていないのが手に取るようにわかりますね。

 

野鳥の巣

集めていた野鳥の巣を見てもらいましたが、結構関心を引きました。見た事が無かったのでしょうね。

 

巣箱観察

設置した11個の巣箱を見てもらいながら、自分が鳥なら入るのか入らないのかを判断してもらいました。実際営巣したのと結構マッチしていました。

 

案内人養成講座の今後

養成講座参加の方々に「ふれあいの森自然学校」の案内人になってくれる方は何人くらいお見えですか?と質問すると数名の方が手を挙げてくれました。ありがたいことです。これで第5回目の養成講座を立ち上げた意味が有ります。

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

県立岐阜農林高等学校動物科学科の野鳥講座

2024-01-25 16:33:39 | 出前講座&特別講座

雪景色

今シーズン最強の寒波がやってきた日でした。会場の百年公園は一面真っ白ですが、岐阜市の西方面の積雪よりは少ない感じです。この雪のお陰で今まで潜んでいた野鳥たちが出てきてくれました。

 

まずは双眼鏡の使い方・・・

色々の使い方があるのですが、基本的な使い方から伝授しました。若いだけに呑み込みも早いのです。

 

4班に分かれて巣箱観察

ここ百年公園には11個の巣箱が設置されています。その中で昨年営巣した巣箱を当ててもらおう・・・時間とコースの加減で7個の巣箱を見てもらいました。巣箱に営巣する鳥ヤマガラやシジュウガラも確認してもらいました。

 

昨年営巣した巣箱画像

こんな斜めの巣箱にも営巣してくれました。

 

チョウゲンボウ

運のいいことに終わりがけにチョウゲンボウが鉄塔に止まってくれて、全員観察することが出来ました。さらにホバリングまで披露してくれて・・・今までの野鳥観察では最高の鳥姿でした。

参加いただいた県立岐阜農林高等学校の動物科学科の皆さん、寒い中お疲れさまでした。またの機会がありましたら、よろしくお願いいたします。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

面白ネイチャーウオーク(各務原市東ライフデザイン) in 各務野自然遺産の森

2024-01-19 14:11:06 | 各務原講座

タイトル「寒洞の池巡り」

 

今年もよろしく

雨の散策会になりました。晴れの日と違って、雨の日だからこそ感じることもあります。皆さん楽しそうです。

 

寒洞の池

今日の目的地の農業用のため池です。江戸時代の絵図にも描かれている「寒洞の池」です。江戸時代この地域の幕府直轄領では「御膳籾(ごぜんもみ)」と言われる米が作られていました。この御膳籾は将軍をはじめ大奥の人々が食べるために献上されるものです。特定外来種の魚コクチマウスバスの駆除のため、水がほとんどありませんでした。

 

ドロバチマンション

無数の穴が見えます。ドロバチの巣ですが、今は空き家です。7月~9月に巣の中に青虫、毛虫を仮死状態にして詰め込んで産卵し、入り口は泥でふさぎます。その後、親は巣には戻ってこないのです。青虫などは害虫なので、それを捕るドロバチは益虫になる側面もあります。

 

ユーカリ

ユーカリ属の樹木の総称で2020年の時点で900種近くの種類があるといわれています。写真のユーカリの高さは20メートル以上あり、かなりの高木です。コアラの餌となります。

 

テイカカズラ

コナラの幹を貫くテイカカズラの蔓(つる)です!こんなの見た事がない!!初めて見た!!植物はホントに摩訶不思議な世界ですね。安心してください!どちらも元気です。

 

シリブカガシ

近畿地方以西の山地に分布し、温暖な地を好む木です。そんなシリブカガシが遺産の森公園の一角に固まって生育しています。この地に有るのがとても珍しい事でもあります。どんぐりの底がへこんでいることが名前の由来です。ドングリは生食ができます。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

第5回案内人養成講座その8「森の思想」

2024-01-14 19:46:54 | 案内人養成講座

ジリさんこと川尻先生の講座です。午前も午後も座学でしたが居眠りする人は皆無で皆さん聞くことに夢中でした。

 

先ずは江戸時代の森の風景から

私達が想像しているよりはるかに樹木の姿が見えないのです。先ずは燃料としての需要が有り、更にはそれよりも大きな原因は肥料としての利用が多かったようですね。

 

住み分け

人々がしっかりと住み分けをしながら、その中に神の存在が大きくものを言っていたようです。木を切れば必ず神に感謝をし、苗木を3本も植えると言う持続可能なシステムを構築していました。

江戸時代当時の人口は3千万人ほど、神様は八百万の神というのですから4人に一人は神様だったのです。って、これは冗談ですが、いかに人々の中に神の存在が大きかったかと・・・

 

吾唯足知(われ、ただ足るを知る)

自然豊かな土地故、今置かれている立場に満足していて不満を抱え込まない。故に、心が豊かになり満たされるのです。                                    

 

17世紀過ぎには植林活動をし始めた

今現在が一番荒れているのかもしれませんね!

 

午前・午後ともに座学

画像の字が小さいので見にくい人はこの格好での受講です。こんな姿は初めてです。この姿を見るだけでジリさん人気が分かるところです。

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする